ジプシージャズ入門

ジプシージャズやドイツでの育児について

ドイツでの配偶者ビザ取得は面倒くさい!?①

Sponsored Link

life is so easy when you think its easy

こんにちは。  
今日はドイツ特有の気候で、前日比10度近く気温が下がり引きこもりがちな1日です。
 
さて、前回の記事「ドイツでの結婚は面倒くさい?」でお伝えしたように、ドイツでの結婚手続きや式が終わり、 今回は配偶者ビザと就労ビザの手続きです。
 
日本人の必要書類や夫、妻となるドイツ人の必要書類などもまとめて紹介するので、ぜひ参考にされてください。
 
また、配偶者ビザを取るまでの繋ぎで、観光ビザを延長できるのですが、その方法(?)も一緒にお伝えします。
 
目次

外国人局に訪問

今日は妻のメールにイミグレーション(ausländerbehörde)からメッセージがきました
私の配偶者ビザについてのアポイントの日時が書かれていました。

ドイツの外国人曲に訪問

 
というのも、実はつい先日ドイツで結婚したのでビザ申請(長期滞在許可証、配偶者ビザ)の為にイミグレーションにアポなしで行ってきたのです

外国人局のウワサ。。。

ドイツの外国人曲の噂

ちなみに、このイミグレーション(ネット上には外国人局と載ってます)に行く前にいろいろ調べていると、怖いことしか書いてなくてないのです。
 
●朝早く行かないと面会もできない
●9時間以上待った 
●アポイントが必要
●担当が無愛想
●チョコレートなどのプレゼントを持っていくと機嫌が良くなる
●朝5時から待っている 
何ヶ月も前から必要書類を確認し用意しているのに行ったら書類が足りないと言われた
 
等などです。。。(妻に言われたのですが、職員にプレゼントをあげるのは、贈賄罪になる可能性があるので、絶対にしたらダメって言ってます!)
 
事前チェックした必要書類
 
●保険会社からの証明書
●納税証
●A1テストの証明書
●パスポート
●婚姻証明書
●住民票
●戸籍謄本
●妻のID
です。(実際には違いましたので!)
 
ちなみに私は、2018年4月の初旬にドイツに到着し、すぐに外国人局にアポイントを取るメッセージを送りました。
 
が、です。いくら待っても返信がなく、電話しても誰も取らない。。。
 
これはまさにネットに書いてあったことだと実感しながらちょっと焦ってきました。
 
というのも、私は観光ビザで入国して、ドイツで結婚したので、滞在可能期間は90日。
 
これを過ぎる前に何とかビザを取らないと面倒なことになるのです。
 
待てど暮らせど連絡がなく、もう5月中旬
 

とりあえずアポなしで外国人局に突撃

f:id:neyukix:20181016052554p:plain

ということで、とりあえず自宅から40分程離れた所にあるイミグレーションにアポ無しで行ってみました。
 
早起きは苦手なので、当然朝5時に行ったりせず、到着したのは10時少し前でした。
 
「かなりの人が待ってるんだろ〜なー」と思いつつ部屋に入ると待ち人は20人くらい!ロシア語を喋ってる数組と、あとはアフリカ系と中東系の人たちでした。
 
妻も私も笑顔で「早起きしないで良かったね」と言い合い、待合室で順番を待ちます。
 
30分ほどで私たちの番号が電光掲示板に表示され、指定された部屋に行きました。
 

担当官と面談

f:id:neyukix:20181016052549p:plain

部屋に入ると、愛想のいい若い女性が担当官でホッとしました。
 
会話を続けていくとわかったことは、
この地域はアジア人もしくは日本人の申請者があまりいないらしく、担当官もあまりわかってない、ということです。
 
もともとこの担当官は東欧出身者担当らしく、結局私が必要なものはその他の国の人と同じだということです。
 
ここで言われた必要なものは
●A1テストの証明書
●パスポート
●婚姻証明書
●住民票
●戸籍謄本
●妻のID
なんですが、が です。
 
この担当官になぜ語学テストの証明書が必要か尋ねました。
(とは言っても、ドイツ大使館やネットには必要と書いていました)
 

みんな必要だから

 

それはミグラントは難民申請だったり、働きに来てるから必要なんでしょ?私は日本人だし、働きたくてここに来たわけじゃない。結婚して子供も生まれるからここにいるんだけど。。。

 
こんな無茶苦茶な理論で、どーにかテストを受けないでいいように交渉 
 

ルールだから。あなたは長期ビザ取得の為に7月までにはテストを受けてね

 
やっぱりダメですね。。。 
 

今から勉強しても絶対に受からないですよ。しかも、今のビザは7月頭で切れるから、試験に落ちたら帰国しなくちゃいけなくなるの?

ちなみにビザのエクステンションできますか?

 

OK

 
で、担当がなんだかんだやって
 

はい、3ヶ月延長のビザです。13ユーロだから、別の部屋にいって払ったら領収書もらってここに帰ってきて

 
えっ!?ほんとに??

ドイツ、アライバルビザの延長

はい。本当でした。
 
予想外に5分10分くらいでビザの延長ができました。
 
ただ、このビザの延長は今のビザが切れる日からじゃなく、この日から新たに3ヶ月の延長なので結局は一ヵ月半の延長になりました。
 

またビザのエクステンションが必要なら言ってね。できると思うから

 
ん??
 
ん????
 
ん??????
 
えっ??
 
この人かなりいい人だ。こんなに簡単にいっていいの?ネットに書いてあったことはなんだ??
 
と、思いながらもこれで終了。
 

冒頭で紹介したメールの内容

で、やっと本題にはいりますが、今日届いたメールに書いてあったことは
 
「A1テストの証明書はいりません。
一年間の滞在許可証とワークパーミットを発行するのでまたイミグレーション(ausländerbehörde)に来てください。
アポイントの日時が決まったらまた連絡します。」
 
妻曰くこんな感じでした。
 
あれ?本当に?こんなに簡単でいいの?って感じですが、今のところこんな感じです。
 
結婚手続きの件でもそうでしたが、ネットに書いてあることと正反対(かなりスムース)に物事が進んでいるのでちょっと拍子抜けというか、あっけにとられることが多いドイツ生活です。
 
ただ、どのブログにも書いてありましたが、地域や担当によって必要書類が変わったり、言ってることが違ったりとあるらしいので一概には言えませんが,今のところ私はカインプロブレムです。
 
ちなみに私の状況をいいますと、2018年5月にドイツで結婚して、妻は妊娠中。住んでる地域はドイツ北西のsauerland(ザウアーランド)で、行ったイミグレーションはlüdenscheid(ルーデンザイド)です。
 
ちなみに日本人が多く住んでいるドュッセルドルフで、ビザの手続きをしようかとも考えましたが、ちょっと遠いし、日本人が多いので、担当も慣れ過ぎて対応が事務的過ぎると考えて、ルーデンザイドのイミグレーションに行きました。
 
まだまだビザをゲットするまで分かりませんが、また進展があり次第ブログを更新します。