雑学

    自宅は?お店は大丈夫?防犯カメラアプリならアルフレッドで決まり!

    平成が終わり令和になりますが、日本では戦争もなく、平和な平成だったと思います。

    ただ、昭和が終わり平成になったころから、近所付き合いが減った気がしませんか?

    私は散歩中にあった人や、電車の隣に座った人でも頻繁に話したりするので、ご近所さんも結構知っていますが、最近ではマンションの隣に、誰が住んでいるかも分からない人も多いですよね。

    私が子供の頃は、近所の人が宅配便を預かったりしてたし、何といっても家の鍵を閉めたことが無かったです。そのくらい近所付き合いがあったって事なんですが、まぁ、今じゃあり得ない話ですよね。何が起こるか分からないですし。

    最近は防犯カメラを設置している家もよく見ますが、何かあったときの為または、未然に防ぐためにあったら便利なものですよね。

    私はタイでバーを経営しているのですが、ここに監視カメラを設置しています。本格的なカメラじゃないのですが、使わなくなったスマホにAlfredという無料アプリをダウンロードして使っています。

    アルフレッドカメラ(Alfred Camera)

    必要なモノは、使っていないスマホとメールアドレス(グーグルアカウント)、Wi-Fiの3点と、映像を見る用のパソコンもしくはスマホです。

    グーグルプレイやiTunes Storeで「アルフレッド」とタイプしたら<Alfred Video Surveillance Camera>もしくは、<ペット、赤ちゃん見守り遠隔監視カメラ>と出てくるので、これをダウンロードします。

    設定は、表示に従ってやれば簡単に出来るので、ご心配なく。また、有料プランもありますが、無料プランで問題なく使えるので こちらもご安心を。

    アルフレッド設定方法

    1 google play や iTunesでアルフレッドと検索し、<ペット、赤ちゃん見守り遠隔監視カメラ>というアプリをインストールします。

    監視カメラアルフレッド  監視カメラアルフレッド設定方法
    2 インストール後アプリを開き、カメラとして使うか、映像を見る用に使うかを選択します。(いつでもカメラかビューアーか変更可)
    監視カメラアルフレッド 監視カメラアプリアルフレッド設定
    次にグーグルアカウントを選び設定を進めていきます。
    監視カメラアプリ・アルフレッド登録の仕方 f:id:neyukix:20190425215134j:plain

    「アルフレッドが写真と動画とる事を許可しますか?」、「アルフレッドが音声を録音することを許可しますか?」と出てくるので、許可するをクリック。私は音声はいらないので、音声は拒否しましたが、いつでも変更可能です。

    3 今は録画する画面が映っていれば、設定完了です。(私の場合は左の写真の象が映っているやつです)

    録画方法

    録画方法は2種類あって、一つは「手動」、もう一つは「動き検出」です。

    左上に家マークがあるのでそれをクリックすると、<動き検出>とあるので、クリックしてコレがオンになっているかチェックしてください。

    「動き検出」とは、何か動きがあった場合に録画する機能です。動きがない場合は録画されませんが、常にビューアー側で見る事が出来ます。

    手動で録画する方法

    アルフレッド 録画方法

    カメラ設定をしている、スマホの画面の真ん中のボタンが録画ボタンになっているので、ここをクリックしてON/OFFを設定します。最初の写真の様に、斜め線が入っていたら録画をしていない状態で、次の写真の様に、十字の線が入っていたら常に録画されています。

    Alfred 録画方法

    上の写真はビューワー側の画面で、PCで見た時は7つの項目があります。左から2番目の録画ボタンを押せば、常時録画されます。

    動き検出で録画

    画面の左上にある家マークを押すと、設定画面が開くので、そこにある「動き検出」を押すと、画面上で何か動きがあった場合に録画されます。

    私はいつもこれを使っています。これは、画面に動きがある1~2秒前から録画される感じですので、何かあった場合も見逃すことはありません。

    パソコンで見る

    監視カメラアプリ・アルフレッド f:id:neyukix:20190425222023j:plain
    パソコンのGoogle ChromeかFirefoxで「Alfred camera」と検索するか、下記リンクから、左上の写真のようなトップページに行きます。右上に小さな文字でWeb viewerとあるのでクリックすると、LIVE映像や録画映像が見れます。(同じグーグルアカウントでログインして下さい)

    https://alfred.camera/

    ビューワー側でも、いろいろカメラの操作も出来るので、使っていてすごく役に立ちました。録画フォルダが分かれているのが不思議なのですが、まぁご愛嬌という事で。

    Alfred PCで見る時の説明

    上の写真の左上にある画像が、今カメラで映しているものなのですが、ここをクリックすると下の写真の様に、大画面になり設定を変更できます。録画しているスマホのカメラを表のカメラか、裏のカメラか変える事ができ、フラッシュライトのオンオフ、夜間用にナイトモードでの撮影などです。

    Alfred 録画方法

    スマホカメラの設置場所

    さてカメラの設置場所は、玄関、ベランダ、庭が多いと思いますが、基本的に充電器を使わないとバッテリーが無くなるので、家の中から録画できる位置を見つけて設置してみて下さい。

    店舗を持っている人だったら、入り口に向けて、もしくは裏口に設置したらいいですね。

    ちなみに私もバーの入り口に向けて、撮影をしています。

    しかもあえて人が見える位置にカメラ(スマホ)を設置しています。というのも私は何かあったときの為に録画と言うよりは、未然に防ぐためにあえて監視カメラがある事を知らせるために、です。

    夜の撮影

     

    監視カメラアプリ・アルフレッドで夜間撮影した画像<夜にバーを撮影した様子です>

    正直、夜はナイトモードとフラッシュを使わないと見にくいです。

    上記写真は深夜だったのですが、 バーの電気がついていたのでよく見れますが、電気を消すとちょっと見にくかったですね。

    その他の使い方

    今は、自宅や店舗の監視のために紹介しましたが、日本のアプリでは、赤ちゃんの状況を見るために使う方法を押し出しています。

    いわゆるベビーフォンと言われるやつですね。赤ちゃんの部屋に設置して、泣いた時にすぐに駆け付けれるように。

    他にも用途は色々あります。

    • ベビーシッターを頼んだ時に録画する
    • ドライブレコーダーの代わりに
    • 子供が一人でお留守番をしている時

     最後に

    時代は変わりましたね。今では無料で監視カメラを自宅やお店に設置できるような時代になりました。

    他にも紹介したように用途は色々あるので、いらないスマホがあれば是非入れておきたいアプリの一つですね。

    連休中など家を空ける機会が多い時だけでも、ぜひ使いたいアプリですね。