自由に生きる
Just Do It
wordpress

実践!私がアドセンスのCTRを1,6%まで上げたたった2つの方法

以前ブログ収益化を目指すならCTRを関連コンテンツで上げようで紹介したように、CTRの改善に取り組んでいました。

色々対策を練って2ヶ月が経ったのですが、直近7日間のCTRは1,61%、28日間は1,38%と、徐々に成果が出ています。

特に難しいことはしなかったので、皆さんもすぐに実践できると思ったので紹介します。CTRが悪くて収益に悩みがある方は、是非試してみて下さい。

注)CTRとはClick Through Rateと言い、1ページビューあたりの広告のクリック率をいいます。1PV1クリックなら100%、10PV1クリックなら10%、100PV1クリックなら1%です。

 

CTRを上げる方法

アドセンスのCTRを上げる方法
グーグルアドセンスのCTRを上げる方法

<直近7日間のCTRと28日間のCTR>

CTRの改善で試したことは、シンプルです。
1 関連コンテンツの導入

2 自動広告を試す(結局やめました)

3 広告の配置

自動広告はやめたので、この2点だけをやりました。

「だけ」と言っても、結構時間はかかったのですが・・・。

関連コンテンツの導入 

こちらグーグルアドセンスの<関連コンテンツ>が使える条件でも紹介したのですが、ざっくり言うと、ある程度の記事数やPV(ページビュー)数があって初めて使えるようになります。

私はこの関連コンテンツのおかげで、CTRが0.85%から1.1%くらいに上がりました。

関連コンテンツが使える人は、絶対に導入するべきです。

ちなみに、皆さんはブログの記事下に関連記事を表示していると思うのですが、私は関連コンテンツを使いだして関連記事の表示を止めました。

というのも、関連コンテンツは関連記事と広告を混ぜて表示するので、関連記事を表示してしまうとダブルで出てしまうからです。(関連コンテンツの関連記事は精度が良くないですが・・・)

また、関連記事有りと無しでCTRや滞在時間などチェックしたのですが、関連記事を表示しない方が数値が良かったためです。

自動広告を試す

使っている人も多いと思います、アドセンスの自動広告。

私の場合は、CTRは下がるし、滞在時間も下がるし、アクセスも下がったので却下です。変なところに広告出ますもんね、コレ。

とは言ってもブログを始めたての頃は、コレを使っていてCTRも0,5%~0,6%だったのでそこまで悪いわけじゃなかったですが、広告が出る位置をコントロールできないので、読者が「ウザッ」って思うところに広告が出てるんじゃないでしょうかね。

広告の配置換え

私の中では、コレが一番重要だったと思います。と同時に、一番時間がかかりました。

私は「目次下」「記事下」に広告を配置していたのですが、セオリーでは「目次上」「記事中h3の上」「記事下」が良いと言われているので、全記事この様に配置換えをしました。

2~3週間ほど様子を見たのですが、ある記事はCTRが上がり、ある記事は下がったりと、記事によって有効か、有効じゃないかと効果は違ったんです。

ここで重要な事に気が付きました。

記事によって広告の位置やスタイルを変えなくちゃいけない、という事を。

私の場合はですが、記事中に広告を入れてCTRが上がったものは、10記事ないくらいです。3000文字以上の記事でも5000文字以上の記事でも、記事中に広告がないものがほとんどです。

たぶん「ウザい」んでしょうね。記事中に広告があると・・・。

私の基本設定・設置場所は以下の様にしています。

1 目次上もしくは目次下、もしくは目次上下 / data-ad-formatはauto / 全ての記事に設置

音楽関係の記事は目次上にリンク広告、目次下に通常の広告2つ置いているものもありますが、基本は1つです。

2 記事中 / data-ad-formatはレクタングルが多い / いくつかの記事に設置

3 記事下 / レクタングルのみ /  全ての記事に設置

記事下には広告を2つ並べて表示しています。

はてなブログでアドセンスの広告を2列表示する方法!

4 トップページに広告 / レクタングルのみ

<はてなブログ>トップページにアドセンスのインフィード広告を入れる方法

5 関連コンテンツの導入

はてなブログにグーグルアドセンス関連コンテンツの設定方法

広告のスタイルは、アドセンスのコードの中に<data-ad-format=”auto”>と書いてある所を<data-ad-format=”rectangle“>とすることによって、レクタングルの広告のみが出るようになります。

先人曰く「レクタングルの方が大きいため収益が高い」らしいのですが、私の場合はあまり関係なかったように見えました。

広告の配置換え方法

アドセンスのCTRの伸び率 f:id:neyukix:20190521055800j:plain f:id:neyukix:20190521055758j:plain f:id:neyukix:20190521055756j:plain

<画像は2月3月4月5月のTOP7記事のクリック率です>

私は3月中旬にCTRの改善を始め、およそ2ヶ月で3倍のクリック率まで上がりました

では、その手順を紹介します。

CTRの改善はアクセスの多い記事からやった方が合理的なので、以下の様を準備します。

アナリティクスのページを3つ用意します。

1つ目はアクセス数確認用で、<行動>→<サイトコンテンツ>→<全てのページ>で過去3ヶ月分のデータを表示します。

2つ目はクリック率確認用で、<行動>→<サイト運営者>→<サイト運営者のページ>で過去3ヶ月分のデータを表示します。

3つ目もクリック率確認用で、<行動>→<サイト運営者>→<サイト運営者のページ>で過去1ヵ月分(もしくは3週間)のデータを表示します。

でアクセスが多い記事をチェックし

で該当記事のサイト運営者のクリック率をチェック

で直近のサイト運営者のクリック率をチェック

通常はサイト運営者のクリック率が0,1以上ならOKと言われていますが、私は平均以下の記事の配置を変えています。

まずはアクセスが多い記事TOP10の広告の配置を見直し、それからCTRが低いページを改善していきましょう。

ただ、こればっかりはやってみないと分からないのですが、配置を変えたら下がることもあるし、上がることもあります。色々試してやってみるしか方法はありません。

参考までに私がやった事を紹介します。

●目次上の広告を目次下に移動

●通常広告をリンク広告にしてみる

●思い切って広告を減らす

●思い切って広告を増やす

●自動広告を使ってみる

●3番目のh3上にある広告をh2上に移動

●h3上の広告をなくす(記事中広告削除)

広告の配置を変えない場合

アドセンスのCTRを上げる方法

上記は私の過去3か月の統計(のアナリティクス)で、アクセスが多い記事TOP4ですが、平均が0,39%、上位記事は0,44%、0,23%、0,52%、0,19%となっています。

この場合だと0,23%、0,19%の記事の広告を見直しますが、直近のデータ(のアナリティクス)をチェックし、この記事のクリック率が0,4%以上なっていたら、当然何も変えません。

最後に

グーグルアドセンスのクリック率を上げる方法

結局、自動広告は私の場合はCTRを下げてしまいましたが、「関連コンテンツ」と「広告の配置換え」でかなり上がりました。

PVを上げるのは大変ですが、クリック率は広告の場所を変えるだけで劇的に変わることもあるので、CTRが低いな~って方は、是非どうぞ。

ただ、1記事づつチェックしてやるので時間はかかりますが、やる価値は絶対にありますので。

先ほども言いましたが、上がることもあれば下がることもあるので自己責任でお願いします。