ジプシージャズ入門

ジプシージャズやドイツでの育児・雑学について

ドイツで旅行用ベビーベットを買ってみたが結局使わなかった件

こんにちは。

先日の「二重国籍の子供のパスポート取得方法」でもお伝えした様に、そろそろ海外旅行に行くことを考えて、キンダーパスを取得したのですが、今回はその旅行時に使うベビーベットを買いました。

というのも私は年間の半分をタイで仕事をしているので、今回は子供も連れて行こうとなったのですが、問題が一つありまして・・・・

「蚊」です。

タイガーモスキート

しかも、うちの島にはタイガーモスキートと呼ばれるこの写真の蚊がいて、これに刺されるとデング熱にかかる可能性があるんです。

息子がデング熱にかかっては困るので、極力蚊帳の中で安全に過ごせる様に、蚊帳付きの赤ちゃんベットってあるのか、探してみました。

目次

Sponsored Link
 

kinderreisebett(旅行用子供ベット)を検索

旅行用ベビーベットはドイツ語で Kinder(子供)reise(旅行) bett(ベット)と言います。

アマゾンで多くがヒットしました。

子供の旅行用ベット

だいたい30ユーロ前半から60ユーロくらいの範囲で、重さは8kgほどが主流みたいです。

ほとんどのベビーベットは折りたたみ式簡易マットレス付き、中にはオムツ台付きのモノもありますが、蚊帳付きのものは少ししかありませんでした

ちなみに多くの商品のレビューに「別途マットレスを買った方がいい。付属品のマットレスで長期間の睡眠はオススメできない」って書いてました。

ようやく探し出したものはコチラ

ドイツ・子供の旅行用ベット

120ユーロが半額!ってそれでも高いですけど・・・

サイズは標準的なものですが、ちょっと重いんです。他のものが8kgほどなのに対して、これは11kg。持ち運びが面倒ですね。

体重制限は15kgまでです。

妻がどうしても蚊帳付きじゃないとダメということで、注文しました。

届いた商品がコチラ。

旅行用赤ちゃんベット/kinderreisebett

カバーを開けるとこんな感じ。

周りのカバーがマットレスになっていて、一面にはスポンジ、反対面には鉄が入っています。

だから重いんですよ・・・

旅行用赤ちゃんベット/kinderreisebett

 

 

カバーを外して広げると、意外に簡単にベットの形になりました。

赤ちゃんがある程度大きくなったらこの状態で使って、この中で遊ばせたりするみたいです。

ベット上部についているのは、オムツ台です。

旅行用赤ちゃんベット/kinderreisebett

うちはまだ生後7週間なので、カバーみたいなものを付けて、ここにマットレスを敷き、ベットにします。

旅行用赤ちゃんベット/kinderreisebett

最後に蚊帳をつけて完成。

蚊帳には3つのぬいぐるみがぶら下がっています。

旅行用赤ちゃんベット/kinderreisebett

初めはセッティングに少し時間がかかりましたが、慣れたら1分でこの状態にできます。

オススメな部分は、ベットを揺するとハンモックみたいに中が揺れるので、子供が笑顔になり、気に入っている様子なんですね。

ただ、レビュー通りでマットレスの質は悪いです。

前述した様にちょっとしたスポンジと、鉄板です。これで長期間寝るのは背骨に良くないかなと思いますので、マットレスはタイに行った時に買おうかと思います。

追記2019年3月22日)

2018年の11月にタイに到着したのですが、この旅行用ベビーベッドは持って行きませんでした。

重すぎます!!

前述したように、重さは11kg。もしこのベットだけしか荷物がないのならいいですが、他にも布おむつや洋服などの他のものもあり、結局バックパック3つに大きなラゲッジ1つと計4つのバックがあるので、どう考えても持ち運びは不可能でした。

ましてやタイではモーターバイクタクシーに乗る機会も多いし、移動の機会が多いので何故買ってしまったんだろうと後悔しています・・・

こういった旅行用ベビーベッドは、車で移動する旅行者だったら問題ないでしょうが、それ以外の人は移動がかなり大変になると思います。

最後に

蚊があまりいない地域に行く人は、蚊帳がついてないもので全然大丈夫だと思いますが、私たちはやっぱりこの蚊帳付きの旅行用ベビーベットを持って、タイに行こうと思います。

重いってこと以外は不満もなく、作りもしっかりしているので問題は全然ないんですが、移動がちょっと大変ですね。