イントロ・アウトロ

ジプシージャズ入門10〜リズムギターアドリブ練習〜イントロの作り方、弾き方タブ譜付き

さて今回は前回の記事で言及したかっこいいイントロの作り方をご紹介したいと思います。

っと言っても、あまり難しいものでもないです。

あっ、いや難しいといったら難しいかもです。(笑

自分がどれだけオリジナリティーをだしていくかにもよりますが、慣れれば簡単ですので。

(レコーディングする時にはオリジナルなイントロを作ることもありますがそれ以外は以下にご紹介するイントロを弾くことが多いです。)

ということで、今回はよく使われる手法を紹介します。

 

どうやってイントロを作るの?

まずはですが、前回の記事は読まれました?

今回はその延長線上にありますので、もしよければこちらの記事をどうぞ。

有名なジャズの曲を使ってターンアラウンド練習

ということで、イントロはこの上の記事で紹介したターンアラウンド(turn around)を使って弾くことが多いです。

私は特にイントロを決めてない時は、1ー9bー2−5や、1−6−2−5などを弾いて始めます。(当然、違うこともするときもあります)

ですので、ターンアラウンド のバリエーションはある程度あったほうがいいですね。

また、ジャムセッション等で

「この曲知ってる?」(イントロがなく、すぐにコーラスに入る曲など)

って聞かれて、知ってるよと答えると

「じゃあイントロ弾いて」

みたいなノリで、急にイントロ弾いたりすることも良くあります。

POINT!!
メロディーでイントロを弾くときも、コードで弾くときも基本的にターンアラウンドのコード進行が頭の中にあります

逆になんですが、決まったイントロっていうのもあるので、そちらを知っていたら、かなり役に立ちます。

典型的なもので、マイナースウィングやHoneysuckle rose、Blues en mineur、Bellevilleなどはジャンゴが弾いているイントロが多いです。(まだまだありますが、キリがないのでこのくらいで)

イントロに使えるターンアラウンド の例

2−5−1

1−3bー2−5

1−6−2−5

2−5−1−5

3−6−2−5

こういったターンアラウンド を使うことが多いですが、これを代理コードを混ぜで弾いたりもして、いつも似たような音にはならないように工夫しましょう。

例)キーC

通常3−6−2−5であれば、

Em-Am7-Dm-G7もしくはEm-A7-Dm-G7

これを代理コードを使うと、

Em-Am-Dm-Db7#9や、Em7-Eb7#9-Dm7-Db7#9などに変えて弾いたりもします

ちなみにこの動きは、All of meのイントロでよく使っていました。こちらのAll of meのレッスン・タブ譜付きのイントロでも使っているので、こちらもチェックして見てください。

前書きが長くなりましたが、早速イントロを作ってみましょう。

イントロの弾き方

major キーとminorキーのイントロ例

major and minor intro

練習動画のタブ譜付き解説 

1 メジャーイントロ

では、最初に引いたのは単音がC-D-E-F-E-D-Cで、コードのC6です。

イントロの作り方・メジャーキー

次が1ー6ー2ー5でC69 – Am7 – Dm7 – G7 

イントロの作り方・メジャーキー

2 マイナーイントロ

これもターンアラウンド で、1−1−2−5で弾いています。(理論的に言えば、1−3b−2−5です)

Gm6 – Gm6/Bb – Am6 – D7

Gm6 – Gm6/Bb – Am6 – D7b9

マイナーイントロタブ譜・イントロの作り方

最後が

Dm – Dm/F – BbM7 – BbM7/D

Em7b5 – Em7b5/Bb – A7 – C#dim 

Dm – Dm/C# – Dm/C – Dm/B

(2回目はDm – Bb7/A7) 

マイナーイントロタブ譜・イントロの作り方 マイナーイントロタブ譜・イントロの作り方

という感じです。

このコードプログレッションを色々なキーで練習してみてください。

また、これに慣れて来たら自分でもクールなイントロを作って見てください。

ちなみに最後のイントロは私がバイ ミア ビストゥ ドゥ シェーンを弾くときによく使うコードプログレッションです。

追記)上記のDmイントロのアドリブがなぜこうなるのかを、イントロのアドリブ練習 解説編で詳しく話していますので、こちらもどうぞ