HP OMEN X 2S 15のレビュー・デュアルディスプレイ付き30万円の最高峰スペックノートパソコン

税込み33万円という高めの価格ですが、売り切れモデルが続出のOMEN X 2S 15です。

デュアルディスプレイで、キーボード上部にも小型の2ndディスプレイがあるのが特徴的ですね。

性能的にはこの価格なので、最高水準のスペックです。Intel Core i9、メモリ32GB、SSD最大1TB、そしてグラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX 2080 Max-Qになります。

ディスプレイは144Hzと240Hz2種類あるのですが、144Hzは売り切れていることが多いです。

プロゲーマーを目指してる人や、本気でやり込みたい人向けの機種になっています。

HPでは12月1日から12月8日までハッピークリスマスキャンペーンを実施しており、今年は何と最大で10万円割引の機種もあります!!人気機種も新機種も割引対象なので、熱いセールです。

また、特別にHPより本サイト専用の割引クーポンを作っていただき、2022年1月16日までに「税込み13.2万円以上の個人向けモデル」を購入した場合は、割引価格からさらに7%OFFになります。 こちらの割引クーポンもどうぞ。

HP OMEN X 2S 15のレビュー

HP OMEN X 2S 15の外観・ゲームをしているところ

CPU Intel core i9-9880H
メモリ 32GB DDR4-3200MHz
ストレージ 512GB、1TB
ディスプレイ 15.6型 フルHD IPS 光沢なし NVIDIA G-SYNC対応
リフレッシュレート 144Hz、240Hz
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 2080 Max-Q
セカンドディスプレイ 5.98インチ フルHD IPS タッチディスプレイ
外部ディスプレイ 最大解像度 3840x2160(HDMI使用時)
リフレッシュレートは接続するディスプレイによる
カラー シャドウブラック
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
有線LAN 内蔵Gigabit LAN
OS Windows 10 Home
Microsoft Office 搭載可能
セキュリティ Windows Defender、TPM、マカフィーリブセーフ1年間
電源 230W
バッテリー 最大4時間
寸法 361x262x20㎜
重さ 2.37㎏
サポート 電話、LINE、Twitterサポート
保証 1年間
価格 税込)33万円~

パソコンの頭脳であるCPUはIntel core i9-9880Hというハイパフォーマンスモデルで、CPUの性能を表すスコアは1万4000オーバーのモンスターCPUです。

メモリも32GBと大容量で、超高性能モデルの3200MHzになっています。全てにおいて、速度が速いですね。ストレージも大容量の512GBか1TBがあるので、お気に入りのゲームはパソコン内に入れておいても大丈夫でしょう。

また、グラボはRTX 2080 Max-Qです!ノートパソコンに搭載できるグラボで、最高のものです。

Max-Qデザインの省電力モデルなので発熱が抑えられている分、性能も通常のRTX 2080よりか落ちます。とは言っても、できないゲームなんてほとんどないでしょうね。

電源も大きめの230Wなので、パフォーマンスも最大限に引き出してくれると思います。

HP公式ページ

HP OMEN X 2S 15の特徴

HP OMEN X 2S 15の外観・モニター接続でゲームをしているところ

外観はさすがOMENと言った感じで、かっこいいですよね。私がゲーミングPCを見てかっこいいと思うのは、いつもOMENとLenovoのLegionです。この2つは外観もかっこいいし、ライトニングが中二病を刺激してくるんですよね(笑)

HP OMEN 2S 15の天板

天板も妖しい感じに、かっこいいです。

HP OMEN 2S 15の外観

寸法は幅361㎜、奥行き262、厚さ20㎜と、15.6型のゲーミングPCにしては小さめですね。ゲーミングPCじゃない普通のパソコンと、ほとんど変わらないですね。

ゲーミングPCで一番重要な冷却システムも高く、排気口が3つあり、OMEN Comond centreから3つのモードを選ぶことも出来ます。

HP OMEN 2S 15の冷却モード・OMEN Comond centre

需要な場面や、ほかのプレイヤーが多く集まる場所などではパフォーマンスが最大のものを、本体が熱くなってきたと思ったら一番換気がいいモードなど、状況に合わせてモードを変更できます。

HP OMEN 2S 15・Conductonautまた、従来のシリコングリスよりも熱伝導が10倍も高いConductonautを使っているので、CPU温度が上がりにくく、安定して使えるようになっています。

シリコングリスはCPUの上部に塗り、CPUクーラーとの接地面を大きくすることによってCPUの熱を拡散するために使われるグリスですね。

また、HPのパソコンでは珍しく本体を開けてカスタマイズもしやすい様に、底面パネルがたった6つのネジで止められています。

HP OMEN 2S 15の底面

デュアルディスプレイ

HP OMEN 2S 15のキーボード

キーボード上部に小型のディスプレイがあり、普通の画面に映っているものと2ndディスプレイに映っているものも、ボタン一つで切り替えが出来ます。

ゲームしてる時にチャットを見たりするなら、使いやすいですね。

HP OMEN 2S 15のセカンドディスプレイ・テンキー時<テンキーとして利用>HP OMEN 2S 15のセカンドディスプレイ・OFF時<OFFの時>HP OMEN 2S 15のセカンドディスプレイ・輝度調整時<輝度設定>

このボタンを押せば、ディスプレイの切り替えが出来ます。

HP OMEN 2S 15の1stディスプレイとセカンドディスプレイの切り替えボタン

また、ゲームのマップやステータスなどの画面上にある任意の場所を選択して、2ndスクリーンに映し出させることもできます。

メインのディスプレイは、フルHD、IPS液晶、光沢なし、300nit、240Hz(もしくは144Hz)の2種類になります。

フルHD フル・ハイディフィニション 解像度1920x1080
IPS液晶 視野角が広く、コントラストも高く画面がきれい
光沢なし 映り込みが軽減された液晶
nit 輝度(明るさ)を表す単位。室内であれば250前後あれば普通
Hz リフレッシュレート

キーボード

HP OMEN 2S 15の外観・正面

A~Zの26のキーがロールオーバー(複数のキーを同時押ししても認識する機能)とアンチゴースト(誤入力防止)に対応しています。

HP OMEN 2S 15のキーボードバックライト設定

キーボードのバックライトはOMEN Command Centerより設定でき、ハイエンドモデルのみに使用される虹色も、当然設定できます。

CPU

Intel core i9-9880H
開発コード Coffee Lake
製造プロセス 14nm
コア/スレッド 8/16
ベースクロック 2.3GHz
ブースト時 4.8GHz
キャッシュ 16MB
TDP 45W
価格 556USドル
Passmarkスコア 14121

さすがCore i9なので、性能がかなり高いですね。CPUの性能を表すPassmarkスコアは、1万4000オーバーです。

普通のパソコンが6、7000のスコアで性能が高いと言われる中、倍以上の性能なので、何をやっても困ることは無いと思います。

コアとスレッドも8コア16スレッドとモンスタークラスになっているので、最高クラスの性能になっています。

グラフィックス

NVIDIA GeForce RTX 2080 Max-Q
GPUアーキテクチャ Turing
CUDAコア 2944
ベースクロック 735MHz
ブーストクロック 1095MHz
メモリタイプ GDDR6
メモリ容量 8GB
TDP 80W

NVIDIA GeForce RTXシリーズはリアルタイム レイトレーシングが可能で、3Dの描写がより現実世界のように見えます。「レイトレーシング」とは、光線(光)がどのように動くか追跡して表現する技術で、これを「リルタイム」でシュミレートし描写する技術なんです。

光の反射やガラスに反射して映る映像なんかも、かなり鮮明になっています。

比較しているグラフィックボードはデスクトップ用のものですが、かなり性能が高いですね。今現在(2020年9月)でノートパソコンに搭載できるグラフィックボードで、最高のものになります。

プロ用のスペックです。できないゲームもないでしょうね。

ゲームベンチマークスコア

下のグラフの単位はfps(リフレッシュレート/1秒間に更新されるコマ数)で、60以上がか「快適」にプレイできる目安です。回線状況やその他スペック、日にちによっても数値が変わるので、参考値としてみて下さい。

かなり良いスコアが出ていますね。ノートパソコンでここまで出来るなんて、時代は進化しましたね。

Red Dead Redemption 2などの重量級ゲームは高画質だとギリギリなので、標準画質になりますが、ほとんどのゲームは高画質以上でプレイできますね。

HP公式ページ

メモリ

メモリは32GB搭載で、DDR4-3200MHzです。メモリは2933や2666が多い中、3200NHzなので高速ですね。

ちなみにメモリスロットは2つなので、16GBx2のメモリになります。

ストレージ

ストレージはどちらもM.2 PCle-NVMeで、エクストリームモデルがSSD 1TB、エクストリームプラスモデルがSSD 512GB(+Optaneメモリ32GB)となっています。

しかも、エクストリームに使われている1TBのSSDはTLC、エクストリームプラスは512GBのQLCです。なぜプラスモデル(上位モデル)に性能が低く低容量のストレージを付けたか分かりませんが、エクストリームをおすすめしたいですね。(Optaneメモリも捨てがたいですが・・・)

簡単にTLC(Triple Level Cell・3bit)とQLC(Quadruple Level Cell・4bit)の違いを言うと、TLCの方が書き込み耐性、データ保存の信頼性、書き込み速度がより優れています。

じゃあなんでQLCを使うの?と思いますが、容量単価が安いし、場所も取らないので作る側にとってはメリットがあるからです。私たちにはあまりメリットはないですね。

インターフェイス

HP OMEN 2S 15のインターフェイス

  1. 通気孔
  2. 電源コネクタ
  3. HDMI出力端子
  4. USBポート(×2)
  5. RJ-4S(有線LANケーブルポート)
  6. オーディオ出力(ヘッドフォン)/オーディオ入力(マイク)コネクタ
  7. USB Type-C電源ポートおよびThunderbolt™ ポート
  8. USBポート
  9. 通気孔

もちろんLANケーブルもさせるし、WiFiも付いています。HDMIかUSB Type-C(Thunderbolt)を使ってモニターに接続も出来ます。

最後に

HPでは購入後のサポートも手厚く、「電話・LINE・Twitter」で使い方や設定などのサポートをしてくれます。保証も1年あるので安心ですね。

本機種は値段も高いですが性能も高いので、本気の人におすすめの機種です!

HP公式ページ