Lenovo IdeaPad Slim 350i 14(11世代インテル)のレビュー コスパで行くなら本機種がおすすめ!

人気の低価格モデルSlim 350iの新モデルで、2021年1月にインテル11世代CPU搭載機種が発表されました。

執筆時現在、IdeaPadシリーズで11世代CPU搭載モデルは本機種と、本機種の上位モデルであるSlim 550iのみになっているので、安いけど高性能PCを探している人にはうってつけの機種だと思います。

14型で持ち運びがしやすいですがLenovoにしてはバッテリー駆動時間が長くないので、主に家庭で使う据え置き用か、モバイルバッテリーか充電アダプターを持ち運べば、外出が多い人でもバッテリーを気にせずに使用できます。

現在Lenovoでは即納!駆け込みセールを行っており、最大53%の割引になっています。この機会をお見逃しなく!

IdeaPad Slim 350i 14(11世代インテル)のスペックレビュー

Lenovo IdeaPad Slim 350i 正面

CPU Intel core i3-1115G4
Intel core i5-1135G7
Intel core i7-1165G7
メモリ 最大8GB
ストレージ SSD 最大512GB
グラフィックス インテルUHDグラフィックス
Iris Xe
ディスプレイ 14型 フルHD TN液晶 光沢無し
OS Windows 10 Home
Microsoft Office Office Home &Business 2019搭載モデルあり
無線 WiFi、Bluetooth v5.0
その他 指紋センサーなし、SDカードリーダーあり
セキュリティ Windows Defender
寸法 327.1x241x19.9㎜
重さ 1.5㎏
バッテリー 最大7.3時間
保証 引き取り修理1年間
価格 5万512円~

パソコンの頭脳であるCPUは、最新のインテル第11世代CPUが搭載なので、今まで以上にサクサク動きます。特に、Core i3とi7の性能が10世代CPUから飛躍的に上がっており、Core i3でもかなり快適に、Core i7は専門的な用途に搭載されるCPU並みの性能です。

また、Core i5とi7はIris Xeが搭載で、グラフィック性能がかなり高いです。外部グラフィックボードのNVIDIA GeForce MX 330~GTX 660並みの性能で、動画編集や画像編集もやりやすいです。

メモリは8GBなのでほとんどの人には十分な容量ですが、メモリスロットが1つあるので増設も可能のようです。ここ最近オンボードばかりだったので、カスタマイザーとしては嬉しいですね。

ストレージはデータ転送速度が速く、パソコンの起動が10秒ちょっとのSSD M.2が搭載です!低価格モデルといっても、質の高いパーツを使っていますね。

と、言いたいところですが、ディスプレイは若干質が低いです。解像度はフルHDなので標準的で問題ないですが、TN液晶というコントラスト比が低いものが搭載です。見にくいわけじゃないですが、色がそこまで鮮やかじゃないです。

もう一つ付け加えると、バッテリー駆動時間が最大7.3時間と短いので、持ち運びが多い人はモバイルバッテリーがあると使いやすくなると思います。

ディスプレイとバッテリー駆動時間が気にならない人は、本機種なら格安に高性能PCが買えるのでおすすめですが、ディスプレイの質を上げてバッテリー駆動時間も長いほうがいいという人は、上位モデルのSlim 550iがおすすめです。(バッテリー最大14時間、IPS液晶、価格はSlim 350iより+5000円ほど)

公式サイト

前モデルとの比較

旧モデルのSlim 350i 14(10世代)との比較です。(メモリ・SSD・バッテリーは最大値)

本機種 Slim 350i(10世代)
CPU インテル11世代 インテル10世代
メモリ 8GB 8GB
ストレージ SSD 512GB SSD 512GB
ディスプレイ FHD TN液晶 FHD TN液晶
無線 WiFi5 WiFi5
バッテリー 7.3時間 8.3時間
重量 1.5㎏ 1.5㎏
価格 5万円~ 6万円~

CPUが第10世代から11世代に変わっていますが、筐体自体は同じものを使用しているようです。スペックが上がり、価格が安くなっています。

10世代11世代比較

CPUの性能比較

ライバル機種

本機種と似たような14型最新機種との比較です。(メモリ・SSD・バッテリーは最大値。スマホの方は表を右にスクロールできます)

本機種 Slim 550i Flex 550i
CPU インテル11世代 インテル11世代 インテル11世代
メモリ 8GB 16GB 16GB
ストレージ SSD 512GB SSD 512GB SSD 512GB
グラフィックス Iris Xeあり Iris Xeあり Iris Xeあり
ディスプレイ FHD TN FHD IPS FHD IPS
無線 WiFi5 WiFi5 WiFi5
バッテリー 7.3時間 12時間 12.2時間
重量 1.5㎏ 1.45㎏ 1.5㎏
価格 5万円~ 5.8万円~ 6.2万円~

本機種の最大の売りは、価格の安さでしょう。ハイスペックを求める人ならSlim 550iやFlex 550iが良いですが、中の上で良いというのであれば本機種はNo.1ですね。

IdeaPad Slim 350i 14(11世代インテル)の特徴

Lenovo IdeaPad Slim 350i 左斜め前から

見たところ、第10世代CPU搭載モデルから変わった部分はCPUのみですね。筐体の寸法や重さ、その他の仕様はほぼ変わってなく、CPUの性能が上がったのでバッテリー駆動時間が8.3時間から7.3時間に変わっているくらいです。

2021年にしては若干太めのベゼルで、筐体もLenovoにしては若干大きいですね。Slim 550iと差をつけるために、こうなっていると思います。

寸法は幅327.1㎜、奥行き241㎜、高さ19.9㎜で、大学ノートA4サイズ(297㎜x210㎜)と比べると、幅+3㎝、奥行き+3.1㎝となります。大きいわけじゃないですが、小さくもないサイズです。

Lenovo IdeaPad Slim 350i 側面

高さ(厚さ)は1円玉(直径20㎜)とほぼ同じサイズなので、カバンに入れてもかさばりにくいと思います。

カラー

Lenovo IdeaPad Slim 350i 背面

カラーはIdeaPad定番のプラチナグレーで、おしゃれですよね。

プライバシーシャッター

Lenovo IdeaPad Slim 350iのプライバシーシャッター

ディスプレイ上部のカメラを使用していないときは、プライバシーシャッターという物理シャッターを閉じることができます。こういった物理カバーは、セキュリティとして一般的になってきましたね。

CPU

Core i7-1165G7 Core i5-1135G7 Core i3-1115G4
製造プロセス 10nm
SuperFin
10nm
SuperFin
10nm
SuperFin
コア/スレッド 4/8 4/8 2/4
キャッシュ 12MB 8MB 6MB
グラフィックス Iris Xe Iris Xe UHDグラフィックス
基本クロック 2.8GHz 2.4GHz 3.0GHz
ブーストクロック 4.7GHz 4.2GHz 4.1GHz

CPUは普段使い用のCore i3から、ビジネス用途でも快適に使えるほどのCore i5とi7があります。

スコアの目安

  • 2000~・ネットサーフィンでもストレスを感じるほど
  • 5000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 7000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 10000~・ゲーミングPCなど専門的な機種に搭載されることが多い

↓グラフをタップすると数値が表示されます↓

注)スペックや回線、状況によって数値は変動するので、参考値として見てください

Core i3でも6000オーバーのスコアがあり、もう少しで「ビジネス用途で快適に使える目安」ですね。高い性能です。

Core i5とi7はそれぞれ8357、10402となっています。すごく高い性能です。普段用PCとして購入する人でも、より快適に使いたい場合はCore i5以上がいいと思います。

というのも、「同時に複数の作業がしやすいかどうか」の目安にコアとスレッドがあるのですが、Core i3は2コア4スレッド、Core i5とi7は4コア8スレッドとなっています。

コアとスレッド数の解説図<アプリの数は例です>

コアとスレッドが多いと同時に複数のアプリを使いやすいし、多くのタブを同時に開くこともできるので、快適度合いが変わってきます。

グラフィックス

グラフィックスはCore i3にはインテルUHDグラフィックスが、Core i5とi7にはIris Xeが搭載です。UHDグラフィックスは一般的なもので、性能も普通です。Iris Xeはかなり高い性能になっており、動画編集や画像編集もしやすく、3Dエフェクトを使っても処理が比較的速いです。

Core i5は外部グラフィックボードのMX350並み、Core i7はGTX 660並みの性能になっているので、動画編集もしやすいし、2Dゲームも快適にできると思います。

公式サイト

ディスプレイ

Lenovo IdeaPad Slim 350i 正面

解像度 液晶 光沢 輝度 タッチディスプレイ
フルHD
1920×1080
TN なし X

ディスプレイは高解像度のフルHDですが、TN液晶というコントラスト比が低く、視野角が狭いものが搭載です。

コントラスト比が低いと色の深みが少なく、IPS液晶と並べて比べると色合いが違うことに気が付きます。とは言っても、フルHDなので気にならない人は気にならないと思います。

FHD 光沢あり IPS液晶 映り込みのチェック HD 光沢なし TN液晶 映り込みのチェック

左の画像は「光沢あり」、右の画像は「光沢無し」で、一般的なノートパソコンには本機種と同じ「光沢無し」が搭載です。使っているときに自分や背景が反射しにくいので、使いやすいです。

メモリ

メモリはパソコンの作業台で、大きなメモリを搭載しているとより早く表示され、より多くのことを同時にできます。

本機種には8GB搭載なので、まず困ることはないと思います。ビジネス用途でも8GBは標準なので、十分ですね。

また、本機種はオンボードのメモリ4GB+スロットに4GBのメモリが1つ入っています。8GBのメモリ1つよりも、2枚1組で使うこのタイプの方が処理速度が速いので、普通の8GBよりもちょっと快適に使えます。

ちなみに仕様書にはメモリ最大8GBと記載されていますが、スロットが1つあるので増設も可能だと思います。

ストレージ

ストレージには高速タイプのM.2 SSDが搭載で、データ転送速度もパソコンの起動も速いです。

SSD HDD
最大データ転送速度 16Gbps~32Gbps 6Gbps
平均起動時間 10秒~15秒 30秒~2分(新品の場合)
温度 熱くなりにくい 熱くなりやすい
価格 高い 安い

 

セキュリティ

Windowsのセキュリティ

Windows 10には標準でWindows Defenderというセキュリティが付いており、マルウェアやフィッシングなどのウイルスからパソコンを守ってくれます。また、ファイヤーウォールやネットワークの保護もあり、特に設定をする必要はありません。

インターフェイス

Lenovo IdeaPad Slim 350i インターフェイス

1. 電源ジャック
2. HDMI
3. USB2.0
4. USB3.0
5. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
6. 4-in-1メディアカードリーダー 

インターフェイスはディスプレイに接続できるHDMIもあれば、USB-Aも2つ、一眼やデジカメを使っている人には必須のSDカードリーダーもあります。

お持ちの機器にUSB-Cタイプのものがあれば、USB-C – USB-Aケーブルで接続できます。

保証・サポート

IdeaPadの保証とサポート

IdeaPadには標準で「1年間の引き取り修理保証」が付属で、電話・チャット・LINE・メールでのサポートが付いています。引き取り修理とは、Lenovo指定業者が指定住所にピックアップに来てリペアセンターに持っていき、修理後に配送してくれるサービスです。

IdeaPadの保証とサポート 詳細

サポートはアップグレードでき、24時間365日専任のエージェントが対応してくれる「Premium Care」があるので、いつでも質問ができます。(通常サポートは夕方18時まで)

IdeaPadの保証とサポート アクシデントダメージプロテクション

また、ADP(アクシデントダメージプロテクション)は最長3年で、落下や水濡れ、火災などによる破損や、盗難紛失にも対応している保証です。ここまでカバーする保証も珍しいですね。

まとめ

低価格だけど11世代CPU搭載で高性能、インターフェイスも普通にあるので普段使いでは困ることはないと思うし、性能的にはビジネス用途でも全然使えます。

ディスプレイがTN液晶なので長時間使う人にはIPS液晶搭載のSlim 550iをお勧めしますが、本機種はコスパが高いのでおすすめです。

公式サイト

追記 2021年6月19日)期間限定ですが、下記リンクページは「限定クーポン」になっているので、上のリンクより若干価格が安く購入できます。

公式サイト