レッスン動画

C’est si bon ジプシージャズギターレッスン・Tab付

C'est si bon ジプシージャズギターレッスン Tab付 リズムギター ソロ

C’est si bon(セシボン)はヘンリーベティー作曲のフランスの曲です。

C’est si bonは「いいね」、「それは素晴らしい」といった意味です。

フランスのポップなのですが、ジプシージャズでは弾く機会が多いし、ノリもよく、かっこいいので是非マスターしましょう。

C’est si bonコード

まずはレッスン動画をどうぞ。

c’est si bon gypsy jazz guitar transcription

 

聞いてて心地が良いメロディーですよね。

コードはちょっと多いですがそこまで難しいものでもないので、頑張って覚えてください。

C'est si bon(セシボン)コード タブ TabC'est si bon(セシボン)コード タブ TabC'est si bon(セシボン)コード タブ TabC'est si bon(セシボン)コード タブ Tab
ちなみにGはG6を使っていますが、Gと記載しています。

基本的にジプシージャズではメジャーコードは、他のメジャーコードを使うことが多いです。

例)G→Gmaj7 , G6 , G69

当然普通のコードも使いますよ。でも割合は少ないかな?って思いますね。

ソロ

ソロのの解説をしようか思いましたが、簡単ですよね?おそらく解説が必要なところが無いと思うので、上の動画を見て頑張ってください。

一つだけ練習のポイントを挙げるとしたら、メロディー練習はいろいろなポジションを使ってやってみてください。

例えば、上のレッスン動画は3弦の7→6→5と行っていますが、これを5弦の5フレットから始めたり、6弦の10→9→8でやったりと練習してください。

ゆくゆく即興の練習をする時に、どのポジションでもメロディーを弾けるということは、すごく役に立ちますから。

最初は難しいですが、慣れてくると感覚で、この辺だろうなって予想して移動できるようになりますので。

アドリブソロは、まずはアルペジオの練習が必要なので、こちらジプシージャズのアルペジオ練習も一緒にやってみてください。

最後に

ジプシージャズを始めたてで、普通の弦やピックを使っている人は、下記リンクを参考にしてみてください。

特にArgentineというジプシージャズ専用の弦は、普通のアコギにも付けれて、音がかなりジプシージャズになるので、絶対に使ったほうがいい音が出ますよ。

ジプシージャズギタリストの(体感で)99%は、この弦を使っています。この弦を使ってない人を見たことが無いくらいです。

ジプシージャズ必須アイテム