ジプシージャズ入門

ジプシージャズやドイツでの育児について

ヨーロッパ(ドイツ)のビーガン事情

Sponsored Link

ヨーロッパ、ドイツのビーガン事情

こんにちは。

最近スーパーに行くと、やたらビオやビーガンマークがついた商品が溢れてますね。

私が住んでいるドイツでは、みんな大好きです。意外に値段もそんなに高くなく、AldiやLidlで売ってますし。

今はビーガンは信条というより、(私はビーガンと言うのが)クールだから、流行りだからって感じもしますが、他人に自分の意見を押し付けない限り別に良いと思いますが・・・

まあ押し付ける人が結構多いんですけどね。ヨーロッパでは。

ここ最近はそうでもないですが、4−5年前は、本当に多かったですね。

いつも言い争いになってました、私。(笑

今回はそんなヨーロッパのビーガン事情と、意見を押し付けてくるビーガン撃退法も含めて紹介していきます。

注)ビーガンの方には刺激的な表現の部分がありますが、悪気はないので誤解されないように。

目次

 <sponsored link>

 

ビーガンとは

ビーガン/ヴィーガン

ビーガン、もしくはヴィーガン(どっちでもいいですが・・・)は、菜食主義者のことで、基本的に動物由来の製品を食べない人たちのことです。

実はビーガンの中にも種類があって、完全に動物由来の製品を食べない、使わないグループと、動物由来品を食べないけど使うグループなどです。

はちみつなんかも動物由来製品なので、食べないって言うビーガンもいますしね。

ちなみに、はちみつの蜜って、元々は花の蜜なんですよね。それが蜂の唾液(酵素)によってブドウ糖と果糖になり、その他ミネラルなどが混ざって、蜂蜜と呼ばれるものになるんです。

ですので、もともとは花の蜜なので、食べても良いんじゃないかなって思いますが・・・

過激ビーガン

過激派ビーガンが襲う

最近ヨーロッパ(フランス)で、過激なビーガンが目立ってますね。

精肉店の前で、プラカードを持って営業妨害したり、ショーウィンドウを壊したりと、彼らは根本的に間違った認識を持っていると思うんですが・・・

物を壊したり、他人の生活を壊しても良いけど、動物は守ろう!みたいな感じですかね〜。

もちろん過激派は少数派ですが、ビーガンのイメージが悪くなりますよね。

先述したように、昔は結構な数のビーガンに口説かれました。

「なんでお肉を食べるの?」「動物がかわいそうじゃないの?」「肉の代わりにビーガンミート食べたら?」「ビーガンになったほうが健康にも良いよ」という事を、よく言われました。

しつこく何度も言って来る相手には、

「あなたが何を考えてるかどうでもいいけど、あなたの考えを自分に押し付けないで」

「魚を食べたらどんだけ体にいいか、あなたが魚を食べるって言うまで、言い続けようか?」

「B12はどこから取るの?体に必要だけど、ビーガンじゃこれ取れないね。化学薬品が入ったサプリでも飲むの?」

こんな返答をしていました。

また、車を運転してる面倒臭いビーガンには、「石油を採掘するのって、地球にダメージ与えるって知ってた?地球を壊す活動は容認して、生きるために動物を食べるのはダメなの?」等と言ってましたね。

資本主義的ビーガン

資本主義経済のビーガン事情

最近は商業的なことも含めて、いろいろな商品にビーガン(Vegan)やビオ(Bio)のマークがありますよね。

私は昔から思っていたのですが、ビオのマークがある野菜は2−3倍の値段でも売れるし、ビーガンと書いていたら、人々は盲目的に良いものと思って、高くても買いますし。

(ちなみにビオ<オーガニック>製品って、農薬全然使ってないと思うでしょ?使ってるんですよ。認定された農薬を使えばオーガニックって言っていいんです。詳しくは次回の記事で

良いビジネスですね。

私はビーガンの友達も多いし、一時期ベジタリアンだったので気持ちも分からなくはないですが、私が知ってるビーガンはちょっと違います。

彼らはミルクも飲むし、時々卵も食べます。中には肉を食べるビーガンもいますよ。

(肉食べるなら、ビーガンって使うなと思いますが・・・)

というのも、多くの本物のビーガンは家畜を育てていて、極力自給自足できる様にしている人が多い気がします。

以前私はスペイン人のビーガン(人によってはベジタリアンと呼ぶかもしれません)の友達に、「ミルク飲むのにビーガンなの?」って質問しました。

返答はこうでした。

「知ってる?私たちの家畜のヤギたち。ミルクを出さないと乳が張って痛みが発生して、泣くのよ。だから毎朝乳搾りをするし、せっかくの天からの贈り物だから、捨てないで飲むわよ。これは動物搾取や虐待じゃなくて、自然の摂理。ヤギのためにミルクを取っているの」

なるほどね、と思いました。

他のビーガンはこんなことも言ってました。

「私はゲージに入れらた鳥の卵は食べない。そんな会社を支持したくないから。でも、柵がなく自由に育った鶏の卵は食べるよ。だって自然の中で育った動物だから」

基準は人それぞれみたいですね。

ドイツのビーガン事情

ちなみに私が住んでいるドイツは、ビオ、ビーガンが大好きな国です。

ちょっと家を調べて見たら、多くのものにBio、もしくはVeganのマークがありました。

 左がBio製品で、右がVegan製品です。

ドイツのビオ製品
ドイツのビーガン製品

ナッツやドライトマト、グレープジュースにまでビーガンマークってすごくないですか?ビーガンじゃないナッツを見てみたいんですが。
以前持っていたココナッツオイルもビーガンって書いてましたし、ここまできたら洋服にもそのうちビーガンマーク付きそうですよね。

ん?ビーガン服?

ありそうな気がしたので、検索!!

vegan clothesと検索したらありました!

ビーガンの服

これはビーガン服の紹介兼オンラインショップっぽいです。

原材料を見てみると、バンブーとかパイナップルの皮とか使っているみたいですが、石油化学製品である、ナイロンやポリウレタンなども使っていますね。

革製品や、ウール、シルクなどの動物(昆虫も)が関わってできるものを、使ってないようです。

なんかここまで来たら、好きな方はどうぞお好きに、でもleave me aloneって感じです・・・

ビーガンとの生活

f:id:neyukix:20181022074721j:plain

ちなみに私の妻はビーガンなので、食生活の一部を紹介します。

共通のお皿から食べ物を取るときは、専用のフォークを 使う。

BBQの時は、肉と野菜完全に別々のタイミングで、別のプレートで調理。

お肉を触ったフォークなどで他のものを触るのはダメ。

外食時は一緒の店に行けないことが多く、特に日本に行った時は、多くの料理にダシが使われているから、私はこの店で食べ、妻は別の店で食べるなんてありました。

この様にちょっと不便に見えるかもしれませんが、慣れれば特に問題はありませんし、外食しなければ済むことなので、問題ってわけでもなかったですが。

最後に

色々書きましたが、ビーガンといっても色々種類もあるし、人それぞれの定義による感じですね。

私は先ほども言った様に、他人に意見を押し付けなければ、誰が何を食べようと関係ないので、どうでもいいですが・・・

実は私はドイツに来る前は、ペシェタリアン(peschetarian)と自分を呼んでいました。

ペシェとはイタリア語で魚という意味で、魚は食べるけど肉は食べない、というものです。

ただ、以前から友達の家などに招かれた時に、肉料理を出されたら(失礼にならない様に)食べてましたが、自分で料理してってことはありませんでした。

ビーガンでも、ベジタリアンでもそうですが、自分がどう思うかによると思いますね。