ジプシージャズ入門

ジプシージャズやドイツでの育児について

イタリアに伝統音楽タランタを学びに行く

Sponsored Link

f:id:neyukix:20181014011545p:plain

以前「海外でストリートミュージシャンをやってみる」で言った様に、ヨーロッパを路上演奏をしながら半年間ヨーロッパにいたんですが、「タランタ/タランテラ,ピチカ」(Taranta/Tarantella、PIzzica)というイタリア南部プーリア(Puglia)の伝統音楽を学びたくて、行ってきました。

タランタ

有名な曲は、イルバロディサンビートという曲で、作者はヴィニチオ カポッセラです。(il ballo di san vito by vinicio capossela)

www.youtube.com

タランタとはタランチュラのことで、コンセプトは、タランチュラに噛まれて痙攣したりし、最後は毒が回って失神するというものです。

ちょっとサイケデリックでかっこいいでしょ?

もともとこの曲を知るきっかけは、ジャムセッションの時にイタリア人がこれを弾き出して、かっこよかったので、演奏後にこの曲の詳細を聞きました。

イタリア南部に行けば、どこででもこの音楽を聞けると言われたので、イタリア南部のガリポリ(Gallipoli)という観光地の近くに家を借りて、6週間ほど過ごしたんですね。

主な構成楽器は、アコーディオン、ギター、tamburello basco(特殊なタンバリン)とダンサーです。

ちなみに曲が終わる時は、なんとなくの感覚か、目で合図して終わります。

ギター自体は主に2コードで、独特のストロークをしてひたすら弾きます。

彼ら曰く、時々1曲が20分近くなることもある、とのこですが、腕が疲れますね。こんなに長く弾くと・・・

 タランタには色々な種類がある

 タランタと似た曲調でピチカ(Pizzica)といものもあります。

伝統的には、ピチカは男と女の愛を表現するダンスで、女性は色々な男性と踊ってみて、心を奪われた男性に赤のスカーフを渡します。

www.youtube.com

 la notte della taranta

 タランタの夜(la notte della taranta)というフェスティバルが毎年8月に行われ、私がいた2016年は、たしか2週間ほどあっていました。

1998年に始まったのですが、過去に4回だけイタリア以外の国で行われたみたいです。

このフェスティバルはすごく面白いですよ。

しかもこの期間は、ピチカやタランタをやっている人が大勢来て、ここの町やあそこの町で演奏しているので、機会があればこの期間を狙ってイタリアに行って見てください。

La Notte della Taranta 2018 - YouTube

最後に

実際はここプーリアにタランタ音楽を学びに行ってのですが、ギター自体はシンプルで、知識がいらなかったので、学ぶことはなかったのですが、この演奏の雰囲気や、楽しんでる感が強く伝わり、音楽は技術じゃなくハートだなって思いました。

ちなみにプーリアは他のイタリアの都市に比べると、断然に安いので、長期滞在や、リタイアした後の移住地にぴったりだと思います。

皆さんも機会を作って、是非行ってみてください。

こちら「1ユーロで家が買える?イタリア移住計画 - ジプシージャズ入門」も一緒にどうぞ