はてなブログ

関連コンテンツが使える条件・はてなブログの設定

関連コンテンツの解放条件。設定方法

やっと使えるようになりました。

アレです、アレ。

グーグルアドセンスの関連コンテンツの広告です。

こんなやつです。

グーグルアドセンスの関連コンテンツ

関連記事の中に広告が混じっているアレです。

これが使えるようになるまで、長かったような短かったような感じです。

いつもアドセンスを見ながら、まだかな~っと待っていました。

ちなみに私は海外に長く住んでいるので基本は英語で検索し、アドセンスのサイトも英語表示だったりとすべて英語なんですね。

日本語で調べているのは、はてなブログの設定とかブログ関連のみです。

だから何です・・・。関連コンテンツに気が付かなかったんです・・・。

 

関連コンテンツは英語でMatched Content

そー言えばなんですが、アドセンスをチェックしたとき、こんなのがあるのに気が付いたんですね。おそらくひと月前くらいだと思います。

関連コンテンツは英語でMatched content

Matched content?何だこれ?ってくらいにしか思っていませんでした。

と言うのも、「関連コンテンツ」を訳したら「Related Content」だろうと思っていたので、まさかMatched contentが関連コンテンツだとは思っていませんでした・・・。

で、先日なんですが、何かの記事を読んでいた時に「関連コンテンツは英語でMatched contenと言う」って書いてあったので気づきました。これが私が追い求めていたものだって・・・。

関連コンテンツを使える条件

まずは関連コンテンツが使えるかどうか、確認しましょう。

関連コンテンツが使えるか確認方法

グーグルアドセンスにログインして、左にあるメニューバーの上から3番目の項目<サイト>→<コンテンツが一致>をクリックします。

ここで<関連コンテンツのサイト設定>という項目がなければ、まだ使えません。(この項目がある方は、<関連コンテンツをはてなブログに設定>に移動して設定しましょう)

ではいつから使えるんでしょうか?

グーグルはこう言っています。

グーグルアドセンスから参照・関連コンテンツを使える条件
<By 関連コンテンツ機能について – AdSense ヘルプ

アドセンスに<関連コンテンツ>と言う項目がない人は、トラフィック量とページ数の最低条件を満たしていないみたいですね。
最低条件って抽象的ですね。もっと具体的に言って欲しいんですが・・・。

ということで、私の場合でご紹介します。

私は気が付いたのが今日ってだけで、いつから使えるようになったかは正確には分かりませんが、おそらく先月(2019年2月)からです。

f:id:neyukix:20190317234755j:plain f:id:neyukix:20190317234752j:plain

2月は11,539ページビュー、3月は17日現在8,542ページビューです。

記事数は2月末時点で140記事。3月17日現在で149記事で、ブログを始めて9か月半と言った所です。

3か月前から月間ビューは1万を超えているので、ここ最近特にPVが増えたわけじゃないのですし、12月1月2月の総投稿数は10記事ないくらいなので何が変わったかは分かりませんが、コンスタントにPVが上がっているので「関連コンテンツ」を使えるようになったんでしょうかね~?

関連コンテンツをはてなブログに設定

まずはアドセンスの管理画面から、「広告」➡「広告ユニット」➡「新しい広告ユニット」をクリック

アドセンスの関連コンテンツの設定方法

次に、こちらの関連コンテンツを選択。選択をクリック後、説明画面がでるので「右矢印」をクリック、「次に進む」をクリック

アドセンスの関連コンテンツの設定方法

画面右にある、「広告ユニット名」・「広告オプション」・「スタイル」・「サイズ」を設定し、「保存してコードを取得」をクリック

関連コンテンツ 設定方法

私は以下の様に設定しました。

ユニット名・・・「kannrennkiji」

広告オプション・・・「広告で収益化」がONになっているかチェック

スタイル・・・デフォルト

サイズ・・・デフォルト(レスポンシブ)

注)広告オプションの「広告で収益化」が最初はない人もいるみたいです。その場合は、上記のようなマークが出てくるまで待ちましょう。

はてなブログの設定

はてなブログ google関連コンテンツ設置場所

チョー簡単です!

管理画面の「デザイン」「スパナマーク」「記事」「記事下」に取得したコードを張り付けるだけです!

はてなの「関連記事を記事下に表示する」を使っていた人は、アドセンスの「関連コンテンツ」2重に関連記事が表示されます。アドセンスが選ぶ関連記事って関連してない時もあるので、はてなの関連記事を残すかどうかは意見が分かれるところですね。ちなみに、私ははてなの関連記事は表示していません。CTRがすごく悪くなったので。

お疲れさまでした。これで関連コンテンツは表示されるはずなので、ひとまず安心ですが、もうひとつついでに、CTRをチェックしてみましょう。

<はてなブログ>トップページにアドセンスのインフィード広告を入れる方法

ページCTR(The Page Clickthrough Rate)

ページCTRとは1ページビューあたりの広告のクリック率の事を言います。

例えばCTRが100%なら、読者が1ページ読んだら1クリックしていることになります。(こんなサイトは存在しないと思いますが・・・)

例)

  • CTRが10%なら10PV(ページビュー)あたり1クリック
  • CTRが1%なら100PVあたり1クリック
  • CTRが0,1%なら1000PVあたり1クリックとなります。

ちなみに平均CTRは0,1~0,2%と言われています。

CTRを確認する場所

まずはアドセンスの管理画面に行き、画面の下の方にある<下矢印>をクリックすると、<掲載結果>が出てきますので、ここにページCTRが載っています。

アドセンスのCTRの確認方法

これは私のアドセンスからですが、過去3か月のCTRが0,85%となっています。

あんまり悪いわけじゃなさそうですが、めちゃくちゃ良いわけでもないですね。

凄い人たちは、CTR2%以上あるらしいですよ。

2%と言ったら、100PVで2クリックです。凄いですね。

グーグルアドセンスの関連コンテンツ導入後

関連コンテンツ CTRを上げる方法

関連コンテンツを導入してから1か月後のCTRです。0.85%→1.43%に上がっていますね。

アドセンスの管理画面の「レポート」→「広告ユニット」からどの広告がクリックされたか分かるのですが、関連コンテンツのクリックは約40%を占めていました。

凄くないですか、コレ?

結局はコレなんです、コレ。

関連コンテンツが使えたらCTR上がっちゃうんですね。

2019年5月21日追記)

CTR改善に取り組んできて2ヶ月が経ちましたが、今ではCTRが1,6%ほどになりました!

こちら実践!私がアドセンスのCTRを1,6%まで上げた2つの方法に詳しく書いていますので、こちらもどうぞ

広告ブロック

もう一つ私が気付いたことなんですが、「不必要な広告が出ているので誰もクリックしないからCTRが上がらない」ということです。

具体的に私の例で紹介します。

私のコンテンツの中で一番PVを稼いでいる記事は、全体PVの30%ほどの割合を占めるんですね。

注)自分のページにアクセスして広告をチェックすると、アドセンスのページビューが上昇するので結果としてCTRが下がる可能性があります!広告のチェックは<ブロックのコントロール>→<すべてのサイト>→<広告レビューセンター>→<掲載済み>から確認してください

で、なぜだか分からないですが、それにこんな広告が出ていたんです。

アドセンスの変な広告

イエスキリスト!!

クリックしない人がいないとは言いませんが、そんなにいるとも思いませんよね?

どーしようかな~って思っていたら、アドセンスの管理画面にブロックのコントロールと言う項目があるのですが、そこで広告をブロックする設定が出来るということに気づいたんです。

ということで早速設定!

アドセンスの広告をブロックする方法

アドセンスの管理画面から下記を順にクリックしていきます。

  1. <ブロックのコントロール>
  2. <すべてのサイト>注)複数あるサイトの中で一つのサイトでのみブロックする場合は、サイトのURLを選んでください
  3. <広告(広告レビューセンター)>
  4. <フィルタ>をクリックしていくと、上図と同じ画面に行きます。
  5. 広告のURLを入れて、下にある<適用>をクリックすると完了です。

広告のURLを確認するために広告をクリックすることは、アドセンスの規約違反になるので、広告上にカーソルを合わせ、右クリックで<リンクアドレスをコピー>をします。このリンクは沢山の英数字の羅列になっていますが、この中にhttp://~という表記があるのでその部分を5にコピペしましょう。

私の場合はですが、不必要な広告をブロックしてから0,3%ほどCTRが上昇しました

最後に

関連コンテンツがまだない人は、コツコツと記事を書き続けましょう!すぐに解放されますから!