ジプシージャズ入門

ジプシージャズやドイツでの育児について

ドイツでの結婚は面倒くさい⁉️ ③ 感動の最終回編

Sponsored Link

ドイツの結婚式の服装

こんにちは。

今日はついについに、待ちに待った結婚式の日です。

このドイツでの結婚式シリーズは最終回を迎えます。

必要書類の取得から、渡独後の手続きなどいろいろ長かったですが、みなさんの結婚の参考になったなら幸いです。

(結婚式の服装は、みんな結構カジュアルであまりスーツを着ている人はいませんでした)

目次

<sponsored link>

 

結婚式当日の流れ

さて、当日はいつも通り8時過ぎに起床してゆっくりと朝ご飯を食べて、妻の家族みんなと市役所( rathaus )に向かいました。

先日もお伝えした様に、私はドイツ語が全然喋れないので通訳として、親戚の旦那さんに来てもらいました。通訳者は親族以外と言われてましたが、親戚の旦那さん( アメリカ人 エリック)は血が繋がってないからオッケーみたいです。

 さてここではまず、今まで面接してくれていた市役所の職員に会いに行き、再度意思確認が行われました。気持ちに変化はないか、とかです。


次に市役所内の教会みたいな部屋に行き式が執り行われます。

私はあまり感動して泣いたりすることは無いのですが、この時ばかりはかなり涙腺が緩み泣く寸前でした。

ドイツの市役所での結婚式

っと言うのも、この市役所の方は今までの面接でも笑ったりせず、典型的なドイツの役所勤めの人間って感じだったのに、この日は私たちのためにポエムを作ってきてくれました。うる覚えですが、こんな感じです。

人生、それは旅と同じです。

旅をして道を歩いていると大なり小なりの障害物があります。

二人で力を合わせて今後向かってくる障害を乗り越えてほしい。

一番大切なことは、お互いがお互いのために労わり、一緒に歩むことです。

良い日も悪い日もありますが、悪い日には今日という日を思い出して、なぜ結婚したのかを思い出すことです。良い日にも、今日という日を思い出し幸せな時を過ごしてください。

あなたたちの幸せを望みます

という感じでした。

私の妻は大号泣でした。。。

その後の2-3枚の書類にサインをして、

指輪交換をし、

Now i announce you as a husband and a wife 

という言葉を貰って終了しました。

ドイツの市役所での結婚式での指輪交換

ちなみにエリックは通訳者として嘘はついていない、翻訳を正確にする、などと書かれた宣誓書にサインをしていました。

もちろん最後の文面は偽りがあれば刑務所に行きますです。

ドイツ。。。怖いです。。。怖過ぎです。。。

結婚式後、家でランチ

( 最後の最後にかなり水を差されましたが)

終了したと同時に家族がシャンペンを開けて軽いお祝いがその場で始まり、外に出て写真撮影がをして、家でランチを兼ねたパーティーです。

f:id:neyukix:20181110024456p:plain

ケーキ入刀の時に最初は私の手が妻の上になったのですが、妻の母が「ダメダメ」と叫び出してもう一度入刀する時は、妻の手が上になりました。

というのも、ケーキ入刀の時に手が上にある方が今後主導権を握るという意味らしく、母は娘が主導権を握って欲しい一心だったみたいです。(ちなみに妻の母はポーランド人です。) 

ドイツの結婚式・ケーキ入刀

ちなみに、私の家族は誰も日本から来ませんでした。

っと言うよりも、そこまで熱心に誘いませんでした。

とういうのは、今回は市役所で手続きをしながら結婚 (式?)をする形式的なもので、通常は親族だけで執り行われ、その後パーティーを行うときに、友達だったりと親族以外も呼びます。

日本の結婚にあてはめると、今回は役所で入籍をしただけという感じです。ですので私の妻も「ワザワザこのために日本から呼ばなくていいんじゃないの?」ってことです。

しかも、「その後のパーティ」をドイツと日本、そしてタイ (一年のうち6-7ヶ月住んでいるので)でやる予定ですので、いずれかの機会に私の親も出席するでしょう。

また、「その後のパーティ」の開催日はまちまちで、結婚後にすぐに行うカップルもいれば、1年後にしたり、妻のいとこは結婚4年後の今年 (2018年)に行いました。外人ってのんびりですね〜。 

 ま〜何はともあれこれで結婚関係は全て終わりましたので、万々歳です🙌

始めのブログから言っている事ですが、大変な事はなく全てがトントン拍子に進んでいきました。ラッキーだったのかは分かりませんが、気のもちようかなって気がします。これを面倒だと思う方もいれば、私のように何でも無かったと思う人もいるでしょう。

結婚までの流れのまとめ

最後にもう一度始めから最後までの流れを書いていきます。

1  戸籍謄本 2通 、婚姻要件具備証明書 1通 を区役所で取得

( ご自身のIDと結婚相手のID 《コピー可》が必要 )

2 アポスティーユを取得

 証明 | 外務省 ← ここから書類をダウンロード

3 書類の翻訳家を探し、翻訳する( もしくは大使館に翻訳依頼をする )

 在ドイツ日本国大使館 - 領事情報 : 証明・翻訳

4 ドイツ到着後、市役所( rathaus )で住民登録をする。

5 市役所で結婚のための面接の予約をする

6 予約当日、必要書類を提出、結婚式の日を予約する

7 結婚式当日、結婚する

以上です。