自由に生きる
Just Do It
ドイツで育児

赤ちゃんの口の中に白いものが!カビの原因と対処法

そういえば、最近生後8か月の息子の食欲がないんです。何か熱っぽいし、唇や口の中に白いものが付いているし。

タイに半年いて日本に来たので、乾燥しているから口がネバネバになって、白いものが付いているんだろうと勝手に考えていました。

2日経っても白いものが取れないし、元気もないので病院に行ったのですが、衝撃的な事を言われました。

 

口の中にある白いものはカビ

 

ばい菌・カンジダ菌

病院の先生に症状を説明し、赤ちゃんを診てもらっていると、先生が衝撃的な事を言いました。

「あ~、これね~。心配しなくていいよ、ただのカビだから

えっ!?カビ?口の中に?

何で・・・?

先生曰く「このカビ(名称カンジダ菌)は私たちの体に住んでいて、赤ちゃんは免疫が弱いからうつったのよ。正式名称は鵞口瘡(がこうそう)っていうけど、これが原因で何か病気になることはないから、心配しなくていいよ」とのことです。

心配ですよね、普通は?口にカビが生えるなんて、聞いた事無かったですし。

治療しなくても消えることがあるらしいですが、一応クリームをもらい、食後に一日3回塗れば2‐3日で治るそうです。

これが処方してもらった塗り薬です。

鵞口瘡の薬・フロリードゲル経口用

母乳やミルクのカスかも

口の中にあるこの白いものは、全てがカビという事ではないんですね。母乳やミルクのカスが固まったものである可能性もあります。

ミルクなのかカビなのかの判断は、拭きとれるかどうかで確認します。

濡れたガーゼを指に巻き付けて、患部をやさしく拭いてみましょう。これで白いものが取れるようだったら、ミルクのカス。取れなかったらカビである可能性が高いです。

たさ、口の中をゴシゴシ拭いてしまうと、赤ちゃんの口の粘膜を傷つけてしまい逆効果になるので注意を!

カビが生える原因と対処

口にカビが生えているので、当然赤ちゃんが口に入れる物にカビの菌が付いています。そういったものを熱殺菌したり、アルコールで拭いて殺菌をします。

哺乳瓶だったり、歯固め、おしゃぶりやおもちゃなどを消毒し、あとおっぱいをあげている人だったら胸も清潔にしましょう。(先生曰く、そんなに神経質にならなくても大丈夫、って言ってました)

また、忘れがちなのは、赤ちゃん用のスプーンです。

離乳食を上げている時に、赤ちゃん用のスプーンを自分で舐める事ないですか?やっちゃいますよね。

私たちの口の中にもこの菌はいるので、赤ちゃんのスプーンは赤ちゃんだけが口に入れるようにした方がいいですね。

お口の手入れ・歯磨きナップ

子供が歯磨きしている様子

以前は赤ちゃんの歯磨きだけをしていたのですが、看護婦さんに「ガーゼをお湯に浸して、絞ったものを指に巻き付けて歯や口の中を洗った方がいい」と言われたので、歯磨きナップというものも買いました。

これは布製の指に着けるナップで、これで赤ちゃんの歯を磨くものです。うちの息子の様に暴れまくる子供をお持ちなら、是非これを使ってみて下さい。チョー簡単ですから。

当然歯磨きもやっていますが、どーしても無理って日にはこのナップを使っています。歯磨きは5~10分ほどかかるのですが、これなら1分ほどで終わります。

赤ちゃん用歯磨きナップ

また、口内が乾燥していると菌が繁殖しやすいので、お水のやり忘れも注意しましょう。うちには加湿器があるので、口が乾燥しないように今だけ使っています。

症状を繰り返すことがある

免疫が未熟な赤ちゃんなので、2度3度と症状が出ることもあるらしいですが、適切に塗り薬を塗っていたら治癒するので、あまり心配せずとも大丈夫です。

最後に

クリームを塗りだしてから、3日後には完全に無くなったので一安心ですが、再発しないように気を付けようと思います。

先述しましたが、そこまで神経質になって殺菌しなくてもいいようなので、ほどほどに。