ユダヤ

    ホロコーストだけじゃないユダヤ人迫害の歴史

    ユダヤ人 迫害の歴史

    以前何故欧米でユダヤ人は嫌われる?でも紹介したように、ユダヤ人は白人や、キリスト教徒に迫害されてきた歴史があります。

    学校で、社会の時間に必ずと言っていいほどホロコーストの事は学びますよね?あのヒトラーがとった政策です。

    実はユダヤ人の迫害は、2000年以上前から続いてきたことなんですね。

    なぜそこまで長い間迫害されてきたのでしょうか?

    彼らが何をしたのでしょうか?

    なぜユダヤ人が迫害されたのかみていきましょう。

    ホロコーストとは?

    ホロコーストとは、第二次世界大戦中にナチス・ドイツがとった政策で、多くのユダヤ人を強制収容所に送還し、虐殺したことを言います。

    もともとは、強制労働のために各地の収容所に送られたのですが、ユダヤ人の数が多すぎるためや、敗戦が濃厚になってくると、多くのユダヤ人を収容所で虐殺していったのです。

    労働の為とは言っても、一日400キロカロリー程度の食事で最大限働らかせられてたら、死んじゃいますけどね。

    ちなみに、ホロコーストとはユダヤ教の宗教用語に当たる言葉で、獣を丸焼きにして神にお供えするお供え物という意味だったのですが、1970年代にアメリカで放送されたテレビドラマ「ホロコースト」によって流行語になり、ユダヤ人虐殺を表す言葉になりました

    ですので、それ以前はジェノサイド(大量殺戮)という言葉を使っていたようですね。

    なぜヒトラーはユダヤ人を迫害したのか

    なぜヒトラーはユダヤ人を迫害したのか

    なぜヒトラーがユダヤ人を迫害したかと言うと、諸説ありますが、ヒトラーはユダヤ人が優秀だという事を認めていたため、アーリア人が優越だという事を証明するために、優秀なユダヤ人を標的にした、と考えられます。

    また、国をまとめるには共通の敵を作る事が近道なので、手っ取り早く、イエスキリストを殺害したユダヤ人を標的にすれば、キリスト教徒ならすぐに迫害を始めるでしょうしね。

    ん??国をまとめるには共通の敵を作る・・・、なんかそれやってる国を知っている気がしますね・・・。

    こちらの「なぜヒトラーはユダヤ人を虐殺したのか」で詳しく紹介しているので、ご一緒にどうぞ。

    それはさておき、ここから他のユダヤ人迫害の歴史を見て行きましょう。

    ユダヤ人迫害の歴史

    • 紀元前17世紀ごろにエジプトに移り住んだヘブライ人(ユダヤ人)は、エジプト人に迫害されたので、紀元前13世紀ごろ、あの有名なモーセ(モーゼ)がヘブライ人を連れてエジプトを脱出した。(出エジプト)
    • 紀元前10世紀ごろ、カナンの地に古代イスラエル王国を建国。
    • 紀元前930年頃、北のイスラエル王国と、南のユダ王国に分かれる。
    • 紀元前721年頃、イスラエル王国はアッシリアに滅ぼされ、捕虜にされるか各地に離散する
    • 紀元前586年にユダ王国は消滅しユダヤ人はバビロンに囚われた。(バビロン捕囚)
    • 新バビロニア帝国が滅びると、エルサレムに戻り、紆余曲折がありながら最終的にはローマ帝国のユダヤ属州となりました。紀元前66年にローマ帝国に反乱したのですが返り討ちにあって民族弾圧を受け始めました

    紀元前だけを見ても、分かっているだけで2回の弾圧・差別と、2回捕虜になっていますね。細かいことを数えたらもっと多いでしょうけど。

    ちなみにこのころからヨーロッパなどに離散し、国を持たない民族としての生活が始まります。

    7世紀ごろからヨーロッパのキリスト教社会から、「キリスト殺しのユダヤ人」という事で迫害を受けた。この頃は土地の所有も認められず、商売も制限が有ったりと差別され、この頃にユダヤ人が出来た仕事は金融業など限られたものしかなかったんです。(まぁこのおかげで、今現在のユダヤ人はお金持ちなんですけどね)

    • 1066年にグラナダ虐殺が起こり、多くのユダヤ人が殺されました。
    • イギリスに渡ったユダヤ人は、王の所有物となり、農業や金融業をしながら人口も増えていったが、その後多くのユダヤ人は追放され、ヨーロッパ各地に散っていきました。
    • 11世紀末ごろまでには、ユダヤ人=高利貸しとなっていて、差別されているはずのユダヤ人がお金持ちなので、ねたまれてさらに差別がひどくなっていきました
    • 13世紀ごろ、ドイツ・フランクフルトではユダヤ人とキリスト教徒の交際禁止や職の追放を受けたりした。また、社会不安が高まると、ユダヤ人は迫害の対象となっていきます
    • 14世紀にペストが流行り多くの犠牲者を出したが、ユダヤ人の犠牲者が少なかったため、「ユダヤ人が井戸に毒を投げ込んだ」等の噂が立ち、差別、迫害をもっとうけるようになり、ユダヤ人はゲットーに強制隔離される。

    1600年にシェイクスピアが作った「ベニスの商人」で、ユダヤ人高利貸しのシャイロックが登場しましたが、それほどユダヤ=高利貸=悪徳ってイメージだったんでしょうね。

    • 1811年にナポレオン法典をもとにドイツで市民権を得るが、ナポレオンが敗れると市民権や選挙権をはく奪された。
    • 1819年にドイツでポグロム(ユダヤ人に対する集団迫害が発生し、ドイツ文化圏全域でポグロムが起こるようになりました。
    • 1800年代後半になると、ウクライナやロシアでもユダヤ人への集団迫害が起こる。

    迫害がひどいので、ユダヤ人の間でイスラエルに帰還してユダヤ人国家を作ろうという、シオニズム運動がおきたのも、1900年頃からです。シオニズムとは?この世はお金が全ての資本主義社会

    その後ユダヤ人にとって風上が変わるのですが、第一次世界大戦中にイギリスは、お金やダイナマイトの火薬が必要だったのですが、お金持っていたのはイギリスにいたユダヤ人、火薬の原料を握っていたのがロシアにいたユダヤ人。

    どうしてもユダヤ人の助けが必要になり、バルフォア宣言と言って、パレスチナにイスラエル人居住地の建設に賛成し、支援を約束したのです。

    これがきっかけになり、ユダヤ人はイスラエルを1948年に建国しました。

    • 1933年にナチスが政権を握ると、終戦後までユダヤ人の迫害は公的なものになり、ホロコーストに発展

    最近は迫害もしている

    パレスチナにミサイルを撃つイスラエル

    さて、ユダヤ人、イスラエル人は最近は迫害される方じゃなく、迫害する方になっていますね。

    そう。ガザ地区のことです。パレスチナ紛争です。パレスチナにミサイルバンバン打ってますね。

    ここはアラブ人である彼らが2000年近く住んでいるのですが、1948年にユダヤ人が建国しちゃったので、戦争になっていますね。

    これはあまり知られてないのですが、パレスチナに住んでいたアラブ人って、心が広いんですよ。

    だって自分の住んでいるところにいきなりユダヤ人が来て、勝手に国をつくったのですが、アラブ人は「アラブ人とユダヤ人が共存できる形で」と言ったのに対し、ユダヤ人は「だめ。お前出ていけ。ここは俺の国だ」って言ったので戦争になっているんです。

    ただ、完全に迫害する方になったか、と言えばそうではなく、最近は迫害とまではいかなくても、まだまだ差別をされていますね。

    こちら何故欧米でユダヤ人は嫌われる?になぜここまで嫌われるか書いているので、こちらも一緒に読んでみて下さい。

    ユダヤ人迫害の理由

    迫害の歴史を大きく分けて見ていきましたが、なにか釈然としないことありませんか?

    なんかここまで差別されるには、理由があると思うので、私が今まで見聞きしてきたユダヤ人の意見をちょっとだけ言わせてもらいますね。

    私が思う迫害、差別の理由は多々ありますが、大きなところで、「ユダがキリストを殺したからキリスト教徒はユダヤ教徒を憎む」、「ユダヤ人は地域に同化しないから」、「戦争ビジネスでお金儲けしているから」だと思います。

    日本では「郷に入っては郷に従え」ということわざがあるように、うまく地域に同化しようとしますが、ユダヤ人はユダヤの輪から抜け出さないですよね。

    他人の国に住ませてもらっているのに、感謝の気持ちが無いというか、ユダヤ人以外は関わりたくないって雰囲気出してますしね。

    そうなると、他の人からしてみたら「なんでそんなに愛想悪いの?」ってなるし、「私の国に住んでるのに私たちと関わりたくないなら、他所に行ったら?」ってなっていると思います。

    差別されるから同化したくないのか、同化したくないから差別されるのか・・・どっちが先でしょうね?