自由に生きる
Just Do It
タイ

働きたくないから起業した

こんにちは。

タイでビジネスを始めて早9年、最近は軌道に乗って来て、生活が楽になってきました。

金銭的にもそうですし、従業員にも恵まれ(これにははてなマークが付きますが・・・)、ほぼ私抜きでも店が回るようになってきましたね。

タイは外国人からお金を盗んでも罰せられない?

タイでビジネスを始めた理由は単純なんですが、常夏の国に住みたかった、働きたくなかったから、日本人の様に仕事が人生の中心になりたくなかった、何ていうダメダメな理由なんです。

理由だけ見たら「なんてダメな奴なんだろう」と思うかもしれません・・・。それでも今では地域でナンバー1の集客も誇ってますし、従業員には他のビジネスの従業員の3倍近く給料を渡しているし(チップを含め)、地元の活性化にも貢献しています。

さて今回は、自慢話をするためにこれを書いています!

というのは冗談で、今回は逆転の発想について皆さんの参考になればと思い、私がやってきたことなどをご紹介したいと思います。

 

タイで起業した理由

起業した理由

先にも述べたように、色々な理由があってタイでバーを経営しているのですが、一番の理由は、働きたくないから起業しました。

何言ってんだ?って思いますよね。

通常であれば、やりたいことがあったり、紹介したいサービスがある、等々の理由で起業すると思うんですが、私の場合は「働きたくないから、従業員を雇って働いてもらおう」という事です。

こうしたら、働かなくても収入が出てきますよね。

子供みたいに、働きたくないから親のすねをかじってとか、保護を受けたりなんてかっこ悪いじゃないですか。しかもお金は生きていく上で、ある程度必要だし。

ただ、何も考えずにバーの経営を始めたわけじゃないんですよ。(色々と考えていたわけでもないですが・・・)

もともと音楽をずっとやってきたので、ライブミュージックができるバーを作りたかったんです。

で、もし失敗しても帰国して働けば何とかなると思い、物価の安いタイでビジネスを始めたんです。

働きたい人 VS 働かざるを得ない人

私の友人知人によくこの質問をするのですが、みなさんはどちらですか?

「今、銀行の口座に今後働かずに生きていけるだけのお金があっても、今の仕事続ける?」

多くの人は、こんな質問して馬鹿じゃない?って感じで「続けるわけない」って答えるんですが、数人ほどだけは「続ける」って答えた友達もいます。

「続ける」と答えは人は、本当にやりたい事をやっていて、それが仕事になっている友人たちです。ラッキーですね。

当然ですが、ほとんどの人が生活のために働いていますよね。悪いこととは思いませんが、不健康だな~って私は思います。

生きていく上でお金は必要なのでしょうがない選択ですが、何か嫌ですよね?お金のために働くのって。

誰しもが好きな事をやって生きていける社会に、いつかはなっていくと思うのですが、まだまだ時間がかかりそうですね。

ちょっと語弊がある言い方ですが、ワガママになればもっと人生が楽になる気がします。

ワガママの意味を取り違えると大変なことになりますが、私の言うワガママとは、自分に素直になる、という事です。

人に気を使ったり、社会のルールを守るというのは当たり前なんですが、ワガママに考えたら自分のやりたいことが見つかると思うんです。

私はもともと放浪の旅を長いことやっていたのですが、これも、帰国するより知らない国を見て回った方が面白そうだから、という単純な思考だったんですね。

例えば目の前に分かれ道があったとして、右に行くか左に行くかを迷ったとします、この時に面白くなりそうな方、自分がしたい方を選ぶんですね。

ただ、時には単純に選べない時もあると思います。

彼女の事を考えると、親の事を考えると、将来を考えると・・・など簡単でない選択もあると思うんですが、自分がしたい事、もしくは「したくない事はしない」という選択をすることは、すごく大事だと思います。結局は自分の人生ですもんね。

で、この選択を続けていった結果、タイでビジネスを9年続けています。

やりたくない事をやらない人生にする為に、やりたくない事をやる

最初にもお伝えしたように、「働きたくないから、従業員を雇って働いてもらう」と言いましたが、働かない様にするために、たくさん働きました

本当にたくさんの事をやって、たくさん失敗もしましたが、全ては働かないためだけに、働いていましたね。

流れとしてはこんな感じです。

働きたくない ➡ お金がない ➡ 働かなくちゃいけない ➡ でも働きたくない ➡ 海外でのんびり暮らしたい ➡ 働かないでいいように起業 ➡ 起業のためにかなり働く ➡ お金がないので全て自分でやる(書類関係、建築、電気配線、水道の設置、マーケティング、広告、演奏、PA)➡ 従業員を雇う ➡ 働かないミッション完了

ミッション完了までには当然、小さなやりたくない事もありましたが、大きなやりたくない事を実現するために何でもやりました。

人生って面白いですよね?働きたくないから働いていた、何て言ったら・・・。

最後に

誤解はしてほしくないのですが、人生には当然やりたくない事でもやらないといけない時があります。

でもこの「やりたくないけど、やらないといけない」事をする時に、今後やらなくていいようにする為にやればいいんじゃないかなと思います。

こういった考えで人生を設計しても、面白いと思いますよ。