Windows 11に変更する方法・Lenovo PCにインストール

今お使いのパソコンをWindows 11にアップデートしたい場合は、いくつかの方法があります。一番良い方法はWindows Updateに通知が来て、その後ダウンロードをする方法ですが、順次案内が来ているため、アップデート要件を満たしていても通知が来ていない場合があります。

実際に筆者のパソコンにWindows 11の通知が来たのですが、この通知にあるリンクからWindows 11はまだダウンロードできません。

Windows 11アップデート通知

その後、こういった通知が来て、ダウンロードリンクも付いていました。

WIndows 11アップグレードの通知

<注意点!!>

  1. Windows 11をインストールするとデータが消える可能性もあるので、バックアップを取っておくことを推奨します。また、インストール中は電源に繋いで行ってください。
  2. 筆者は「ユーザー辞書ツール」に登録していた文字が全部消えていたので、ダウンロード前に「一覧の出力(データ保存)」をしておいた方がいいです
  3. 現在Ryzen 7 5700Uの機種を2つと、Core i3-1114G1とRyzen 3 Pro 4350G(デスクトップ)の機種1つずつWindows 11にアップデートしましたが、デスクトップ以外軒並み性能が下がっています。(Ryzenは10月中旬に修正アップデートされる予定)

Windows 11をダウンロードする方法

注)通知がまだ来ていない場合のダウンロード方法です

筆者が今回Windows 11をダウンロードした機種は、Lenovo IdeaPad Slim 360 17で、Ryzen 7 5700U・メモリ20GB・SSD 256GBになります。ダウンロード自体は30分ほどで終わりました。(IdeaPad FlexとThinkPad E14 Gen 2にもダウンロードしました)

ダウンロード自体は簡単ですが、まずは自分のパソコンがWindows 11に対応しているかどうか確認が必要です。

公式サイトの「Windows 11 正常性チェックアプリ」をダウンロードし、確認します。リンク先の下の方に互換性の確認と言う箇所があるので、アプリのダウンロードをクリックします。

すると「WindowsPCHealthCheckSetup」がダウンロードされるので、インストールを開始します。ダウンロードが終わるとアプリが開くので、「今すぐチェック」をクリック。

Windows 11をダウンロードする方法 Windows 11をダウンロードする方法

要件を満たしていたら、画像の様に「このPCはWindows 11の要件を満たしています」と表示されます。これが出ない人は、パソコンが対応していないのでダウンロードできません。

Windows 11をダウンロードする方法

この時One driveを使っている人は、バックアップと同期で自分の設定を保存するにONができるので、やっておいた方がいいと思います。

Windows 11をダウンロード

次に、公式サイトの「Windows 11をダウンロードする」に行き、Windows 11 インストールアシスタントをダウンロードします。

Windows 11をダウンロードする方法

 

上記3つのどれでやってもいいですが、インストールアシスタントが一番簡単なのでおすすめです。

Windows 11をダウンロードする方法

先ほどの「ダウンロード」を押し、次に「同意してインストール」をクリックすると、ダウンロードが始まり、約30分ほどで終わります。インストール中も、パソコンを普通に使って大丈夫です。

Windows 11をダウンロードする方法

インストールが終わると、再起動を促されます。

Windows 11をダウンロードする方法

今やってることを全部保存して再起動をします。再起動自体は3~4分ほどでした。

Windows 11 インストール中

再起動が始まると、結構ダークな画面が出現します。

Windows 11 インストール中

「もう少しで完了です。」が出ると、ほぼ完了です。

Windows 11 インターフェース

終わりました。

設定やダウンロードしたものはそのままあり、現時点では何かが消えていたなどの不具合はありません。ただし、付箋やカレンダーなどMicrosoftアカウントで同期していても解除になっているので、もう一度サインインしないといけません。

現在アップグレードした機種はThinkPadとIdeaPad2つです。2 in 1 PCのIdeaPad Flexはよりタブレットっぽくなって使いやすくなった気がします。

ちなみに壁紙は以下の種類がありました。

性能はアップするのか?

Windows 11をインストールしたら性能的に使いやすくなるのかどうか、チェックしてみました。

Windows 10 Windows 11
CPU
Passmarkスコア
Lenovo ideapad slim 360(17) メモリ増設後のPassmarkスコア

16562

Windows 11インストール後のCPU Passmarkスコア16141
メモリ
Memory Mark
Lenovo ideapad slim 360(17) メモリ増設後のMemory Mark ベンチマーク2680 Windows 11インストール後のMemory Markスコア2353
グラフィックス
3D Graphics Mark
Lenovo ideapad slim 360(17) メモリ増設後の3D graphocs Mark ベンチマーク2427 Windows 11インストール後の3D Markスコア2019
ストレージ
シーケンシャル速度
Lenovo IdeaPad Slim 360 (17) シーケンシャル速度1980MB/秒
1278MB/秒
Windows 11インストール後のシーケンシャル速度1932MB/秒
1273MB/秒
Cinebench R23 Lenovo IdeaPad Slim 360 (17) Ryzen 7 5700U Cineench R23の測定結果8456
1262
Windows 11インストール後のCinebench R23のスコア8454
1263

Cinebench R23以外は軒並み下がっていますね。体感で使いにくくなった気はしませんが、なんだかな~って感じです・・・。まぁ、誤差の範囲と言えばそうですが。

最後にPCMark 10の比較です。まずはWindows 10の時です。

Ryzen 7 5700U PCmark 10の計測結果

Windows 11です。

Windows 11インストール後のPCMARK 10

こちらもほぼ変わりないです。

IdeaPad Flex 550はDiskmarkというストレージの性能が微増でしたが、その他の性能は下がっていました。(ストレージの性能にOSは関係ないので、誤差と言えば誤差ですが・・・)

Ideapad Flex 550 Windows 11インストール後のCPU性能

  • CPU 14557→13962
  • メモリ 2369→2050
  • グラフィックス 2251→2225
  • ストレージ 16216→16480

ThinkPad E14 Gen 2です。こちらは全て悪くなっています。

ThinkPad E14 gen 2 Windows 11インストール後のCPU性能

  • CPU 6730→6678
  • メモリ 2205→2111
  • グラフィックス 2118→2039
  • ストレージ 19531→13089

 

Windows 10に戻す方法

Windows 10に戻す方法

Windowsボタン→設定→システム→回復をクリックすると、「復元」とあるので、これをクリックするとWindows 10に戻せます。(時間がかかります)

ただし、Win 11にアップデート後10日以内限定機能なので、戻す場合はお早めにどうぞ。

 

まとめ

個人的にUIが好きなので、何日か使ってみて不具合が無さそうならメインの機種にもWindows 11をインストールしようと思います。

特に、今まで角張っていたウィンドウが丸くなったので、おしゃれに見えるところがいいですね。

性能が下がったのはWindows 11のせいかどうかは確定していませんが、数値で見ると全体的にそうなっていますね。3台試して3台とも性能が下がっているので、OSが重たそうですね。

もし今からパソコンの購入を考えている場合は、Windows 11に対応のLenovoノートパソコンを合わせてどうぞ。