ジプシージャズ入門

ジプシージャズやドイツでの育児について

ジプシージャズ 入門①〜ジャンゴ ラインハルト〜ジプシージャズとは

Sponsored Link

 

ジャンゴラインハルト

こんにちは。

ジプシージャズとは、あまり日本では馴染みのない言葉だと思います。

呼び方もいろいろあって、Gypsy jazz/Gipsy jazz(ジプシージャズ) Jazz manouche(マヌーシュジャズ ) Swing jazz(スイングジャズ/スウィングジャズ)です。

むしろ日本だけでなく、ヨーロッパでも知っている人はかなり少ないんですよね。

今回は、ジプシージャズの概要や必要なもの、ピックや弦についても簡単にご紹介して行きます。 

目次

<sponsored link>

 

ジプシージャズって?

ジプシーが旅行している

ジプシージャズって聞かれたことありますか?

おそらくほとんどの方が 何それ?ってクエッションマーク出てると思いますが、これはフランスのジャズです。

呼び方は色々あって、ジプシージャズ、スウィングジャズ、ジャズマヌーシュと様々ですが、これは元々ロマの人達(ジプシー)が弾いていた曲がメインで、1930年あたりからジャンゴ ラインハルトがアメリカのジャズに感化されてジプシーのメロディー(スケール)でジャズを弾き始めこう呼ばれるようになりました。


(ちなみに日本ではマヌーシュジャズと呼ばれていますが、本場フランスではjazz manouche(ジャズマヌーシュ) と呼びます。英語ではgipsy jazzがメインに使われています)


私はジプシージャズを弾き始めて8年ちょっとが経ちますが、奥が深いです。

どう奥深いかといいますと、ほとんどのソロが即興演奏なのです。

?何それ... 即興がどうのこうのって。。。ってかたもいるかと思いますので少し詳しく書きます

ロック、フォーク、pop等

ソロは1 コーラスあるかないかが多く、事前に考えたソロを毎回弾く

ジプシージャズ

最初のコーラスにメインメロディーを弾いて、その後は即興で何コーラスも弾く

曲を練習する時は何百回とコード進行にそって即興で弾いています

後は頭の中で考えたメロディーを繋いで、ソロを練習したりします。

ですので、完全に全てが即興かといったらそうではない小節もあります。練習したメロディーも弾くので。

キーがよく変わる

ヴォーカル無しの場合とありの場合では当然キー(音程)も違う場合が多々ありますのでいろんなキーで練習をしています。

例えばジャズスタンダードでいくと、 ALL OF ME という曲があるのですが、僕らもよく弾きます。


 ソロだったり、ジプシージャズのインストゥルメント バンドの時は、キー C で弾くことが多く、ヴォーカル付きの時は G やA 、キーボード付きのジャズバンドと弾く時は キーBb などと同じ曲でもキーが違えば結構違ったソロになるので、曲の雰囲気が変わることもよくあります。


 曲の雰囲気といえばですが、同じ曲でも遅いテンポ、中ぐらいのテンポ、速いテンポだったり、ボサノヴァっぽくとか、Jazzy な感じなどその時々、バンドや気分によっても変わるので、昔は一つの曲を1年近く練習していました。

 

ではここでキーCのスコアを見てみましょう

all of meキーC

これをキーGにすると

オールオブミー・キーG

これは全部の音を5度ずらしたものです。

 ま〜これはもうほんっとに慣れなんで色々な曲を色々なキーに変えて練習するしかないですね。

ジプシーギターの特徴

 また特徴としては  ジプシージャズギター です

ジプシージャズギターDホール
ジプシージャズギターDホール
ジプシージャズギターDホール

これは3年前にパリで買ったギターです。 

みて分かるように、サウンドホールの形が通常のギターと違います。これはDホールといって、主にリズムギターに使われます。

 もう一つがOホール (オーホール,オーバルホール)と呼ばれるギターで、主にソロを弾く人が使っています。

ジプシージャズギターOホール

音の違い
Oホールは高音が強目でソロに最適
Dホールは中音が強目でリズムギターに最適

 ですので、ソロを弾く人は高音が出やすいOホールのギターを使っています。

 ですが、私はDホールの音が好きなのでこちらを使っています

 結局は自分がどんな音が好きかによりますよね。ジョショー シュテファン ( joscho stephan )というドイツのジプシーギタリストはソロにDホールリズムギターの父親がOホールを使っています。

 先日友達のソボ (名前です) が、ジョショーと演奏する機会があったので見に行ってきました。ヨショーは先進的なテクニックとアイデアで世界を旋風しています。

ちなみに動画はヨショーだけを狙って撮っています。

ジプシージャズ用品を買うなら

もしジプシージャズギターが欲しい方はパリに行くことをお勧めします。

というのも、数が多いからです。

パリの rue de Rome(ローマストリート)luthier (楽器を作る人)が多く店を構えていて私のギターもatelier pierre fontaine ということころで買いました。

 当然全て手作りです。

 また、pigalle (ピガール)駅の近くにrue victor masséと  rue douai という道があって、だいたい300m?500m?くらいの距離にかなりの数のミュージック ショップがあります。

 っと言っても、なかなかギターを買うためだけにパリに行くなんてなかなかできないと思いますので、日本だと石橋楽器という楽器屋さんがありまして、私もよく使ってました。

ここを今チェックしてみたら、DUPON (かなり良いブランドです)のギターがありました。 6月1日 2018年 現在で20万円でした。ただ、オンラインでギターを買うことはオススメしませんが。。。

正直ドュポンのギターが20万円は、かなり安いです。私のギターは1800ユーロでしたので、だいたい24万円くらいです。 

( ↑ 写真をクリックすると石橋楽器のドュポンのページに飛びます)

弦とピックはかなり重要 

ただ、20万円もいきなり払える人も少ないと思いますので、一番安くジプシージャズ ギターの雰囲気を味わうのであれば、ジプシージャズ専用弦を、普通のアコースティック ギターに付けることです。ジプシージャズの世界では99.9%のプレイヤーは、下に紹介している弦を使っています。

argentine ( アージェンティン) を使うとジプシージャズの音がし、ジプシージャズギターを使っていてもこの弦を使わないと、ジプシー感が半減するってくらい重要な弦です。

最後にもう一つ大事なのは、ピックです。

通常、ロックなどを弾かれている方は0.1mm〜0.5mm のピックを使う人が多いと思います。ジプシージャズでは、最低2mmのピックを使っています。

私は今はメインにダンロップの2mmを使っていますが、以前は5mmのピックを使っていました。

 音がですね、かなり分厚くなるんですよ。違うギターかってくらい音がかわります。今でも外でジャムる時はこれを使います。

これを機会に皆さんもジプシージャズに浸ってみましょう!