アルペジオとスケール

ディミニッシュコードのスケールとアルペジオ

ディミニッシュコードは7thコードの代理コードとして使うことが多く、ジプシージャズにとってかなり重要なものになります。

ディミニッシュスケールを使うと、ジプシー感が増すのでぜひ使ってください。

また、7thコードのレッスンはこちら「7thコードのスケール・アルペジオ」をご覧ください。

ディミニッシュコードは7thコードの代理コード

まずスケール練習に行く前に、簡単にルールを説明します。

コードの構成音は4つの音 1-b3-b5-bb7

例えばCdimを見ると、C-Eb-Gb-Aとなります。

C diminish chord


ディミニッシュコードはドミナントコード(7thコード)の代理コードとして使われるので、どの7thコードがどのディミニッシュコードの代理として使われるかを知っておきましょう。

覚えやすい方法は、7thコードのb9が、ディミニッシュコードに出来ます。

  • C7→C#dim(Dbdim)
  • D7→D#dim(Ebdim)
  • E7→Fdim
  • F7→F#dim(Gbdim)
  • G7→G#dim(Abdim)
  • A7→A#dim(Bbdim)
  • B7→Cdim

定義上たくさんの名前がありますが、ディミニッシュコードはコードトーンとしてみると、3つしかありません。

  • Cdim = Ebdim = F#dim = Adim
  • Ddim = Fdim = G#dim = Bdim
  • Edim = Gdim = A#dim = C#dim

この基本ルールを頭に入れてやれば、シンプルにディミニッシュスケール・アルペジオを覚える事が出来ます。

また、スケール・アルペジオともに、コードに対しての音を覚えるんじゃなく、運指で覚えていけば混乱せずに進めます。

他にも特徴は、以下のものがあります。

各音がフレットボード上で2フレットづつ離れている
記号表記は○もしくはdim
注)Φやdim7と表記されているものは、通常m7b5コードのことですが、dim7がディミニッシュコードを指している場合もあります。ややこしいですね。

ディミニッシュスケール

Ebディミニッシュコード

ディミニッシュスケールは8音あり、以下の様になります。

R 2 b3 4 b5 #5 6 7

Ebディミニッシュコードの時は、

Eb F F# G# A B C D

になります。

EbdimのコードトーンはEb A C F#なので、Adimコード、F#dimコード、Cdimコードの時も同じスケール音が使えます。

これらのディミニッシュコードは順番変えたら

DEb  FF# G#A  BC

となり、ジャンゴが使うジプシージャズのリフになりますね。

ちなみになぜEbディミニッシュを例にしたかというと、これはジプシージャズでよく使うD7の代理コードだからです。

Rがルート音なので、この位置を変えていろんなキーで練習してください。

7b9コード

D7b9スケール

コレは視点が違うだけで上で紹介したものと同じなんですが、一応紹介します。

7b9コードの運指は、以下になります。

R b2 b3 3 #4 5 6 b7

D7b9の場合は、これです。

D Eb F F# G# A B C

先ほど紹介した、Ebdimのスケールと同じですね。だってD7の代理コードがEbdimなので。

ディミニッシュ・アルペジオ

先ほど言ったように、コードトーンの視点から見たら、コードは4つしかないし、音も4音だけなので覚えやすいと思います。

運指はこれです。

R  b3 b5 bb7

例えば、Adimコードの時は

A C Eb F#

フレットの間が2個ずつ開いているのが特徴です。

下記タブはAディミニッシュですが、先ほども言ったように、Cdim Ebdim F#dimでも同じコードトーンなので、これら4つのコードの時に使えます。

Aディミニッシュ アルペジオ

別のポジションです。

Aディミニッシュ アルペジオ

5弦から始める運指です。

Aディミニッシュ アルペジオ

もう一つよく使う形をどうぞ。これは、手の形は同じで3フレット移動する奏法です。

ディミニッシュ アルペジオ

最後に

こちらのアルペジオの練習にメジャー、マイナー、ドミナントのアルペジオが載っているので、こちらも一緒にどうぞ。