HPビジネスノートパソコンの評判と全機種の比較レビュー

HP(ヒューレットパッカード)は個人向けPCのPavilionやEnvyなどが有名ですが、ビジネス用PCもラインアップが豊富で、個人向けとは違ったより高いセキュリティや耐久性を兼ね揃えた機種があります。

HPのビジネスモデルって「法人向け」と言うイメージがあるかもしれませんが、個人でも購入は可能なんですね。昨今、セキュリティに関するモラルが高まっているので、「安心して使えるPC」として人気がありますね。

ビジネスモデルと言っても堅苦しい外観じゃなく、最近は個人向けモデルの様におしゃれな機種も増えてきたので、購入もしやすくなっています。

  HPビジネスPCはWinter Saleを開催しており、最大50%の割引になっています。また、毎週金・土・日曜日は週末セールもやっているので、お見逃しなく!

特別にHPより本サイト専用の割引リンクを作っていただき、「7.7万円以上の法人向けモデル」を購入した場合は、セール割引からさらに4%OFFになります(Workstationと一部非対応の機種もあり)。 こちらの割引クーポンもどうぞ。

HPビジネスノートの特徴

HP ProBook 635 Aero G7 HP Pavilion

左の機種はビジネスモデルのHP ProBookで、右は個人向けのHP Pavilionですが、外観だけじゃどっちがどっちか、ほぼ判断できないですよね。以前は性能や機能、耐久性などがメインで、見た目は二の次だったのですが、ここ最近は機能や耐久性に加え「おしゃれな外観」を取り入れた機種が増えてきています。

また、Elite x2 G4の様に「Surfaceっぽい機種」もあり、一般的な「コテコテのビジネスモデル」以外の機種もあります。

HP Elite x2 G4<キーボードが取り外しでき、タブレットの様にも使える>

また、これはビジネスモデルに限った話じゃないですが、HPは世界のノートパソコン出荷台数がNo.2の会社で、世界全体のノートパソコン約5台に1台はHP製となっています。

2021年の世界のパソコン出荷台数

Gatner.comより>

 

ビジネスモデルの種類

HPのビジネスモデルは、基本的に「サポート」と「セキュリティ」に力を入れており、各モデルは以下のような特徴があります。(性能の項目はCPUやメモリ、ストレージなどの総合評価です)

性能 ビジネスサポート(日本) ビジネスセキュリティ 特徴
HP ビジネス 3 out of 5 stars あり 無し 徹底的にコスパ重視の機種
筐体は樹脂素材
ProBook 3.8 out of 5 stars あり 有り 天板とキーボード面にアルミニウム素材の機種もありで、
MILスペック、セキュリティも堅牢
Elite 4.3 out of 5 stars Elite Premiumサポート 有り ハイエンドモデルで、セキュリティやサポートも万全
アルミニウム合金を使った筐体
ZBook 4.9 out of 5 stars あり 有り ハイエンドワークステーションで、ピカ一の性能。
アルミニウムを使用

性能の星評価を見てもわかる通り、HPのビジネスモデルはそこまでハイスペックじゃないんですね。どちらかと言うと、そつなくビジネスで使える程度のスペックで、耐久性やセキュリティ、サポートに力を入れています。(2021年に入り、スペックが高いものが使用されるようになりました)

なので、単純なCPUやメモリなどの性能は、個人モデルの方が高い性能が多いです。また、ビジネスモデルは新機種が出る頻度も少なく、若干型遅れの印象を受けるかもしれません。

ただし、上記の話はZBook以外のことで、ZBookは日本で一番売れているワークステーションで、性能もサポートも最高クラスです。

 

素材

HPノートパソコンの素材

上の比較表に記載しましたが、各モデルで筐体の素材に違いがあります。

HPシリーズの樹脂素材とは「プラスチック」のことで、分かる人が見たら「プラスチック」と分かります。まぁ、コスパ重視の機種なので、妥当な素材だと思います。

その他の機種は基本的にアルミニウムが使用されていますが、機種によっては天板だけアルミだったり、天板とキーボード面のみに使用されていたりします。

また、環境への取り組みのため「オーシャンバウンド・プラスチック(簡単に言うと海に廃棄されたプラスチック)」も使用しています。

 

東京生産モデル

HP 東京生産モデル

HPビジネスノートの中には東京生産モデルがあり、日本品質で作られた機種になります。また、国内発送のため比較的短時間での配送が可能、輸送時の機体への影響も最小限なので人気があるし、安心ですね。

東京生産モデルは特定の機種のみになり、すべてのビジネスモデルと言うわけじゃありません。

 

セキュリティ

HP Wolf Security for Business

HPのビジネスモデルを購入するメリットの大部分は、このセキュリティにあると思います。世界で一番安全なビジネスPCをうたっているだけあり、ここまで多くの独自セキュリティを搭載したパソコンは見たことがありません。

以下に紹介するセキュリティは主なもので、機種によっては増減します。

  • HP Sure Sense・・・ディープラーニングを活用したリアルタイム検知機能があり、悪意のあるファイルを検出し、マルウェア、ゼロディ攻撃、ランサムウェアなどからPCを守るセキュリティ機能
  • HP BIOSphere Gen5・・・ウイルスやマルウェアによる不正なBIOSの書き換えや、破損からシステムを保護
  • HP Sure Click・・・Web閲覧のセキュリティ強化で、タブを閉じるだけでマルウェアが消滅する
  • HP Sure Run・・・OSの重要な機能や設定を構成時の状態に維持し、万が一設定が無効になった場合は再起動し、安全な状態に戻す
  • HP Sure Recover・・・OSがウイルス感染しても自動的にリカバリーする
  • HP Sure Start・・・自動復旧機能で攻撃を受けても自動でリカバリーする
  • HP Client Security Software・・・パスワード関係などのセキュリティ機能
  • HP Secure Erase・・・BIOSの中のSecure Eraseを使って内蔵ドライブのデータを完全に削除することが出来る
  • ナノセキュリティロックケーブルスロット・・・盗難や持ち運び防止用のセキュリティワイヤーを使うスロット
  • TPM・・・独立して機能するチップで、パスワードなどの重要情報を格納できる
  • Windows Defender・・・Windows搭載のセキュリティ機能で、マルウェアなどのウイルスからパソコンを守ってくれる

多くの「HP独自のセキュリティ」があるので、堅牢性がかなり高いです。ビジネス用途ではもちろん、個人でも情報が漏洩することは避けたいので、有益だと思います。

ただし、HPシリーズには上記セキュリティは付いていません。

 

サポート

HP ビジネスサポート

HPのビジネスモデルは「日本でのサポート」になり、ここ最近海外のコールセンターを使う会社が多い中、日本品質での対応は助かりますね。

通常のコールセンターよりもつながりやすく、何といってもたらいまわしがないというのが嬉しいです。時間は、月~金が朝9時から夜21時まで、土曜日が朝9時から夕方17時までになっています。

また、保守拠点は国内に420以上あるので、修理対応も迅速に対応できます。

HP ビジネスモデルのサポート

ビジネスモデルの中には「Elite Premiumサポート」もあり、より上のサポートが受けられます。こちらは朝8時から夜21時まで(月~金)、土曜日は朝8時から夕方17時30分までになります。

 

保証

HP ビジネスモデル 標準サポート

HPのビジネスモデルは1年間引き取り修理サービスが標準で付いており、万が一の際も安心です。引き取り修理サービスとは、HP指定業者が自宅、または会社にPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれるサービスです。期間内であれば、パーツ代や輸送費はHPが負担します。

また、保証のアップグレードもでき、オンサイト修理もあります。

HP ビジネスモデル標準アップグレード保証 オンサイト修理は、PC設置場所にエンジニアが来て現場で修理対応するものです。セキュリティの観点からも、時間の観点からも都合がよいですね。

HP Care pack

他にも「標準保証ではカバーしない」水漏れや落下による破損、盗難などにも対応するHP Care Packというサポートもあります。

サポートや保証はとにかく充実しているので、企業としてもそうですし、個人としても安心して購入できると思います。

 

HPシリーズ

個人的に「どこがビジネスモデルなの?」と言う機種が多いですが、安いです。「低負荷な作業しかしないし、毎日使うわけじゃないからとにかく安く買いたい」と言う人や、企業が大量購入するのに合うと思います。

本項では公式サイトで販売されている機種のみ紹介しており、公式サイトでは販売終了だが楽天などで販売されているモデルや旧モデルは「法人向けHPシリーズ全機種のレビュー」でご紹介しています。

 

HP 245 G9(AMD)

HP 245 G9(AMD)普通のノートパソコンです。特に言及するほどのスペックがあるわけではありませんが、発熱が低いCPUが搭載しているので、高負荷な作業を長くしやすいです。

CPU Ryzen 3 5425U
Ryzen 5 5625U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 256GB
ディスプレイ(14型) FHD UWVA
OS Windows 11 Pro
LAN Wi-Fi 6、ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー
重さ 1.47㎏
バッテリー 最大約11.1時間
価格 6.5万円~

レビュー

公式サイト

 

HP 250 G8

HP 250 G85万円からと低価格ですが、価格なりの性能です。一癖ある機種ですが、スペックに詳しい人であれば正確に判断できると思います。バッテリー駆動時間が短いので、据え置くようとして活躍すると思います

CPU Intel Celeron N4020
Intel Core i3-1115G4
Intel Core i5-1135G7
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(15.6型) HD TN液晶 光沢なし
FHD UWVA液晶 光沢なし
OS Windows 11 Home/Pro
通信 Wi-Fi 5/6
ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー
重さ 1.74㎏
バッテリー 最大約6時間25分
価格 5万380円~

レビュー

公式サイト

 

HP 470 G8

HP 470 G8旧モデルの470 G7は光学ドライブ搭載でしたが、本機は非搭載になりスリムになりました。CPUも最新のIntel 11世代なので、性能も大幅にアップです。ビジネスノートですがそれほどビジネス用途で快適に使えそうにはないので、普段使い用や自宅で使用する簡単な仕事用に合うと思います

CPU Core i3-1125G4
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 256GB+HDD 最大1TB
ディスプレイ(17.3型) FHD UWVA 非光沢
その他 WiFi5、Bluetooth 5.0、指紋センサー
重さ 2.085㎏
バッテリー 最大8.5時間
価格 8.2万円~

レビュー

公式サイト

 

HP 255 G8

HP 255 G8低価格モデルで、企業がテキスト中心の作業で大量購入するのに合う機種です。特筆すべきスペックはありませんが、最新のRyzen 5 5500Uが選べるので、APU性能は高めです。

APU AMD 3020e
AMD Athlon Silver 3050U
AMD Ryzen 5 5500U
メモリ 最大 8GB
ストレージ SSD 最大256GB
ディスプレイ(15.6型) FHD UWVA
通信 WiFi5、Bluetooth 5.0
10/100/1000 Gigabit
その他 指紋センサー、TPM
重さ 1.74㎏
バッテリー 最大約10時間15分
価格 4.4万円~

レビュー

公式サイト

 

HP 250 G7/CT Refresh

HP 250 G7 refresh比較的新しい機種で、高性能CPUのGシリーズ搭載モデルもあります。本機種は、とにかく安くていいのでパソコンが必要な人に合うと思います。

発売日 2020年9月11日
カラー ダークアッシュシルバー
CPU Intel Celeron N4020
Intel core i3-1005G1
Intel core i5-1035G1
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大256GB
HDD 最大1TB(SATA)
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(15.6型) フルHD 220nit
HD 220nit
OS Windows 10 Home、Pro
その他 WiFi、Bluetooth搭載、光学ドライブモデルあり、Office Home &Business 2019搭載可能
バッテリー 最大12時間
重さ 1.78㎏
価格 3万9380円~

レビュー

公式サイト

 

HP Pro/ProBookシリーズ

HPシリーズより格段にまともなスペックになっており、筐体も小型軽量になっています。本シリーズはHP独自のセキュリティがあるので、本格的な「ビジネスモデル」になります。

本項目では公式サイトで現在販売されている機種を記載しており、旧モデルなどは「ProBook全機種の比較レビュー」でご紹介しています。

 

ProBook 450 G9

HP ProBook 450 G9最新のインテル第12世代が搭載で、メモリが最大32GBと大きいので、多くのタブやアプリを同時に使う人に合う機種です。Core i5モデルにはHD解像度のディスプレイもあるので、ご注意を。

CPU Core i3-1215U
Core i5-1235U
Core i7-1255U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(15.6型) HD/FHD UWVA
OS Windows 11 Pro
Windows 10 Pro(Windows 11からのダウングレード版)
無線 Wi-Fi 6/Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.2
生体認証 指紋センサー
重さ 1.79㎏~
バッテリー 最大12時間15分
価格 9.5万円~

レビュー

公式サイト

 

ProBook x360 435 G8

HP ProBook x360 435 G8CPU性能が高く、13.3型なのにメモリスロットが2つあるという特徴がありますが、無線は旧規格のWiFi5、ディスプレイはTN液晶と、ちょっと「躊躇する」スペックです。ただし、2 in 1 PCなので、使い勝手は高いです

CPU Ryzen 3 5400U
Ryzen 5 5600U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(13.3型) FHD 光沢 400nit タッチ
無線 WiFi 5、Bluetooth5
生体認証 顔認証、指紋センサー
重さ 約1.45㎏
バッテリー 最大約17時間
価格 9万6580円~

レビュー

公式サイト

 

ProBook 635 Aero G8

HP ProBook 635 Aero G8Ryzen 5000シリーズ搭載で重量は999gと超軽量モデルです。Ryzen 5と7はZen 3アーキテクチャになっており、全体的な性能が上がっています。LTEモデルは2021年12月から販売予定ですが、持ち運びが多い人におすすめの機種です

カラー シルバー
CPU AMD Ryzen 3 5400U
AMD Ryzen 5 5600U
AMD Ryzen 7 5800U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(13.3型) フルHD 400nit 非光沢
無線 WiFi5、Bluetooth5、4G LTE
生体認証 指紋センサー、顔認証
バッテリー 最大18.7時間
重さ 約999g
価格 8.6万円~

レビュー

公式サイト

 

ProBook 650 G8

HP ProBook 650 G8本機種はその他多くのProBookと違い、Core i3を選んでもフルHD IPS液晶で、バランスが良い機種です。メモリスロットも2つあるし、ストレージはSSD 最大1TBと大容量です。Thunderbolt 4も搭載で、WiFi6は搭載可能なので、2021年のビジネスノートのスタンダードスペックだと思います。

発売日 2021年4月
カラー シルバー
CPU Intel core i3-1115G4
Intel core i5-1135G7
Intel core i7-1165G7
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス インテルUHDグラフィックス
Iris Xe
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS液晶 光沢なし 250nit
その他 WiFi6/5、Bluetooth 5、指紋センサー、顔認証、Office Home &Business 2019搭載モデルあり
バッテリー 最大12.5時間
重さ 1.74㎏
価格 8.5万円~

レビュー

公式サイト

 

ProBook 450 G8

HP ProBook 450 G815型の大画面で作業がしやすく、重さは1.74㎏とヘビー級と言うわけでもないので、持ち運びがしにくいわけではありません。インテル11世代CPU搭載で性能も高く、とりわけ標準以上のスペックになりますが、Core i3モデルはHDディスプレイのみと、若干残念なスペックです。また、Iris Xeが必要な場合はメモリを自分で増設するか、32GBのメモリを選ぶことになり、中級者以上向けのパソコンです。

発売日 2021年2月
カラー シルバー
CPU Intel core i3-1115G4
Intel core i5-1135G7
Intel core i7-1165G7
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(15.6型) フルHD IPS 光沢なし
HD 光沢なし
OS Windows 10 Home、Pro
その他 WiFi6/5、Bluetooth 5、指紋センサー、Office Home &Business 2019搭載モデルあり
バッテリー 最大12.5時間
重さ 1.74㎏
価格 6.4万円~

レビュー

公式サイト

 

ProBook 440 G8

HP ProBook 440 G8本機は公式サイトに登場してその後すぐ削除されました。理由は不明です
エントリ―クラスのノートパソコンですが、最新の11世代CPUにSSDも搭載と、「普通」に使えるスペックです。輝度が250nitと室内で使うには問題ない明るさなので、据え置き用のパソコンを探している人に向いています。

CPU Core i3-1115G4
Core i5-1135G7/1145G7
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 256GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS液晶 光沢なし
グラフィックス UHDグラフィックス
Iris Xe
その他 WiFi5、Bluetooth 5、4G LTE、指紋センサー
重さ 1.38㎏
バッテリー 最大12.75時間
価格

レビュー

公式サイト

 

ProBook 430 G8

HP Probook 430 G813型と小型で持ち運びがしやすく、Core i5を選べばがっつりと作業もできるほどです。WiFi6もあるので外出先で使用しても、サクサク使いやすいですね。

 

発売日 2021年2月
カラー シルバー
CPU Intel core i3-1115G4
Intel core i5-1135G7
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(13.3型) フルHD IPS 光沢なし
HD 光沢なし
その他 WiFi6/5、Bluetooth 5、指紋センサー、Office Home &Business 2019搭載モデルあり
バッテリー 最大12.75時間
重さ 1.37㎏
価格 6.4万円~

レビュー

公式サイト

 

HP Eliteシリーズ

全体的に波のないスペックになっており、どのモデルを買っても失敗はないシリーズです。若干価格は上がりますが、ビジネスモデルと考えると妥当な値段だと思います。また、ProBookやHPシリーズに比べ、ベゼルが細くおしゃれな機種が多いです。

旧モデルや公式サイトで販売が終わった機種は削除しているので、全てを確認したい人は「Elite全機種の比較レビュー」をどうぞ。

 

Elite Dragonfly G3

Elite Dragonfly G3画面アスペクト比が4:3と縦に長く、13.5インチで1.0㎏と超軽量モデルです。軽いだけじゃなくスペックもしっかりしており、至れり尽くせりな機種です

CPU Core i5-1235U/1245U
Core i7-1255U
メモリ LPDDR5 16GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(13.5型) WUXGA+ UWVA
無線 Wi-Fi 6E、4G LTE/5Gあり
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ 500万画素、IRカメラ
重さ 約1.0㎏~
バッテリー 最大14時間32分
価格 20.8万円~

レビュー

公式サイト

 

EliteBook 860 G9

HP EliteBook 860 G9Evoプラットフォーム認証
パワフルなインテル第12世代CPU搭載で、メモリはDDR5 最大64GBと大容量、ディスプレイはアスペクト比が16:10と縦に長く、17インチ並みの情報が表示されます。インターフェイスがちょっと少ないですが、全体的に満足が行くハイエンドPCです。

CPU Core i5-1240P/1250P
Core i7-1260P/1280P
メモリ 16GB(最大64GB)
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(16型) WUXGA UWVA、400ニト、画面比16:10
無線 Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.2
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ 500万画素
重さ 1.83㎏~
バッテリー 最大約21時間52分
価格 16.4万円~

レビュー

公式サイト

 

EliteBook 650 G9

HP EliteBook 650 G915.6インチの大画面で、メモリが最大64GBと大容量なので、デスクトップの様な使い方に合います。ただし、HP Wolf Securityは標準で非搭載で、オプションで搭載可能です

CPU Core i5-1235U/1245U
Core i7-1265U
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(15.6型) FHD UWVA 非光沢 250ニト
通信 Wi-Fi 6E、ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー、顔認証
重さ 1.79㎏
バッテリー 最大10時間17分(JEITA 2.0測定)
価格 13.5万円~

レビュー

公式サイト

 

EliteBook 640 G9

HP EliteBook 640 G9メモリが大きく、Wi-Fi 6EやLTE対応モデルもあり、コンパクトな筐体です。バッテリー駆動時間もそこそこ長いので、持ち運びが多い人に合います。上位モデルにしては低めのスペックで、価格が抑えられています

CPU Core i3-1215U
Core i5-1235U/1245U
メモリ DDR4 最大64GB
ストレージ SSD 256GB
ディスプレイ(14型) FHD UWVA 光沢なし
通信 LTE、Wi-Fi 6E、ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー、顔認証
重さ 1.37㎏
バッテリー 最大約13.4時間
価格 10.2万円~

レビュー

公式サイト

 

EliteBook 630 G9

HP EliteBook 630 G913.3インチでは珍しくメモリが最大64GBと大きく、LANポートがあります。重さも1.2㎏からと軽く、Wi-Fi 6Eに対応、そしてバッテリー駆動時間は最大約14時間となっています

CPU Core i3-1215U
Core i5-1235U
Core i5-1245U
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(13.3型) FHD UWVA 400ニト
通信 Wi-Fi 6E、ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ HD 720p、IRカメラ
重さ 1.2㎏~
バッテリー 最大14時間10分
価格 11.8万円~

レビュー

公式サイト

 

EliteBook 1040 G9

HP EliteBook 1040 G914インチでたったの1.16㎏と超軽量で、Wi-Fi 6EにLTEも搭載と、持ち運びが多いビジネスパーソンにお勧めの機種です。輝度も最大1000ニトと高く、CPUは省電力モデルが搭載、指紋センサーや顔認証もありで、Evoプラットフォーム認証を得た「使いやすい」機種です

CPU Core i5-1235U
Core i7-1255U
メモリ 16GB(最大64GB)
ストレージ SSD 512GB
ディスプレイ(14型) WUXGA UWVA 1000ニト
OS Windows 10 Pro(Windows 11からのダウングレード)
無線 Wi-Fi 6E、LTE、Bluetooth 5.2
生体認証 顔認証、指紋センサー
WEBカメラ 500万画素、IRカメラ
重さ 1.16㎏~
バッテリー 38Whr/51Whr
最大12時間9分(JEITA 2.0測定)
価格 19.7万円~

レビュー

公式サイト

 

Elite x2 G8

HP Elite x2 G8タブレットPCでキーボードが取り外せるタイプになります。第11世代CPU搭載で性能も高く、WiFi6やLTEにも対応で持ち運びが多い人におすすめです。また、タブレットとして使用できるため、どこででも使えて使い勝手が高いです。

CPU Core i3-1115G4/1125G4
Core i5-1135G7/1145G7
Core i7-1165G7/1185G7
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(13型) WUXGA+ IPS Sure Viewモデルあり
3K2K IPS
その他 指紋センサー、顔認証、インカメラ 1080p FHD、WiFi6、4G LTE
重さ 820g(タブレット)
1175g(キーボード装着時)
バッテリー 最大11時間
価格 20.5万円

レビュー

公式サイト

 

EliteBook 840 Aero G8

HP EliteBook 840 Aero G8Evoプラットフォーム認証
Dragonflyに次ぐ軽さで持ち運びがしやすく、メモリは最大64GBと大容量です。WiFi6もあり、LTEモデルもあるので外出が多いビジネスパーソンに合いますね。もちろん、HP Sure Viewモデルもあるので、カフェなどの人が多い場所でも安心して使えます!

発売日 2021年11月
カラー シルバー
CPU Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 最大 512GB
グラフィックス Iris Xe
ディスプレイ(14型) フルHD UWVA 光沢なし(HP Sure Viewあり)
その他 WiFi6、Bluetooth搭載、指紋センサー、顔認証、Office Home &Business 2019搭載モデルあり、4G LTEモデルあり
バッテリー 20.7時間
重さ 1.13㎏~
価格 18.7万円~(割引前価格)

レビュー

公式サイト

 

Elite Folio

HP Elite folioARM系のプロセッサーであるQualcom Snapdragon 8cx Gen 2を搭載で、ファンレス(CPUを冷やすファンがない設計)になっています。おしゃれで小型、でも画面比が3:2なので14型以上の情報が表示されます。WiFi6に5G LTE搭載で軽いので、外出が多いビジネスパーソンにおすすめしますが、使えないアプリが多いのがたまにきずです。

発売日 2021年6月
カラー グレー
CPU Qualcom Snapdragon 8cx Gen 2
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(13.5型) WUXGA+ IPS 光沢 400nit
OS Windows 10 Pro ARM
その他 WiFi6、5G LTE、顔認証、画面縦横比3:2、HP Eliteスリムアクティブペン付属
バッテリー 最大24.5時間
重さ 1.32㎏
価格 18万4580円~

レビュー

公式サイト

 

HP ZBook

HPのワークステーションは13年連続シェアNo.1

13年連続で国内シェアNo.1のワークステーションです。すごいですね。

中身を見ると納得の結果ですが、スペックが凄いですもんね。ワークステーションならHP!っていう人も多いです。

ワークステーションのみ保証は3年間・オンサイト修理になっています。

本記事では公式サイトで販売されている新しいモデルのみ紹介しているので、旧モデルなどは「Zシリーズ全機種の評判と比較」に記載しています。

 

ZBook Fury 16 G9

HP ZBook Fury 16inch G9現行最高性能を誇る機種で、メモリスロットは4つ、M.2 SSDスロットも4つと、デスクトップの様なノートパソコンです。大きく重たいので移動は大変ですが、どこででも本格的な作業ができる機種です

 

CPU Core i7-12800HX/12850HX
Core i9-12950HX
メモリ DDR5 最大128GB
ストレージ SSD ×4
グラフィックス NVIDIA RTX A1000/A2000/A3000/A4500/A5500
ディスプレイ(16型) WUXGA 非光沢
通信 Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.2、LTEあり、RJ45
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ HPプライバシーカメラ(5MP)、IRカメラ
重さ 約2.6㎏
電源 200/230W
価格 45.9万円~

レビュー

公式サイト

 

ZBook Studio 16 G9

HP ZBook Studio 16 G9ZBookハイエンドモデルの機種で、Fury 16 G9に次ぐ性能があります。FuryよりもメモリとSSDの容量が少ないですが、ディスプレイは4K WQUXGAやOLED液晶もあり、HP Dreamcolor対応モデルもあります。

CPU Core i7-12700H/12800H
Core i9-12900H
メモリ DDR5 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス NVIDIA RTX A1000/A2000/A3000/A4500/A5500
NVIDIA GeForce RTX 3060/3070 Ti/3080 Ti
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS/WQUXGA OLED 非光沢 タッチあり Dream Colorあり
OS Winodws 10 Pro(Windows 11 Proからのダウングレード)
無線 Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.2
生体認証 指紋センサー、顔認証
重さ 約1.9㎏
電源 約200W
価格 45.9万円~

レビュー

公式サイト

 

ZBook Power 15 G9

HP ZBook Power 15 G9第12世代Core i7 Hシリーズ搭載で、メモリも最新のDDR5、GPUは最大でRTX A2000とミドルクラスのスペックです。ただし、メモリが最大32GBと小さめなので、小規模なデータを扱う人に向いています

CPU Core i7-12700H
Core i7-12800H
メモリ DDR5 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス NVIDIA RTX A1000
NVIDIA RTX A2000
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS液晶 非光沢
無線 Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.2
生体認証 指紋センサー、顔認証
重さ 約2㎏
バッテリー
電源
約16時間
約150W
価格 37.6万円~

レビュー

公式サイト

 

ZBook Firefly 16 G9

HP ZBook Firefly 16 inch G916インチの大型機種で、据え置き用として合いそうな機種ですが、ワークステーションとしては下位モデルです。画面アスペクト比が16:10と縦に長く、17インチ並みの情報が表示されます

CPU Core i7-1255U
Core i7-1265U
メモリ DDR5 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス NVIDIA T550
ディスプレイ(16型) WUXGA 非光沢 1000nit
OS Windows 10 Pro(Winodws 11 Proからダウングレード)
無線 Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.2
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ 500万画素、IRカメラ
重さ 約2㎏
バッテリー 約6時間57分
価格 31万円~

レビュー

公式サイト

 

ZBook FireFly 14 G9

HP ZBook Firefly 14 inch G9 Mobile Workstation持ち運び向けのワークステーションで、軽量コンパクトな筐体です。ワークステーションとしては下位モデルなので、外出用の機種としてや、あまり高負荷なことをしない人に向いています

CPU Core i7-1255U
Core i7-1265U
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス NVIDIA T550
ディスプレイ(14型) WUXGA 非光沢
OS Windows 10 Pro(Winodws 11 Proからダウングレード)
無線 Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.2
オーディオ Bang & Olufsen
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ 500万画素、IRカメラ
重さ 約1.5㎏
バッテリー 約7時間41分
価格 29万円~

レビュー

公式サイト

 

ZBook Studio 15 G8

ZBook Studio 15 G8外出用機種として性能が高いStudioです。CPUなどのスペックは上位モデルと同じですがmよりコンパクトで軽い機種で、メモリとストレージ容量が若干少ないです。それでも外出用機種としては、合格点のスペックです。

CPU Core i7-11800H
Core i7-11850H
Core i9-11950H
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3060/3070/3080
NVIDIA T1200
NVIDIA RTX A2000/A3000/A4000/A5000
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS
UHD OLED
無線 WiFi6、Bluetooth 5
生体認証 指紋センサー、顔認証
重さ 1.9㎏
バッテリー 最大9.5時間
電源 150W/200W
価格 24.8万円~

レビュー

公式サイト

 

まとめ

エントリークラスから、超ハイスペックなワークステーションまで細かに分かれていますが、HPシリーズ以外は基本的な性能も高く作業効率も上がる機種が多いですね。

また、セキュリティとサポートが手厚いので、安心して仕事に専念できる機種です。

 

HP個人向けノートパソコンの評判と全機種の比較レビュー