ジプシージャズ入門

ジプシージャズやドイツでの育児・雑学について

ジプシージャズ必須のバッキング!ラポンプをマスターしよう

こんにちは。

今回は以前から何度も出て来たラポンプ(la pompe)の練習です。

ジプシージャズのバッキングはかなり重要で、リズムギターを弾けない者はソロも弾けないってくらい大切なので、ここでしっかりマスターしていきましょう。

とは言っても、一朝一夕で出来るモノでもないので、気長にやっていきましょう。

私は以前サミードゥーサ(samy daussat)にレッスンを受けた時、こんな話をしてくれました。

「ジプシージャズプレイヤーはリズムギターをマスターするために、ギグやショーでリズムギターを10年近くやった」と。

彼も同じで、若い頃からすでに有名で、いろいろ教本など出していたのですが、リズムギターを極めるためにチャボロシュミット、モレノ、ラファエル・フェイ、バビク・ラインハルト(ジャンゴの息子)などと演奏しました。

まあここまで時間をかけなくてもいいですが、普段の練習でもソロ6割、リズムギター4割くらいの比率で練習するといいと思います。

目次

 

Sponsored Link
 

ラポンプの弾き方

f:id:neyukix:20190521223708j:plain

ラポンプは、汽車の煙突の音のようだということで、この名前がつけられています。言ってみたらメトロノームです。

一定のリズムを刻みながらズンチャ ズンチャといった感じに弾きます。

ズン のところはベース音を弾き、チャ のところでベース音以外の残りのコードを弾きます。

マイナースウィング の楽譜を使って見ていきましょう。

赤数字のベース音を弾いて、次に残りを弾きます。

マイナースウィング ・ラポンプの練習タブ譜

ジプシージャズ入門18〜Minor Swing(マイナースウィング) リズムギターとソロのアドリブ練習

下記の動画でラポンプと一緒によく使われる別のバッキングも録画しましたので、そちらも一緒にどうぞ。

ラポンプfastで、32連譜のバッキングが出て来ますが、まずは16連譜や24連譜で弾いてもOKです。

コツを掴んで来たら、メトロノームを使って少しずつテンポを上げて練習していってください。

www.youtube.com

上の動画で紹介した、別のジプシージャズバッキングですが、右手の動きは↑↓↓ ↑↓↓ ↑↓↓ ↑↓↓となります。

レッスンのまとめ

最初にもいった様に、リズムギターの練習は時間がかかりますが、焦らずに無理のないテンポで練習していきましょう。