ジャンゴのソロ

Django’s tiger・ソロのレッスン、タブ付き

今日はジャンゴラインハルト作曲のDjano’s tiger(ジャンゴズ・タイガー)を練習しましょう。

オリジナルは結構早いので難しいかもしれませんが、為になるリフが多く入っているので、そのまま覚えて他の曲に使ってもかっこいいソロができます。

今回もタブ譜付きで紹介しますので、頑張って行きましょう!

まずはジャンゴのソロをどうぞ。ソロの雰囲気をつかんでくださいね。

Django Reinhardt – Django's tiger

かっこいいですよね。さすがジャンゴ!それではみなさんもこれを弾けるように、やっていきましょう!

レッスン動画

Django's tiger transcription tab

注!)4小節目の2限の9フレットの音は、3弦13フレットで弾いてもOKです。本来であれば3弦13フレットの方が弾きやすいので。

オリジナルと比べてテンポを結構落としているので、弾きやすいと思いますが、それでも難しいソロなので、時間をかけてやっていきましょう。

また、正確なフィーリングをつかむ為に、ジャンゴのソロも聞きまくってください。

コード進行とコードタブ

django's tiger コード進行

キーであるコードのAなんですが、AもしくはA6と記載していますが、実際に弾いているのはA69コードです。

以前ジプシージャズギター必須コードでも紹介したのですが、A69の6弦の5フレットは親指で押さえます。このコードの押さえ方は慣れるまで時間がかかるので、焦らずに練習してください。(太いネックのギターを使っている人や、手が小さい人はかなり難しいので、その場合は親指抜きで弾いてもOKです)

最初のA(A69)の押さえ方(Thumb・親指 Middle・中指 Index・人差し指 Ring・薬指)

Django's tiger コード 楽譜 タブ
Django's tiger コード 楽譜 タブdjango’s tiger リズムギターコード Django's tiger コード 楽譜 タブ

最後の2小節のターンアラウンド は面白いですね。

これは1−6−2−5のターンアラウンドなのですが、CdimはF#7の代理コードとして使われています。

ターンアラウンド のことは、「有名なジャズの曲を使ってターンアラウンドの練習」を参考にどうぞ

ソロ

ソロはちょっと面白いテクニックを使っているので、そこだけ解説しますね。

djangos tiger solo解説

4小節目にある「ド」の音は、キーがAなので本来なら「ド#」なんですが、「ド」の後にソ#・ファ#と行ってド#(目的の音)に行っているんですね。

ジプシージャズでは目的の音の1フレット前後を弾いて、目的の音に行く、という奏法を使うのですが、今回は1フレット前の音(ド)を弾いて、他のスケール音を間に入れて目的の音に行っています。

言ってみたら1−2小節目も似たようなことをしているんですね。

A-G#-B-Aの音を弾いているのですが、Aの音の1フレット前のG#を弾いて、Bに行って目的のAに行く、というものですね。

これは英語でEnclosure(エンクロージャー)と呼ばれるテクニックで、日本語に訳すと囲い、囲い込みみたいな意味です。

これが出来るようになったら、ジプシージャズっぽさが増すので、ぜひ使ってください。

エンクロージャーのレッスンもどうぞ!

最後に

ジプシージャズを始めたばかりで、ジプシージャズの必須アイテムを持ってない人は、是非「ジプシージャズの必須アイテム」を読んでください。ピックや弦をジプシージャズ用に変更するだけで、すっごく音が変わりますよ!

それでは、ソロの練習が終わったら、こちらのレッスンにもトライしてください!

パルプフィクションのテーマ・ミザルーのレッスン

I’ll see you in my dreams ジャンゴのソロ・レッスン