ジプシージャズ入門

ジプシージャズやドイツでの育児について

ベサメムーチョのレッスン・タブ譜付き

Sponsored Link

ベサメムーチョ

今回はスペイン語圏では最も有名な曲の一つである、Besame mucho(邦題 ベサメムーチョ/もっとキスして)を練習しましょう。

メキシコの曲なんですが、南米やスペインでは知らない人はいないってくらい有名で、ジプシージャズでもよく弾きます。

進行はシンプルで、ジプシージャズの進行と似た動きですし、以前のレッスン「ジプシージャズな雰囲気のバンド」でも紹介したので、やりやすいと思います。

目次

<sponsored link>

 

 基本編

まずは練習動画をどうぞ。

www.youtube.com

リズムギター

ベサメムーチョのコード


 コード進行で注目して欲しいのは、10、16、20小節目のG7です。

これはジャズでよく使われる動きです。

例えば、9−12小節のコード進行ですが、これはG G Cm Cmでもいいのですが、Cmから見たGは5度の音なので、G7にしたら聞こえがいいのでそうしました。

例1)Dm -Gm -Cというコード進行
Dm/D7 -Gm/G7 -Cに変えてもOK
ちなみに今回の曲はラポンプで弾かなかったですが、当然そちらで弾いてもOKです。
私はこの曲を弾くときは、ボーカル付きが多く、このリズムで弾くことが多かったので、コチラを紹介しただけですので。

ソロギター

ベサメムーチョのメロディータブ譜

 Bメロのオクターブ奏法は、低い音をピックで、高い音を中指で弾いていますが、大きく音を出したいときは、カッティングの様にしてピックのみで弾きます。

最後に

 ベサメムーチョはジプシージャズだけじゃなく、ジャズやラテンミュージックをやっている人とも弾く機会が多いので、ぜひマスターしましょう。

<こちらもどうぞ>

bei mir bist du schon リズムギターとソロギターの練習 - ジプシージャズ入門