ドイツで育児

    <ドイツ>近所の公園で栗を大量にゲット!

    こんにちは。

    ドイツはだんだんと寒くなり、もう秋真っ只中です。

    我が家の近くに公園があり、毎日散歩に行くのですが、以前からそこにある栗の木が気になっていたんです。

    食べれるのかなーと思っていた今日この頃ですが、先日ついに栗が落ち始めたんです!

    ドイツの栗食べれる?

    <栗の木>

    ドイツの栗の木

    <葉っぱはこんな感じでした>

    ドイツの栗の木の葉っぱ

    <そして下を見てみると栗が大量に落ちていました>

    地面に落ちているドイツの栗

    <妻と一緒に20分ほど拾い、7kg近くの栗をゲットしました>

    ドイツの栗

    近所のスーパーに栗が売られ始めたのですが、高い高い。

    100gで1ユーロなんです。

    と言うことは、「70ユーロ分くらいの栗をゲットした!」と喜んで帰宅し、早速妻がネットで調理方法を調べると、そこには食べられる栗と食べられない栗があることが判明しました・・・

    f:id:neyukix:20181018014501p:plain
    そーいえば、栗のイガが知ってるものと違ったなーと思いつつも、ヨーロッパはこんなもんなんだろうと思い気にしなかったのです・・・

    <私が拾った栗はこんな感じでした>

    ドイツの栗

    <日本で見た栗はこのタイプです>

    日本の栗

    調べてみると、私たちが拾った栗は英語でHorse Chestnutといい、日本語ではセイヨウトチノキといいます。セイヨウトチノキ – Wikipedia

    ウィキによると、毒性があって食べれないが石鹸分があるために、過去にはこれを使って洗濯していたみたいです。

    ショックです・・・

    栗好きなんですよね。でも買うと高いし・・・

    妻は石鹸を作るって張り切ってますが・・・

    まぁ、と言っても栗だけじゃないんですよね、公園にあるものって。

    ちなみにこれはうちの近所だけなんでしょうか?

    リンゴの木が至る所にあって、みんな拾いまくってます。笑)

    ドイツの公園にあるリンゴの木

    私たちはよく公園で拾うのですが、近所にも何本もリンゴの木があるし、ブラックベリーもあるし、最近はくるみも拾いました。

    我が家だけですか?こんなに拾っているの。

    妻の両親は「恥ずかし」なんて言って全然拾いませんが、私(日本人)、妻(ドイツ半分ポーランド半分)、祖父母(ポーランド人)はがんがん拾ってますね。笑)

    スーパーで買うよりも新鮮だし、無農薬だし、何と言っても無料なんで良いと思うんですがね〜。

    一つだけ問題があるとしたら、アップルパイ、アップルケーキ、りんごジャム、リンゴを煮たソースみたいなデザートが、毎日出てくることくらいですね・・・

    最後に

    みなさんも栗を拾う時は、ぜひセイヨウトチノキは拾わないように気をつけましょう!って誰も拾わないですよね!(笑)