Legion Pro 5 Gen 8 16型(AMD)のレビュー Ryzen 7000シリーズにRTX 4070も搭載

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

LenovoゲーミングPCの最新モデル、Legion Pro 5 Gen 8のレビューです。

最新のRyzen 7045シリーズを搭載し、グラボはRTX 4050、4060、そして4070が搭載可能です。リフレッシュレートは最大240Hzと高く、高画質2.5K解像度、そして色域はsRGB 100%と、ゲーマーにもクリエイターにも向いた機種です。

全体的にハイスペックで保証もばっちりなので、ホビーゲーマーからガチ勢まで使える機種です。

当サイトの評価は、このようになりました。総合評価が高いです。

スペック 4.7 out of 5 stars
コスパ 4.5 out of 5 stars
総合評価 4.6 out of 5 stars

 

Lenovoでは新生活応援セールを実施中で、最安値を更新した機種もいくつかありました

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

Legion Pro 5 Gen 8 16型のスペック

CPU Ryzen 5 7645HX
Ryzen 7 7745HX
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD×2枚
グラフィックス RTX 4050
RTX 4060
RTX 4070
ディスプレイ(16型) WQXGA IPS 165/240Hz
OS Windows 11 Home/Pro
通信 Wi-Fi 6E、1Gbe
WEBカメラ FHD 1080p
オーディオ Nahimicオーディオ
寸法(幅×奥行×高さ) 363.4 × 260.4 × 22~27mm
重さ 約2.5㎏
バッテリー 最大約6時間
標準保証 カスタマイズモデル以外はLegion Ultimate Support標準添付
価格 19.5万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUは最新のRyzen 7000HXシリーズになり、かなり高い性能になっているようです。開発コードネームはDragon Rangeで、アーキテクチャはZen 4、そしてチップ構造はチップレットとデスクトップ版Ryzen 7000シリーズのRaphaelと同じく、1つのCCDと1つのIODから構成されています。

メモリはDDR5-5200が搭載で、メモリスロット2つ・最大32GBとゲームには十分な容量です。ストレージも最新のSSD PCIe 4.0が搭載で、最大2枚・2TB(自己増設する場合はそれ以上)の搭載が可能です。SSDはデータ転送速度がかなり速いので、パソコンの起動もゲームのロード時間も速いです。

グラフィックはミドルクラスのRTX 4050かミドルハイエンドのRTX 4060、そしてぎりぎりハイエンドと呼べる4070が搭載でき、多くの重量級タイトルもプレイできます。

ディスプレイは画面アスペクト比が16:10と縦に長く、高精細2.5K解像度、そしてIPS液晶になります。リフレッシュレートは240Hzか165Hzの2種類がありますが、どちらもぬるぬるプレイできます。

その他のスペックはWindows 11 Homeに、Wi-Fi 6Eと1ギガビットイーサネット、Webカメラは高画質のFHD、そしてゲーマーに人気のNahmicオーディオになっています。電源は300Wで、バッテリーは80Whrと大容量ですが、バッテリー駆動時間は最大約6時間となっています。

ゲーミング初心者に人気のLegion Ultimate Sipportが添付されていますが、カスタマイズモデルは標準保証(Ultimateじゃない保証)なので、必要な場合はカスタマイズからUltimate supportを選ぶことができます。

 

 

公式サイト

 

旧モデルとの比較

<左/本機種・右/Legion 570i Pro>

旧モデルのLegion 570i Proとの比較です。(表のメモリ・SSD・バッテリーは最大値)

本機種 570 Pro
CPU Ryzen 5 7645HX
Ryzen 7 7745HX
Ryzen 5 6600H
Ryzen 7 6800H
メモリ LPDDR5-5200 32GB LPDDR5-4800 32GB
ストレージ SSD×2
GPU RTX 4050
RTX 4060
RTX 4070
RTX 3050 Ti
RTX 3060
ディスプレイ 16型WQXGA IPS 165/240Hz 16型WQXGA IPS 165Hz
無線 Wi-Fi 6E、1Gbe
バッテリー 6時間 11時間
重量 2.5㎏
寸法(幅×奥行×高さ) 363.4 × 260.4 × 22~27mm 359.9 × 264.4 × 19.9~26.4mm

主な変更点です。

・CPUがRyzen 7000シリーズに
・メモリ周波数が5200MHzに
・グラボがRTX 40シリーズに
・ディスプレイにリフレッシュレート240Hzが追加
・筐体の幅と奥行きが若干小さくなり、若干分厚くなった

 

グラフィックボードの性能比較です。

Fire Strike

オレンジ色・・・本機種 青・・・旧モデル

RTX 4070  26024
RTX 4060  23768
RTX 4050  18269
RTX 3060  17853
RTX 3050 Ti  11768

 

 

 

Legion Pro 5 Gen 8 16型の特徴

Lenovo Legion Pro 5 Gen 8 16型(AMD) 左斜め前から

画面占有率は93.08%とベゼル(画面の黒い枠)がかなり細く、16インチの大きな画面がより大きく見え。没頭感も高まりますね。

また、画面アスペクト比が16:10と縦に長いので、16インチでも17インチ並みの情報が表示されます。

 

Lenovo Legion Pro 5 Gen 8 16型(AMD) 右斜め前から

寸法は

・幅 363.4㎜
・奥行 260.4㎜
・高さ22~27㎜

となっており、16インチなので大きいです。重量も約2.5㎏と重たくなっていますが、あまり持ち運ぶこともないと思うので、気にならないかもしれません。

 

Lenovo Legion Pro 5 Gen 8 16型(AMD) 背面

天板に使用しているアルミニウムとマグネシウムの50%はリサイクル素材で、環境にもこだわった機種なんです。カラーはオニキスグレーになります。

 

Lenovo Legion Pro 5 Gen 8 16型(AMD) 背面インターフェイス

主なインターフェイスは背面にあるので、机の上がケーブルで散らかりにくいですね。

 

Lenovo Legion Pro 5 Gen 8 16型(AMD) 底面カバー

底面カバーには、かなり大きな通気孔があります。

冷却システムは旧モデルのLegion Coldfron 4.0から5.0にバージョンアップし、3Dブレードを搭載したファンがあり、大型のハイブリッドヒートパイプもあるので、効率的に冷却されるとのことです。

 

Lenovo Legion Pro 5 Gen 8 16型(AMD) 横から

Lenovo Legion Pro 5 Gen 8 16型(AMD) 背面インターフェイス

底面とキーの隙間からフレッシュエアーを取り込み、左右1つずつと、背面の2か所、合計4か所から排気します。排気効率はかなり良さそうです。

 

Lenovo Legion Pro 5 Gen 8 16型(AMD) 正面

オーディオは、多くのゲーミングPCに採用されているNahimicオーディオです。バーチャルサラウンド機能で、臨場感や迫力のある音になります。

Lenovo VantageでPCのセッティングをカスタマイズをして、オーバークロック制御やAIパフォーマンスチューニングなどにより、より快適にゲームができます。

また、Lenovo Legion AI Engine+と言うAIチップを搭載しており、システムセンサーをリアルタイムで活用てゲームを最適化し、高く安定したFPSが出せるようになっています。

 

Lenovo Legion Pro 5 Gen 8 16型(AMD) 電源ボタン

ちなみに、電源はキーボード上の真ん中についています。珍しいですね。

 

 

FHD Webカメラ搭載

Lenovo Legion Pro 5i Gen 8 16型 Webカメラ

Webカメラは高画質FHD 1080pで、Tobii HORIZONもあります。Tobiiはウェブカメラを通して、自然な頭の動きを検出し追跡します。さらに、Tobii Awareは、自動調光、スクリーンタイムのトラッキング、プライバシー通知、オートロックなどのスマートな機能により、セキュリティ、プライバシー、生産性を向上させます。

Tobiiは、こちらの動画が分かりやすいので、どうぞ。

 

 

キーボード

Lenovo Legion Pro 5 Gen 8 16型(AMD) キーボード

キーボードは4ゾーンRGBバックライトで、84キーになります。

キーボードはLegion TrueStrikeが搭載で、ソフトランディングスイッチがあり、キーストロークも1.5㎜と深いので、打鍵感が良く入力がしやすいです。(パンタグラフ内にあるラバードームの形状を変え、深いキーストロークがあるような感触が得られる仕様です)

タッチパッドは120×75㎜と大きく、フルサイズの矢印キーとテンキーがあり、操作性も高いです。

 

CPU

Ryzen 5 7645HX Ryzen 7 7745HX
製造プロセス 5nm
アーキテクチャ Zen 4
コア/スレッド 6/12 8/16
L3キャッシュ 32MB
ベースクロック 4.0GHz 3.6GHz
ブーストクロック 5.0GHz 5.1GHz
GPUコア 2
TDP 55W

本機搭載のRyzen 7045シリーズは、Dragon Rangeと言うコードネームで、デスクトップ版CPUのRaphaelのノートパソコン版です。

製造プロセスがどんどん細微化されており、Intel(10nm)を置き去りにしていますね。

こちらは、CPUの性能を表すCPU Markのスコアです。かなり高性能ですね。

 

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 7 7745HX 35027
Core i7-13700HX 33484
Core i5-13500H 25096
Core i7-1370P 22664
Ryzen 7 7735U 21486
Ryzen 7 7730U 19034
Ryzen 7 5825U 18328

 

 

 

グラフィックス

RTX 4070 Laptop RTX 4060 Laptop RTX 4050 Laptop
コードネーム Ada Lovelace
CUDAコア 4608基 3072基 2560基
RTコア 第3世代
Tensorコア 第4世代
ブーストクロック 2175MHz 2370MHz 2370MHz
メモリタイプ GDDR6
メモリ容量 8GB 8GB 6GB
メモリバス幅 128ビット 128ビット 96ビット
メモリ帯域幅 256GB/s 256GB/s 192GB/s
TGP 140W

グラフィックスは上からハイエンド~ミドルクラスと別れており、予算やゲームによってスペックを変更できます。

RTX 4050は一応一番下のモデルですが、性能が高いですね。RTX 2070 Superと同等性能です。RTX 2070 Superは、2020年ごろにハイエンドモデルでした。

こちらはDirectX 11で動作するFire Strikeと、DX12で動作するWQHD(2K/2560×1440)向けのTime Spyです。

Fire StrikeTime Spy

Fire Strike

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 4090  35361
RTX 4080  33106
RTX 3080 Ti  26136
RTX 4070  26024
RTX 3070 Ti  24924
RTX 4060  23768
RTX 3080  23637
RTX 3070  22431
RTX 2080S  21862
RTX 2080  20939
Radeon RX 6600M  20048
Radeon RX 6600M  19910
RTX 2070 Super  19070
RTX 4050  18269
RTX 3060  17853
RTX 3050 10718

Time Spy

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 4090  20269
RTX 4080  18091
RTX 3080 Ti  12599
RTX 4070  12310
RTX 3080  11510
RTX 3070 Ti  11427
RTX 4060  10653
RTX 3070  10260
RTX 2080S  10096
RTX 2080  9585
Radeon RX 6600M  8623
RTX 4050  8498
RTX 2070 Super  8328
RTX 3060  8323
RTX 3050 5018

 

ゲームのベンチマーク

スコアの単位はfps(1秒間に更新されるコマ数)で、60以上が「快適」にプレイできる目安です。スペックや状況により数値は変動するので、参考値として見てください。また、画質は特別表記がなければ最高画質です。

 

RTX 4070ゲームベンチマーク

青・・・FHD 赤・・・QHD

Watch Dogs Legion  89
 64
Horizon Zero Dawn  126
 98
Red Dead Redemption 2  88
 52
Assassin’s Creed Odyssey  60
 49
Monster Hunter World  88
 58
Far Cry New Dawn  94
 83
Cyberpunk 2077  88
 54
Apex Legends  135
 106

 

RTX 4060 ゲームベンチマーク

青・・・FHD高画質 赤・・・FHD最高画質

Watch Dogs Legion  84
 65
Horizon Zero Dawn  95
 108
Red Dead Redemption 2  65
 43
Assassin’s Creed Odyssey  77
 60
Monster Hunter World  98
 85
Far Cry New Dawn  98
 90
Cyberpunk 2077  68
 74
Apex Legends  127
 128
Fotnite  132
 117

 

RTX 4050 ゲームベンチマーク

青・・・FHD高画質 赤・・・FHD最高画質

Watch Dogs Legion  105
 49
Horizon Zero Dawn  114
 94
Red Dead Redemption 2  63
 37
Assassin’s Creed Odyssey  70
 55
Monster Hunter World  90
 71
Far Cry New Dawn  94
 82
Cyberpunk 2077  72
 65
Apex Legends  122
 115
Fotnite  132
 117

 

 

ディスプレイ

Lenovo Legion Pro 5 Gen 8 16型(AMD) 正面

解像度 光沢 液晶 輝度
WQXGA(2560×1600) なし IPS 300nit
500nit
コントラスト比 色域 視野角 リフレッシュレート
1200:1 sRGB 100% 178° 165Hz
240Hz
その他
Dolby Vision、NVIDIA G-Sync、AMD FreeSync、ブルーライト軽減、HDR 400(240Hzモデルのみ)

ディスプレイは画面比が16:10と縦に長く、16インチでも17インチ以上の情報が表示されます。また、2.5Kと高精細で、ディスプレイはLenovo Puresightと言い、よりシャープな映像がより速く、そしてより現実の様に描写できるとのことです。

色域もsRGB 100%と広く、Dolby Vision(Dolby社のHDR規格)にも対応と、高品質です。

<左/sRGB 100%・右/NTSC 45%>

色域が広いと没入感も高く、画像編集などのクリエイティブワークにも合います。

リフレッシュレートが165Hzか240Hzとぬるぬるなので、fpsもどんなゲームも本格的にできます。

 

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

最新のDDR5-5200MHzが搭載で、メモリスロット2つ・最大32GBになります。Proモデルはなぜだか最大32GBに設定されていますが、64GBなど大容量にできたら、ゲーム兼クリエイティブワークにも使いやすかったですね。

 

 

ストレージ

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

ストレージは最新のSSD PCIe 4.0で、最大でSSD2枚搭載できます。最新SSDでシーケンシャル速度が高速なので、ゲームのロードもパソコンの起動も激速です。

こちらはシーケンシャル速度の、おおよその速度です。

シーケンシャル速度

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

PCIe 4.0×4  ~約7000MB/秒
 ~約5000MB/秒
PCIe 3.0×4  ~約3000MB/秒
 ~約2000MB/秒
HDD  600MB/秒
 200MB/秒

 

 

Wi-Fi 6Eとギガビットイーサネットに対応

対応周波数 速度
IEEE802.11ac
(Wi-Fi 5)
5GHz 6.9Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6E)
2.4/5/6GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWi-Fi 6に対応しており、現在主流のWi-Fi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

Wi-Fi 6EはWi-Fi 6のExtended(エクステンディット)版で、6GHz帯(高速通信)での通信ができるのですが、執筆時現在の日本では6GHz帯はまだないので使えません。最大で5GHz帯になります。

有線接続は、最大1ギガビットになります。

 

 

バッテリー駆動時間

バッテリー容量は80Whrとかなり大きいですが、パワフルなPCなのでバッテリー駆動時間は最大約6時間となります。

また、急速充電にも対応しており、約1時間で満充電になります。

 

 

インターフェイス

Lenovo Legion Pro 5 Gen 8 16型(AMD) インターフェイス

インターフェイスは左右と背面に分かれており、ケーブルで机の上がごちゃごちゃなりにくいようになっています。

右側面にはUSB 3.2 Gen 1、マイクヘッドフォンジャック、そして電子式プライバシーシャッターのボタン、左側面にはUSB 3.2 Gen 1とUSB 3.2 Gen 2 Type-Cになります。

背面はRJ45、USB 3.2 Gen 2 Type-C、HDMI、USB 3.2 Gen 1が2つ、そして電源コネクタです。

USB Tupe-Cは、2つともDisplayPort出力機能付きです。

 

 

サポート・保証

Lenovo サポートと保証

標準で1年間の「引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、最長4年まで延長できます。

引き取り修理とは、家などの指定住所にLenovoの指定業者がPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれる保証です。保証期間内は、基本的に修理費・郵送費など無料です。

 

Lenovo Legionのサポート

また、カスタマイズモデル以外には標準で、「ゲーミングに特化した24時間サポート・Legion Ultimate Support」が付いています。このサポートの特徴は、パソコンの不具合の対処法や使い方の事だけじゃなく、最新ゲームの推奨環境やゲームを快適にプレイする上での知識・どうやったら勝てるかなども提供しています。

しかも、スタッフはゲームに精通した熟練プレイヤーなので、専門用語(ゲーム用語)やコミュニティ用語での会話が可能です!

このサポートのおかげで、初心者でも気軽にゲーミングPCデビューできるようになりましたね。

 

 

まとめ

 

良い点

・最新スペック満載
・ミドルクラスからハイエンドのスペックが選べるので、予算ややりたいゲームによてカスタマイズできる
・メモリとストレージの増設/換装が可能
・リフレッシュレートが高い
・ベゼルがかなり細い
・広色域なので、クリエイターにも向いた機種
・通気孔が大きい
・タイピングしやすいキーボード

 

悪い点

メモリをもっと大きくできたら業務用クリエイターPCとしても十分使えた

 

総合評価

最新スペック満載で、グラボも最新のRTX 40シリーズが搭載です。最高でRTX 4070を搭載できるので、スペック的に困ることはほぼないと思います。また、リフレッシュレートが高いので、ガチ勢にも合うと思います。

個人的に言えば、ゲームをする人って、画像編集や動画編集などをする人も多いと思うので、メモリがより大きかったらうれしかったです。

 

 

公式サイト