曲紹介

夏に向けて練習したいジプシージャズの曲5選

今回は、夏に弾きたいジプシージャズやジャズの曲を、コード付きで紹介します。

夏にぴったりのアップテンポな軽快なリズムを練習しましょう。

以下の曲は、お客さん受けも良くそこまで難しくないので、すぐに弾けるようになると思います。

C’est si bon(It’s so good)

フランスの名曲セ・シ・ボン。ヘンリベッティ(Henri Betti)作曲で、色々な人が歌っていますが、有名なのは、フランスの有名歌手イヴモンタンとルイアームストロングが演奏しているものかと思います。

ジプシージャズでも、シンガーがいるときは弾く機会が多いので、是非練習しましょう。

Sweet Swing Trio : C'est Si Bon
c'est si bonギターコード

Them there eyes

ジャンゴのソロがかっこいい、ゼム・ゼア・アイズ。昔この曲をめちゃくちゃ練習していた記憶があります。

Django Reinhardt – Them There Eyes – Paris, 14.06.1938
them their eyesのギターコード

Oh lady, be good

爽やかな曲で春や夏にぴったりの曲です。邦題もオー・レディー・ビー・グッドとそのままですね。もともとミュージカルのために作られた曲です。

Django Reinhardt – Lady Be Good – Paris, 12.28.1934
オーレディービーグッドのギターコード/lady,be good

Shine

これは1910年に作られたかなり古い曲で、ジャズでよく弾かれています。

アップテンポでノリのいい曲なので、ボーカル付きの時はみんな踊りだすような軽快な曲です。

Shine – Django Reinhardt
ジャズ・shineのギターコード

Avalon

ビッグバンドで弾かれる機会が多いアバロン。ベニーグッドマンも演奏していますね。

the swingって感じの曲です。

Avalon – Django Reinhardt
ジャズ・アバロン/Avalonのギターコード

 最後に

今回はスウィング感が強いアップテンプな曲が多かったですが、これらの曲は弾く機会が多いので、是非練習してみてください。

こちらの<ばね指を治す方法>でも紹介したように、今バネ指がひどくて演奏できないのですが、バネ指が治ればソロの演奏ビデオもタブ譜付きでアップしますので、お待ちを。