Lenovo Go USB Type-C スピーカーフォンのレビュー

本機はWeb会議などの通話することに向けて作られた製品で、公式サイトでは「特にMicrosoft Teamsを使用したオンラン会議に最適なスピーカー」と記載されています。

まぁ、Teamsだと不在通知の表示をしてくれたり、最小化されたTeamsのアプリを前面に表示したりと使い勝手が高いですが、もちろん、ZoomやSkype、Chatworkなどはもちろん、LINEやWhatsappなどの通話にも使えます。

Lenovoでは9月29日まで四半期決算セールを実施中で、大幅割引になっています!!

この機会をお見逃しなく!

Lenovo Go USB Type-C スピーカーフォンのスペック

マイク 360°全指向性マイク×2
マイク集音範囲 最大半径1.5m
ノイズキャンセル機能 環境ノイズキャンセル、アコースティック エコー キャンセレーション、自動ゲインコントロール、
接続 USB Type-C/Type-A
防滴加工 IPX2
周波数範囲 140Hz~20kHz
RMS値 3W
音圧 85dB
寸法(直径×高さ) 90㎜×49㎜
重量 265g
同梱 スピーカー収納ポーチ、USB Type-C – USB Aケーブル(79㎝)
保証 1年間
価格 1万4300円

公式サイト
Lenovo Go USB Type-C スピーカーフォン 上から

コンパクトなボディで、ポケットサイズですね。直径90㎜、高さ49㎜とのことですが、免許やクレジットカード(長辺86㎜×短辺56㎜)の縦横とほぼ同じサイズです

 

Lenovo Go USB Type-C スピーカーフォン 上から

Microsoft Teamsを使っている場合は、Teamsカレンダーで予定された会議が開始された場合やTeams通話の不在通知があった場合、Teamsボタン下部の紫LEDが点滅して知らせてくれるので、気づかなかった!と言うことが減りますね。また、Teamsボタンを押す事により、最小化されていたTeamsのアプリケーションをデスクトップ全面に呼び出したりする事もできます。

Lenovo Go USB Type-C スピーカーフォン 上部ボタン

ボタンはミュート、通話応答/終了、そしてTeamsボタンになります。

Lenovo Go USB Type-C スピーカーフォン 横から

枠のリングを回すと、音量の上げ下げができます。

2つの全指向マイクを搭載し、マイク集音範囲は最大半径1.5mです。生活音などのノイズを削減し、自動的に話している人を追従するビームフォーミング、そしてスピーカーフォンから離れた場所からしゃべっても音声を自動増幅するので、どこに座っても、もしくは歩きながら話しても相手が聞き取りやすいと思います。

インピーダンスは40Ωと高インピーダンスで、85dB、周波数は140Hz~20kHzとなっています。声を拾うためなので、十分なスペックだと思います。

インピーダンスが高いと雑音が入りにくいという特徴がありますが、音量が低インピーダンスの物よりも小さくなります。ただし、音楽を大音量で聞くわけじゃないので、問題ないと思います。

 

Lenovo Go USB Type-C スピーカーフォン 底面

接続はUSB Type-Cになり、底面に巻き付けて収納します。また、底面は滑りにくい加工をしているので、操作していてもぐらぐら動いたりしないようです。

ちなみに、Bluetooth接続はありません。

 

比較機種

Lenovo Go USB Type-C スピーカーフォン

比較的似た様なWeb会議用スピーカーの比較です。

本機 Anker PowerConf S3 オーディオテクニカ AT-CSP5
接続 USB Bluetooth、USB Bluetooth、USB
マイク 360°マイク×2、半径1.5m 360°マイク×6 360°マイク×4、半径2m
スピーカー 85dB、140~20kHz、3W、40Ω 20~20kHz、3W 90dB±2、250~1.8kHz、3W、4Ω
ビームフォーミング ×
ノイズリダクション
音量調整
エコーキャンセラー
価格 1万4300円 8980円 1万6500円

スピーカーは似たようなスペックですが、マイクの数が全然違いますね。Lenovoは2基、Ankerは6基、そしてマイクのブランドで有名なオーディオテクニカは4つになっています。

本機だけはTeamsに最適化されているので、Teamsをメインに使っている人には若干使いやすいですが、Zoomやチャットワークが多い人は、本機にこだわる必要もなさそうです。

 

最後に

Lenovo Goシリーズはマウスやキーボードなど色々なものが販売されているので、こちらも確認してみてください。

Lenovo Goシリーズ全製品のレビュー