HP Probook全機種の評判と比較レビュー


HPには多くのビジネスノートがありますが、その中でも比較的低価格で性能も高めのProBookです。

2021年以前はお世辞にも「おしゃれ」とはいいがたい外観でしたが、現在はどの機種もベゼル(画面の黒い枠)が細くスリムになっています。

HP独自のセキュリティが搭載しているため堅牢性も高く、保証やサポートもばっちり。個人でも企業でも使いやすい機種です。

 

2020年の世界ノートパソコン出荷台数の比較図Gatner.comより>

また、HPは2020年の世界販売台数が世界No.2で、シェアが21.2%と世界のノートパソコンの5台に1台がHP製となっているほどの人気の会社になります。

 

  HPビジネスPCは大感謝セールを開催しており、最大54%の割引になっています。また、毎週金・土・日曜日は週末セールもやっているので、お見逃しなく!

特別にHPより本サイト専用の割引リンクを作っていただき、「7.7万円以上の法人向けモデル」を購入した場合は、上記割引からさらに4%OFFになります。 こちらの割引クーポンもどうぞ。

HP ProBookの特徴

性能 ビジネスサポート(日本) ビジネスセキュリティ 特徴
HP ビジネス 3 out of 5 stars あり 無し 徹底的にコスパ重視の機種。筐体は樹脂素材
ProBook 3.8 out of 5 stars あり 有り 天板とキーボード面にアルミニウム素材の機種もありで、MILスペック、セキュリティも堅牢
Elite 4.3 out of 5 stars あり+Elite Premiumサポート 有り ハイエンドモデルで、セキュリティやサポートも万全。アルミニウム合金を使った筐体
ZBook 4.9 out of 5 stars あり 有り ハイエンドワークステーションで、ピカ一の性能。アルミニウムを使用

ProBookはHP ビジネスノートの中でスタンダードモデルになり、基本的に「がっつりビジネス業務を遂行する」のに十分な性能だと思います。

ただし、Probookシリーズは若干癖があり、

例えば

・ディスプレイの輝度が低いモデルあり
・TN液晶あり
・HD解像度あり
・Wi-Fi 6に非対応モデルあり
・シングルチャンネルメモリのモデルがあり、自分で増設しないとIris Xeで動作しないモデルあり

等が挙げられます。

例えば、Core i3搭載だとFHDディスプレイが無かったり、Core i5でもシングルチャンネルメモリで動作するの自分で増設しないといけないなどがあり、標準的な構成「FHD IPS液晶 Wi-Fi 6 デュアルチャンネルメモリで動作」にしたい場合は、高価格モデルを購入しないといけない場合もあります。

結構細かく調べて購入しないと、買ったときに「えっ?なんで?」と思うこともあるかもしれませんが、当サイトではそういった細かいデメリットや注意点も紹介しているので大丈夫かと思います。

ただし、こだわり派の人にはEliteシリーズの方が購入しやすいと思います。

 

東京生産モデル

HP 東京生産モデル

HPビジネスノートの中には東京生産モデルがあり、日本品質で作られた機種になります。また、国内発送のため比較的短時間での配送が可能、輸送時の機体への影響も最小限なので人気があるし、安心ですね。

東京生産モデルは特定の機種のみになり、すべてのビジネスモデルと言うわけじゃありません。

全ての東京生産モデルはHP 公式サイトから確認できます。

 

セキュリティ

HPのセキュリティ

HPのビジネスモデルを購入するメリットの大部分は、このセキュリティにあると思います。世界で一番安全なビジネスPCをうたっているだけあり、ここまで多くの独自セキュリティを搭載したパソコンは見たことがありません。

以下に紹介するセキュリティは主なもので、機種によっては増減します。

  • HP Sure Sense・・・ディープラーニングを活用したリアルタイム検知機能があり、悪意のあるファイルを検出し、マルウェア、ゼロディ攻撃、ランサムウェアなどからPCを守るセキュリティ機能
  • HP BIOSphere Gen5・・・ウイルスやマルウェアによる不正なBIOSの書き換えや、破損からシステムを保護
  • HP Sure Click・・・Web閲覧のセキュリティ強化で、タブを閉じるだけでマルウェアが消滅する
  • HP Sure Run・・・OSの重要な機能や設定を構成時の状態に維持し、万が一設定が無効になった場合は再起動し、安全な状態に戻す
  • HP Sure Recover・・・OSがウイルス感染しても自動的にリカバリーする
  • HP Sure Start・・・自動復旧機能で攻撃を受けても自動でリカバリーする
  • HP Client Security Software・・・パスワード関係などのセキュリティ機能
  • HP Secure Erase・・・BIOSの中のSecure Eraseを使って内蔵ドライブのデータを完全に削除することが出来る
  • ナノセキュリティロックケーブルスロット・・・盗難や持ち運び防止用のセキュリティワイヤーを使うスロット
  • TPM・・・独立して機能するチップで、パスワードなどの重要情報を格納できる
  • Windows Defender・・・Windows搭載のセキュリティ機能で、マルウェアなどのウイルスからパソコンを守ってくれる

多くの「HP独自のセキュリティ」があるので、堅牢性がかなり高いです。ビジネス用途ではもちろん、個人でも情報が漏洩することは避けたいので、有益だと思います。

 

サポート

HP ビジネスサポート

HPのビジネスモデルは「日本でのサポート」になり、ここ最近海外のコールセンターを使う会社が多い中、日本品質での対応は助かりますね。

通常のコールセンターよりもつながりやすく、何といってもたらいまわしがない(回避する)というのが嬉しいです。時間は、月~金が朝9時から夜21時まで、土曜日が朝9時から夕方17時までになっています。

また、保守拠点は国内に420以上あるので、修理対応も迅速に対応できます。

 

保証

HP ビジネスモデル 標準サポート

HPのビジネスモデルは1年間引き取り修理サービスが標準で付いており、万が一の際も安心です。引き取り修理サービスとは、HP指定業者が自宅、または会社にPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれるサービスです。期間内であれば、パーツ代や輸送費はHPが負担します。

また、保証のアップグレードもでき、オンサイト修理もあります。

HP ビジネスモデル標準アップグレード保証 オンサイト修理は、PC設置場所にエンジニアが来て現場で修理対応するものです。セキュリティの観点からも、時間の観点からも都合がよいですね。

HP Care pack

他にも「標準保証ではカバーしない」水漏れや落下による破損、盗難などにも対応するHP Care Packというサポートもあります。

サポートや保証はとにかく充実しているので、企業としてもそうですし、個人としても安心して購入できると思います。

 

HP ProBook全機種の比較レビュー

まずは各機種の特徴です。後継機種が出たものは下の表から削除していますが、レビューは ページ下部に記載しています。また、ストレージは全てSSDで、メモリは最大値、そしてIPSと記載していない機種はTN/VA液晶になります。

CPU メモリ ディスプレイ 特徴
ProBook x360 435 G8 Ryzen 5000 32GB 13型 FHD 2 in 1 PC
ProBook 635 Aero G8 Ryzen 5000 32GB 13型 FHD 999gと超軽量、4G LTEあり
ProBook 650 G8 11世代 64GB 15型 FHD IPS メモリが大きい
ProBook 450 G8 11世代 32GB 15型 FHD IPS、HD/TN 増設時のみIris Xe使用可
ProBook 430 G8 11世代 32GB 13型 FHD IPS、HD/TN 増設時のみIris Xe使用可

 

ProBook x360 435 G8

HP ProBook x360 435 G8CPU性能が高く、13.3型なのにメモリスロットが2つあるという特徴がありますが、無線は旧規格のWiFi5、ディスプレイはTN液晶と、ちょっと「躊躇する」スペックです。ただし、2 in 1 PCなので、使い勝手は高いです

CPU Ryzen 3 5400U
Ryzen 5 5600U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(13.3型) FHD 光沢 400nit タッチ
無線 WiFi 5、Bluetooth5
生体認証 顔認証、指紋センサー
重さ 約1.45㎏
バッテリー 最大約17時間(Mobilemark2018)
価格 9万6580円~

レビュー

公式サイト

 

ProBook 635 Aero G8

HP ProBook 635 Aero G8Ryzen 5000シリーズ搭載で重量は999gと超軽量モデルです。Ryzen 5と7はZen 3アーキテクチャになっており、全体的な性能が上がっています。LTEモデルは後日販売予定で、持ち運びが多い人におすすめの機種です

CPU AMD Ryzen 3 5400U
AMD Ryzen 5 5600U
AMD Ryzen 7 5800U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(13.3型) フルHD 400nit 非光沢
無線 WiFi5、Bluetooth5、4G LTE
生体認証 指紋センサー、顔認証
バッテリー 最大18.7時間(JEITA測定)
重さ 約999g
価格 15万1580円~

レビュー

公式サイト

ProBook 650 G8

HP ProBook 650 G8本機種はその他多くのProBookと違い、Core i3を選んでもフルHD IPS液晶で、バランスが良い機種です。メモリスロットも2つあるし、ストレージはSSD 最大1TBと大容量です。Thunderbolt 4も搭載で、WiFi6は搭載可能なので、2022年のビジネスノートのスタンダードスペックだと思います。

発売日 2021年4月
CPU Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス インテルUHDグラフィックス
Iris Xe
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS液晶 光沢なし 250nit
その他 WiFi6/5、Bluetooth 5、指紋センサー、顔認証、Office Home &Business 2019搭載モデルあり
バッテリー 最大12.5時間
重さ 1.74㎏
価格 8.5万円~

レビュー

公式サイト

ProBook 450 G8

HP ProBook 450 G815型の大画面で作業がしやすく、重さは1.74㎏とヘビー級と言うわけでもないので、持ち運びがしにくいわけではありません。インテル11世代CPU搭載で性能も高く、とりわけ標準以上のスペックになりますが、Core i3モデルはHDディスプレイのみと、若干残念なスペックです。また、Iris Xeが必要な場合はメモリを自分で増設するか、32GBのメモリを選ぶことになり、中級者以上向けのパソコンです。

発売日 2021年2月
CPU Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(15.6型) フルHD IPS 光沢なし
HD 光沢なし
その他 WiFi6/5、Bluetooth 5、指紋センサー、Office Home &Business 2019搭載モデルあり
バッテリー 最大12.5時間
重さ 1.74㎏
価格 6.4万円~

レビュー

公式サイト

ProBook 440 G8

HP ProBook 440 G8本機は公式サイトに登場してその後すぐ削除されました。理由は不明です
エントリ―クラスのノートパソコンですが、最新の11世代CPUにSSDも搭載と、「普通」に使えるスペックです。輝度が250nitと室内で使うには問題ない明るさなので、据え置き用のパソコンを探している人に向いています。

CPU Core i3-1115G4
Core i5-1135G7/1145G7
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 256GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS液晶 光沢なし
グラフィックス UHDグラフィックス
Iris Xe
その他 WiFi5、Bluetooth 5、4G LTE、指紋センサー
重さ 1.38㎏
バッテリー 最大12.75時間
価格

レビュー

公式サイト

ProBook 430 G8

HP Probook 430 G813型と小型で持ち運びがしやすく、Core i5を選べばがっつりと作業もできるほどです。WiFi6もあるので外出先で使用しても、サクサク使いやすいですね。

 

発売日 2021年2月
CPU Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(13.3型) フルHD IPS 光沢なし
HD 光沢なし
その他 WiFi6/5、Bluetooth 5、指紋センサー、Office Home &Business 2019搭載モデルあり
バッテリー 最大12.75時間
重さ 1.37㎏
価格 6.4万円~

レビュー

公式サイト

ProBook 635 Aero G7

HP ProBook 635 Aero G7超高性能のRyzen 4000シリーズ搭載機種で、ディスプレイの質も高く、ProBookでは最高峰のモデルです(正直に言うと、ようやくまともな機種が出たといった感じです)。LTEにWiFi6と移動が多いビジネスパーソンに合う機種で、何といっても重量・たったの約1㎏と軽量です!!

発売日 2020年12月2日
CPU AMD Ryzen 3 4300U
AMD Ryzen 5 4500U
AMD Ryzen 7 4700U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB(SATA、PCIe NVMeあり)
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(13.3型) フルHD 400nit 非光沢
OS Windows 10 Home、Pro
その他 WiFi6、Bluetooth搭載、指紋センサー、顔認証、LTE搭載モデルあり、Office Home &Business 2019搭載モデルあり
バッテリー 最大16.9時間
重さ 0.99~1.05㎏
価格 公式サイトでは販売終了

レビュー

公式サイト

ProBook x360 435 G7

HP ProBook x360 435 G72 in 1 PCの本機種は使い勝手がよく、性能も高い機種になります。指紋センサーに顔認証も搭載可能、超高性能のRyzen 4000シリーズ搭載なので、サクサク快適に作業をしたい人向けです。

発売日 2020年8月25日
CPU AMD Ryzen 3 4300U
AMD Ryzen 5 4500U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB(SATA、PCIe NVMeあり)
ディスプレイ(13.3型) フルHD 400nit 光沢あり タッチディスプレイ
その他 WiFi6、Bluetooth搭載、指紋センサー、顔認証、Office Home &Business 2019搭載モデルあり
バッテリー 最大約17時間
重さ 1.45㎏
価格 公式サイトでは販売終了

レビュー

公式サイト

ProBook 430 G7

HP ProBook 430 G7WiFi6搭載モデルやLTEモデルもあり、外出が多いビジネスパーソンに合う機種です。堅牢なセキュリティ搭載で、価格的にもお手頃です。指紋センサーも搭載なのでサインインも速く、何といってもLTEですね。もう、WiFiを探す必要がありません。常にネットに接続ができるので、時間短縮にもなりますね。
2021年6月に公式サイトでの販売が終了しました。今後は電気屋さんや楽天で購入できます。

発売日 2020年6月30日
CPU Intel core i3-10110U
Intel core i5-10210U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大512GB
HDD 500GB(SATA)
ディスプレイ(13.3型) フルHD 250nit(LTEモデル)
HD 220nit
その他 WiFi6/WiFi5、Bluetooth搭載、指紋センサー、LTE搭載モデルあり、Office Home &Business 2019搭載モデルあり
バッテリー 最大15.25時間
重さ 1.44㎏
価格 公式サイトでは販売終了

レビュー

公式サイト

HP ProBook 450 G7

HP ProBook 450 G715.6型で、重さ2㎏とヘビー級の重さでなので、据え置き用として使用した方がよさそうですね。ディスプレイにフルHDを選べば、全体的に満足が行くスペックですね。
2021年6月に公式サイトでの販売が終了しました。今後は電気屋さんや楽天で購入できます

発売日 2020年6月30日
カラー シルバー
CPU Core i3-10110U
Core i5-10210U
Core i7-10510U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大512GB+HDD 1TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(15.6型) フルHD 250nit
HD 220nit
OS Windows 10 Home、Pro
その他 WiFi6/WiFi5、Bluetooth搭載、指紋センサー
バッテリー 最大13.5時間
重さ 2㎏
価格 公式サイトでは販売終了

レビュー

公式サイト

HP ProBook 650 G5

HP ProBook 650 G5とにかく大きな本機種は、DVDライターも搭載できる機種です。2019年販売開始と言うことも有って若干スペックが落ちますが、販売当初13万円ほどした価格が7.5万円ほどに下がっているので、お買い得です。

発売日 2019年9月30日
CPU Intel core i3-8145U
Intel core i5-8265U
Intel core i7-8565U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB+HDD 1TB
ディスプレイ(15.6型) フルHD 250nit 非光沢
その他 WiFi6/WiFi5、Bluetooth搭載、指紋センサー、Office Home &Business 2019搭載モデルあり、DVDライターあり
バッテリー 最大11時間
重さ 2.18㎏
価格 販売終了(楽天で購入できます)

レビュー

公式サイト

 

まとめ

最初にも言ったようにProBookはちょっと癖がある機種なので、こだわり派には選択肢が少ないですが、あまりスペックを気にせずに「とにかくセキュリティがしっかりした機種が欲しい」という企業や個人に合います。

ただし細かく選ぶのが面倒くさいから「まともなスペック(FHD IPS Wi-Fi 6 Iris Xeなど・・・)」が欲しい場合はEliteシリーズの方が購入しやすいと思います。

HPでは他にもいろいろな機種を販売しているので、こちらも確認してみてください。

HPの評判は?

ビジネスモデルと個人向けモデルの違い

ビジネスモデル全機種の比較レビュー

個人向けモデル全機種の比較レビュー