ジプシージャズ入門

ジプシージャズやドイツでの育児について

セブンスコードのスケール、アルペジオ

Sponsored Link

こんにちは。

今回はメジャースケールとアルペジオ、マイナースケールとアルペジオに続いて、第3弾のセブンスコード のスケールとアルペジオをやっていきましょう。

今回は、ジプシージャズで最も重要といっても過言でない、セブンスコード(ドミナントコード)のスケールとアルペジオのレッスンです。

スケールとアルペジオのレッスン第3弾なので、1、2を読まれてない方は、こちらも是非読みましょう。

目次

 

スケールとは?

スケールとは、日本語では音階と言い、大きく分けて、長音階(メジャーキー)、短音階(マイナーキー)があり、今回はセブンスコード(日本語では七の和音と呼びますby wikipedia)です。

簡単にまとめると

長音階(メジャースケール・アイオニアンスケール)

メジャースケール・アイオニアンスケール表

短音階(マイナースケール・ナチュラルマイナースケール)

マイナースケール・ナチュラルマイナースケール

セブンス・スケール

セブンス・スケール

この様に、セブンススケールは度数でいうと、7度だけがフラットになったメジャースケールですね。

セブンス・スケールの一覧

セブンス・スケール一覧

セブンス・スケール一覧

キーGを見てください。

何か気が付くことあります?

そーなんです。キーGのセブンスルスケールキーCのメジャースケールの構成音は同じなんです。 

この様に見ていくと、

Cのメジャースケール=Gのセブンススケール

Dのメジャースケール=Aのセブンススケール

Eのメジャースケール=Bのセブンススケール・・・となります。

POINT!!
メジャースケールと、その5度の音のドミナントスケールは、同じ。

 ちょっと話が逸れますが、ジプシージャズやジャズでよく見る2−5−1の進行ありますよね?

これはキーがCの時、Dm-G7-Cという進行です。

先ほど行った様にCメジャースケールと、G7のスケールは同じ構成音です。

ではDm7は?

Dm7のスケールはD-E-F-G-A-B-C-Dなので、これはCメジャースケール、G7スケールと同じ構成音なんです。

究極のトリックとして、2−5−1の進行だったら、1度のコードのスケールを弾いていたら、間違いがない!ってことです。(ただ、こんなスケール弾いていたら、おもしろくないソロになってしまいますが・・・)

スケールの覚え方

スケールの構成音を覚える方法もありますが、まずは運指を覚えましょう。

セブンス・スケール運指

 では、キーGとCで上記の運指を見ていきましょう

セブンス・スケール覚え方運指

セブンス・スケール

まずはこの二つの動きを覚えて、応用していきましょう。

次にジプシージャズでよく聞くリフを紹介します

f:id:neyukix:20181015040618p:plain

まずはこの形を覚えて、色々なキーで練習してみて下さい。

ちなみに上記のリフはディミニッシュスケール を基本とした、セブンスコード のメロディーで、主にマイナーキーの時に使います。

POINT!!

メジャーキーの時にも使おうと思えば使えますが、要注意で使って下さい。

というのも、メジャーキーの曲でこれを使うと、音が曲に合わない場合が多いし、曲調を壊す可能性があります!

では、メジャーキーの時はどうするの?って思いますよね。

主にスケール か、アルペジオを使います。

アルペジオ

f:id:neyukix:20181015041107p:plain

 アルペジオの練習は、上から下に、下から上に移動できる様に練習し、赤丸が1度の音なので、場所を変えて色々なキーで練習してみて下さい。

 ディミニッシュコード とは?

セブンスコード のスケール、アルペジオを語る上で欠かせないのが、ディミニッシュコード です。

ディミニッシュコードってあまり聞かないですよね?

ディミニッシュコードは、主にジャズやボサノヴァで使われ、セブンスコード の代理コードとして使われるんですね。

しかも、ディミニッシュコードは私が一番好きなコードで、アドリブ演奏していると、すごく面白いコードです。いろいろできるので。

ディミニッシュ関係は以前記事にまとめたので、そちらのレッスンをどうぞ。

最後に

 いかがでしたか?

3回にわたって、メジャー、マイナー、セブンスのスケールとアルペジオを紹介しました。

はっきり言って、ジプシージャズの練習で必要なものは、この3回のレッスンでほとんど出てきました。

ジプシージャズといえば、1にも2にもアルペジオの練習なので、皆さんも頑張っていきましょう。