les yeux noirs

ジプシージャズ入門⑥〜リズムギターアドリブ練習〜les yeux noirsを弾いてディミニッシュコードをマスターしよう

今回は以前の記事「色々なコードポジション」「ディミニッシュコード」で解説したディミニッシュコードを使ってルジュノア(ダークアイズ/黒い瞳)を練習していきましょう。

ディミニッシュコードの使い方は以前お伝えしたように、ドミナントコード(7th)コードの代理コードとして使います。

また、ルジュノアにでてくるDm6もいろいろなポジションをご紹介しますので、ぜひ使って下さい。

 

色々なコードポジションを使った進行

les yeux noirs,dark eyes,ルジュノアのスコア

これはもともとは3/4拍子の曲なんですが、4/4で弾くことが多いです。

では私がよく使うコードポジションを2パターン書いていきます。すべてのコードポジションは進行に沿って書いています。

ルジュノアのコード

まずはこれらのコードを反復して練習して下さい。弾き方は、ジプシージャズ特有のリズムギター「ラポンプ」で。

ラポンプって?て方は、こちら「ラポンプの弾き方」をどうぞ。

ディミニッシュコードを使ったバージョン

ここではコード進行が変わっているように見えますが、これはサブスティトゥーション(代理コード)を使っているからで、進行自体はいっしょです。

C#dim(A7) – Dm6 – Edim(A7) – Bb6/F

Gm6 – Dm6 – Ddim/C#dim(Bb7/A7) – Dm6

ルジュノアのコード

私はこのコード進行がかなり好きなんですね。最初の4コードのベース音がド#、レ、ミ、ファとうまく流れているので、聴き心地が良いんです。

一度覚えてしまえば結構単純なので、色々自分で響きのいい進行を作ってみてください。

次回は、音楽をやる上で重要なトピック、コードの作りと成り立ちの解説です。これを読めば、分からない・知らないコードが無くなります

ジプシージャズ入門⑧〜リズムギターアドリブ練習〜コードの作り、成り立ち

<les yeux noirs / ダークアイズ のレッスンを追加しましたのでこちらもどうぞ>