ジプシージャズ入門

ジプシージャズやドイツでの育児について

タイのラノンで格安にビザランをする方法

Sponsored Link

タイのラノンで格安ビザラン

こんにちは。

今これを読んでいる方は、タイにいらっしゃるんですか?

いい国ですよね。東南アジアは暖かいし。私大好きです。

さて、そんなみなさん、ビザは大丈夫でしょうか?

以前はビザランの仕組み、格安ビザランの場所をお伝えしました。「タイで簡単格安にビザランをする方法」

今回はその詳細をお伝えします。

目次

<sponsored link>

 

ラノン(Ranong)

前回お伝えしたのはタイ南部にあるラノンRanongという町です。(Rayonという町もあるのでお気をつけて)

タイの地図

バンコクから夜行バスで10時間ほど、プーケットタウンからバスで5−6時間、チャンポンから90分のアンダマン海に面した漁業が盛んな町で、多くの住人はミャンマー人です。

というのも、船で20ー30分でミャンマーに行けるので、出稼ぎミャンマー人が多いんですね。

私がビザランをする時は、だいたいここです。

早いし、簡単だし、厳しくないからです。

バス停からシティーセンターまで

徒歩

暑くなければ問題なく歩けて、15分ほど。

ソンテウというタイのバス?っぽいものに乗って、15バーツで行けます。(所要時間5分)

ソンテウ

タイのソンテウの写真

ソンテウに乗る場合は、バス停から左に行き、大通りに着くと、反対車線に渡り、のソンテウに乗り込みます。

バイクタクシー

タイのタクシー

バス停のタクシーはそこまでぼったくりじゃないですが、バス停からシティーセンターまでは、20バーツほどで行けるはずです。

バス停を出た後にいるタクシーは全部ぼったくりです。他よりも最低2倍はふっかけてきますのでご注意を。

バス停からビザランの港まで

ソンテウ

ソンテウは青と赤の2種類があるのですが、はシティーセンターに、はビザランの港方面に行きます。

ちなみにビザランの場所は最終地点じゃないので、ドライバーにビザランもしくはミャンマーに行くと伝えれば大丈夫です。(所要時間20分〜40分)

バイクタクシー

通常であれば50−80バーツ。ぼられたら100−150バーツくらいです。

ホテル

ラノンにに到着したのが朝なら泊まらなくてもいいですが、夕方だったら次の日にビザランに行くので、ホテルの場所を紹介します

タイのラノンのホテル地図

赤い線の道がメインストリートで、フードマーケットあたりがセンターですが、夕方以降に着くと、ほとんどのお店は閉まっています。

黒枠のあたりは、ここ2年くらいで急に沢山の飲食店や、ホステルが建ち始めました。この辺であれば夜でも空いているところが多いし、ホテルも探しやすいです。

左の青線の道は、フルーツマーケットですので、ぜひ行ってみてください。

ビザラン

 ホテルから行く場合は、先ほどのソンテウ(15バーツ)かバイクタクシー(50〜80バーツ)で、運転手に「ビザラン」と伝えて行きます

タイのラノンのビザランの場所

拡大写真

タイのラノンのビザランの場所

目印と書いたところには、ガソリンスタンドとコンビニ7/11が同じ敷地にあります。

ここで降りて、ガソリンスタンドを通り抜けて港に行くのですが、このガソリンスタンドの近くにいると、もうすでに「ビザラン、ビザラン」って声をかけられますので、絶対にわかります。

このビザランキャッチは怪しくないので、ついて行って大丈夫です。彼らは「うちのボートに乗ってビザランに行って」、とういうことで、声をかけてきます。

私は片道50バーツ、往復で100バーツしか払いませんが、ぼったくり達は、片道100〜150バーツを請求してきますので、「I ALWAYS PAY 50BAHT FOR ONE WAY」って言えばだいたいOKです。

ツーリスト用の大型の船もありますが、遅いし高いしオススメはしません。

ちなみにパスポートのコピーもここで撮れますのでご安心を。コピー2枚必要なのですが、5バーツくらいでコピーできます。

 港まで来たら、イミグレーションに行って出国スタンプをもらい、船に飛び乗り、ミャンマーに行きます。

ミャンマー側

ミャンマーまでの所要時間は30分ほどで、コチラに到着すると、ミャンマーのイミグレーションに行きます。(ちなみに船は待っててくれるので、スタンプをもらったらすぐに戻りましょう。1−2時間観光したいなら、船頭に50バーツ払って、帰りは別の船で帰ると伝えたらOKです)

船が着いた場所から左に行くとイミグレーションです。(所要時間、一本道で徒歩1分30秒)分からなければ、「イミグレーション?」って聞けばすぐに教えてくれます。

さてここからが私がお伝えしたいことなんですが、2018年10月1日よりビザが免除されますので、タダなんです!!

2018年10月1日以前は10USD必要なのですが、この日以降は無料でビザゲットできます。

イミグレーションでは、「going back to thailad today?」って聞かれるので、「yes」と言えばOKです。

スタンプを確認して、船に戻り、タイに戻ってもう一度イミグレーションで入国スタンプをもらえば終了です。

<sponsored link>

 

最後に

ビザランのトータルでの所要時間は1時間半から3時間くらいで終わりますので。

2018年10月1日以前にビザランをする方は、銀行で10USDを両替しておきましょう。タイのビザランの港でも両替できますが、最近は為替に関係なく400〜500バーツです。

銀行だとその時のレートですが、港に比べて100〜160バーツほど安く両替できます。

ミャンマー側で替えると450〜500バーツなので、是非準備しておきましょう。

次は「<タイ>ノービザで長期滞在する方法 」もどうぞ