雑学

    物は壊れるように作られている

    こんにちは。

    昨年、全ての電球をLEDライトに買い替えました。

    5wでも結構明るいですね。40、000時間ほどの寿命があるみたいだし。

    普通の電球の寿命が3000時間と考えると、かなり長持ちですよね。

    一日12時間電気を使うとして、3000時間と言えば約250日。40,000時間と言えば約3333日も使えます。

    ちょっと待った。

    3333日?

    つい最近、昨年付けたばかりの2つのLEDライトを新しいLEDに替えたんですが・・・。

    よく考えてみると寿命が切れる前に壊れて、使い物にならなくなっているんですが。

    ここ最近は多いですよね?粗悪な物が。わざと壊れてるんじゃないかと疑いたくなるような物ってありますよね。

    私はメードインチャイナは絶対に買わないんですが、何か全体的な質が落ちているような気がします・・・。

    Made in chinaが新たな表記になってる・・・

    ギターのシールドもよく壊れるし。

    そういえば以前使っていたiphone4sも3~4年で壊れたし、ソニーのノートパソコンも・・・。

    毎年何かしらの電化製品を買い替えている気がします。

    策略のような気がしませんか?

    壊れない電球

    エジソンが作った100年以上点き続けている電球

    知ってました?

    1901年からずっと点いている電球があるって?電球の発明家、トーマス・エジソン(の会社G・E)が作った電球です。

    アメリカのカリフォルニアにあって、Livermore-Plesantonの消防署が管理しています。

    これはギネスブックにも登録されているのですが、凄いですよね。2019年時点で、118年間点きっぱなしって。(正確に言うと、何度が電気が消えたらしいですが)

    こちらでライブ映像が見れますので、興味ある方はどうぞ。

    http://www.centennialbulb.org/

    また、ギネスブックには登録されてないですが、National Museum of American Historyによると、これもエジソンが作った電球で、2014年の時点で135年間電球が点きっぱなしの様です。

    Edison’s light bulb turns 135 | National Museum of American History

    凄いですよね。こんなに長く使えるなんて。

    下記のリンクにその他の長寿命電球が載っているので、興味がある方はどうぞ。

    Longest-lasting light bulbs – Wikipedia

    よく考えたら、月にも行けるような時代になってきたので、長持ちする電球くらい作れそうですよね。

    電球だけじゃなく、その他色々な壊れないものが作れそうな時代なんですけどね。

    絶対に壊れないギターのシールド

    エジソンの事を書いていて思い出したのですが、オーストリアの友人がもう20年以上前になりますが、「絶対に壊れないギターのケーブル」と言う名のケーブルを買いました。

    今の価格で約80€ほどだったらしく、その会社は「万が一壊れた場合は、永久に保証する」と言っていたらしいです。

    で、どうなったと思いますか?20年後の今。

    会社は倒産しましたが、ケーブルは今でも新品同様問題なく使えています。

    残念ですね、倒産してしまうなんて。

    こんないい会社は長続きしなくちゃだめだと思います。

    資本主義

    壊れない製品を作る会社は倒産

    さて、ここからが本題なのですが、何でギターのケーブルの会社は倒産したと思います?こんなにいいモノを作るなら、大企業になっていてもおかしくないですか?

    考えてみると、ここに資本主義のカラクリがあるんですね。

    倒産した理由は、商品が壊れないから買い替える必要がないので、セールスが落ち込み倒産したらしいです

    言われてみたら、ごもっともですね。

    初回購入しかしなかったら、売り上げがあまり伸びませんよね。

    では、トーマスエジソンの会社General Electricは倒産したと思いますか?

    正解は、していません。アメリカで18番目に大きい会社になっています。

    なぜ?

    だって、100年以上持つ電球を作れるにもかかわらず、1-2年で寿命が来る電球を作り続けたからです。

    こうなると、新規購入だけじゃなくて、リピーターとしても電球を買い続けますよね?

    起業戦略なのか、いかさまなのか判断が難しいですが、正直者は馬鹿を見る感じですね。

    さて、みなさんは私が何を言おうとしているか分かると思いますが、だから物は壊れるんです。

    物は壊れるように作られているんです。壊れないとダメなんです。

    じゃないと企業がお金儲けできないし、経済が回らないからです。

    一昔前でいえば、ソニータイマーって言葉も流行りましたよね?

    保証期間が過ぎたら壊れるっていうアレです。(噂だとは思いますが・・・)

    最後に

    今では宇宙空間に衛星や探査機をばんばん打ち上げて、宇宙でも使えるものを作れるのなら、もっと生活用品の質の向上をしてくれないですかね?

    祖母が使っていた100年近く前に買ったはさみなんて、未だに現役で切れ味もよいですが、ダイソーのはさみはすぐにダメになって捨てていますし。

    どうしたらいいんでしょうか、この世界で生きていくのは・・・。