Lenovo Legion 550i 17型のレビュー RTX 2060・144fpsで12万円台からの高コスパモデル

大画面の17型で、Core i7-10750H・RTX 2060搭載のミドルクラスPCになります。基本性能は高く全体的に高品質な機種で、ディスプレイもHDR対応、より豊かな色彩を描写できるsRGB 100%相当になっています。

また、執筆時現在ではLegion 550i 15型同等性能よりも価格が安くなっていいるので、お買い得です。

現在Lenovoでは4月22日までスタートダッシュセールを開催しており、最大61%の割引になっています。この機会をお見逃しなく!

 Legion 550i 17のスペックレビュー

Lenovo Legion 550i 17 正面

CPU Intel core i7-10750H
コア/スレッド 6/12
クロック数 2.6GHz(ブースト時5.0GHz)
メモリ 16GB
ストレージ SSD 512GB+HDD 1TB
SSD 1TB
ディスプレイ FHD IPS 光沢なし Dolby Vision sRGB 100%相当
リフレッシュレート 144Hz
グラフィックボード NVIDIA GeForce RTX 2060
キーボード 100%アンチゴースト
無線 WiFi6、Bluetooth v5.0
オーディオ Dolby Atmos for Gaming PC
サイズ 398.6x290x24.3㎜
重さ 2.98㎏
バッテリー 最大10.6時間
電源 230W
保証 1年間引き取り修理
価格 税込)12万9800円

パソコンの頭脳であるCPUには、超高性能CPUのIntel core i7-10750H搭載で、6コア12スレッド、ブーストクロックは5.0GHzと高いです。

メモリは8GBx2の16GBで、デュアルチャンネルなので16GBのメモリ1枚を使用するよりも処理が速いです。メモリスロットは2つあるので、最大32GBまで増設できますね。

ストレージはSSD PCIe NVMeで1TBです。パソコンの起動も速いし、データ移動も、ゲームのロードも高速ですね。

グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX 2060とミドルクラスの性能なので、ある程度の重量級ゲームもプレイができます。

ディスプレイはフルHD IPSで、Dolby Vision対応(HDR)でsRGB 100%相当(NTSC 72%)なので、豊かな色彩が描写されます。ゲームへの没入感が違いますね。また、リフレッシュレートは144Hzと高く、ぬるぬるゲームができます。

持ち運ぶことは少ないと思いますが、バッテリー駆動時間が10.6時間もあるので、気分転換に部屋を移動してプレイもできます。

有線接続も可能で次世代通信規格のWiFi6(9.6Gbps)にも対応しているので、現行のWiFi5(6.9Gbps)よりも約40%ほど高速のデータ通信が可能です。有線じゃなくても通信速度が速いですね。

オーディオにもこだわり、ハーマンカードンのスピーカーシステムが、オーディオにはDolby Atmos for Gamingが採用されています。ハーマンカードンと言えば、BMWやベンツなどの高級車に使用されるスピーカーですね。

電源も230Wと大きめなので、より高いパフォーマンスが発揮できます。

全体的にまとまった構成で、価格も税込み約13万円と安いと思います。

公式サイト

前モデルのと比較

旧モデルのLegion Y540 17との比較です。(メモリ・SSD・バッテリーは最大値)

本機種 Y540 17
CPU Core i7-10750H Core i7-9750HF
Core i5-9300H
メモリ 32GB(2933MHz 32GB(2666MHz)
ストレージ SSD 512GB+HDD 1TB
SSD 1TB
SSD 1TB+HDD 2TTB
ディスプレイ FHD IPS 144Hz FHD IPS 60~144Hz
GPU RTX 2060 GTX 1650,1660 Ti
RTX 2060
無線 WiFi6 WiFi5
バッテリー 10.6時間 3.2時間
電力 230W 170W
価格 13万円~ 12万円~

順当にスペックも上がり、電力も230Wと大きくなったので、パフォーマンスが大幅に上がっていますね。以前はグラボによってはリフレッシュレートが60Hzのディスプレイもありましたが、今回はRTX 2060なので144Hzのみになっています。

ライバル機種

本機種と似たような最新機種との比較です。(メモリ・SSD・バッテリーは最大値。スマホの方は表を右にスクロールできます)

本機種 Legion 550Pi Legion 750i
CPU Core i7-10750H Core i5-10300H
Core i7-10750H
Core i7-10750H
メモリ 32GB 32GB 32GB
ストレージ SSD 1TB
SSD 512GB+HDD 1TB
SSD 1TB SSD 1TB
グラフィックス RTX 2060 GTX 1650/1660 Ti
RTX 2060
RTX 2060
RTX 2070S /2080S Max-Q
ディスプレイ 17型FHD IPS 15型FHD IPS 15型FHD IPS HDR
リフレッシュレート 144Hz 最大144Hz 240Hz
無線 WiFi6 WiFi6 WiFi6
バッテリー 14.5時間 10.8時間 9時間
電源 230W 170W 230W
価格 13万円~ 9.8万円~ 16.5万円~

ゲーミングPCのスペックは、どれも横並びですね。基本的にグラボ性能とCPU性能、電源の大きさで選ぶのですが、重量級ゲームをするならLegion 750iがいいですし、中~重量級ゲームならRTX 2060搭載の本機種が一番安いし、軽いゲームメインなら550Piがいいですね。

唯一、本機種は17型なので、大画面でもあります。

Legion 550i 17の特徴

Lenovo Legion 550i 17 正面

高性能ゲーミングPCにしては、ベゼル(画面の黒い枠)が細いですね。ここ最近は年々ベゼルが細い機種が増えてきたので、スリムでおしゃれに見えますね。

Lenovo Legion 550i 17型 背面

スリムに見えると言っても本機種は17型なので、大きいです。

  • 幅398.6㎜・・・500mlペットボトル2本分(424㎜)
  • 奥行290㎜・・・千円札の長辺2枚分(300㎜)
  • 高さ24.3㎜・・・10円玉(直径23.5㎜)

と、ほぼ同じになります。

Lenovo Legion 550i 17型 左側面

重さは2.98㎏と、一般的な14インチノートパソコンの2倍くらいの重さです。持ち運びをすることは少ないと思うのであまり気にならないと思いますが、小さなデスクを使っている場合は寸法を確認しておいた方がよさそうですね。

冷却システム

Lenovo Legion 550i 17型 後ろから

冷却システムはLegion Coldfront 2.0で、67の液晶ポリマーコーティングされたファンブレードを備えた4チャンネル換気システムで、空気口は大きく取られており、エアフローは良い方です。

Lenovo Legion 550i 17型 底面

底面の吸気口はかなり大きく、1つ1つのドットも大きいです。

Lenovo Legion 550i 17型 背面と天板

背面にも大きく2つ排気口があります。

Lenovo legion 550i 17 右側面排気口

右側面に1つの排気口。

Lenovo Legion 550i 17型 左側面排気口

左側面にも排気口があります。

キーボード

Lenovo Legion 550i 17型 上から

キーボードはLegion TruStrikeキーボードで、100%アンチゴーストです!アンチゴーストとは、複数のキーを同時に押した時に誤入力を防ぐ機能で、しかもキーピッチ(1つのキー中心から次のキー中心までの距離)はたったの1.5㎜なので、素早くキーを押せますね。

Lenovo Legion 550i 17型のキーボード

カーソルキーは若干下に出っ張っているので、押しやすくなっています。

オーディオ

Lenovo Legion 550i 17型 底面

底面にはスピーカーが2つあり、ハーマンカードンのスピーカーシステムが採用、オーディオにはDolby Atmos for Gamingが採用されています。

Dolby Atmosは映画館やNetflixでも採用されている規格で、最大9.1.6chのサラウンディングが可能になっています。言い換えると、音があちこちから聞こえるので、臨場感がたっぷりなんです!

CPU

パソコンの頭脳であるCPUは、超高性能のIntel core i7-10750Hで、6コア12スレッドのハイスペックCPUです。通常のノートパソコンに使用される末尾がUの省電力モデルじゃなく、H(ハイパフォーマンスモデル)になっています。

Intel core i7-10750H
開発コード Comet Lake
製造プロセス 14nm
コア/スレッド 6/12
ベースクロック 2.6GHz
ターボブースト時 5.0GHz
TDP 45W

スコアの目安

  • 2000~・ネットサーフィンでもストレスを感じるほど
  • 5000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 7000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 10000~・ゲーミングPCなど専門的な機種に搭載されることが多い

↓グラフをタップすると数値が表示されます↓

1万以上あれば専門的な機種に搭載されるハイスペックCPUですが、本機種は12900と高い数値になっています。

こちらはシングルコアとマルチコアの性能を示すスコア・Cinebench R20です。一番上が本機種搭載CPUです。

シングル・マルチともに高い性能ですね。

また、本CPUは6コア12スレッドのマルチスレッディングなので、プレイしやすくなっていますね。

グラフィックボード

RTX 2060 mobile
GPUアーキテクチャ Turing
CUDAコア 1920
ベースクロック 960MHz
ブーストクロック 1200MHz
Gigaレイ/秒 5
メモリタイプ GDDR6
メモリ容量 6GB
メモリ帯域 336Gbps
TDP 80W

グラフィックボードは、ミドルクラスのNVIDIA GeForce RTX 2060になります。

ミドルクラスとは言っても、ノートパソコンでは上位クラスにRTZ 2070とRTX 2080の2つのみなので、性能は高い方ですね。

NVIDIA GeForce RTXシリーズはリアルタイム レイトレーシングが可能で、3Dの描写が現実世界のように見えます。「レイトレーシング」とは、光線(Ray/レイ)がどのように動くか追跡して表現する技術で、これを「リルタイム」でシュミレートし描写する技術なんです。

レイトレーシング

水たまりに映る光の反射や、ガラスに反射して映る映像なんかも、かなり鮮明になっています。

また、fpsを落とさずに画質を上げることが出来るDLSSにも対応しているので、より鮮明な映像が楽しめます。

ゲームベンチマークスコア

下のグラフの単位はfps(リフレッシュレート・1秒間に更新されるコマ数)で、60fps以上は「快適」、それ以下は快適とは呼べないけどゲームによっては影響がないものも有ります。fpsが20とかになると、カクカクでゲームが出来たもんじゃありません。

RTX 2060は重量級のRed Dear Redemption 2でも画質調整すれば120近いfpsでプレイでき、重ためのモンハンワールドやFF15でも高画質でプレイできますね。

メモリ

メモリはパソコンの作業台で、メモリが大きいとより大きなファイル・多くのデータが扱いやすくなります。

メモリはDDR4-2933MHzで、8GBx2の16GBになります。デュアルチャンネルなので16GB1枚のメモリよりも処理速度が速いし、動作周波数(MHz)も2933MHzと高いので、性能は高いです。

ストレージ

ストレージは高速タイプのSSD M.2 PCIe NVMeで、パソコンの起動も速く、ゲームのロード時間も短いです。

SSD PCIe NVMe HDD
最大データ転送速度 16Gbps~32Gbps 6Gbps(SATA)
平均起動時間 10秒~15秒 30秒~2分(新品の場合)
温度 熱くなりにくい 熱くなりやすい
価格 高い 安い

仕様書によると、PCIe NVMe 3.0×4が搭載なので、最大データ転送速度は最速の32Gbpsになります。

Lenovo Legion 550i 17型のストレージの種類

ディスプレイ

Lenovo legion 550i 17のディスプレイ

右にスクロールできます↓

解像度 光沢 液晶 輝度 色域 リフレッシュレート HDR
FHD 無し IPS 300nit NTSC 72% 144Hz Dolby Vision
FHD フル・ハイディフィニション、解像度1920x1080
IPS液晶 視野角が広く色彩も鮮明です
光沢なし 自分や背景が映り込みがしにくい液晶なので、使いやすいです
リフレッシュレート 1秒間に更新されるコマ数
輝度 輝度(明るさ)を表す単位で、通常250前後が標準
NTSC 色域の規格で、NTSC 72%はWeb用画像編集ができるほど高色域のsRGB 100%相当。通常のディスプレイはNTSC 45%
Dolby Vision Dolby社のHDR(ハイダイナミックレンジ)規格で、最大輝度を高め、より大きなコントラストに滑らかなグラデーション、そして高い色域を表現できる

ディスプレイの質は高いですね。この価格でこの品質は最高クラスだと思います。

公式サイト

WiFi6

次世代通信規格のWiFi6に対応で、通信速度がかなり上がっているため無線でもゲームがやりやすくなっています。

  • WiFi6・・・最大9.6Gbpsのデータ通信速度
  • WiFi5・・・最大6.9Gbpsのデータ通信速度

また、WiFi6はこれまで以上に「同時に複数のデバイスに電波を飛ばす」ことができるので、例えば家族で使っているWiFiやカフェなどのWiFiでも安定した高速回線での通信が可能になっています。

ただし、有線接続も可能で、有線の方がより高速で安定した通信ができます。

保証・サポート

Lenovo Legionのサポート

サポートはLegion Ultimate Support(最長4年まで延長可)という「ゲーミングに特化した24時間サポート」もあり、このサポートの特徴は、パソコンの不具合の対処法や使い方の事だけじゃなく、最新ゲームの推奨環境やゲームを快適にプレイする上での知識・どうやったら勝てるかなども提供しいています。

保証は1年間引き取り修理で、万が一の際にLenovo指定業者がPCを引き取りに来て、リペアセンターに配送、修理後、郵送してくれるサービスで、保証期間内は郵送費などは無料です。

最長4年まで延長できます。

インターフェイス

Lenovo Legion 550i 17型 背面インターフェイス

背面インターフェイスは、セキュリティキーホール(持ち運びできないようワイヤーを設置する箇所)、RJ45(有線LANケーブルポート)、USB-C 3.0、USB-A 3.0x2、HDMIに電源コネクタがあります。

Lenovo Legion 550i 17型 左側面インターフェイス

左側面インターフェイスには、USB-A 3.0とマイク/ヘッドフォンジャックがあります。

Lenovo legion 550i 17 右側面インターフェイス

右側面インターフェイス のは、SDカードなどが読み込める4-in-1 メディアカードリーダーにUSB-A 3.0があります。

ここ最近USB-Cを使った機器が多いので、USB-Cがあるのは嬉しいですね。

まとめ

大画面の17.3型でRTX 2060・Core i7-10750H搭載、HDRにも対応してリフレッシュレートが144Hzと高く、困ることはないんじゃないかな?と言うくらい高い性能です。

超重量級ゲームを高画質でしない限り、普通に満足いく機種だと思います。

また、コスパが高いのでお買い得でもありますね。17型ってあまり数がないから高くなる傾向にあるのですが、本機種は15.6型モデルよりも安くなってますね。

公式サイト