ドスパラ

    ドスパラ GALLERIA RM5C-R60Sのレビュー・ドスパラで人気No.2のハイスペック低価格モデル!

    ドスパラ GALLERIA RM5C-R60Sのレビュー・ドスパラで人気No.2のハイスペック低価格モデル!

    ドスパラはBTOで一番有名な会社と言っていいいくらい、有名ですよね。パソコンでゲームをやっている人で、ドスパラを知らないという人はいないと思います。

    しかも自分が欲しいスペックが必ず見つかるというくらい、種類が豊富ですよね。

    最初はモデル名がローマ字の羅列っぽくて分かりにくいですが、各モデルの名称も読み方さえ分かれば、どんなスペックが搭載されているかある程度分かります。

    ドスパラ・Galleriaの機種名称の意味

    この様に、各パーツの頭文字をとって組み合わせているだけなので分かりやすいですよね。

    本機種RM5C-R60Sは、RシリーズでIntel core i5、NVIDIA GeForce RTX 2060 Super搭載の機種になります。

    基本的にドスパラのデスクトップはカスタマイズ性が高いので、CPUやメモリ、ストレージ、WiFiなどいろいろな物がカスタマイズできます。(本機種はCPU固定です)

    GALLERIA RM5C-R60Sのレビュー

    ドスパラGALLERIA RM5C-R60S
    ベンチマークスコアTime Spy 8002
    Fire Strike 18476
    Fire Strike Ultra 5127
    総合スコア 6567
    CPUIntel core i5-10400
    メモリ16GB~64GB
    ストレージSSD 最大2TB+HDD 最大16TB
    グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 2060 Super
    電源650W(Bronze)カスタマイズ可能
    光学ドライブ搭載可能
    無線LAN搭載可能
    LANGigabitLANポート
    サイズ220x440x480㎜
    重さ14㎏
    保証1年間
    サポート24時間365日電話サポート
    価格11万9980円(税別)

    ドスパラで2020年10月現在人気No.2の機種です。

    それもそのはず、RTX 2060 Super搭載なのでほとんどのゲームも快適にプレイできるし、ゲームだけじゃなく、動画編集・画像編集でもがっつり使える機種です。

    CPUはIntel core i5-10400で、Passmarkスコア1万3120と中の上クラス搭載。メモリも16GBと大容量なのでスペック的に困る事はほとんどないと思います。

    ストレージはSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)とHDD(ハードディスクドライブ)が搭載可能で、SSDの読み込み速度、書き込み速度共に高速タイプです。HDDは最大で16TB(8TB+8TB)搭載できるので、外付けHDDなんて必要ないですね。

    有線LANは標準搭載ですが、もし自室にLANケーブルが届かないという場合は無線子機の追加も出来るのでご心配なく。

    また、ドスパラのパソコンには「セーフティサービス」が月々680円でサポートが受けれるのですが、「自分の過失」であっても故障の修理費用が0円というサービスもあります。初めてゲーミングPCを買う人や、心配な人はこちらに加入していたらいいと思います。

    しかもRTX 2060 Super搭載で11万9800円(税別)とかなり安いので、人気No.2というのも頷けます。

    公式ページ

    GALLERIA RM5C-R60Sの特徴

    ドスパラGALLERIA RM5C-R60S

    ドスパラの筐体はいくつか種類があるのですが、本機種はミドルタワーになっています。

    他のシリーズと比べると、いくつか違う点があります。(インターフェイスは記載スペック+グラボのインターフェイスになります)

    寸法(幅x奥行きx高さ)ケースファン14㎝インターフェイス
    Rシリーズ220x440x425㎜フロントUSBx8
    Xシリーズ220x440x480フロント
    リア
    トップ
    USBx10
    Zシリーズ220x440x480フロント
    リア
    トップ
    USBx10
    Uシリーズ220x440x480フロント
    リア
    トップ
    USBx10

    Rシリーズは筐体が小さい分(たったの5.5㎝ですが)、ケースファンの数が少なくなっています。ただし、Rシリーズでは他のシリーズの様に消費電力が高いパーツが使われていないので、あまり気にすることもないかと思います。

    仮にRTX 2080や3080などの超高性能グラボを搭載したいならXシリーズなどがいいですが、RTX 2060で十分なら(これで十分な人がほとんどですが)Rシリーズでも問題ないと思います。まぁ。問題があったら売らないと思うので。

    ちなみにこれはケースファンの話で、CPU用のファンは「静音パック満足コース」搭載で、静かだと評判です。

    ドスパラGALLERIA RM5C-R60Sの外観・左側面ドスパラGALLERIA RM5C-R60Sの筐体・右側面

    筐体の両側面には吸気口があり、天板(筐体上部)と背面にも排気口があるので、エアフロ―は良いです。

    左側面は使が見える仕様になっているので、ちょっとおしゃれです。

    ドスパラGALLERIA RM5C-R60Sの筐体・ライトニング

    筐体にあるLEDライトニングは、Polychrome RGBというアプリを使って好きな色に変えることが出来ます。

    利用者のレビュー

    ドスパラGALLERIA RM5C-R60S購入者のレビューその他のレビューはこちらから>

    ドスパラで人気の機種だけあって、利用者の評価は高いですね。多くの人が「静か」と言っているし、スペックはさすがにRTX 2060 Super搭載なので皆さん満足しています。

    ドスパラはBTOなのに納期が速いですよね。組み立てて、動きをチェックしてそこから発送しますが、2日で発送された人もいますね。(納期は時期によりますが、基本的に早いです)

    一人が「パーツごとの価格を調べた」と言っていますが、私もします(笑)。私たちが自作する時は定価でパーツを買うのですが、ドスパラなどは大量注文なので、当然私たちが買える価格よりも安く購入できるため、「自作するより安いんじゃない?」って思うことが多いですね。

    インターフェイス

    ドスパラGALLERIA RM5C-R60Sの筐体背面・インターフェイス

    背面にはUSB3.2 Gen1(Type-A) ,USB2.0が2つづつあり、グラボにDisplayPort, HDMI, DVI-DLが搭載しています。LANケーブルポートも背面にあります。

    ドスパラGALLERIA RM5C-R60Sの筐体・前面インターフェイス

    前面にはUSB 3.2 Gen1 Type-Aが4つあります。他のシリーズに比べてインターフェイス(USBポート)は2つ少ないですが、普通に困る事のない数になっています。

    CPU

    CPUはパソコンの頭脳なので、ゲーミングPCでは基本的に性能が高いものが搭載されています。

    Intel Core i5-10400
    コード名Comet Lake
    製造プロセス14nm
    コア/スレッド6/12
    ベースクロック2.9GHz
    ブーストクロック4.3GHz
    キャッシュ12MB
    TDP65W

    ↓グラフをタップすると数値が表示されます↓

    スコアは13120とそこそこ高く、6コア12スレッドなので性能は高いですね。コア数が高いと同一時間に処理できるデータ量が上がるので、色々な面で高速処理が出来ます。

    グラフィックス

    NVIDIA GeForce RTX 2060 Super
    アーキテクチャTuring
    CUDAコア2176
    Gigaレイ/秒6
    ベースクロック1470MHz
    ブーストクロック1650MHz
    メモリタイプGDDR6 8GB
    メモリ帯域448GB/秒
    DLSS2.0対応
    レイトレーシング対応
    TGP175W

    RTX 2060 Superはリアルタイム・レイトレーシング対応なので、光の反射などの光の動きが現実世界の様にリアルに描写されます。「レイトレーシング」とは、光線(光)がどのように動くか追跡して表現する技術で、これを「リルタイム」でシュミレートし描写する技術なんです。

    レイトレーシング

    画質も全然違うし、水たまりに反射する光も全然違うでしょ?よりリアルな描写が可能になっています。

    ゲームベンチマークスコア

    グラフは各ゲームのベンチマークスコアで、単位はFPS(フレームレート/1秒間に更新されるコマ数)です。

    重たいゲームのRDR2なんかも標準画質で89と、悪くない数字ですね。ApexやFortniteだったら、高画質でのプレイも出来ますね。

    公式ページ

    メモリ

    メモリは16GB(8GBx2)搭載で、DDR4-21300です。2666MHz換算なので、標準クラスのメモリになります。

    メモリは32GB、64GBにカスタマイズ出来ますが、16GBあれば困る事は無いと思います。2画面使ったり、fpsでかなり人が集まるところに行くことが多い人は、32GBでもいいかもしれないですね。

    ストレージ

    ストレージは、M.2 PCle-NVMeのSSD 512GB(読み込み速度3200MB/秒、書き込み速度2000MB/秒)の高速ストレージです。データ移動やパソコンの起動、ゲームのロードもかなり速いです。

    ストレージは3つあり、最大で3つのSSD(1TB+1TB+2TB)が可能です。もしくはストレージ2と3はHDDにも出来るので、SSD1TB+HDD 8TB+HDD 8TBという大容量ストレージも可能です。

    SSDがいいですがやっぱり高いので、SSD512GB+HDD 4TB(+10300円)が現実的ですね。余裕があればこれにSSD 1TB(約2万円)を搭載したいですね。

    電源

    電源は650W(80Plus Bronze)です。消費電力を計算してみたところ、目安は315Wで、おすすめ電源は630Wでした。

    GALLERIA RM5C-R60Sの電源

    十分な供給電力があるので安心して使えます。

    サポート

    ドスパラでPCを購入すると、24時間365日電話サポートが受けられます。初めてパソコンを買う人でもこういったサポートがあれば、安心して購入できますね。

    また、ドスパラではセーフティサービスがあり、月々680円で修理費無料サポートが受けられます。例えばコーヒーをこぼした、移動中に落としたなどの自分の過失でも修理費用は無料になります。

    心配な方は加入してもいいと思いますよ。

    最後に

    ドスパラ人気No.2の本機種は、性能も高く比較的安い、静かという事を考えれば、No.2と言うのも納得いきますね。

    時期によっては発送もまちまちですが、ドスパラは土日出荷もするし、翌日出荷もあるので基本的に発送は速いですよ。

    詳しくは公式ページをどうぞ。

    公式ページ