Lenovo

    大学生におすすめのノートパソコン・コスパを考えるならLenovo一択!

    大学生はゼミや研究、レポート提出でパソコンをかなり使いますよね。

    授業の資料つくりから論文、プログラミングに就職活動の調べものまで多岐に渡って使う機会があります。

    文系の人であればそこまでハイスペックなものでなくてもいいですが、理系となると一定の機能がないと重くて使えない場合もあるので、ここも考慮に入れないといけません。

    また、大学生の期間だけパソコンを使うわけではなく、就職先によってはパソコンをガンガン使うので、これに対応したものを買わないといけませんね。

    それでは大学生におすすめするパソコンを、性能も併せて紹介します。

    Lenovoでは2020年8月27日まで夏の大感謝祭セールをやっているので、この機会をお見逃しなく!

    大学生に必要な性能・機能

    大学生におすすめの ノートパソコン ラップトップ

    まず、大学生であればOfficeは必須ですね。ワードで論文を書いたり、エクセルで表計算をします。また、パワーポイントを使ってプレゼンをすることも。

    大学生がパソコンを買うときに、チェックする項目を紹介します。

    • コスパが良い
    • 薄い・持ち運びがしやすい
    • インチ
    • Officeあり
    • CPU
    • メモリ
    • OS
    • ストレージ
    • バッテリー

    コスパが良い

    当然ですが、安いだけのものを買ってはいけません。

    後で詳しく書きますが、CPUがAtomやCeleronなどの低能なものを買うとOfficeの起動も重いし、ワードで論文を書く時などでもちょっとストレスを感じます。

    Officeは入ったものと入ってないものがあるので、必ず確認して買いましょう。

    Office付きは最低5万円以上の出資が必要ですが、Officeをオフラインで使わないって人は、無料のオンラインOfficeで良いと思います。

    5GBまで無料でデータを保存してくれます。

    薄い・持ち運びがしやすい

    Lenvoは分厚いパソコンを売っていないのであまり関係ないですが、よく電気屋さんで大幅割引されたノートパソコンは分厚いものが多いですよね。

    できれば18mm以下で。これが携帯2台分(カバー付き)くらいの厚さなので、邪魔にならないサイズです。

    また、画面サイズも10型から15型が多く販売されていますが、人気のサイズは13型~15型です。

    10型~12型は画面が小さいため本格的な作業に向いていない反面、持ち運びがかなり楽にできます。

    13型は持ち運びもしやすいサイズで、画面もそこそこ大きいので比較的使いやすいです。

    理系で表計算やグラフなど結構使う人は、私も使っている15,6型や14型のパソコンが快適に使えます。13型クラスより二回りほど大きいので、カバンのスペースを取りますが、作業ができないと元も子もないので、理系の人は14型か15型にしたほうがいいです。

    また、ノートパソコンは大体1㎏~1,8kgの重量になります。ただ1㎏を切るパソコンも世の中にはありますが、こういったものは安っぽいプラスチック製で見た目がおもちゃっぽいし、落としたりなど何かあったときに壊れやすいので、ある程度の重量があるものがよいと思います。

    注)ハイエンドモデルでは素材にカーボンを使っていて、1㎏なんて言うのもあります。

    スペック

    CPU低 Atom , Celeron , Pentium , core i3 , i5 , i7 ,i9 高
    メモリ4GB、8GB、12GB~
    ストレージSSD 128GB, 256GB, 512GB, 1000GB(1TB)
    OSWindows10 Pro , Windows 10 Home
    ストレージHDDは旧型で遅い。SSDは新型で速い
    グラフィックボード理系の人は使う事あり
    HDMI外部ディスプレイに繋ぐ時に必要
    バッテリー約6時間~約17時間

    CPUとはパソコンの頭脳になります。ですのでこのCPUが悪いものを使っていると、遅いです。Core i3以上のものであれば、サクサク動きます。理系で計算することが多い人はi5がいいでしょう。

    メモリは言わば、テーブルです。作業をするのに小さなテーブルでするか、大きなテーブルでするかという違いになります。文系であれば4GBで十分すぎる性能ですが、理系でマニアックな計算をする人は8GB以上あったほうがいいです。

    全てのノートパソコンできるわけじゃないですが、Lenovoはメモリの増設が出来るものが多いので、ゆくゆく増設すれば長く使うことが出来ます。

    ストレージは収納庫です。小さければこの収納庫がいっぱいになり、身動きが取れないので作業しにくい(遅い)ですが、大きければより多くのもの(データ)を収納できるので作業がしやすいです。外付けHDDを持っているなら128GBでもOKですが、できたら256GB以上は欲しいところです。

    バッテリーは10時間以上の長持ちするタイプがおすすめです。バッテリーが例えば6時間というものは、省電力モードで最大6時間なので、普通に使っていたら4時間くらいです。

    OSはWindowsだけなので、あまり気にしなくてOKです。

    追加で、グラフィックボードが必要な理系の人もいると思います。例えば解析や電子回路の設定、シュミレーションをしたり、設計学科ならCADを使いますよね。そういう専門的な事をする人は、グラボ付きのパソコンになります。

    セキュリティ

    一昔前まではWindowsのパソコンには必ずセキュリティーソフトを入れないといけませんでしたが、今はほとんどその必要はありません。

    Windows10になってから、「Windows Defender」というセキュリティソフトが標準装備されていて、有料のセキュリティとなんら遜色がないくらい高性能になっています。

    Windows公式ページでも下記のように言っており、私もセキュリティソフトは入れていません。心配であれば、Avastなどの無料ソフトを入れてもいいと思います。

    ウィルス対策ツールの Windows Defender はシステムやファイルを幅広く保護し、オンラインから侵入するウイルスやマルウェア、スパイウェアといった脅威からデバイスを保護します。Windows 10 に標準で組み込まれているので、起動したその日から安心が手に入ります。

    おすすめノートパソコン

    大学生におすすめのノートパソコン

    上の写真は私が現在使っているノートパソコンで、用途によって使い分けています。

    • Ideapad duet Chromebook(10.1型・外出用)
    • IdeaPad Flex 550(14型・セミナーなどメモ取りが必要な時・イラストを描く時)
    • IdeaPad S540(動画編集用)
    • ThinkPad E15 Gen 2(仕事用)

    文系・理系(グラボ不必要な人)どちらにも合う機種

    Lenovo IdeaPad Flex 550i(15)の外観・2 in 1 PC
    名称Lenovo IdeaPad Flex 550, 550i
    プロセッサー(AMD)Ryzen 3 4300U
    Ryzen 5 4500U
    Ryzen 7 4700U
    プロセッサー(Intel製)Core i3-1005G1
    Core i5-1035G1
    Core i7-1065G7
    メモリ最大16GB
    ストレージSSD 128GB~512GB
    ディスプレイ(14型)FHD IPS 光沢あり マルチタッチ
    OSWindows 10 Home
    指紋センサー有り
    WiFi6搭載可能
    サイズ321.5×217.5×17.9mm
    重さ1.5㎏
    バッテリーAMD)12.2時間、Intel)11.9時間
    同梱アクティブペン
    価格AMD)5.5万円~、Intel)8.5万円~

    いわゆる2 in 1 PCで、デスクトップモードや、テントモード、タブレットモードなど状況によって形を変えることが出来るので、重宝しています。

    私はセミナーや講義(大学の講義じゃないです)に行くときはこれを持って行き、メモを取ったりしています。

    職業ライターなのに、ブラインドタッチが下手なんですよね(笑)

    Flexであれば簡単にメモを取れるし、手書きのメモをテキストに変換できるのでワードにまとめるのも簡単にできます。

    プライベートでも、例えばベッドに寝転がって映画を見る時はテントモードで見たら、パソコンの底面にある排気口が塞がれないのでパソコンが熱くなりにくいし、移動中はタブレットとして使ったりも出来るので、かなり役に立っています。

    性能が高い内部機材(CPUやメモリなど)を使っているので、スペックが足りないなんて言うことはありません。

    唯一の注意点は、人気過ぎて在庫が無いことが多いので、あったら即購入をおすすめします。(在庫情報は執筆時2020年7月末)

    パソコンの頭脳であるCPUはIntel製とAMD製があり、AMD製は性能がおかしなくらい高くなっているので、ハイスペックモデルが欲しい人はAMD製をおすすめします。

    Intel製はFlex 550i、AMD製はFlex 550となります。

     

    Lenovo公式ページ(550)Lenovo公式ページ(550i)

    文系・理系(グラボが必要な人)向け機種

    ノートパソコン 13型と15型の比較<左が13,3型で右が15,6型>

    レノボ IdeaPad S540には13,3型、14型、15,6型があり、高性能モデルになります。

    上の写真を見比べるとわかりますが13,3型は一回り以上小さいのが特徴で、あまりタブやウィンドウを開かずに作業をする人や、持ち運びを重視する人に向いています。

    サイズが小さいからと言ってスペックが劣っているわけでなく、高性能ですので。最新世代のCPUにWindows 10 Home、メモリも最大12GBと大容量選択可能です。(増設可能)

    以下は、スペックです。

     Lenovo IdeaPad S540
    CPUIntel core i3, i5, i7(最新世代)
    メモリ4GB~12GB
    ストレージSSD 128GB~1TB
    Office搭載可能
    グラフィックス15型のみNVIDIA GeForce GTX 1650搭載
    重さ1.25kg~1.8kg
    サイズ13.3型)296.9×208.6×15.95mm
    14型)323x227x15.9mm
    15.6型)358x245x16.9mm
    バッテリー約 14時間/約 14時間/約 20時間

    サイズはどこに重点を置くかによって変わりますね。

    上でも紹介したように私は13,3型は外出用に、15,6型は自宅用にしていますが、やっぱり持ち運ぶときは軽いに越したことがないですもんね。

    でも家でじっくり働くときは、15,6型しか使いません。画面が大きいので作業がしやすいからです。

    • 13型は大学ノートA4サイズより若干小さなサイズで、1.25㎏と持ち運びがかなりしやすいです。
    • 14型はA4ノートより、横2.6㎝、縦1.7㎝大きく、1.5㎏と標準的な重さです。
    • 15型はA4ノートより、横6.1㎝、縦3.5㎝大きく、1.8㎏と若干重たいです。

    15型は重いといっても作業効率を考えるなら、特に理系の人は大きめのパソコンでもいいと思いますよ。しかもテンキー(数字のキー)が付いているので、エクセルを使う時にかなり役に立ちます。

    ちなみに15型はグラボが付いているので、用途が広がります。

    15型レビュー14型レビュー

    専門的なソフトを使う理系向けパソコン

    Lenovothinkpad x1 extreamのOS
     Lenovo ThinkPad X1 Extream
    CPUIntel core i5-9300H
    Intel core i5-9400H(vPro対応)
    Intel core i7-9750H
    GHz2.4GHz、2.5GHz、2.6GHz
    メモリ8、16、32、64GB
    ストレージ1(SSD)256GB~2TB
    ストレージ2(SSD)256GB~2TB
    OSWindows 10 Home、Windows 10 Pro
    セキュリティーWindows Defender、パワーオン パスワード、ハードディスク パスワード、セキュリティ キーホール、スーパーバイザー パスワード、システム マネジメント パスワード、TPM、ThinkShutter
    ディスプレイFHD、UHD、UHDタッチパネル
    グラフィックスNVIDIA GeForce GTX1650 Max-Q
    生体認証指紋センサー、顔認証
    WiFI6対応
    バッテリー最大15.6時間
    Office有り・無し
    サイズ361.8×245.7×18.4
    重量1.7㎏~
    保証1年間引き取り修理
    金額約20万円~

    この機種はパソコンの頭脳であるCPUがHシリーズのハイパフォーマンスモデルで、グラボもGTX 1650 Max-Q搭載の万能型ノートパソコンです。

    ストレージもデュアルストレージで、SSDを最大4TBも搭載できます。メモリも最大64GBと高い負荷がかかる研究にも向いているし、ディスプレイもフル・ハイディフィニションから4K画質(UHD)まで選べるので、どんな作業であっても快適に画面から詳細を読み取れます。

    研究室にLANケーブルが無い場合でも、WiFi6に対応しているので高速回線での通信が可能です。(最大9.6Gbps)

    注)CADを使う研究をしている人は、次におすすめするパソコンがQuadro(クアドロ)というブランドのグラボを使っているので、そちらを参考にどうぞ。

    レビューLenovo公式ページ

    CADを使う学生向けの機種

    CADを使う人向けの機種・Lenovo thinkpad P1 Gen2
    Lenovo ThinkPad P1 Gen 2
    CPUIntel core i5-9400H
    Intel core i7-9750H
    Intel core i7-9850H
    Intel core i9-9880H
    Intel Xeon E-2276M
    メモリ最大64GB
    デュアルストレージ最大4TB(2TB+2TB)
    RAIDRAID0、RAID1
    ディスプレイFHD IPS 光沢なし
    UHD IPS 光沢なし
    UHD OLED マルチタッチ
    グラフィックスNVIDIA Quadro T1000
    NVIDIA Quadro T2000
    電源135W
    Factory color Calibration利用可能機種有り
    価格19.3万円~

    CADを使う人なら搭載しておきたいCore i9とXeon(ジーオン)が選べる、モバイルワークステーションです。

    メモリも最大64GB、デュアルストレージで最大4TBもの容量があります。また、RAIDもRAID0、RAID1が設定できます。

    RAID0は読み込み書き込みが高速で出来るし、分散してデータを保存ができる反面、1つのストレージに障害が発生すると復旧できません。(出来ない可能性が高いです)

    RAID1は読み書きが遅いが、複数のストレージに「同じデータを書き込む」ので、1つのストレージに障害があってももう一つの方のデータを使って作業が出来ます。

    3D CADを使うにおすすめのグラフィックス・NVIDIA Quardo T1000・T2000が搭載なので、がっつり対応できます。

    また、通常200~300時間パソコンを使ったらキャリブレーションをしますが、ThinkPad P1では「工場出荷時の色に戻せる」機能も利用が可能です。(CAD&CAE向けモデルのみ)

    Lenovo公式ページ

     

    分割手数料無料キャンペーン

    一括払いがきつい場合は分割払いができ、24回払いまでは手数料が無料になるので、お得になります。

    特徴

    1. 18歳以上が対象
    2. クレジットカード不要
    3. webから申し込み可能
    4. 最短1日で審査完了
    5. 初回引き落としは翌々月の27日
    6. 月々1000円からの支払いが選択できる
    7. 支払回数は、1, 3, 6, 10, 12, 15, 18, 20, 24, 30, 36, 42, 48

    注)20歳未満の人は、30万円が限度額になります。

    利用方法

    1. 公式ページから希望の商品を選ぶ
    2. お会計時に「JACCS 「WeBBy」」を選択し注文を完了する
    3. 引き続きJACCSのサイトへの入り口ボタンを押してJACCS 「WeBBy」申込み画面に入る
    4. 本人確認の為の電話のご希望時間を選ぶ
    5. Jaccsからの電話にて本人確認をする
    6. 翌営業日に審査結果のメールが来る

    注)1日での審査完了の為にはなるべく申込み日と同じ早い時間を指定しましょう(10:00から20:00までの間で選択ができます。)

    他にも

    大学生におすすめのノートパソコン Macbook Air

    Macbook Airは、高いですがおすすめなので紹介します。

    • 13インチ
    • デュアルコアIntel Core i5
    • メモリ8GB
    • SSD 128GB

    Macは日本語入力の変換が下手で使いにくかったのですが、最近はライブ変換といって入力する文を予測して変換してくれるので、変換キーを押さなくてもよくなりました。(精度はぼちぼちです)

    Macのいい点はデュアルコアといってCPUが2つあり、独立して働くのでサクサク動いてくれます。

    長所は「Mac信者にいいね~」って言われることですかね(笑)それは冗談で、大学生活で使う分には全然問題ないスペックです。

    欠点は、高いわりにそこまでスペックが高くないってところと、ストレージが少ないので、時々外付けHDDにデータを移動しないといけません。

    マイクロソフトsurface goも人気ですね。キーボードと画面を取り合ずせるので、タブレットとしても使えます。

    10型でかなり小さいしCPUも安いやつなので、本格的に作業をする人には向きませんが、ちょっとおしゃれなパソコンが欲しい人には向いています。

    ただしネットサーフィン以外の使用は、ストレスを感じることもあります。

    最後に

    大学生におすすめのノートパソコン<今でも時々使っているMacbook Pro>

    私がLenovo信者なのでちょっと偏ったおすすめですが、実は私はマックを6年間使っていました。

    で、ライター業を始めたときにマックのタイピングのしにくさと、変換の悪さに嫌気がさしてタイピングがしやすいと有名なLenovoに乗り換えたんです。

    マックはマックなりにいい点がありますが、レノボの方が作業しやすかったというだけです。

    Lenovo公式ページ