Lavie タブレット全機種の比較レビュー

NEC Lavieはノートパソコンが有名かもしれませんが、7インチ、8インチ、10.1インチ、11、11.5インチ、そして12.6インチとバラエティに富んだタブレットを販売しています。

控えめな性能の低価格モデルからハイスペック機種もあるので、どんな人でも使いやすい品ぞろえです。

本記事では、Lavie タブレット全機種の特徴とレビューをご紹介します。

 

Lavie タブレットの種類と特徴

シリーズ 特徴
Tab T12 12.6型の大きなタブで、ハイエンド・高価格モデル
T11 11.5型のミドルハイクラスと、11型のミドルクラスの機種がある。タブレットとしては若干高いが、快適に使いたい人向け
Tab E 10.1型と10.3型があり、低スペック~ミドルクラス。動作が速いわけじゃないが遅くもない
T8 8型ディスプレイでメモリ3GB、4GB、6GBの3種類があり普段使い向け機種
T7 片手で持てる小型軽量モデルで、低スペック

Lavieのタブレットは名称からインチが確認できるので分かりやすく、基本的に大きなモデルの方が高い性能になります。

タブレットで重要なのはSoC(プロセッサー)もそうですが、メモリがかなり重要になります。

例として

・2GB・・・低スペック・遅い
・3GB・・・低スペック・速くない
・4GB・・・標準・遅くなく速くなく
・6GB・・・ミドルハイ・速め
・8GB・・・ハイエンド・速い

を基準に考えたら、失敗しないと思います。筆者は3GBのタブレットを持っていないのですが、メモリが2GBのモデルは「Android Go Edition」という軽量OSが搭載なので、3GBメモリの機種と同等くらいの速度になると思います。

ただし、「Go Edition」は軽量OSなので若干の使い勝手が違い、フル機能(むしろ、普通のAndroidと言った方がいいかも・・・)を使いたい場合は、メモリ3GB以上が良いです。

ちなみにですが、AndroidタブレットとChromebook PCは似ていますが、細かな違いがあるので、もし、AndroidかChromebookか悩んでいる人は、「AndroidタブレットとChromebookの違い」も読んでみてください。

 

ストレージは増設できる

Lavie T7 MicroSDカードスロット<Lavie T7>

これはほぼすべてのタブレットで標準機能として付いていますが、LavieのタブレットもMicroSDカードを搭載してストレージの増設が可能です。

機種により増設できる容量が違いますが、一般的に128GB~256GBは増設可能です。

MicroSDカードなら筆者も使っているSanDiskが一番有名で、安心・安定した動作だと思います。

 

LTE機能は無い

LTEはスマホの様に、SIMカード(microSIMカード)を使って通信ができる機能です。下の写真の左は、microSDとmicroSIMが搭載できるスロットで、LTEが使えないモデルはLTE部分が閉じられています。

Tab M10 HD 2nd GenのSImトレーとMicro SDカードトレー

Lavieでは今のところLTEに対応したモデルが無いので、インターネットを使うにはWi-Fiに接続する必要があります。

 

サポート・保証

Lavie タブレットの保証

Lavie製品には1年間の標準保証が付いており、タブレットは最大2年まで延長が可能です。保証はメーカー保証と安心保証の2種類があり、安心保証は落下・水こぼし・天災による破損・損傷も保証します。

何かあった場合はNECの指定業者が引き取りにきてリペアセンターに配送し、修理後に郵送してくれます。もちろん、保証期間内は無料です。

Lavie タブレットの保証とサポート

また、121コンタクトセンターと言う電話サポートで使い方相談をしたり、チャットでのサポートもあります。

 

Lavieタブレット全機種

大きさ順にご紹介していきます。

Lavie Tab T12

Lavie T12価格もそれなりにしますが、Androidタブレットで最高峰の性能がある機種です。メモリも大容量の8GBで、ストレージもPC並みの256GB、ディスプレイは12.6型と大きく2.5K OLED液晶となっています。現行最高に近いスペックを詰め込んでいますね

SoC Qualcomm Snapdragon 870
メモリ 8GB
ストレージ 256GB
ディスプレイ(12.6型) 2560×1600 AMOLED マルチタッチ HDR10+、Dolby Vision
リフレッシュレート 120Hz
無線 Wi-Fi 6、Bluetooth v5.2
生体認証 顔認証、指紋センサー
内蔵カメラ フロント・1300万画素
背面・500万画素(広角カメラ)+1300万画素
重さ 565g
バッテリー 最大10時間
価格 9.6万円

レビュー

公式サイト

 

Lavie T11(T1195)

Lavie T11 T119511.5インチのT11で2.5K OLED液晶、メモリ6GB、ストレージ128GBと標準以上のスペックです。11.5型で485gと軽量でかなり薄く、それでいてアルミニウムを使用した筐体なので耐久性や剛性が高いです

SoC Qualcomm Snapdragon 730G
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ(11.5型) WQXGA(2.5K) OLED液晶 タッチパネル
リフレッシュレート 60Hz
無線 WiFi、Bluetooth 5.0
生体認証 顔認証、指紋センサー
内蔵カメラ フロント・800万画素+800万画素
リア・500万画素(広角カメラ)+1300万画素
重さ 485g
926g (キーボード・カバー付き)
バッテリー 最大15.6時間
価格 6.5万円

レビュー

公式サイト

 

Lavie T11(TAB11201/T1175)

Lavie T11(T1175)11インチモデルのT11で、そこそこ性能が高いSnapdragon 662が搭載です。普段使い用途でサクサク快適に使いたい人に合います。また、11インチで2K解像度なので、映像もきれいに見えます。
Tab11201モデルはストレージ64GB、T1175は128GBになります

SoC Qualcomm Snapdragon 662
メモリ 4GB
ストレージ 64GB/128GB
ディスプレイ(11型) 2K IPS液晶 マルチタッチ
無線 Wi-Fi 5、Bluetooth 5.1
生体認証 顔認証
内蔵カメラ フロント・800万画素
リア・1300万画素
重さ 490g
931g (キーボード・カバー付き)
バッテリー 最大13.6時間
価格 4.1万円~

レビュー

公式サイト

 

Lavie Tab E(PC-TE710KAW)

Lavie Tab E(PC-TE710KAW)スタンダードスペックのタブレットで、520gと上位モデルに比べると若干重いですが、防塵・生活防水に対応し、フルセグチューナー付きです。

SoC Qualcomm Snapdragon 450
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ(10.1型) WUXGA IPS液晶 マルチタッチ
無線 Wi-Fi 5、Bluetooth 4.2
その他 防塵/生活防水、フルセグチューナー
内蔵カメラ フロント・800万画素
リア・800万画素
重さ 520g
バッテリー 最大13時間
価格 3.5万円~

公式サイト

 

Lavie Tab E(TE510/KAS・TAB10F01)

Lavie Tab E(TE510/KAS)TE510はメモリ2GBと控えめな性能ですが、Web限定モデルのTAB10は4GBと使いやすいメモリ容量です。10.3型でWUXGA(FHD相当)解像度なのできれいで見やすいです。

SoC MediaTek Helio P22T
メモリ 2GB/4GB
ストレージ 32GB/64GB
ディスプレイ(10.3型) WUXGA IPS液晶 マルチタッチ
無線 Wi-Fi 5、Bluetooth 5.0
内蔵カメラ フロント・500万画素
リア・800万画素
重さ 460g
バッテリー 最大11時間
価格 2.8万円~

公式サイト

 

Lavie T8(T0875・T0855・TAB08H02)

Lavie T8(T0875・T0855)手が大きな人ならギリギリ片手持ちできるかもという8インチで、解像度は低いですが8インチと小さいので、普通の画質です。メモリは3GB・4GB・6GBと3つのモデルがあるので、予算や用途によって購入しやすいです

SoC MediaTek Helio P22T
メモリ 3GB/4GB/6GB
ストレージ 32GB/64GB/128GB
ディスプレイ(8型) 1280×800 IPS液晶 マルチタッチ
無線 Wi-Fi 5、Bluetooth 5.0
内蔵カメラ フロント・200万画素
リア・500万画素
重さ 305g
バッテリー 最大13時間
価格 3.1万円~

レビュー

公式サイト

 

Lavie T7

Lavie T7低価格モデルですがAndroid Go Edition搭載なので、意外にサクサク使える機種です。とは言っても限定的な用途でタブレットを使いたい人に向いています。片手持ちしやすいサイズなので、使いやすいです

SoC MediaTek MT8166
メモリ 2GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ(7型) ワイドLED IPS液晶
OS Android 11 Go Edition
無線 Wi-Fi 5(IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠)
カメラ フロント・200万画素
リア・500万画素
防水/防滴
重さ 約240g
バッテリー 最大12時間
価格 2万2800円

レビュー

公式サイト

 

まとめ

Lavieのタブレットはスペック違いで別名称(しかも英数字の羅列)を使うのでちょっと分かりにくいですが、ローエンドからハイエンドのバラエティに富んだ種類があるので、選びやすいと思います。

正直言うと、スペックに対して若干価格が割高な印象がありますが、やはりNEC Lavieという大手から製造販売されているので、安心感もあるかと思います。

電話サポートなどもあるので、初めてタブレットを購入する人や、あまり使い方が分かんないという人に向いていると思います。