AMD Ryzen 6000シリーズ搭載ノートパソコン

つい先日Ryzen 5000搭載PCが購入できるようになったと思えば、もうRyzen 6000シリーズの発表がありました。個人的には、Ryzen 4000から5000に上がった時よりも、今回の方が楽しみな性能になっています。

ベンチマークなども入試次第、アップデートしていきます。

 

AMD Ryzen 6000シリーズの性能

Ryzen 6000シリーズの特徴

コア/スレッド クロック数
基本/ブースト
キャッシュ TDP アーキテクチャ
Ryzen 9 6980HX 8/16 3.3/5.0GHz 16MB 45W Zen 3+
Ryzen 9 6980HS 8/16 3.3/5.0GHz 16MB 35W
Ryzen 9 6900HX 8/16 3.3/4.9GHz 16MB 45W
Ryzen 9 6900HS 8/16 3.3/4.9GHz 16MB 35W
Ryzen 7 6800H 8/16 3.2/4.7GHz 16MB 45W
Ryzen 7 6800HS 8/16 3.2/4.7GHz 16MB 35W
Ryzen 7 6800U 8/16 2.7/4.7GHz 16MB 15-28W
Ryzen 5 6600H 6/12 3.3/4.5GHz 16MB 45W
Ryzen 5 6600HS 6/12 3.3/4.5GHz 16MB 35W
Ryzen 5 6600U 6/12 2.9/4.5GHz 16MB 15-28W

主な特徴です

・前世代と比較して最大30%高速
・最大24時間のバッテリー
・統合型グラフィックス性能は約2倍
・PCIe 4.0 SSDに対応
・DDR5/LPDDR5のメモリに対応

 

Ryzen 6000シリーズのグラフィック性能<グラフ左からCore i7-1165G7、MX450、Ryzen 7 6800U>

このスクショはゲームのfpsですが、あの内蔵グラフィック最高峰のCore i7-1165G7よりも最大で303%も高いスコアになっているようです。ここ最近はクリエイター向けPCではRyzenの方が性能が高いし、ゲームもしやすくなっていますね。

ちなみに、搭載ノートパソコンは2月頃から発売されるとのことです。

 

ベンチマーク

今後ベンチマークが出てくるので、逐一情報をアップデートします。

 

Leovo Ryzen 6000シリーズ搭載PC

Lenovo thinkpad Z16 正面<ThinkPad Z16>

執筆時現在、LenovoからThinkPad Z13、ThinkPad Z16がRyzen 6000シリーズ搭載ノートパソコンとして発表され、販売予定は2022年5月になっています。(ThinkPad Z13.Z16の詳細はこちらから)

今後、どんどん機種が発表されると思うので、情報をアップデートしていきます。

 

Lenovo

 

HP Ryzen 6000シリーズ搭載PC

HP EliteBook 865<HP Elitebook 865>

現在HPではElitebook 865にRyzen 6000シリーズが搭載することが発表されていますが、スペックなどの詳しいことは分かっていません。

 

 

HP

 

Lavie

発表され次第情報を追記します。

 

Fujitsu

発表され次第情報を追記します。

 

Dynabook

発表され次第情報を追記します。

 

マウスコンピューター

発表され次第情報を追記します。

 

ASUS

発表され次第情報を追記します。

 

DELL

発表され次第情報を追記します。