HP Chromebook 14bのレビュー

2022年3月に発売されたChromebook 14b-naのレビューです。

細かくは以下で解説していますが、全体的な品質は高く、Chromebookでは珍しくWi-Fi 6に対応し、SSDを搭載した機種です。

SSDはパソコンの表示や起動など多くの事にかかわる部分で、一般的なChromebookに使用されるeMMCというストレージよりも10倍~30倍ほどの速度があります。

「より快適に使えるChromebook」をお探しの人に、薦めたい機種です。

 

特別にHP様より本サイト専用の割引クーポンを作っていただき、「税込み13.2万円以上の個人向けモデル」を購入した場合は、割引価格からさらに7%OFFになります。 こちらの割引クーポンもどうぞ。

金土日限定、週末セールの対象機種はこちらをどうぞ。

HP Chromebook 14b-naシリーズのスペックレビュー

CPU Ryzen 3 3250C
メモリ 8GB
ストレージ SSD 128GB+microSDカード
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(14型) フルHD IPS タッチ
OS Chrome OS
無線 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.0
オーディオ B&O デュアルスピーカー
生体認証 指紋センサー
セキュリティ H1 セキュア・マイクロコントローラー、サンドボックス、確認付きブート、復元モード、セキュリティロックケーブル用スロット
寸法(幅×奥行×高さ) 323.6 × 221 × 16.5㎜
重さ 1.51㎏
バッテリー 最大10.5時間
保証 1年間
価格 6.6万円~

<性能評価/5が平均点>

 

<動作評価/5が平均点>

 

パソコンの頭脳であるCPUには省電力のRyzen 3 3250Cが搭載で、Chromebookとしては結構良い性能になっています。

メモリはChromebookとしては大きい、8GBになっています。比較的大きなデータも扱いやすく、サクサク使えますね。

ストレージは一般的なChromebookに搭載されるeMMCでなく、Windowsやmacなどに使用されるSSDが搭載です。

eMMCはスマホやタブレットに使われることが多く、価格が安いという反面、SSDに比べデータ転送速度がかなり落ちます。筆者所持のSSDとeMMCを比較すると、だいたい20倍~30倍ほどの速度差があります。

SSDは128GBと大きめですが、microSDカードを使ってストレージを増やすことも可能です。

無線通信は高速のWi-Fi 6とBluetooth 5.0に対応、指紋センサーもあるのでサインインも一瞬です。

14型にしては若干重たい1.51㎏ですが、バッテリー駆動時間は最大10時間30分と十分。

総合的に見て、ミドルクラスより少し上の性能になっています。

 

公式サイト

兄弟モデルとの比較

HP Chromebook 14b, 14a,x360 14c<左から/本機種・14a・x360 14c>

Chromebook 14シリーズには他に14a、14cがあるので、これらの機種との比較です。(バッテリーは最大値)

本機種 14a-nd x360 14c-cc
CPU Ryzen 3 3250C AMD 3015e Core i3-1125G4
Core i5-1135G7
メモリ 8GB 4GB 8GB
ストレージ SSD 128GB eMMC 64GB eMMC 128/256GB
ディスプレイ
14インチ
FHD IPS タッチ FHD IPS タッチ FHD IPS 光沢 タッチ
無線 Wi-Fi 6 Wi-Fi 5 Wi-Fi 6
バッテリー 10.5時間 10時間 10.5時間
重量 1.51㎏ 1.34㎏ 1.52㎏
価格 6.6万円~ 4.2万円~ 7.9万円~

プロセッサーの性能を表すPassmarkスコアです。

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i5-1135G7  10098
Core i3-1125G4  9960
AMD 3020e  2625
Ryzen 3 3250C  2332

 

その他のChromebookと比べると、本機は悪くない性能なのですが、兄弟モデルと比べるとすごく低い性能に見えますね。ただし、メモリが8GBと大きいので使いやすいですが。

Chromebookにはタブレットやスマホに使用されるeMMCというストレージを採用する事が多いですが、本機にはパソコンで使用される高速データ転送速度のSSDが搭載。そして、Chromebookでは珍しいWi-Fi 6に対応です。

CPU性能は兄弟モデルに劣りますが、その他の品質は高いです。

ちなみに比較機種のx360 14c-ccは2 in 1 PCで、ディスプレイを360度回転させることができる機種です。

2 in 1 PC<2 in 1 PC>

 

Chromebookとは?

Chromebookのセキュリティ

Chrome Windows
OS Chrome OS Windows
ブラウザ 基本的にGoogle Chrome Edge(好きなものを選択可能)
保存 基本的にGoogle Drive 基本的に内蔵ストレージ
ダウンロード Google Play Microsoft Store
各Webサイト
Office
セキュリティ 完全自動 自分でも対処した方が良し

Chromebookって何?って思う人も多いと思いますが、簡単に言うと「普通のノートパソコン」です。普通に使えます。

ただし、OSがChrome OSなので、Androidスマホのパソコン版と言った感じです。Windowsパソコンとの大きな違いは、好きなものをダウンロードできるかどうかですね。

Win PCは各Webサイトから好きなものをダウンロードできますが、ChromebookはGoogle Playからのみダウンロードができます。なので、「特殊なアプリやソフトをダウンロードしない」人は、特に気にならないと思います(ただし、スマホやタブレットと完全に同じアプリがダウンロードできるわけではありません)。

また、Chromebookはストレージが小さいので、パソコン本体にデータを保存せずに(保存してもOK)、クラウドにデータを保存するような仕様です。これは、いつでもどこでも、どのデバイスでも情報をシームレスに共有できるようにするためですね。

セキュリティはGoogleが対処しており、基本的に自分で何かをすると言う必要はありません。検証済みのブートプロセスにより、起動するたびにシステムに悪意のある変更がされていないかを自動的に検出し、必要に応じてより安全なバージョンに戻します。

万が一変なサイトに飛んでしまっても、システムと切り離されているので、そのページを閉じればOKです。パソコンがウイルス感染したりすることはほぼ無いそうです。

ただし、ChromebookはMicrosoft Officeアプリが使用できない(オンライン版は使用可能)なので、どうしても仕事でMicrosoft Officeを使う人はWindowsパソコンが使いやすいと思います。

 

HP Chromebook 14b-naシリーズの特徴

HP Chromebook 14b 正面

外観は典型的なChromebookと言った感じで、ベゼル(画面の黒い枠)は狭くはないですが太くもないです。

筐体の寸法は

幅 323.6㎜(≒1万円札2枚分/320㎜)
奥行き 221㎜(≒千円札1.5枚分/225㎜)
厚さ 16.5㎜(≒1円玉の直径/20㎜)

になります。

HP Chromebook 14b 側面

厚さは16.5㎜とかなりスリムです。手で掴みやすい厚さです。

ただし14型としては重ための1.51㎏なので、毎日長時間持ち運ぶ人は重たさを感じるかもしれません(14型の平均重量は1.4㎏前後)。

HP Chromebook 14b 天板

天板とパームレスト部分はつなぎ目のない金属性シャーシを採用しているので、高級感もあり剛性も高いです。

 

HP Chromebook 14b ディスプレイが180度開く

ディスプレイは180度開くので、他の人と画面を共有しながら使う時に使いやすいです。

 

HP Chromebook 14b 右斜め前から

キーボードのキーピッチ(キーの中心から次のキーの中心までの距離)は19×19㎜と幅広く、余裕をもってタイピングできるサイズです。キーストローク(キーを押し込む距離)は1.4㎜と標準的です。浅めのタイピングが合いますね。

また、指紋センサーも搭載しているので、サインインは一瞬で完了です。

CPU

Ryzen 3 3250c
製造プロセス 14nm
コア/スレッド 2/4
キャッシュ 4MB
ベースクロック 2.6GHz
ブーストクロック 3.5GHz
TDP 15W

AMD Ryzenのプロセッサーが搭載ですが、2世代前のプロセッサーになるので若干性能は低いですが、AMDとGoogleが共同開発をしたChromebook専用プロセッサーになっているので、より使い易いように設計されていると思います。

こちらはCPUの性能を測るPassmarkスコアで、Chromebookに搭載されるプロセッサーを比較してみます。

スコアの目安

  • 500~・ネットサーフィンでもストレスを感じるほど
  • 2000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 4000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種/青・・・比較

Core i5-1135G7  10098
Ryzen 3 5300U  10092
Core i3-1115G4  6546
Athlon Silver 3050U  3198
AMD 3020e  2625
Ryzen 3 3250C  2332
Celeron N4020  1589
Celeron N4000  1405
Celeron 5205U  1368

 

表の上にあるCore i5やRyzen 3はハイエンドモデルのChromebookに搭載され、一般的にはAthlon以下のCPUや、タブレットやスマホに搭載されるプロセッサーを搭載することが多いです。

こちらのGeekbench 5はクロスプラットフォームのベンチマークで、パソコンの性能を測るCinebenchの様にシングルコア性能とマルチコア性能を測定できます。

比較機種は筆者使用のChromebookやタブレットで、ミドルクラスのスコアになりました。

Geekbench5 マルチコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Snapdragon 870
Yoga Tab 13
 3538
Snapdragon 690 5G
Lenovo TAB6
 1873
Ryzen 3 3250C
HP Chromebook 14b
 1695
Snapdragon 7c Gen 2
Duet 560 Chromebook
 1629
Snapdragon 730G
Tab P11 Pro
 1625
MediaTek Helio G90T
Yoga Tab 11
 1622
Ryzen 3 3250C
HP Chromebook 14b
 1596
Snapdragon 662
Tab P11
 1397
Snapdragon 662
XiaoXin Pad
 1385
MediaTek MT8183
IdeaPad Slim 360 Chromebook
 1384
MediaTek Helio P90
X Game
 1031
MediaTek Helio P22T
Tab M10 FHD Plus 2nd Gen
 992
MediaTek Helio P60T
IdeaPad Duet
 928
Snapdragon 439
Yoga Smart Tab
 817
Snapdragon 429
Tab B10
 552
MT8166
Tab 7 (3rd Gen)
 497

Geekbench5 シングルコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Snapdragon 870
Yoga Tab 13
 1047
Ryzen 3 3250C
HP Chromebook 14b
 697
Snapdragon 690 5G
Lenovo TAB6
 610
Snapdragon 7c Gen 2
Duet 560 Chromebook
 553
Snapdragon 730G
Tab P11 Pro
 551
MediaTek Helio G90T
Yoga Tab 11
 495
Snapdragon 662
XiaoXin Pad
 315
Snapdragon 662
Tab P11
 314
MediaTek MT8183
IdeaPad Slim 360 Chromebook
 297
MediaTek Helio P60T
IdeaPad Duet
 261
MediaTek Helio P90
X Game
 218
Snapdragon 439
Yoga Smart Tab
 177
Snapdragon 429
Tab B10
 170
MediaTek Helio P22T
Tab 10 FHD Plus 2nd Gen
 167
MT8166
Tab 7 (3rd Gen)
 140

 

Chromebookとしてみたら、性能は高いですね。

ディスプレイ

HP Chromebook 14b ディスプレイ

解像度 光沢 液晶 タッチ
FHD なし IPS
FHD フル・ハイディフィニション、一般的な画質で解像度は1920×1080ドット
光沢 光沢ありは発色が良い反面、自分や背景が映り込みしやすい。光沢無しは映り込みがしにくい
IPS液晶 コントラスト比が高く、視野角も広い

ディスプレイは一般的な品質で、高画質のフルHD解像度に、視野角が広くコントラスト比が高いIPS液晶が搭載です。低価格なChromebookはHD解像度やTN液晶も使っていますが、本機は一般的なパソコンの品質です。

また、前面カメラは88度の視野角のHDカメラが内蔵しており、物理シャッターもあるので、必要ない時はシャッターを閉じておいたら安心です。カメラの視野角は90度で「ぎりぎり2人では使いにくい」広さなので、1人用で使用することになると思います。

チームで会議をしたり、大人数でと考えている人は、別途広視野角のカメラが必要です。

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

本機には大容量8GB DDR4-2400MHzが搭載です!Chromebookって4GBが主流で、8GB搭載モデルはすごく少ないんです。

メモリが大きく、以下で解説していますが、ストレージも高品質なので予想以上に使いやすいと思います。

 

ストレージ

SSD(PCIe NVMe) eMMC HDD
最大データ転送速度 平均2000~3500MB/秒くらい 最大500MB/秒くらい 最大500MB/秒くらい
平均起動時間 10秒~15秒 10秒~15秒 30秒~2分(新品の場合)
温度 熱くなりにくい 熱くなりにくい 熱くなりやすい
価格 高い 中価格 安い

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

先述した様に、一般的なChromebookにはタブレットやスマホに搭載されるeMMCという種類のストレージが搭載されているのですが、本機にはパソコンに使用されるSSDが搭載です。

今までにシーケンシャル速度を計測したeMMCは100MB/s~200MB/sが主流で、約6.6万円のタブレット(Lenovo Tab P11 Pro)で491MB/sが出ましたが、現在のPC(SSD)は平均2000MB/s~3000MB/sで、速いものは3500MB/sくらいでした。

SSDは7倍~30倍近い速度があるのですが、価格が高いためChromebookでは敬遠されていましたが、本機種Chromebook 14bは攻めた構成になっていますね。

これらの速度を鑑みると、本機は一般的なChromebookよりも快適サクサク動きやすいと思います。

 

Wi-Fi 6に対応

周波数 通信速度
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps
IEEE802.11b 2.4GHz 11Mbps
IEEE802.11g 2.4GHz 54Mbps
IEEE802.11n 2.4/5GHz 300Mbps
IEEE802.11ac
(Wi-Fi 5)
5GHz 6.9Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWiFi6に対応しており、現在主流のWiFi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、カフェなどの混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

Wi-Fi 6に対応したChromebookはすごく珍しいですね。

 

公式サイト

バッテリー駆動時間

3セル リチウムイオンバッテリーが搭載で、最大10時間30分のバッテリー駆動時間になっています。

そこそこ長い方ですね。ライトな使い方であれば、充電ケーブルを持ち運ばなくても。安心して1日外出できると思います。

 

インターフェイス

HP Chromebook 14b 右側面インターフェース

右側面インターフェースにはmicroSDカード、ヘッドフォン/マイクポート、USB Type-C、USB-Aになります。

HP Chromebook 14b 左側面インターフェース

左側面インターフェースはUSB-A、HDMI、USB-C、そしてセキュリティロックスロットになります。

USB-Cはどちらも、Power DeliveryとDisplayPort 1.2に対応しています。

USB-CもAも両側にあるので、使い勝手が高いですね。

 

サポート・保証

HP サポート・保証

HPでは「1年間の使い方サポート」と「1年間の引き取り修理保証」が標準でついています。

パソコンに同梱される「パソコン入門書」を見ながら設定や使い方を見ることが出来、分からない場合は電話でサポートを受けることが出来るので、安心して購入できます。

保証は最長3年まで延長でき、引き取り修理と出張修理もあります。

  • 引き取り修理・・・指定業者がパソコンを引き取りに来て修理工場に配送、修理後配達される(期間内はパーツ代や配送代など無料)
  • 出張修理・・・家や事務所に来て現場で修理。期間内は交換パーツ代など無料

 

まとめ

HP Chromebook 14b 左斜め前から

良い点

・高速データ転送速度のSSDが搭載
・一部にアルミニウムを使用したボディ
・メモリが大きい
・CPU性能もそこそこ高い

残念な点

・14型にしてはちょっと重たい

 

総合評価

メモリは大きく、ストレージはSSD、指紋センサーがありキーボードのキーピッチも広め、天板とパームレストにメタル素材を使用と、全体的な品質が高く、使いやすいスペックですね。

中の上クラスのChromebookなので、学生やライトユーザーの社会人にも合うし、Androidアプリを多用する人や普段使い用としても合うと思います。

 

公式サイト