ジプシージャズ入門

ジプシージャズやドイツでの育児について

ジプシージャズギター入門〜初心者練習方法②〜ギターストローク練習

Sponsored Link

こんにちは。 

前回の「初心者練習法〜コードチェンジ〜」はいかがでしたか?

成果は出て来てますか?

コードチェンジをスムースにするには数をこなすに限りますので、まぁ焦らずに頑張ってください。一朝一夕でギターは上手くなるものでもないので。

今回は、初心者の為の練習法第二弾、ギターストロークの練習方法やコツ、やり方をお送りします

目次

<sponsored link>

 

ストロークとは?

ストロークとは、ギターをコードで弾く時の右手の動きのことです。(ピックを持っている方の手です)

で、これは本当に大切なのでしっかり練習しましょう。

おそらくは今後5〜10年くらいは、ストロークの練習をしていると思います。

弾き方


ポップやフォークは肘から下を動かしてストロークしますが、ジプシージャズは手首から下を使ってストロークします。

これは手首から下を使った方が早く弾けるし、微妙で繊細なストロークができるようにです。

下にストローク練習の動画をあげていますので、手首の使い方も一緒に見てください

メトロノームとは?

メトロノームって聞いたことありますか?

これは一定のリズムを刻んでくれるものです。

ギターの練習は、常にこれを使ってやっていきます。

メトロノーム

(↑こんなレトロなものを使ってる人は、あまりいないと思いますが) 

ちなみに私は↓この無料アプリのメトロノームを使っています。

メトロノームアプリ

スマホやパソコンには必ずメトロノームアプリを入れておきましょう。

使い方はいたって単純で、好きなテンポに数字を合わせてスタートするだけです。


こちらからメトロノームアプリダウンロードできます

ストロークの練習法① 

練習動画では、1拍子、2拍子、3、4、5、6、8拍子で弾いています。

では、メトロノームを使って、動画のストロークをやってみましょう。

テンポは80でスタートします。

で、スタートするとカチッ カチッ と音がしてると思いますが、これが4回で1小節です。

で、この音がなるところで、上から下にストロークしてみてください。(1拍子)

まずは全てダウンストロークでやります。(上から下に弾く)

基本的に全ての弦を弾くようにして下さい。

慣れて来たら、一回を二回にします。(2拍子)

この時、2回目のストロークはアップストロークで。(下から上)

これも慣れて来たら、3回(トリプレット)、次は4回弾きます。

で、5回、6回、8回と続きます。

奇数回のストロークは、最初のストロークはダウンストロークで始めます。

ギターストロークの練習

ギターストロークのやり方

POINT
(ジプシージャズの場合は)トリプレットと6拍子の時のストロークは ↓ ↑ ↓   ↓ ↑ ↓   ↓ ↑ ↓   ↓ ↑ ↓  と頭のストロークは常に上からで始めます

とは言っても、テンポが早すぎたら↓↑↓↑↓↑と弾くこともあります。

ここで一番重要なことは、早く弾くことではなくタイミング良く弾くことですので、早さにはこだわらないでやってください。

速弾きも同じですが、スピードは後からついて来ますので、まずはリズム、タイミングを気にしながらやって下さい。

ストロークの練習法②

前回の記事で主に左手、コードチェンジの練習法をお伝えしたときにコードチェンジがスムースになってきたら、好きな曲を聴きながら右手も合わせて練習する」とお伝えしたように、聞いている曲のミュージシャンがやってるようにやって見てください。

「速すぎて出来ない!」って場合は、メトロノームを使ってゆっくりとしたテンポから始めてください。

オススメ曲
pulp fiction のmisirlou

これはロック(サーフロック?)ですが、かなりクールなのでオススメです。

動画はショートバージョンで、AメロBメロともに1回づつ弾いていますが、オリジナルはAメロBメロともに2回づつ繰り返しです。

使っているコード

Aメロ E ーF 繰り返し

Bメロ AmーGーFーE

      FーEーFーE 

この曲ではFを弾くときにあえて開放弦を一緒に弾くようにしています。

ですので、EからFへの移動は、コードシェイプはEのままで1フレット前に移動してFを弾いています。

追記)パルプフィクションのレッスンを追加しましたのでこちらもどうぞ

初心者練習方法④〜練習曲ミザルー、パルプフィクション タブ譜、コード付き - ジプシージャズ入門

最後に

最初にも言いましたが、一朝一夕で上手くなるほどギターは簡単ではないので、1ヶ月、3ヶ月等のスパンで気長に頑張ってください。

上手くなるコツは、毎日コツコツとやることです

あと、リズムを重視して無理のない速度で練習することです。

リズムでもソロでも、力が入ってしまうと上手く弾けなくなるので、リラックスした状態を心がけて頑張って下さい。

<ジプシージャズ特有のバッキング「ラポンプ」の練習も一緒にどうぞ>