ゲーミングPC

6.6万円から買えるGTX 1650搭載ゲーミングノートの比較レビュー

6.6万円から買えるGTX 1650搭載ゲーミングノートの比較レビュー

初めてのゲーミングノートや、比較的軽い3Dゲームをする人におすすめのグラボ・GTX 1650搭載ノートパソコンの特集です。

エントリークラスの性能になりますが、多くのゲームもプレイできるし、比較的小さな筐体なので、学生でゲームもレポートもするし、大学に持ち運ぶことが多いという人でも使いやすい機種が多いです。

NVIDIA GeForce GTX 1650の特徴

NVIDIA GeForce GTX 1650
アーキテクチャー Turing
CUDAコア 896
ベースクロック 1410MHz
ブーストクロック 1515MHz
メモリタイプ GDDR6
メモリ帯域 192Gbps
メモリ容量 4GB
TDP 50W

注)以下に紹介するスコアやfpsは、その時の状況やCPU・メモリの性能など、電源の大きさでも変わってくるので、参考値としてみてください。

Fire Strike Graphicsのスコアは9315とそこまで悪くないスコアです。ビデオメモリも4GBあるので、3DCADを使ったりも出来るし、多くのゲームがプレイできます。

こちらは各ゲームのfps(1秒間に更新されるコマ数)で、CPUや状況によってもスコアは変わるので参考値としてみてください 。快適にプレイできる目安は60以上で、最低プレイできる目安は30になります。ただし、ゲームによっては30じゃ3D酔いするものもあるので、最低のレベルと認識しておいてください。

GTA VやSims 4、Fortniteなどは標準画質でも100超えですね。虹6なんかは比較的軽いので、中画質でも168となっています。

中量級のPUBGなどは標準画質で70オーバーなので、ぬるぬるではないですが、普通にプレイできるくらいのスペックです。

NVIDIA GeForce GTX 1650搭載モデル

機種を紹介する前に一つ注意点ですが、いくら性能的に60fps以上がでても、ディスプレイのリフレッシュレートが60Hzだと60fps以上は出ません。

GTX 1650搭載モデルはディスプレイのリフレッシュレートが60Hzのものが多いので、その機種を選ぶ場合は144Hz以上の外付けモニターを利用すれば、ぬるぬる快適にプレイできます。

最新モニターではないですが、ASUS VP228HEは1.2万円と安く、リフレッシュレートも144Hzと高く、応答速度も 1ms(0.001秒)と速いので、お勧めです。

購入するときはCPUとメモリ、ストレージの大きさを見ると思いますが、メモリは動作周波数も大事で、電源は特に大事な個所です。

例えば120Wの電源の機種よりも170Wの機種の方がパフォーマンスが高くなるので、電源が大きい方がより快適にプレイできます。

それでは、まずは全機種のリストです。当然ですが全てのグラボはNVIDIA GeForce GTX 1650で、スペックは各公式ページで変更(カスタマイズ)できるパーツもあります。特に、グラボが数種類から選べるLegion 550Piは、ディスプレイも144Hzのものがあります。

(グラフは横にスライドできます。各機種名をクリックすると、ページ下部のレビューに移動します。ブラウザの戻るボタンを押すとここに戻ってきます。)

スペック ストレージ 電源 リフレッシュレート 税込み価格
IdeaPad L340 Core i5-9300H
8GB/2400MHz
SSD 512GB 135W 6.6万円
ASUS TUF
FX505DT
Ryzen 5 3550H
8GB/2400MHz
SSD 512GB 150W 144Hz 7.5万円
Legion 550Pi Core i5-10300H
8GB/2933MHz
SSD 512GB 170W 60Hz 9.1万円
HP Pavilion Core i5-10300H
16GB/2933MHz
SSD 256GB
HDD 1TB
150W 144Hz 10.9万円
Frontier Core i7-10750H
8GB/2933MHz
SSD 240GB 120W 60Hz 11.2万円
G-Gear Core i7-10750H
8GB/2933MHz
SSD 250GB 120W 60Hz 11.5万円
ASUS TUF
F15
Core i7-10750H
16GB/2933MHz
SSD 512GB 150W 144Hz 11.9万円
G-Tune P5 Core i7-10750H
16GB/2666MHz
SSD 256GB 120W 60Hz 13万円

 

それでは特に性能が高く、安いお勧め機種から順に紹介していきます。

ASUS TUF Gaming FX505DT

ASUS TUF Gaming FX505DT (FX505DT-R5G1650S)
税別6.8万円の価格破壊ゲーミングノートです。リフレッシュレートも144Hzなのに、ありえない価格です。
と言っても安い秘訣は、電源が若干小さい、重い、筐体が少し大きい、メモリが8GBだからと、持ち運びしないライトユーザー向けのスペックなんですね。保証は外れますが、メモリの増設も出来るので、悪いスペックではありません。キーボードもライティング出来るので、がっつりとゲーミングPCを堪能できます。
CPU Ryzen 5 3550H
メモリ 8GB(DDR4-2400MHz)
ストレージ SSD 512GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX 1650
ディスプレイ 15.6型 FHD 非光沢
リフレッシュレート 144Hz
OS Windows 10 Home
無線 WiFi6、Bluetooth 5.0
有線 あり
インターフェイス HDMI、USB3.0x2、USB2.0、マイク・ヘッドフォンジャック
バッテリー 3.9時間
電源 150W
重さ 2.25㎏
保証 1年間
価格 税別6.8万円

公式ページ
増設が不安な人は、16GBモデル(税別7.8万円)をどうぞ。

公式サイト

ASUS TUF Gaming F15 FX506LH

ASUS TUF Gaming F15 FX506LH (FX506LH-I7G1650)
インテル第10世代CPU搭載モデルで、メモリも2933MHzと処理速度が速いものが搭載です。スタンダードなスペックで、標準的なモデルです。
価格は高くもなく安くもなくと言ったレベルです。
CPU Intel core i7-10750H
メモリ 16GB(DDR4-2933MHz)
ストレージ SSD 512GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX 1650
ディスプレイ 15.6型 FHD 非光沢
リフレッシュレート 144Hz
OS Windows 10 Home
無線 WiFi6、Bluetooth 5.0
有線 あり
インターフェイス HDMI、USB-C 3.1、USB-A3.0x2、US-AB2.0、マイク・ヘッドフォンジャック
バッテリー 6時間
電源 150W
重さ 2.3㎏
保証 1年間
価格 税別10.8万円

公式ページ

Lenovo Legion 550Pi

Lenovo Legion 550Pi
ディスプレイのリフレッシュレートが60Hzになりますが、100%アンチゴーストでキー同時押し可能で、誤入力防止機能が付いています。また、メモリは2933MHzと処理速度が速く、電源も170Wと大きく、高いパフォーマンスを発揮できます。
CPU Intel core i5-10300H
メモリ 8GB(DDR4-2933MHz)
ストレージ SSD 512GB
ディスプレイ 15.6型 FHD IPS 光沢なし
リフレッシュレート 60Hz
インターフェイス USB-A 3.0×3、USB-C(Display Port)、HDMI、RJ45、マイク・ヘッドフォンジャック
グラフィックス GeForce GTX 1650
無線 WiFi6、Bluetooth v5.0
有線 あり
OS Windows 10 Home
サイズ 363.1×259.6×23.6mm
重さ 2.3㎏
バッテリー 10.8時間
電源 170W
保証 1年間
価格 税込み9.1万円

レビュー公式サイト

Lenovo IdeaPad L340 ゲーミングエディション

IdeaPad L340 ゲーミングエディション
GTX 1650搭載で最安値の機種です。第9世代のCPUですが性能も高く、「3Dゲームやってみたいけどはまるかどうか分からないから、お試しで安い機種が欲しい」と言う人や、「あまり重いゲームをしないから」という人におすすめの機種です。
リフレッシュレートは記載が無いので60Hzだと思いますが、モニターを購入して使用すればより快適です。
CPU Intel core i5-9300H
メモリ 8GB(DDR4-2400MHz)
ストレージ SSD 512GB
OS Windows 10 Home
ディスプレイ 15.6型 FHD IPS 光沢なし
リフレッシュレート
インターフェイス USB-A 3.0×2、USB-C、HDMI、RJ45、マイク・ヘッドフォンジャック
グラフィックス GeForce GTX 1650
無線 WiFi5、Bluetooth v4.2
有線 あり
サイズ 363×254.6×23.9㎜
重さ 2.19㎏
バッテリー 9.1時間
電源 135W
保証 1年間
価格 税込み6.6万円

レビュー公式サイト

マウスコンピューター G-Tune P5

マウス・G-Tune P5
やはりIntel core i7-10750H搭載モデルは価格が上がりますが、全体的に品質の良いものを使っているし、国内生産で、サポートも国内でやっているので、コスパは悪くないと思います。ちょっと高いけど、何かあったときの「安心と日本品質のサポート」が欲しい人におすすめです。
CPU Intel core i7-10750H
メモリ 16GB(DDR4-2666MHz)
ストレージ SSD 256GB
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1650
ディスプレイ(15.6型) フルHD 光沢無し IPS
リフレッシュレート 60Hz
OS Windows 10 Home
有線 RJ45
無線 WiFi6
インターフェイス USB-C 3.1、USB-Ax3、mini Display Port、HDMI、SDカードリーダー
バッテリー 約10時間
重さ 2.02㎏
電源 120W
保証 1年間
サポート 24時間365日電話サポート
価格 税抜き)11.9万円~

レビュー公式サイト

Frontier FRLN713/D

FRLN713/D
電源が小さく、メモリも8GBですがIntel core i7-10750H搭載で10万円ちょっとからになっています。メモリやストレージは公式ページでカスタマイズできるので、大容量も可能です。
CPU Intel core i7-10750H
メモリ 8GB(DDR4-2933MHz)
ストレージ SSD 240GB
OS Windows 10 Home
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX 1650
ディスプレイ FHD IPS 非光沢
リフレッシュレート 60Hz
有線 あり
無線 WiFi6
インターフェイス USB-Ax3、USB-C、マイク入力、ヘッドフォンジャック、HDMI、mini Display Port
電源 120W
重さ 1.987㎏
バッテリー
保証 1年間
価格 税別10.2万円

レビュー公式サイト

ツクモ G-GEAR note N1547K-700/T

G-GEAR note N1547K-700/T
ツクモはサポートの評判がよく、品質も高いことで有名ですが、本機種はコスパが悪いですね。120Wとかなり小さな電源で、リフレッシュレートは60Hzと購入メリットが少ないです。
CPU Intel core i7-10750H
メモリ 8GB(DDR4-2933MHz)
ストレージ SSD 250GB
OS Windows 10 Home
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX 1650
ディスプレイ FHD IPS 非光沢
リフレッシュレート 60Hz
有線 あり
無線 WiFi5、Bluetooth 5.1
インターフェイス USB-Ax3、USB-C、マイク入力、ヘッドフォンジャック、HDMI、mini Display Port、SDカードリーダー
電源 120W
重さ 1.85㎏
バッテリー 約7時間
保証 1年間
価格 税込み11.5万円

レビュー公式サイト

HP Pavilion Gaming 15-dk

HP Pavilion Gaming 15-dk1000(2020年モデル)
リフレッシュレートが144Hzで、メモリも2933MHzと高めで、スペック的にバランスが取れた機種です。ストレージも大きいので、色々なゲームを保存しておくことが出来ます。
CPU Intel core i5-10300H
メモリ 16GB(DDR4-2933MHz)
ストレージ 256GB SSD+1TB HDD
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1650
ディスプレイ 15.6型 FHD IPS 光沢なし 300nit
リフレッシュレート 144Hz
OS Windows 10 Pro
無線LAN WiFi6(IEEE 802.11ax)、Bluetooth5.0
有線 あり(内蔵Gigabit LAN)
重さ 2.275㎏
電源 150W
バッテリー 最大8時間
保証 1年間
価格 税別9万9900円

レビュー公式ページ

まとめ

6.6万円から13万円まで幅広くありましたが、CPUやメモリ、電源も大きくパフォーマンスに関係するので、一概にGTX 1650だから・・・と、決めつけて話すことが出来ません。

このクラスであればCPUはボトルネックになるような低性能なものじゃないので、どれを選んでも問題ないと思います。むしろ電源ですね、重要なのは。

また面白い機種が投入されたり、新しいコスパがいいものがあれば追加していきます。