Lenovo IdeaPadおすすめ機種を紹介!6つのアイデアパッド使う愛用者が激選!

レノボのパソコンで人気のシリーズと言えば、アイデアパッドですね。

私もIdeaPad Duet ChromebookからIdeaPad Slim 550、Flex 550iなどを家族共用PCとしてや仕事用にも使っています。

IdeaPadは2 in 1 PCのFlexや、小さく持ち運びがしやすいDuetなどいろんな特徴があるモデルが多いですよね。

私の家では妻もレノボ、妻の父もレノボを使うほど一家総出でレノボ愛用者なので、ほんとにおすすめできる機種を紹介していきます。

Lenovoでは9月1日までサマーセールを実施中で、最大55%OFFになっています!!

この機会をお見逃しなく!

IdeaPadの特徴

筆者所持のLenovo IdeaPadシリーズ・ノートパソコン<写真は、IdeaPad Flex 550 15 AMD Ryzen 5000・IdeaPad Duet Chromebook・Flex 550i 14型・IdeaPad 320S>

IdeaPadの特徴は、「おしゃれ・低価格・高性能モデルもあり」だと思います。安い機種は3万円台からありますが、普通以上の性能でも5万円前後からあります。Lenovoで一番人気のモデルですね。

また、新しい機種になるにつれて、ベゼル(画面の黒い枠)がどんどん細くなっているんです。

Lenovo IdeaPad Slim 550のベゼル比較

ベゼルが細いとボディがより小さく、より軽量になるので見た目もおしゃれだし、持ち運びもしやすいですね。

また、私も購入したFlex 550iは2 in 1 PCなので、場所を選ばずに使えます。使い勝手が良かったので、14型と15型2つ購入しました。

Lenovo Ideapad Flexの各モード

通常のパソコンのように使う「デスクトップモード」や、タブレットのように使える「タブレットモード」、ベッドやソファで使うときは底面の吸気口を塞がないように使える「テントモード」など、状況に合わせて使えます。

Lenovo IdeaPad全

上の写真は左から、IdeaPad Slim 360 17インチ、IdeaPad Flex 550 15.6インチ、IdeaPad Slim 550i 14インチ、IdeaPad Chromebook Duetです。

Lenovo IdeaPad Flex 570 14 AMD スタンドモード

2022年7月にFlex 570も購入しました。

 

性能

IdeaPadは執筆時現在37種類のノートパソコンがあり、低スペックからハイスペックモデルまであります。なので、一概に性能はこれですとは言えませんが、本記事では37種類のモデルから厳選した機種を紹介しており、普通以上の性能の機種のみを紹介しています。

例えば、最新のインテル第11、12世代CPU搭載モデルや、超人気のRyzen 5000シリーズ搭載モデルなども紹介しているので、性能はお墨付きです。

また、ほとんどの機種はHDMIやUSB-CからDisplay Portに映像出力ができるので、ケーブル一本で外付けモニターが使え、複数画面で作業をすることができるし、お持ちのテレビにHDMIやDisplay PortポートがあればYoutubeやNetflixを大画面で見ることもできます。

ただし、100番台と300番台の機種は(例・Slim 145やSim 360など)低価格モデルなので、指紋センサーが無かったり、インターフェースの数が少ないこともあります。

 

サポート・保証

IdeaPadの保証とサポート

IdeaPadでは標準で1年間の「引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、最長3年まで延長できます。通常電話サポートは、朝9時から夕方18時までです。(月に数回休日あり)

また、Premium Careと言うサポートにアップグレードができ、こちらは24時間365日専任のエージェントが電話対応します。

IdeaPadの保証とサポート 詳細

引き取り修理とは、家などの指定住所にLenovo指定業者がPCを引き取りに来て、リペアセンターに配送、修理後に返送してくれるサービスで、郵送費はLenovo負担になります。

また、修理は国内でやっており、NECのコンピューター事業所で対応しているので、日本クオリティだし、修理、返送も比較的早いです。

IdeaPadの保証とサポート アクシデントダメージプロテクション

ADP(アクシデントダメージプロテクション)は、落下や水濡れ、火災などの事故による障害や、盗難紛失にも対応する保証です。これは素晴らしいと思います。

 

IdeaPadおすすめ機種

性能・価格・使いやすさを統合したおすすめ機種を紹介します。Lenovoパソコンを200台以上レビューした私が購入したモデルも入っているので、参考にどうぞ。

ちなみに私が購入したIdeaPadの一部の紹介です。(筆者購入機種はこちらですべて見れます)

2022年7月・・・IdeaPad Flex 570 14
2021年8月・・・IdeaPad Slim 360 17 / IdeaPad Slim 550i
2021年4月・・・Flex 550 15型 AMD Ryzen 5000シリーズ
2020年7月頃・・・Flex 550i 14型(インテル)、Duet Chromebook
2019年11月頃・・・IdeaPad S540 15型

 

Lenovo IdeaPad Slim 570(14型 AMD)

Lenovo IdeaPad Slim 570(14型 AMD)上位モデルのRyzen 5000シリーズが搭載でかなり性能が高く、普段使い用としては十二分の性能があります。1.39㎏と軽く、Wi-Fi 6にも対応し、バッテリー駆動時間も長めと、持ち運びがしやすい機種です

CPU Ryzen 3 5425U
Ryzen 5 5625U
Ryzen 7 5825U
メモリ DDR4 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS 光沢なし 300ニト
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 6
生体認証 指紋センサー
Webカメラ HD 720p、FHD 1080p
重さ 1.39㎏
バッテリー 最大15.1時間
価格 6.8万円~(Ryzen 5モデル)

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Flex 570(14型 AMD)

IdeaPad Flex 570(14型 AMD)2022年発売の普段使いモデルのIdeaPadですが、画面アスペクト比が16:10と縦に長く、より効率よく作業ができます。Ryzen 5000シリーズのCPUで性能も高く、ペンも付属しているので、メモ取りやイラストもできます

CPU Ryzen 3 5300U
Ryzen 5 5500U
Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(14型)
画面比
WUXGA IPS 300nit 光沢あり
16:10
無線 Wi-Fi 5、Bluetooth 5.1
その他 指紋センサー、デジタルペン同梱
重さ 1.55㎏
バッテリー 約13時間
価格 8.0万円~(Ryzen 5モデル)

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 570i Pro 16 インテル

IdeaPad Slim 570i Pro 16 インテルIdeaPad最高峰の機種で、Proと名が付くようにプロ向けの機種です。2.5K解像度にsRGB 100%の広色域、CPUやメモリ、SSDは最新モデルが搭載。そしてIdeaPadでは珍しくThunderbolt 4搭載です!16インチと大きいので、どこででも本格的な作業ができます

CPU Core i5-12500H
Core i7-12700H
メモリ LPDDR5 16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(16型) WQXGA IPS 光沢なし
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2
生体認証 顔認証
WEBカメラ FHD 1080p
重さ 約1.95㎏
バッテリー 最大19.0時間
価格 10.9万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Gaming 370i

IdeaPad Gaming 370i低価格モデルのゲーミングPCで、Legionシリーズよりも安く、初めてのゲーミングPCとしてや、中量級ゲームをする人に合う機種です。低価格モデルとは言っても、インテル12世代Hシリーズ搭載でグラボもRTX 30シリーズと性能は高く、FHD WebカメラやWi-Fi 6など、その他のスペックも高めです

CPU Core i5-12500H
Core i7-12700H
メモリ DDR4 16GB
ストレージ SSD 512GB
グラフィックス RTX 3050
RTX 3050 Ti
RTX 3060
ディスプレイ(16型)
アスペクト比
WUXGA IPS 光沢なし
16:10
リフレッシュレート 165Hz
OS Windows 11 Home
無線
有線
Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2
ギガビットイーサネット
Webカメラ 1080p FHD
重さ 2.6㎏
バッテリー
電源
最大11時間
170/230W
価格 14.2万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Flex 570(16型 AMD)

Lenovo IdeaPad Flex 570(16型 AMD)Flexシリーズで初の16インチで、2 in 1 PCとしてはかなり大きく、使い心地に賛否があるかもしれません。ただし、据え置き用として使う場合や、自宅内移動メインとしては使いやすいと思います。大画面なので映画やYoutubeは見やすいです。

CPU Ryzen 5 5500U
Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(14型)
画面比
WUXGA IPS 300nit 光沢あり タッチ
16:10
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 5、Bluetooth 5.1
生体認証 指紋センサー
重さ 2.1㎏
バッテリー 約14時間
同梱 Lenovoデジタルペン
価格 7.8万円~(Ryzen 5モデル)

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 560 Pro 16,AMD

Lenovo IdeaPad Slim 560 Pro 16,AMDゲーミングPCに搭載されるプロセッサーが搭載で、高色域・sRGB 100%の2.5Kディスプレイに、GTX 1650も搭載可能です!画像編集をするプロ向けの機種ですが、ある程度凝った動画編集もできます。IdeaPad史上最強のノートパソコンですね

プロセッサー Ryzen 5 5600H
Ryzen 7 5800H
メモリ 16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(16型) 2.5K 350nit sRGB 100% 120Hz
グラフィックス 内蔵グラフィックス
NVIDIA GeForce GTX 1650
OS Windows 10 Home
無線 WIFi6、Bluetooth v5.1
顔認証 有り
重さ 1.89㎏
バッテリー 最大14時間
価格 8万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Flex 550 15.6型(AMD Ryzen 5000シリーズ)

Lenovo Flex 550 15.6型 AMD Ryzen 5000シリーズ前作は人気がありすぎて購入できない人が続出したIdeaPad Flex 550 AMDですが、最新のRyzen 5000シリーズ搭載なので、また争奪戦になると思います。しかも、2 in 1 PCで、Ryzen 5 5500Uモデルが6.6万円からと激安です!ただし、WiFi6に対応していないのが、若干のマイナスポイントです。

プロセッサー AMD Ryzen 5 5500U
AMD Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS 光沢あり マルチタッチ
無線 WIFi、Bluetooth v5.0
指紋センサー 有り
重さ 1.8㎏
バッテリー 最大15時間
価格 6万6528円~

レビュー
公式サイト

 

IdeaPad Slim 550i(14型、15型)

Lenovo IdeaPad Slim 550iの外観・右横

リリース 2021年1月(第11世代モデル)
CPU Intel core i3-1115G4
Intel core i5-1135G7
Intel core i7-1165G7
メモリ 最大16GB(DDR4-3200MHz)
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ FHD IPS 光沢なし
指紋センサー 搭載
重さ 14型)1.45㎏
15型)1.66㎏
バッテリー 最大13時間
価格 5.6万円~

数あるIdeaPadで一番、二番人気の、Slim 550iです。

Lenovo史上一番細いベゼルで、上下左右極細になっています。なので、寸法も若干小さくなっているし、画面も大きく見え、おしゃれに見えるんですよね。

Lenovo IdeaPad Slim 550のベゼル比較

ディスプレイも高画質のフルHD・IPS液晶なので、画質が良いです。

見た目だけじゃなく、パソコンの頭脳であるCPUは最新のインテル第11世代CPU搭載で、仕事でがっつり使う人にも満足いくスペックです。

レビュー

Lenovo公式ページ

15型はこちらをどうぞ。

Slim 550i 15型公式ページ

 

IdeaPad Slim 550 14型(Ryzen 5000シリーズ)

Lenovo IdeaPad Slim 550 14型(AMD Ryzen 5000シリーズ)超高性能Ryzen 5000シリーズ搭載で、WiFi6にも対応しています!!バッテリー駆動時間も14時間と長く、重さも1.45㎏なので、持ち運びが多い学生にもお勧めの機種です!

プロセッサー AMD Ryzen 3 5300U
AMD Ryzen 5 5500U
AMD Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS 光沢なし
OS Windows 10 Home
無線 WIFi6、Bluetooth v5.1
指紋センサー 有り
重さ 1.45㎏
バッテリー 最大14時間
価格 5.9万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 550 15型(Ryzen 5000シリーズ)

Lenovo IdeaPad Slim 550 15(AMD Ryzen 5000シリーズ)超高性能Ryzen 5000シリーズ搭載でWiFi6対応と、抜群のモバイル環境で、じっくり大画面で作業をしたい人に合います。また、性能がかなり高いので、自宅にデスクトップを置きたくないけど高性能PCが欲しいという人にもおすすめです!

プロセッサー AMD Ryzen 3 5300U
AMD Ryzen 5 5500U
AMD Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS 光沢なし
OS Windows 10 Home
無線 WIFi6、Bluetooth v5.1
指紋センサー 有り
重さ 1.66㎏
バッテリー 最大15時間
価格 5.9万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 370i 17

Lenovo IdeaPad Slim 370i(17.3型 インテル)旧モデルからスペックアップしており、より使いやすい機種になりました。インテル12世代CPU搭載でディスプレイもNTSC 72%と広い色域なので色鮮やか、そして指紋センサーも搭載しています。17インチと大きいので、据え置き用として使いやすいです

CPU Core i3-1215U
Core i5-1235U
Core i7-1255U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(17.3型) FHD IPS 光沢なし
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 5
生体認証 指紋センサー
重さ 2.04㎏
バッテリー 最大約6.7時間
価格 8.2万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 360 17(Ryzen 5000シリーズ)

Lenovo IdeaPad Slim 360(17) 正面Slim 3シリーズでは珍しいフルHD IPS液晶搭載で、超高性能CPUのRyzen 5000シリーズ搭載です。他のSlim 3シリーズと比べてベゼル(画面の黒い枠)も細く、大画面なので使い勝手が高い機種です。自宅にデスクトップを置きたくない、置けないという人に特におすすめしたい機種です。

プロセッサー AMD Ryzen 5 5500U
AMD Ryzen 7 5700U
メモリ 最大8GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(17.3型) FHD IPS 光沢なし
グラフィックス 内蔵グラフィックス
OS Windows 10 Home
無線 WIFi、Bluetooth v5.0
指紋センサー 有り
重さ 2.2㎏
バッテリー 最大8時間
価格 6万4438円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Flex 550i(14・15)

IdeaPad Flex 550i

最大の特徴は2 in 1 PCなので、場所を選ばずに使えることですね。ヒンジが360度回転するので、タブレットとしても使えます。デジタルペンが同梱されているので、イラスト作成やメモ取りも紙に書くようにできます。書き心地はかなりいいです。パソコンの頭脳であるプロセッサーには高性能の11世代CPUが搭載なので、ただの2 in 1 PCじゃなく、がっつり仕事でも使える性能がある2 in 1 PCになります。

リリース 2021年1月(11世代モデル)
プロセッサー Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 128GB~512GB
ディスプレイ FHD IPS 光沢あり マルチタッチ
グラフィックス 内蔵グラフィックス
Iris Xe
指紋センサー 有り
重さ 1.5㎏~
バッテリー 11.9時間
同梱 アクティブペン
価格 8.5万円~
Lenovo Ideapad flex 550・テントモード Lenovo Ideapad flex 550・タブレットモード

レビュー

公式サイト・15型

公式サイト・14型

 

Ideapad duet Chromebook

Lenovo Ideapad duet chromebook

私は持ち運び用に購入したのですが、家でも使うことがあるくらいタイピングがしやすく、サクサク動くんです。PowerDirectorで動画編集も出来たし、 記事の執筆もできるくらい高性能です。2 in 1 PCというかキーボードが取り外しできるので、タブレットとしても使えるし、重さも450g(キーとカバー装着時は920g)なので持ち運びが楽です。低価格PCを探している人や、2台目の持ち運び用を探している人にはおすすめですよ。

プロセッサー Media Tek Helio P60T
コア 8コア
メモリ 4GB
ストレージ eMMC 128GB
OS Chrome OS
ディスプレイ 10.1型 WUXGA IPS液晶 光沢あり マルチタッチ
グラフィックス CPU内蔵(Arm Mali-F72 MP3)
重さ 450グラム(計測では458g)
キーボードとスタンドカバー装着時・920グラム(計測では938g)
バッテリー 10時間
価格 約4万円~

レビュー

Lenovo公式ページ

 

最後に

IdeaPadはバラエティが豊富なので、いろんな人・いろんな用途に使えるラインナップがあります。

比較的低価格で販売されているので、購入もしやすいし、Lenovoでは時期によっては24回~48回払いまで金利手数料無料でやっているのもうれしいですね。

他にもThinkPadやThinkbookもレビューをしているので、こちら併せてどうぞ。

Lenovoおすすめノートパソコン11選・愛用者が紹介するから間違いない!

Lenovo ThinkPadおすすめ機種9選・Lenovo PC200台以上レビューをした私が激選!

Lenovo Thinkbookおすすめ機種