HP

    HP 15s-fq1000のレビュー・普段使いから仕事で使う人にも合うおしゃれモデル

    HP(ヒューレットパッカード)のパソコンは保証やサポートが手厚いので、パソコン初心者でも安心して購入・使用が出来ると人気ですよね。

    しかもエントリークラスのHP(エイチピー)モデルはコスパも高く、エントリークラス~結構がっつり使う人にも対応した品ぞろえがあります。

    その中でも本機種である15s-fq1000は、インテル製の高性能モデルCPUを使い、メモリも大容量の8GBも搭載できます。また、15.6型なので画面も大きく映画などの動画を見るときも見やすいですね。

    オンラインストア限定キャンペーン中で割引価格での販売中です。この機会をお見逃しなく!

    HP Black fridayセール HPではBlack Fridayを2020年11月27日~11月30日まで開催しています!!かなり割引されているし、おしゃれな機種も多いので、必ずチェックしましょう! Black Friday

    HP 15s-fq1000のレビュー

    HP 15s-fq1000の外観・正面
    CPUIntel Celeron N4000
    Intel core i3, i5, i7(第10世代)
    メモリ4GB、8GB
    ストレージ128GB~512GB(Optaneメモリーあり)
    ディスプレイ15.6型 FHD IPS 非光沢
    グラフィックスCPU内蔵グラフィックス
    セキュリティWindows Defender、TPM、パワーオンパスワード、アドミニストレーターパスワード、マカフィーリブセーフ30日版
    OSWindows 10 Home 64bit
    カラーピュアホワイト
    Microsoft Office搭載可能
    寸法358x242x17.9㎜
    質量1.6㎏
    バッテリー最大10時間
    サポートパソコン入門書、1年間電話相談、SNSで相談サポート
    保証1年間引き取り修理・パーツ保証
    価格4万7800円(税抜き)~

    パソコンの頭脳であるCPUには、ライトユーザー向けのCeleronから、ヘビーユーザー向けのCore i7まで幅広く選べます。

    メモリも同様に普段使いなら困らない4GBに、軽い動画編集などする人向けの大容量8GBがあるので、まず困ることは無いと思います。

    しかもストレージにはSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)が使われていますね。パソコンの起動も速いし、データ移動がめちゃくちゃ速いんです。

    重さは1.6㎏とそこまで重いものじゃないので、パソコンを持ち運ぶことがある人でも大丈夫ですね。ただし、毎日何か所も移動する場合は、小型のものがいいですが。

    ワードやエクセルのOfficeも搭載可能で、15.6型の大画面なので作業がしやすいですね。家計簿や大学のレポート、オンラインで映画を見たりと多くの用途で活躍します。

    HP公式ページ

    HP 15s-fq1000の特徴

    HP 15s-fq1000の外観・リビングで撮影

    HP 15s-fq1000は何と言っても、おしゃれですよね。カラーがピュアホワイトなのでインテリアとしても合うし、部屋の雰囲気を壊さない見た目です。

    HP 15s-fq1000の外観・左横

    画面の黒い枠(ベゼル)も狭いのでディスプレイが大きく見えるし、使っている時に枠がほとんど目に入らないので集中して使えます。

    寸法は横358㎜、縦242㎜と15.6型なのにコンパクトにまとまっており、大学ノートA4サイズ(297㎜x210㎜)と比べても、横+6.1㎝、縦+3.2㎝と意外に持ち運びもしやすいです。

    HP 15s-fq1000の外観・デスクにて

    幅は17.9㎜と薄く、従来モデル(HP 15-da)より4.6㎜も薄くなっています。

    重さは1.6㎏なので持ち運びが難しい重さではないですが、通常「持ち運びがしやすいノートパソコン」は1.5㎏以下が目安なので100gほど重たいですね。毎日毎日持ち運びがある人は、1㎏台がいいですけどね。

    液晶にはFHD(フル・ハイディフィニション)という解像度が1920x1080の高画質が使われ、IPS液晶という視野角が広い液晶のタイプになっています。視野角が広いとは、画面を横や上など色々な角度から見ても見やすく、家族や恋人と一緒に映画などを見ている時でも横からも鮮明に画面が見えやすいです。

    代わってTN液晶というタイプは視野角が狭いので、横から見ると画面が暗く見えやすいです。

    HP 15s-fq1000の外観・天板

    後ろから見ても高級感のある外観で、シンプルな天板になっています。

    HP公式ページ

    OS(オペレーティングシステム)

    HP 15s-fq1000のインターフェイス

    OSはもちろん最新のWindows 10 Home 64bitなので、快適に・安全に使うことが出来ます。というのも、Windows 10にはWindows Defenderというウイルス対策機能があるので、マルウェアなどのウイルスの攻撃からパソコンを守ってくれます。

    設定は何もなく、使い始めたら機能しています。

    他にもセキュリティ機能が搭載しており、

    • TPM
    • パワーオンパスワード
    • アドミニストレーターパスワード
    • マカフィーリブセーフ30日版

    が付いています。

    特筆するのはTPM(Trusted Platform Module)で、独立して機能するチップにパスワードなどの重要情報が保存されるので、万が一ウイルス感染してもパスワードなどが読み取られる心配も少ないです。

    パワーオンパスワードは電源を入れた時に入れるログインパスワードで、アドミニストレーターパスワードは管理者用のパスワードです。

    例えば家族でパソコンを共有する時に、親が権限者(管理者)になって子供のアカウントを管理したりできます。

    また、ウイルスセキュリティソフトのマカフィー・30日版も付いているので、どのセキュリティを入れていいか分からないという人は、購入時に延長できます。

    CPU(プロセッサー)

    CPUはパソコンの頭脳で、各パーツに「アレして、コレして」と命令を下す重要なものです。

    CPUは4種類あるので、CPUの性能を示すPassmarkスコアを紹介します。(緑いろのグラフが本機種搭載モデルで、グラフはタップすると数値が表示されます)

    Celeron N4000はスコアが1500ほどなので、メールチェックやネットサーフィンくらいにしか使わない人向けです。いくつものページやアプリを開くと重くなるので、1つづ開いていく感じですね。

    CoreシリーズのCPUは最新の第10世代で、末尾がUモデルじゃなく、より高性能のGモデルが使われています。

    Core i3でさえ5000オーバーなので、普通にパソコンはサクサク動きます。普段使いの人は、これで全然十分な性能があります。

    Core i5とi7は8000超えなので、Zoomなどでテレビ電話しながらYoutubeで動画を見て、アマゾンで買い物も一緒にできるくらい、ガッツリ使えます。仕事で使う人でも十分な性能があります。

    また、グラフィックスはCPU内蔵になっており、Intel core i7のみ高性能内蔵グラフィックスIris Plusになっています。

    簡単な動画編集などをする人は、Core i7モデルを選んだ方がいいですね。

    メモリ

    メモリは標準的な大きさの4GBか8GBが選べます。

    普段使いであれば4GBでも十分ですが、毎日頻繁に使うという人は8GBの方が快適に使えますよ。メモリはパソコンの「作業台」なので、大きいとより多くの、より大きなデータが扱いやすくなります。

    また、4GBのメモリの動作周波数は2400MHz、8GBは2666MHzになります。この周波数が大きいとより高速にデータ処理が出来ます。

    ストレージ

    ストレージはパソコンの「倉庫」で、大きいと多くのデータが保存できます。

    例えば、音楽を取り込んだり、スマホの写真や動画などを保存したい人は256GB以上がおすすめです。特にこういったデータを入れないって人は128GBでも十分だと思います。

    HP 15s-fq1000には従来のHDD(ハードディスクドライブ)ではなく、SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)が搭載されています。

     SSDHDD
    記録方式セルに0と1の数字を書き込みデータを保存ディスクを回転させ磁気を変化させてデータを保存
    静か回転音がうるさい
    重量軽い重い
    速度速い遅い
    熱くなりにくい熱くなりやすい
    価格高い安い

    SSDは単純に全てにおいてHDDより高性能なので、パソコンの起動も速いし、サクサク動きます。

    本機種では128GB、256GB、512GBと選べますが、

    • 128GBはSATA接続なので、最大データ転送速度は6.0Gbps
    • 256GB/512GBはPCle-NVMeで、最大データ転送速度は16Gbps~32Gbps

    になります。パソコンを頻繁に使う人は256GB以上がおすすめです。

    また、512GBのSSDにはOptaneメモリーが付いており、良く使うアプリやソフト、ページをキャッシュ(記録)するのでより快適にパソコンが使えます。

    インターフェイス

    HP 15s-fq1000のインターフェイス
    • 電源コネクター
    • SuperSpeed USB Type-A 5Gbps×2
    • SDカードスロット
    • ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート
    • SuperSpeed USB Type-C® 5Gbps×1
    • HDMI 出力端子

    高速データ転送が可能なSuperspeed USBも2つあるし、HDMI端子もあるので、テレビやモニターにケーブル1本で繋げ、大画面で使うことが可能です。

    サポート

    HPでは「初めてパソコンを購入する人」でも安心・快適にパソコンが使えるように、多くのサポートを提供しています。

    パソコンを注文すると、「パソコン入門書」が同梱されているので、設定方法や使い方が簡単に分かります。

    もしくは1年間電話相談サービスも付いているので、分からない時は電話をすれば教えてくれます。また、LINEでもいろいろ質問が出来るので、初めての人でも安心して使い始めることが出来ます。

    保証も手厚く、1年間引き取り修理とパーツ保証が付いています。

    まとめ

    サービスもサポートも至れり尽くせり、4万7800円からとオンライン限定価格で販売されているので、お得になっています。

    普段使いのPC、もしくは学校や仕事で使うと言った場合にも合う性能が選べるので、家族で使う場合にもおすすめですね。

    詳細やWeb限定価格の確認は、公式ページをどうぞ。

    HP公式ページ