AMD Ryzen 5000シリーズ搭載Lenovoノートパソコン

衝撃的な性能のため世間を騒がせたRyzen 4000シリーズのプロセッサーは、デスクトップみたいな性能でかなり快適に使えますよね。

今回、後継モデルのAMD Ryzen 5000シリーズがよりパワーアップをして、市場に投入されました。あれだけ性能が高かった4000シリーズからパワーアップって・・・、楽しみですね。

Lenovoのノートパソコンも、早速Ryzen 5000シリーズ搭載のモデルをリリースしているので、ご紹介します。

Ryzen 5000シリーズの特徴

コア/スレッド 基本クロック
ブーストクロック
キャッシュ TDP アーキテクチャ
Ryzen 9 5900HX 8/16 3.3GHz
4.6GHz
16MB 45W Zen 3
Ryzen 7 5800H 8/16 3.2GHz
4.4GHz
16MB 45W Zen 3
Ryzen 7 5800U 8/16 1.9GHz
4.4GHz
20MB 15W Zen 3
Ryzen 7 5700U 8/16 1.8GHz
4.3GHz
12MB 15W Zen 2
Ryzen 5 5600U 6/12 2.3GHz
4.2GHz
19MB 15W Zen 3
Ryzen 5 5500U 6/12 2.1GHz
4.0GHz
11MB 15W Zen 2
Ryzen 3 5400U 4/8 2.6GHz
4.0GHz
8MB 15W Zen 2
Ryzen 3 5300U 4/8 2.6GHz
3.8GHz
6MB 15W Zen 2

Ryzen 5000シリーズは新アーキテクチャのZen 3とZen 2の2種類があり、Zen 2はRyzen 4000シリーズにも使われているアーキテクチャになります。

AMD Zen 2からZen 3への変更点

AMD Zen 2からZen 3への変更点<Zen 2とZen 3の変更点>

Zen 2とZen 3の変更点はいろいろありますが、大まかなものは以下になります。

  • コアからアクセスできるL3キャッシュが倍増(パフォーマンス向上)
  • IPCが19%向上し、電力当たりのパフォーマンスが最大24%UP
  • シングルスレッドの性能が最大23%UP
  • マルチスレッドの性能が最大108%UP
  • バッテリー効率が上がった

Ryzen 5000シリーズと4000シリーズの比較図

こちらは、Ryzen 7 5800UとRyzen 7 4800Uの比較で、アプリやソフトの起動やWebブラウジングの速度が最大18%UPになっています。サクサク快適ですね。

下のグラフはプロセッサーの性能を数値化した、Passmarkスコアの比較です。目安として、スコアが7000以上あればビジネス用途でも快適に使えます。

次は、Cinebench R23のスコアです。シングルコアとマルチコアの性能を数値化したものになります。IntelもAMDも販売されたばかりでデータが少ないので、逐一アップデートしていきます。

Ryzen 5000シリーズ最高峰のRyzen 7 4800Uのマルチコア性能はかなり高いですが、シングルコア性能はIntelに軍配が上がりますね。AMDはレンダリングやエンコードなどのマルチコア性能が必要なソフトに有効で、CADなどのシングルコア性能が必要なものはインテルがよさそうです。

インテル11世代CPUとの比較

Ryzen 5000シリーズとインテル11世代CPUの比較図

こちらはRyzen 7 5800Uとインテル11世代のCore i7-1165G7、Ryzen 5 5600Uと同じく11世代のCore i5-1135G7のパフォーマンスを比較したものです。正直に言うと、これは同等モデルを比較したものじゃなく、インテルの1つランクが下のものと比較しているのでフェアじゃないですが、性能が高いということは分かります。(Core i7-1165G7じゃなく1185G7、Core i5-1135G7じゃなく1145G7との比較だったら同等モデルです)

  • 普段使い・ビジネス用途の作業効率は最大27%高速
  • Microsoft Officeは最大9%高速
  • エクセルは最大23%高速
  • Edgeは最大11%高速

AMDとIntelは常に相手を上回ったプロセッサーを低価格でリリースするので、消費者である私たちは嬉しいですね。

こちらはRyzen 5000シリーズと、インテル11世代CPUのPassmarkスコアの比較です。

数字自体は大きなさがありますが、上で紹介した比較図を見る限り、スコアほどの差は無いようですね。まぁ、それでもRyzen 5000シリーズはすごく性能が高いです。

Ryzen 5000シリーズ搭載ノートパソコン

まだ市場に出たばかりのプロセッサーなのでそこまで数がないですが、新機種が投入され次第情報をアップデートしていきます。

IdeaPad Slim 550 15型(Ryzen 5000シリーズ)

Lenovo IdeaPad Slim 550 15(AMD Ryzen 5000シリーズ)14型は先行販売されていましたが、ようやく15型もリリースされました。15型にしては軽めの1.66㎏で、WiFi6にも対応しているので、外出が多く、外でがっつりと作業をしたい人や、デスクトップを家に置きたくないから大画面で高性能ノートが欲しいという人に合いますね。

プロセッサー AMD Ryzen 3 5300U
AMD Ryzen 5 5500U
AMD Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS 光沢なし
OS Windows 10 Home
無線 WIFi6、Bluetooth v5.1
指紋センサー 有り
重さ 1.66㎏
バッテリー 最大15時間
価格 5.9万円~

レビュー
公式サイト

Legion 760

Lenovo Legion 760Legionはどこまで進化するんだっていうくらいハイスペックな機種で、上位モデルのデスクトップゲーミングPC並みの性能です。RTX 3080はVRAMが16GBと大容量なので、重たいゲームはもちろん、動画編集や画像編集も快適にできます。執筆時現在(2021年3月31日)、最強最高性能です。

CPU Ryzen 7 5800H
Ryzen 9 5900HX
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 1TB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3070
NVIDIA GeForce RTX 3080
ディスプレイ(16型) WQXGA(2.5K) IPS液晶 Dolby Vision 光沢なし
リフレッシュレート 165Hz
有線 100BASE-TX/1000BASE-T
無線 Killer Wireless-AX 1650、Bluetooth v5.1
寸法 356×261.8×20.1㎜
重さ 2.5㎏
バッテリー 3.1時間
保証 1年間
価格 21万951円~

レビュー

公式サイト

Legion 560 Pro(Ryzen 5000 Hシリーズ)

Lenovo Legion 560 ProRyzen 5800H+RTX 3070搭載のハイエンドゲーミングPCです!今までの最高性能をかる~く更新しています。ディスプレイが16:10と縦が長く、2.5K、そして16型なので、大画面で迫力ある映像を楽しめます。また、動画編集や画像編集をするクリエイターにも向いた機種です。

CPU Ryzen 7 5800H
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3070
ディスプレイ(16型) WQXGA(2.5K) IPS液晶 Dolby Vision 光沢なし
リフレッシュレート 165Hz
無線 WiFi6、Bluetooth v5.2
寸法 356x264x21.7㎜
重さ 2.45㎏
バッテリー 3.9時間
保証 1年間
価格

レビュー
公式サイト

IdeaPad Slim 560 Pro 16,AMD

Lenovo IdeaPad Slim 560 Pro 16,AMDIdeaPadではレアな高解像度2.5Kのディスプレイに、sRGB 100%と高色域になっています。また、最大輝度も350nitとかなり明るく、リフレッシュレートが120Hzと、ゲームもぬるぬるプレイできるハイスペックです。プロセッサーには通常の省電力モデル(末尾がU)でなく、ハイパフォーマンスモデルのHで、デスクトップ向けのハイエンドCPU並みの性能です。最強の一言ですね。

プロセッサー AMD Ryzen 7 5800H
メモリ 16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(16型) QHD(2.5K) 350nit sRGB 100% 120Hz
グラフィックス 内蔵グラフィックス
NVIDIA GeForce MX450
OS Windows 10 Pro
無線 WIFi6、Bluetooth v5.1
顔認証 有り
重さ 2㎏
バッテリー 最大10時間
価格 販売開始時に追記

レビュー

IdeaPad Slim 360(15)

Lenovo IdeaPad Slim 360 15型Slim 3シリーズでは一番ベゼルが細く、おしゃれな本機種は、バランスの取れた構成になっています。外出先でも大画面で作業をしたい人や、理系の学生、そして家族共用PCとしても活躍する性能と機能があります。上位モデルのSlim 5シリーズとそん色ない機種です。

プロセッサー AMD Ryzen 3 5300U
AMD Ryzen 5 5500U
メモリ 最大8GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS 光沢なし
グラフィックス 内蔵グラフィックス
OS Windows 10 Home
無線 WIFi、Bluetooth v5.0
指紋センサー 有り
重さ 1.7㎏
バッテリー 最大9時間
価格 販売開始時に追記

レビュー

IdeaPad Slim 360 (17)

Lenovo IdeaPad Slim 360(17) 正面ここ最近数が減ってきた17.3型の大画面で、Slim 3シリーズとしては破格のフルHD IPS液晶搭載です。ベゼル(画面の黒い枠)も細くなり、ディスプレイも見やすくなっていますね。大画面で作業をしたい人は、検討に値する機種です。

プロセッサー AMD Ryzen 5 5500U
AMD Ryzen 7 5700U
メモリ 最大8GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(17.3型) FHD IPS 光沢なし
グラフィックス 内蔵グラフィックス
OS Windows 10 Home
無線 WIFi、Bluetooth v5.0
指紋センサー 有り
重さ 2.2㎏
バッテリー 最大8時間
価格 6万4438円~

レビュー
公式サイト

IdeaPad Slim 550 14型(Ryzen 5000シリーズ)

Lenovo IdeaPad Slim 550 14型(AMD Ryzen 5000シリーズ)WiFi6対応で、重量が1.45㎏、そしてバッテリー駆動時間が最大14時間と比較的長いので、外出先でもがっつり作業をする人にお勧めの機種です。メモリも最大16GB搭載可能なので、高性能CPUの足を引っ張らずに最適に使えます。

プロセッサー AMD Ryzen 3 5300U
AMD Ryzen 5 5500U
AMD Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS 光沢なし
グラフィックス 内蔵グラフィックス
OS Windows 10 Home
無線 WIFi6、Bluetooth v5.1
指紋センサー 有り
重さ 1.45㎏
バッテリー 最大14時間
価格

レビュー
公式サイト

IdeaPad Flex 550 15.6型(AMD Ryzen 5000シリーズ)

Lenovo Flex 550 15.6型 AMD Ryzen 5000シリーズ15型・2 in 1 PCの本機種は若干重いですが、状況に合わせて形を変えることができるので、どこにいても本格的な作業ができます。1.8㎏と若干重たいので、持ち運びが少ない人なら、これが使いやすいと思います。

プロセッサー AMD Ryzen 5 5500U
AMD Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS 光沢あり マルチタッチ
グラフィックス 内蔵グラフィックス
OS Windows 10 Home
無線 WIFi、Bluetooth v5.0
指紋センサー 有り
重さ 1.8㎏
バッテリー 最大15時間
価格 6万6528円~

レビュー
公式サイト

IdeaPad Flex 550 14(AMD Ryzen 5000シリーズ)

Lenovo Flex 550 14型 AMD Ryzen 5000シリーズこちらは14型・2 in 1 PCで、重量が1.5㎏と、15型よりも300g軽くなっています。バッテリー駆動時間も最大16時間と長いので、外出が多い人はこちらが使いやすいです。

プロセッサー AMD Ryzen 3 5300U
AMD Ryzen 5 5500U
AMD Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS 光沢あり マルチタッチ
グラフィックス 内蔵グラフィックス
OS Windows 10 Home
無線 WIFi、Bluetooth v5.0
指紋センサー 有り
重さ 1.5㎏
バッテリー 最大16.1時間
価格 5万8916円~

レビュー
公式サイト

 

まとめ

現在は機種が少ないですが、すぐに新しいモデルが追加されるので、時々本記事を読み返してみてください。

インテル11世代CPU搭載機種はかなり出ているので、こちらのまとめ記事を参考にどうぞ。