ジプシージャズ入門

ジプシージャズやドイツでの育児・雑学について

パンパース派?布オムツ派?〜ドイツ語で赤ちゃん用品は何て言う?

ベビー用品をドイツ語で紹介

以前も紹介した様に、赤ちゃんが生まれて幸せな日々を送っている今日この頃ですが、赤ちゃん用品のドイツ語名って分からないものが多くて(日本語名ですらわからないものが多いです)、日々新しい単語を覚え中です。

今回は、そんなドイツ移住者で今後出産予定がある方向けに、ベビー用品必需品をドイツ語で紹介していきます。 

目次 

Sponsored Link
 

ベビー用品必需品・ドイツ語

ドイツの赤ちゃん用品を日本語に翻訳

1 布おむつ <stoffwindel>

2 オムツライナー <einlagen>

3 接触面をさらさらドライに保つナプキン <windelfleece>

4 ソフライナー(薄手の使い捨てタイプ)  <windelvlies>

5 オムツカバー <überhose>

6 授乳時に役立つクッション(細長いクッション) <stillkissen>

7 ベビーベット <babybett>

8 オムツ台に敷くカバー<Wickelunterlage>

9 オムツ台 <wickeltisch>

10 おむつを替える時に敷くタオル <waschlappen>

11 おへそを掃除するときに使うオイル <Salbeiöl>

12 お尻が蒸れて赤くなったときに使うクリーム <baby creme>

ドイツの赤ちゃん用品日本語で解説

13 ベビーカー <kinderwagen>

14 車用のベビーシート <maxicosi>

他には

●抱っこ紐  <tragetuch>

●ベビー服 <babyanziehsachen>

●靴下 <socken>

●ジャケット <jacke>

●パンパース <pampers>

●授乳時以外にミルク漏れするため、ブラジャーの中に入れるパット <stilleinlagen>

●赤ちゃんの爪切り用ハサミ <Nagelschere>

●鼻吸い器 <nasensauger>

●オムツ留め<windelklammer>かなりオススメです!

オムツ留め

ウチにあるものほぼ全て書きましたが、ただでさえドイツ語の発音は難しいのに、覚えるものが多すぎますね〜。

布オムツ派?紙おむつ派?

ちなみに上記にもたくさん出てきましたが、布オムツを使うと色々必要なものが増えますね。新生児の時は1時間に1回くらい替えないといけないし。。。

紙おむつ(パンパース)はかなり楽だし、取り換えもそんなに頻繁にしなくてもいいので、ウチでは夜寝るとき用に使っていますが、日中は布オムツのみをを使っています。

これは環境に良いから、経済的にも助かるからなどの副産物的要因がありますが、本当の理由は、祖母が昔言った言葉が頭の片隅に残っていたからです。

パンパースで育った子供は軟弱者になるけん好かん!!

 って言っていました。

 祖母がこう言ってた理由は何だろうな〜と考えていたのですが、おそらくですがこれです。

布オムツはパンパースに比べて濡れている感触があるので、ストレスに耐性ができる?

と、勝手に結論を下しましたが一般的にはこう言われています

1オムツ外れが早くなる 

2赤ちゃんの肌に優しい

3ゴミが出ない/環境に優しい

株式会社にしきのおむつカバー

ちなみに、日本の親が送ってくれたおむつカバー↑(にしきという会社)があるのですが、かなり安いし、使いやすく性能もバッチリなんですね。

ほかにも3−4種類のカバーを持っているのですが、これと比べたら、他のカバーなんて使えない!ってくらい違いがあるので、お勧めしますよ。

漏れない、蒸れない、装着が簡単で、私の妻は「ドイツ産より日本産ね」って言っています。(笑

布おむつ・パンパースどっちが安い?

私たちは一年のうち半年ほどドイツに住んで、あとは暖かい国を旅行しています。

ドイツにいる時は、ほぼ布おむつのみ使っています。布おむつは経済的にも助かりますよね~。一度買ってしまったら、後は洗うだけで何度でも使えるし。

私たちは布おむつを20枚ちょっと持っていて、総額50ユーロくらいだったと思います。

ただ、旅行中はパンパースを使っているのですが、高いですね~!70枚入りや50枚入りを買っても、気が付いたらすぐに無くなっていますよね。一日4‐5枚使うので当たり前ですが・・・。

パンパース2ヶ月分のお金で、必要な布おむつが買えちゃいますね。しかも、二人目三人目にも使えるし。

最後に

1日のオムツの洗濯物量

上の写真は今日の洗濯の3分の2です。

布おむつを使う唯一のデメリットは、洗濯量が多いことなんですね。洗濯が結構面倒くさくなることもありますが、これは新生児のうちだけですので。大きくなるにつれておしっこの回数も減るので、そこまで頑張ってください!