Lenovoタブレット全機種の評判と比較レビュー

Lenovoはノートパソコンで有名だと思いますが、タブレットも多く販売されており、15種類のAndroidタブレットと、4種類のWindowsとChrome OSのタブレットがあります。

Lenovoのタブレットはコスパも高く用途に分けて機種も選びやすいので、私一家も3つ使っています。

それぞれの特徴や、どういった用途に合うかもあわせてご紹介します。

Lenovoでは11月19日から12月2日まで「Black Fridayセール」をやっており、最大63%%OFFになっています。また、この期間に購入した人に抽選で1万円のアマゾンギフト券をプレゼント中!

特にThinkPadシークレットセール(最大49%OFF)は熱いセールになっています。(12月1日20時~12月2日朝6時)

この機会をお見逃しなく!

Lenovoタブレットの種類と特徴

Android OS
Pシリーズ パワフルな最上位モデル
Kシリーズ 2021年6月に登場した新シリーズで、上位モデル
Mシリーズ ミドルクラスの性能で普段使い用としては優秀
Eシリーズ エントリーモデルで、控えめな性能
Yogaシリーズ スマート家電も操作しやすく大きめのスピーカー搭載
Chrome OS
Chromebook デスクトップ版のChromeブラウザを使用し、キーボード・ケース付き
Windows OS
Windows ビジネス用、キーボード・ケース付き

Lenovoは機種名からある程度のスペックが予想でき、最上位モデルのPシリーズはPowerful(パワフル)、MシリーズはMiddle(ミドルモデル)、EシリーズはEntry(エントリーモデル)の頭文字だと思います。

また、M10は10インチ、M8は8インチ、M7は7インチとインチ数も表示されているので、分かりやすいですね。

YogaはノートパソコンのYogaシリーズ同様、おしゃれでハイスペックな機種、Chromebookはクロームブック、WindowsはWindows PCと同じ中身で、外見がタブレットPCと言うものです。

ちなみに、AndroidのタブレットとChrome OSのChromebookの違いは、ブラウザがモバイル版かデスクトップ版かと言う違いです。

細かな違いがありますが、普通に使う分には違いはほとんどないと思います。検索したときにデスクトップの様により多くの情報が表示されるか、スマホの様に簡易版かなどの違いですが、拡張機能を使いたい場合は、デスクトップ版でないと使えません。

ChromebookとタブレットAndroidの違い<左Chromebook・右Tab M10 FHD Plus 2nd Gen>

また、ChromebookとWindows以外は、キーボードやカバーは付属でない場合がほとんどです。

Lenovo Ideapad Duet Chromebookの本体とキーボード、カバー

Lenovo Ideapad Duet Chromebookの本体とキーボード、カバー

<Chromebook・IdeaPad Duet>

ただしP・Mシリーズはスマートコネクタがあり、こういったスピーカー兼充電機能付きのSmart Dockが使えます。

Smart dock

Alexa的な使い方をするときや、スマート家電操作用として使う時は、このSmart Dockがあると使いやすいです。

ストレージ

ストレージはほぼすべての機種で小さめですが、P・M・E・Yogaシリーズではmicro SDカードを入れて増設ができます。

Tab M10 HD 2nd GenにMicro SDカードを入れてストレージの増設<Tab M10 HDのmicro SDカードスロット>

機種によりますが、128GB~256GBまで増設できるので、容量はあまり気にしなくても良いかもしれません。

SanDiskのMicroSDカード

SanDiskのmicro SDカードは質が高いので、おすすめですよ。

LTE

LTEとは、スマホの様にSIMカードを入れて常時インターネット接続が可能になる機能で、タブレットはnanoSIMカードを使って通信をします。

同一機種でも、LTE対応モデルとそうでないモデルがあるので購入時に確認が必要です。

Tab M10 HD 2nd GenのSImトレーとMicro SDカードトレー

nanoSIMカードはmicro SDカードトレーと同じ場所にあり、左はLTE対応機種のもの、右は非対応のものでnanoSIMカードの場所が塞がっています。

設定は簡単で、ここにnanoSIMを入れたらOKです。

インターフェイス

Lenovoタブレットのインターフェイス

タブレットなのでポートは少なく、基本的にUSB-Cが1つあるだけです。ここで、充電をしたり、パソコンに繋いだりします。また、一部の機種はOTG機能付きで、パソコンを介さずに直接外付けHDDなどのデータにアクセスできるので、パソコンを持っていない人でも「ストレージがいっぱいになったら直接HDDなどにデータを移動できる」と言う利点があります。

Lenovo tab M10 FHD Plus Gen 2 直接HDDを直接繋げたところ<Lenovo tab M10 FHD Plus Gen 2>

Microsoftオフィスは使える?

もちろん、使えます。Google PlayからOfficeのアプリをダウンロードできるし、公式サイトの無料のオンラインOfficeも使えるので、心配なしです。

ただし、ある程度のスペックが無いと動きが悪いかもしれません。

Lenovo IdeaPad Duet ChromebookでオンラインのMicrosoft officeの使い方

サポート・保証

Lenovoタブレットの保証とサポート

ほぼすべての機種に、標準で1年間「片道引き取り修理」保証と、電話・チャット・LINE・メールでのサポート(朝9時~夕方6時まで)があり、最長2年まで延長できます。2年にした場合は、引き取り修理にアップグレードされます。

・片道引き取り修理・・・自分でリペアセンターに郵送・保証期間内は修理費・パーツ代・返送費など無料
・引き取り修理・・・Lenovo指定業者が自宅に引き取りに来て、リペアセンターに郵送・保証期間内は修理費・パーツ代・郵送費など無料

違いは、「自分で郵便局などに行って郵送する」か、「業者が引き取りに来てくれるか」の差です。修理拠点は日本国内なので対応も速く、安心して任せることができます。

また、アクシデントダメージプロテクションという通常保証じゃカバーしない「水濡れ・落下・火災・紛失など」にも対応した保証もあります。

選び方

種類が多いので、大まかな選び方をご紹介します。各機種の詳細は、下のレビューをご覧ください。リンクをクリックすると下記の各項目に移動し、ブラウザの戻る「←」を押すとここに戻ってきます。

ビジネス用途 PシリーズWindows
ビジネス用(外出向け) WindowsChromebook
普段使い/ビジネス用途 PシリーズMシリーズChromebookYogaシリーズ
子供向け MシリーズEシリーズ
家族共用(リビング用) PシリーズMシリーズEシリーズYogaシリーズ
小型外出用(7~8インチ) MシリーズEシリーズ
ゲーム用 MシリーズPシリーズChromebookYogaシリーズ

WindowsとChromebookはキーボードも付属しているので、しっかりとした作業がしやすいという特徴があります。Officeを使ったり、メールの返信だったりですね。

その他のタブレットもワイヤレスの外付けキーボードを使ったり、キーボード付属モデルもあるときがあるので、それであれば使い勝手が上がります。

タブレットに外付けキーボードを接続<Lenovoタブレットに外付けキーボードを接続>

筆者が購入したタブレットです。

Pシリーズ

Pシリーズはパワフルなモデルで、価格も若干高く性能も高いです。ボディにはメタルを使用(一部の機種は一部分に使用)しており、丈夫なつくりになっています。

「サクサク快適に使いたい」人は、こちらをどうぞ。

Tab P11 Pro

Lenovo Tab P11 Pro2.5Kディスプレイにメモリ6GBと大容量、バッテリー駆動時間も15時間と長いので、持ち運びにも便利です。ディスプレイの品質が高いので、映画などを見ることが多い人にも合います。Lenovoの純粋なタブレットでは一番の性能で、サクサク快適に使いたい人向けです!

発売日 2020年11月4日
CPU Snapdragon 730G
メモリ 6GB
ストレージ 128GB(最大256GBのMicro SDカード搭載可能)
OS Android
ディスプレイ(11.5型) 2.5K OLED
その他 WiFi5、顔認証、指紋センサー、オールメタルボディ
バッテリー 最大15時間
重さ 485g
価格 6.2万円

レビュー

公式サイト

Tab P11

Lenovo Tab P11本機種は上で紹介したProモデルの廉価版ですが、Lenovoタブレットでは上位モデルです。最大の特徴は次世代通信規格のWiFi6に対応した点で、通信速度がWiFi5に比べかなり速く、そして安定しています。本機種は量販店モデルで、公式サイトでは販売されていません。お近くの電気屋さん、もしくは楽天で購入できます。

発売日 2021年3月2日
CPU Snapdragon 662
メモリ 4GB
ストレージ 64GB(最大256GBのMicro SDカード搭載可能)
OS Android
ディスプレイ(11型) 2K IPS
その他 WiFi6、顔認証
バッテリー 最大12時間
重さ 490g
価格 4.7万円前後

レビュー

公式サイト

Yogaシリーズ

おしゃれでスマートなハイスペックモデルで、リビングに置いて使いたくなるような機種です。

Yoga Tab 13

Lenovo Yoga tab 13ハイエンドタブレットで、Lenovoではピカ一の性能、同業他所を合わせてもかなり上位の性能と価格になっています。こんなタブレットを持っていたら、生活が豊かになりそうですね。

発売日 2021年7月28日
CPU SnapDragon 870
メモリ 8GB(LPDDR5)
ストレージ 128GB
OS Android 11
ディスプレイ(13型) 2K IPS, Dolby Vision
その他 WiFi6、内蔵スピーカー4つ、内蔵マイク3つ
バッテリー 最大12時間
重さ 830g
価格 約8.7万円~

レビュー

楽天

公式サイト

Yoga Tab 11

Lenovo Yoga Tab 11量販店モデルで公式サイトでは販売されていませんが、スペックの高いタブレットです。ゲームや編集作業もしやすく、ディスプレイはDolby Visionのハイダイナミックレンジ対応なので迫力のある色彩が楽しめる機種です。

発売日 2021年7月28日
CPU MedieTek Helio G90T
メモリ 4GB/8GB
ストレージ 最大256GB(micro SDカードで最大512GBまで増設可能)
OS Android 11
ディスプレイ(11型) 2K IPS, Dolby Vision
その他 WiFi5、内蔵スピーカー4つ
バッテリー 最大15時間
重さ 650g
価格 約4.2万円~

レビュー

公式サイト

楽天

Yoga Smart Tab

Lenovo Yoga Smart TabJMLの2Wスピーカーが2つ付いた機種で、ドルビーアトモス対応と、オーディオ関係は結構良い機種です。ゲームなどの高負荷な事も比較的でき、ベッドやソファに寝転がって映画を見たりと重宝する機種です。

発売日 2019年10月24日
CPU Qualcom Snapdragon 439
メモリ 3GB
ストレージ 32GB(micro SDカードで最大256GBまで増設可能)
OS Android
ディスプレイ(10.1型) FHD IPS
その他 WiFi5、LTE対応
バッテリー 最大11時間
重さ 580g
価格 約2.5万円

アマゾン

楽天

Kシリーズ

現在1機種しかないので詳細は不明ですが、Mシリーズよりも性能が高そうなシリーズです。

Tab K10

Lenovo Tab K10量販店モデルの本機はTab M10 FHDと似た様なスペックになっていますが、バッテリー駆動時間が約15時間と長く、外で使う人に向いています。スペック的にはゲームもできるほどで、使い勝手は高いです。

発売日 2021年6月15日
CPU MediaTek Helio P22T
メモリ 4GB
ストレージ 64GB(最大128GBのMicro SDカード搭載可能)
OS Android 11
ディスプレイ(10.3型) FHD IPS
その他 WiFi5、LTEモデルあり
バッテリー 最大15時間
重さ 460g
価格 4万円前後から

楽天
公式サイト

Mシリーズ

Mシリーズは普段使いであれば問題ない性能があり、低価格なのに意外にサクサク使えます。コスパが高いですね。

オールメタルボディの機種もあり、耐久性の高いシリーズで一番人気のシリーズです。

Smart Tab M10 FHD Plus with Alexa Built-in

Smart Tab M10 FHD Plus with Alexa Built-in価格のわりに高い性能で、Smart Dock付きなので「スマート家電」の操作にも使いやすい機種です。家族共用でリビングに置いて使いやすいですね。

発売日 2020年7月14日
CPU MediaTek Helio P22T
メモリ 4GB
ストレージ 64GB(最大256GBのMicro SDカード搭載可能)
OS Android
ディスプレイ(10.3型) FHD IPS
その他 WiFi5、LTEモデルあり、顔認証、オールメタルボディ、Smart Dock付属
バッテリー 最大9時間
重さ 460g
価格 3.6万円

レビュー
公式サイト

Tab M10 FHD Plus(2nd Gen)

Lenovo Tab M10 FHD Plus (Gen 2)筆者購入モデル
1つ前に紹介した機種と同じものですが、Smart Dockが付属でない機種になります。その代わり、本機種はLTEモデルもあるので、外出先でも常時インターネット接続が可能です。この価格でオールメタルボディと言うのも珍しく、高級感のある見た目です。

発売日 2020年6月23日
CPU MediaTek Helio P22T
メモリ 4GB
ストレージ 64GB(最大256GBのMicro SDカード搭載可能)
OS Android
ディスプレイ(10.3型) FHD IPS
その他 WiFi5、LTEモデルあり、顔認証、オールメタルボディ
バッテリー 最大9時間
重さ 460g
価格 3.1万円

レビュー
公式サイト

Tab M7 (3rd Gen)

Lenovo Tab M7 3rd gen安いのに動きも軽快で、高級感のあるメタルボディです。この価格でこの動作性能は驚きで、筆者が今年一番驚いたコスパの高いタブレットです

発売日 2021年6月29日
CPU MediaTek MT8166
メモリ 2GB
ストレージ 32GB(最大256GBのMicro SDカード搭載可能)
OS Android 11 Go Edition
ディスプレイ(7型) HD IPS
その他 WiFi5
バッテリー 最大10時間
重さ 237g
価格 1.2万円

レビュー

公式サイト

Tab M8 3rd Gen

Lenovo Tab M8 (3rd Gen)量販店モデルの8インチタブレットで、上で紹介したM7 3rd Genよりも若干高い性能になります。ギリギリ片手で持てるサイズなので、使い勝手は高めです。公式サイトでは販売しておらず、街の電気屋さんや楽天などで購入できます。

CPU Media Tek Helio P22T
メモリ 3GB
ストレージ eMMC 32GB
ディスプレイ(8型) HD ワイドIPS液晶
OS Android 11
無線 WiFi5、Bluetooth v5.0
その他 WiFiディスプレイ対応、顔認証
重さ 305g
バッテリー 約12時間
価格 販売各社による

レビュー

公式サイト

Tab M8(FHD)

Lenovo Tab M8(FHD)本機種は8インチディスプレイで、ギリギリ片手で持てるサイズです。大型のスマホと言った機種で、ゲームや動画視聴に最適です。2.6万円と低価格ですが、高級感のある見た目に、標準並みのスペックがあるのでお買い得機種です。

発売日 2020年6月23日
CPU MediaTek Helio P22T
メモリ 4GB
ストレージ 64GB(最大256GBのMicro SDカード搭載可能)
OS Android
ディスプレイ(8型) FHD IPS
その他 WiFi5、顔認証
バッテリー 最大12時間
重さ 305g
価格 2.6万円

レビュー

公式サイト

Tab M7

Lenovo Tab M77型とちょっと大きめなスマホ並みのサイズで、電子書籍リーダーとしてや、簡単なWeb検索など低負荷な事に合う機種です。性能がかなり控えめですが、1.1万円と低価格。価格なりの機種です。

発売日 2020年6月23日
CPU MediaTek MT8321
メモリ 2GB
ストレージ 32GB(最大256GBのMicro SDカード搭載可能)
OS Android
ディスプレイ(7型) HD IPS
その他 WiFi5、顔認証
バッテリー 最大10時間
重さ 236g
価格 1.1万円

レビュー

公式サイト

Tab M10 HD(2nd Gen)

Lenovo M10 HD (2nd Gen)筆者購入モデル
量販店モデルの本機種はM10 FHDの廉価版で、メモリが2GB、ストレージが32GBと小さめで、ディスプレイがHDディスプレイです。ただし、意外にサクサク使えて、家族共用としてや、子供向けとしては全然使えるほどの性能です。2万円には見えないほどの高級感があり、性能も価格以上です。

発売日 2020年11月10日
CPU MediaTek Helio P22T
メモリ 2GB
ストレージ 32GB(最大256GBのMicro SDカード搭載可能)
OS Android
ディスプレイ(10.1型) HD IPS
その他 WiFi5、LTEモデルあり、顔認証
バッテリー 最大10時間
重さ 420g
価格 2万円前後

レビュー

楽天市場

Tab B10

Lenovo Tab B10本機種はBシリーズなのですが、1機種しかないためMシリーズのページで販売されています。控えめな性能で、低負荷な事、Web閲覧や動画視聴、などであればそこそこ使えるほどです。価格なりの性能です。

発売日 2020年9月15日
CPU Qualcom Snapdragon 429
メモリ 2GB
ストレージ 16GB(最大256GBのMicro SDカード搭載可能)
OS Android
ディスプレイ(10.1型) HD IPS
その他 WiFi5、顔認証
バッテリー 最大8.5時間
重さ 480g
価格 1.3万円

レビュー
公式サイト

Tab M8(HD)

Lenovo Tab M8(HD)量販店モデルの本機種は、コスパを突き詰めた機種ですね。とにかく安いですが、普通に使える性能です。10インチなのでHDディスプレイでも画質の荒さは目立たないので、普段使い用途なら十分だと思います。

発売日 2019年11月12日
CPU MediaTek Helio A22 Tab
メモリ 2GB
ストレージ 16GB(最大128GBのMicro SDカード搭載可能)
OS Android
ディスプレイ(8型) HD IPS
その他 WiFi5
バッテリー 最大12時間
重さ 305g
価格 1.5万円前後

楽天

Tab M10 REL

Lenovo Tab M10 REL量販店モデルの本機種は、発売から時間もたっているためあまりコスパが高くない機種です。とは言っても、普通クラスの性能で、LTEモデルもあるので外出用としては使いやすいと思います。

発売日 2019年8月27日
CPU Qualcom Snapdragon 450
メモリ 3GB
ストレージ 32GB(最大256GBのMicro SDカード搭載可能)
OS Android
ディスプレイ(10.1型) FHD IPS
その他 WiFi5、LTEモデルあり
バッテリー 最大10時間
重さ 520g
価格 3.6万円前後

楽天

公式サイト

Tab M10

Lenovo Tab M10初代M10で、エントリークラスのスペックでディスプレイがHDとなっています。ちょっと古い機種とは言え、低負荷な事であれば全然使えるし、LTEモデルもあるので悪くないですね。

発売日 2018年11月6日
CPU Qualcom Snapdragon 429
Qualcom Snapdragon 450
メモリ 2GB
ストレージ 16GB(最大256GBのMicro SDカード搭載可能)
OS Android
ディスプレイ(10.1型) HD IPS
その他 WiFi5、LTEモデルあり
バッテリー 最大8.5時間
重さ 480g
価格 2万円前後

楽天

Eシリーズ

エントリーモデルでそこそこの性能が多く、低価格です。家族共用や子供向けなどの低負荷な使い方に合うと思います。

Tab4 8 Plus

Lenovo Tab4 8 Plus結構性能が高い機種で、タブレットというより大きなスマホっぽい機種ですね。スマホじゃ小さいから大きなディスプレイがよい、という人にはすごく合います。外出先で動画をよく見る人や、ベッドに寝転がって使いたいという人に合います。持ち運びもしやすいですが、バッテリーが8時間なのでパワーバンク等のモバイルバッテリーがあればよいと思います。

発売日 2019年7月9日(ニューモデル)
2017年12月19日
CPU Qualcom APQ8053
メモリ 4GB
ストレージ 64GB(最大128GBのMicro SDカード搭載可能)
OS Android
ディスプレイ(8型) FHD IPS
その他 WiFi5、LTEモデルあり
バッテリー 最大8時間
重さ 300g
価格 2.5万円前後

公式サイト

Tab E8

Lenovo Tab E88インチの家族向けタブレットで、リビングに置いてレシピを調べたり、天気を調べたりと、カジュアルな使い方に合う機種です。

発売日 2019年3月19日
CPU Media Tek MT8163B
メモリ 2GB
ストレージ 16GB(最大128GBのMicro SDカード搭載可能)
OS Android
ディスプレイ(8型) HD IPS
その他 WiFi5
バッテリー 最大10時間
重さ 320g
価格

公式サイト

Tab E10

Lenovo Tab E10量販店モデルの本機種は、そこそこの性能で、同じくリビング用としてや家族共用タブレットとして使える機種です。ただし、発売から結構日が経っているため、現在販売を確認できませんでした。

発売日 2018年12月26日
CPU Qualcom APQ8009
メモリ 2GB
ストレージ 16GB(最大128GBのMicro SDカード搭載可能)
OS Android
ディスプレイ(10.1型) HD IPS
その他 WiFi5
バッテリー 最大7時間
重さ 530g
価格

Lenovo TABシリーズ

Lenovo TABシリーズはソフトバンクから販売されているLenovoタブレットで、LTE対応モデルになります。

Lenovo TAB6

Lenovo TAB6プロセッサー性能が高めのタブレットで、高速通信ができる5G LTE対応モデルです。連続待ち受け時間は約1か月とか長く、持ち運びもしやすいサイズと重量です。

SoC Snapdragon 690 5G
メモリ 4GB
ストレージ 64GB(最大2TBのmicroSDXCカード対応)
ディスプレイ(10.3型) WUXGA TFT
無線 WiFi5、4G/5G LTE、Bluetooth 5.1
生体認証 顔認証
カラー アビスブルー、ムーンホワイト
重さ 498g
連続待受時間 最大約737時間(約30.7日)
価格 3万6720円

レビュー

公式サイト

Chromebook

キーボードやカバー付きの機種で、パソコンの様に使えるという特徴があります。外出が多く、そこまで負荷の高いことをしないのであれば、パソコンじゃなくChromebookのタブレットPCが良いかもしれません。また、ストレージの増設はできません。

持ち運びが多い人は、特に使いやすいです。

IdeaPad Duet Chromebook

Lenovo Ideapad Duet ChromeBook約4万円で、キーボードとカバー付きの本機種は、比較的がっつり使える機種で、外出時のビジネス用途にも合います。日中は持ち運び用、帰宅後はタブレットで動画を見たりと状況に合わせて「PCとして、タブレットとして」を選べます。私も約1年使っていますが、使いやすい機種ですね。

発売日 2020年6月2日
CPU Media Tek Helio P60T
メモリ 4GB
ストレージ 128GB
OS Chrome OS
ディスプレイ(10.1型) FHD IPS
その他 WiFi5、キーボード・カバー付き
バッテリー 最大10時間
重さ 450g(タブレット)
920g(カバー・キーボード装着時)
価格 約4万円

レビュー

Lenovo公式ページ

10e Chromebook Tablet

Lenovo 10e Chromebook TabletGiGAスクール構想向けのタブレットPCで、頑丈でバッテリー駆動時間が長いという特徴があります。子供に安心して使わせることができる機種ですが、ストレージの増設ができないため、最初の設定でクラウドストレージにデータを保存するように設定した方が良いです。

発売日 2020年3月24日
CPU Media Tek MT8183
メモリ 4GB
ストレージ 32GB
OS Chrome OS
ディスプレイ(10.1型) FHD IPS
その他 WiFi5、キーボード・カバー付き
バッテリー 最大16.5時間
重さ 520g(キーボード、ケース付き960g)
価格 約6.4万円前後

楽天

Windowsシリーズ

こちらは、持ち運びがしやすく、タブレットとしても使えるパソコンと言う認識が良いと思います。パソコン用のCPU搭載で、Webの表示もデスクトップ用なので、パソコンと同じような仕様で使いたい人におすすめです。

ThinkPad X12 Detachable

Lenovo ThinkPad X12 Detachable完全なるビジネスPCで、高負荷な作業にも耐えうるほどの性能です。というか、普通のノートパソコンよりも全然性能が高く、「外出先でもサクサク快適に作業をする」と言うことを考えるなら本機種は最高クラスです。

発売日 2021年2月9日
CPU Core i3-1110G4
Core i5-1130G7/1140G7
Core i7-1160G7/1180G7
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 1TB
OS Windows 10 Pro
ディスプレイ(12.3型) FHD IPS
その他 WiFi6、LTE対応モデルあり、キーボード・カバー、ペン付き
バッテリー 最大15.2時間
重さ 760g(キーボード、ケース付き1.1㎏)
価格 15.4万円前後

レビュー

公式サイト

IdeaPad Duet 350i

Lenovo IdeaPad Duet 350i子供向けの2 in 1 PCで、キーボードが取り外せる仕様です。アクティブペンも搭載しており、お絵かきをしたりペンで操作もできます。性能は控えめですが、Windows 10 Home Sモードという軽量のOSを使っているため、比較的快適に使えます。子供におすすめです!

 

発売日 2021年6月29日
CPU Celeron N4020
メモリ 4GB
ストレージ eMMC 128GB
OS Windows 10 Home Sモード
ディスプレイ(10.3型) FHD相当 IPS
その他 WiFi、キーボード、ペン付き、
バッテリー 最大11時間
重さ 602g(キーボード付き874g)
価格

レビュー

公式サイト

Tablet 10

Lenovo Tablet 10エントリークラスのCPU搭載で、外出用として使いやすい機種です。メモリは最大8GBと、タブレットとしてはかなり大きく、エントリーモデルと言いてもパワフルです。

発売日 2018年4月10日
CPU Intel Celeron N4100/N4000
メモリ 最大8GB
ストレージ 最大128GB
OS Windows 10 Pro/Home
ディスプレイ(10.1型) FHD IPS
その他 WiFi5、キーボード・カバー付き
バッテリー 最大14.5時間
重さ 654g(キーボード、ケース付き1.19㎏)
価格 約6.8万円前後

楽天