音楽理論

アウトロをアレンジしてクールなエンディングに!アウトロの作り方

こんにちは。

以前こちらイントロの作り方、弾き方タブ譜付き で、イントロの作り方を紹介した時から、いつかはアウトロ(エンディング)の作り方を書こう、書こうと思っていて、やっと今日記事を書き始めました。

イントロってアドリブする人多いですけど、アウトロでアドリブってあまり見ないですよね。

みんななんとな〜く終わってるだけの感じじゃ無いですか?

ということで、他のプレイヤーに一味も二味も差をつけれるように、アウトロをマスターしましょう!

アウトロとは?

イントロって聞かれたことある人が多いと思いますが、アウトロってあまり聞かないですよね?

イントロの反対で、曲の締めくくり、結論のセクションという意味で、曲の最後に弾くものになります。

イントロは自分で作ることもありますが、アウトロは典型的なものを使うことが多いかと思います。(私の場合は)

アウトロの簡単な作り方

ジプシージャズでは、基本的に決まったアウトロを弾くことが多いですが、アレンジをすることもあります。

イントロと同じメロディーを弾く

一番簡単にアウトロを作るのなら、イントロと同じメロディーを使えばOKです。

ただ、イントロはAメロに繋がる進行に対し、アウトロは曲が終わる進行にしないといけないので、最後の部分をちょっと変えてあげる必要があります。

最後の小節を繰り返す

ジャズでよく見るのは、最後の4小節を繰り返して終わる方法です

これは主にジャムっている時にやる方法ですが、最後の小節を繰り返すことによって、みんなに「さぁ、終わろう」って合図を送れるのでよく使われます。

例 summertime 最後の4小節であるC-E7-Am-Amを繰り返し


ターンアラウンドを使う

ターンアラウンド は、イントロでも、アウトロでも使えます。ほとんどのアウトロはこれを使っているんじゃないかな?ってくらい使います。

ただ、一般的なターンアラウンドも使うし、代理コードを混ぜたものだったりと色々アレンジしますね。

よく聞くのは、2-5-1-5 / 1-b3-2-5 / 1-6-2-5 / 1-b9-2-5 / 1-5-4-3などが多いです。

詳しくは、「ジャズの曲を使ってターンアラウンド の練習」をどうぞ。

コード進行

当然ですが、最終コードは1度のコードで終わりますが、あえてマイナーの曲をメジャーで終わったり、ジャズならドミナントコードで終わったりもします。

進行は基本的に、5度→1度に移動すれば、音的にもスムースだし、5度のドミナントの音で盛り上がって1度に落ち着くという音楽理論に沿った動きなので、コレが一番いいですね。

当然2度→1度や、3度→1度、4度→1度でもOKですが、2度3度4度は曲が終わるという盛り上がりが小さいので、曲によっては「えっ?終わり?」って印象を与えます。

では、キーCで上記の例を紹介します。

  • 5度→1度・・・G7→C
  • 2度→1度・・・Dm7→C
  • 3度→1度・・・Em7→C
  • 4度→1度・・・Fmaj7→C

アウトロの例

まずはジプシージャズでよく使うアウトロをご紹介します。

これはMinor swingで使われるアウトロですが、それ以外の曲でも全然使います。

ジプシージャズ アウトロ 作り方

ジャズでよく聞くパターンです。

アウトロ 作り方

gipsy jazz アウトロの練習

アウトロの作り方コツ

例えば上記のように、メジャーコードで終わるコードを7b5コードや13コードで終わると、かなりジャズっぽくなり、カッコいいのでぜひ使ってみて下さい。

例)最後の2小節がDm-G7で最後のコードがCだとします

通常Dm – G7 – C →ジャズっぽい終わりDm – G7 – C7b5

これを応用して色々なキーで試してみて下さい。

マイナーコードで終わる曲はm6にしてみたり、m69にするとジプシーな雰囲気がもっと出ます。

ちなみに、上記のアウトロはキーがメイジャーでもマイナーでも、どちらでも使えるので色々な曲で試して下さい。

まとめ

アウトロをアレンジする時は、コードの沿った進行や、ターンアラウンドのコード進行を念頭にメロディーを弾けばカッコよく決まります。

基本的にここは感性の部分があるので、これ以上アドバイスがありませんが、今回ご紹介したアウトロからアドリブしてみてください!

こちらイントロのアドリブ練習 解説編でコードのアドリブの方法や、なぜこうなるかを詳しく解説していますので、こちらもどうぞ。