レッスン動画

ベサメムーチョのレッスン・タブ譜付き

今回はスペイン語圏では最も有名な曲の一つである、Besame mucho(邦題 ベサメムーチョ/もっとキスして)を練習しましょう。

メキシコの曲なんですが、南米やスペインでは知らない人はいないってくらい有名で、ジプシージャズでもよく弾きます。

進行はシンプルで、ジプシージャズの進行と似た動きですし、以前のレッスン「ジプシージャズな雰囲気のバンド」でも紹介したので、やりやすいと思います。

リズムギター基本編・コード

まずは練習動画をどうぞ。

besame mucho

コードの押さえ方です。

ベサメムーチョ コード表一覧

リズムギター・コード

ベサメムーチョのコード

コード進行で注目して欲しいのは、10、16、20小節目のG7です。

これはジャズでよく使われる動きです。

例えば、9−12小節のコード進行ですが、これはG G Cm Cmでもいいのですが、Cmから見たGは5度の音なので、G7にしたら聞こえがいいのでそうしました。

詳しい理論は、「コードの作り・成り立ち」や、「ダイアトニックコード表と一覧」をどうぞ。

リズムギターのパターンは、曲を通してこんな感じなので、最初の4小節をピックアップしてみていきましょう。3連譜のXが付いているところは、コードを軽くミュートしながら1音1音意識しながら弾いてください。


besame mucho リズムギター タブ

注)2小節目のGmから3小節目のCm7に行くときに、違うコードを使っていますが、これはジプシージャズの典型的なコードプログレッションなので、そのまま覚えてください。

リズムギターアドリブ練習・All of meでも同じ動きのレッスンをやっているので、参考にしてください。

ちなみに今回の曲はラポンプで弾かなかったですが、当然そちらで弾いてもOKです。

私はこの曲を弾くときは、ボーカル付きが多く、このリズムで弾くことが多かったので、コチラを紹介しただけですので。

ラポンプの練習は「ラポンプをマスターしよう」をどうぞ。

ソロギター

Besame Mucho transcription – tabs

Bメロのオクターブ奏法は、低い音をピックで、高い音を中指で弾いていますが、大きく音を出したいときは、カッティングの様にしてピックのみで弾きます。

besame mucho guitar solo tab, chords

アドリブソロ

ソロは、メインメロディーも入れつつアドリブプレーズも入れてやってみました。

Besame Mucho Improvisation solo – transcription

ベサメムーチョはジプシージャズだけじゃなく、ジャズやラテンミュージックをやっている人とも弾く機会が多いので、ぜひマスターしましょう。

ソロを簡単に説明すると、所々で6度の音を強調したり、ドミナントコードでb9の音を使ったりして強調しているので、耳が慣れていないと変な音に聞こえるかもしれませんが、典型的なジプシージャズのテクニックなので皆さんも使ってみてください。

あと、ちょっと無理やり感がある部分もありましたが、ジプシージャズのフレーズをかなり入れたので、完コピして自分のソロに組み込んで弾いてみて下さい。

また、こちらのbei mir bist du schon リズムギターとソロギターの練習も弾く機会が多いので、ぜひどうぞ。