ジプシージャズ入門

ジプシージャズやドイツでの育児について

新婚旅行 IN モロッコ-迷宮の町フェズー②

Sponsored Link

モロッコのフェズ

こんにちは。 

ワールドカップ見てますか?

日本勝ちましたねー!!

2-1でコロンビアに。

開催前は色々言われてましたが、この調子で次も頑張って欲しいですね。

ちなみに私はドルトムンドのそばに住んでいるんで、いつかは香川真司選手に会えることを密かに願っています。。。 

さて今日は前回の続きでモロッコ二日目です。

前回の記事を読まれてなければこちらもどうぞ↓

観光2日目〜

この日は朝から近所を観光がてら、ホテルの場所をチェックし見て歩いているとこんな人発見!!

f:id:neyukix:20181014013727p:plain

鶏売りの人ですね。

鶏は生きていて かなりフレッシュなお肉が手に入りますね。

ってゆーか、これ食用なんでしょうか。。。?

下のおじさんは、昔工作の時間に作ったような記憶がある焼き物のコップに、墨のようなものでデザインをつけていました

モロッコのフェズ

フェズの道はこんな感じで狭いんですが、商品が所狭しと置いてあります。

モロッコのフェズ

ショップの中はこんな感じで幻想的でした。

モロッコのフェズ

<Sponsored link>

 

 いろんなお店があって気づいたら6-7時間歩いてた、なんてこともありました。

先ほど見たカフェを探すが・・・

さて、段々疲れてきたのでカフェを探すのですが、なかなか見つからないです。

さっきカフェを見たので今来た道を戻ろうとするのですが、、、ないです

さっきそこにあったのに、ないんです

同じ店を見つけるのはかなり難易度が高いミッションです。。。

体感ではこんな感じです

モロッコのフェズ

 

しかもメディナ内ではツーリスト用のぼったくりカフェしか見つからなかったので、結局、一度メディナの外に行きローカルなカフェで、とりあえず一休憩。

(厳密にいうとぼったくりというか、観光客用に値段を上げているところ)

モロッコのミントティー

これはモロッコでよくみるミントティーです。かなり砂糖が多いのでお気をつけて。

料金はツーリストカフェでだいたい10-20ディラム(1-2ドル)

↓こんな感じのローカルなところでは5ディラム(50セント)

モロッコのフェズのカフェ

レストランはメニューを2種類持ってる?

f:id:neyukix:20181014014243p:plain

食事をするところは結構限られていて、ブルーゲイトという場所のそばにレストランがかたまってあります。

ここでもなんですが、彼らは大抵2種類のメニューを持っています。

私たちが昼ごはんに行ったときは3時ごろであまり忙しくないせいか、モロッコ人用のメーニューをみせてくれました。(ちなみに、フェズ滞在中は毎日ここでご飯を食べました。)

値段は平均してツーリスト用が倍くらいの値段ですが、おそらくたいていの人は気にならない値段です。

私がよく食べたクスクスと煮込み野菜はツーリスト用が約500円(45ディラム)ほどで、モロッコ人用が300円ほど。(25ディラム)

ただ私は結構金銭感覚が麻痺していて、300円でも高い!!って感じでした。

2016年にウクライナに行ったあたりから、支払い限度料金が下がっていき今では1ユーロだったら安い。それ以上は高いと感じてしまいます。(いる国にもよりますが。。。)


<海外旅行ならJTBにおまかせ>


それに通常1ドルで売っている物に2ドル3ドルと払わされるのも嫌だし、なんといっても今後の旅行客に迷惑がかかるからです。

というのも、私はタイの小さな島ででバーを経営していまして、私がここにきたときはそれほど有名じゃなく、バンガローに一泊しても、ビーチで80バーツ(240円)ほどで泊まれました。

その後島が少しずつ有名になると、彼らはお金儲け目当てで今まで3ドルだったものを6ドルで売り始めました。

ただ、観光客にとってはあまりたいした額じゃないし、自分の国よりも安いので結局何事もなく払います。

観光客をぼったくる人たちは、必ず物を高く売るように10倍くらいの値段をふっかけてきます。

で、観光客が交渉して値段を下げないと彼らはもっと高く、もっと高くとトライし続けるんですね。彼らはどのくらいまで値段を上げれるか、過激に高すぎない値段を模索しています。

結局私の島では、今まで240円で泊まれてた同じバンガローがいまでは2000円ほどになっています。ひどいところだと、100バーツだったバンガローが1500バーツになっています。

こういう経緯もあって元の値段以上に払わないようにしています。

ちなみに私のバーは9年前にスタートしたときビールを50バーツで売っていましたが、今は60~70バーツですと、ほとんど値上げしていません!(これはかなり誇りに思ってます!!)

ちなみにうちのバーはこんな感じです。毎週火曜日と金曜日にジャムセッションをしています。

firie islands koh phayam,thailand


jamming at live music bar irie islands koh phayam. isnt she lovely by stevie wonder


話が逸脱してきましたね。。。

まぁ、ともかく彼らは2種類のメニューを持っていることが多いので気をつけましょう。 

フェズには結局1週間滞在し、結構ショッピングを楽しみました。

さすがに一週間もいるとメインストリートはだいたいどこもわかるようになりましたが、裏道にいくと本当にさっぱりです。

旅行の最後のほうになるとだいぶ気も緩んでいて、やっぱり来ました。面倒くさいことが。

慣れてきて気を抜いたらいつもコレ。。。

f:id:neyukix:20181014013541p:plain

この日はメインストリート以外のローカルなとこを色々見ていたのですが、完全に迷ってしまいまして、妻は妊娠中だし、言葉が全然わからないしで、道行く人にホテルの場所聞くと

「すぐそこだから連れて行くよ」 

と、英語で帰ってきました。

ただ、こういうのは大体後からお金を請求するか、所持品を強盗するかなので

私「いやいいよ。自分たちで行くから道だけ教えて」

モロッコ人「複雑だから無理だよ。ほら、こっちだから。カム カム」

私と妻はどうしようか考えましたが、結局は付いて行くことに。

私「どのくらいで着くの?」

モロッコ人「5分くらい」 

私「お金ないから連れて行ってもお金上げないよ」

モロッコ人「ただ助けてるだけだから」

この歩いてる道がまたまた複雑で、上に上がるだけなのに下に行って上に行って、左にいってまた左に行ってと完全に彼の手中に落ちています。 

20分後。。。

私「まだ?」

モロッコ人「すぐそこだよ」

 

 

 

 

10分後。。。。 

私「まだ?」 

詐欺師「あと1分」

(呼び方変えました。。。)

5分後。。。

私の妻が泣き出しました。

私も泣きたかったです。。。

しかも妊娠中なのでこれ以上歩きたくなかったですが、歩かないと帰れないし。。。

Asshole「もうすぐだから」

私、かなり激怒して

「you, fucking asshole! do you have any fucking idea what you are doing to a pregnat lady?If something happens to my wife, you fucking go to hell.remember this. you fucking go to hell. i will get you there!!!」

「疲れたから早くしてね」と言うと

「もう着くから」

と、結局一時間近く歩いてメインストリートに着きました。

(通常であればメディナ内のどの道からでも、メインストリートに出るには5分、10分もあれば十分です)

すると、この詐欺師が

「こんなに長い距離案内したんだからチップくれ」といってきました。

えっ?この期に及んで何を言ってるんだと怒りがこみ上げてきて、

私「Fxxk you!!」

と一言。

彼を壁に押し付けて、そのままホテルに帰りました。 

今回は運が良かったのか悪かったのか、一応被害にあわずに済みましたが、危ないところでした。

運が良かった点としては、彼が本当にメインストリートまで連れて来てくれたので、周りには味方となってくれる旅行者が沢山いたことです。

じゃなければ、あんなに強くでれなかったし、出るべきじゃなかったでしょう。

モロッコで今回学んだこと

●歩いているモロッコ人や、ただ立っている人には何も聞かない(聞いても絶対に一緒に行かない)

●良いショップをみつけたらそのときに行く。(後でになると、ほぼ見つからないです)

●値段交渉は10分の一の価格から

●ほとんどのホテルは見つけるのに苦労する

●ローカル カフェはなかなかイケる

もしもう一回行くか?と聞かれたら、いかないと答えます。

即答ですね。

一度はいいけど、2度はいらないなって感じです。

こんな感じでしたが、新婚旅行を楽しみました。

物価自体は日本の3分の1くらいという感じですが、革製品はかなり安いので、オンラインショッピングされてる方だったら行く価値はけっこうありますので是非試してみてください

<sponsored link>