Lenovo Legion Pro 5i Gen 8 16型のレビュー

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

LenovoゲーミングPCの最新モデル、Legion Pro 5i Gen 8のレビューです。

インテル13世代のHXシリーズを搭載で、グラボはRTX 4050/4060/4070が搭載でき、高い性能になっています。

また、ディスプレイの色域も広く、2.5Kと高精細なので、ゲームだけじゃなくクリエイティブワークにも使える機種です。

当サイトの評価は、このようになりました。コスパが良いPCです。

スペック 4.5 out of 5 stars
コスパ 4.4 out of 5 stars
総合評価 4.5 out of 5 stars

 

Lenovoでは新生活応援セールを実施中で、最安値を更新した機種もいくつかありました

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

Legion Pro 5i Gen 8 16型のスペック

CPU Core i5-13500HX
Core i7-13700HX
Core i9-13900HX
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD×2枚
グラフィックス RTX 4050
RTX 4060
RTX 4070
ディスプレイ(16型) WQXGA IPS 165/240Hz
OS Windows 11 Home/Pro
通信 Wi-Fi 6E、1Gbe
WEBカメラ FHD 1080p
オーディオ Nahimic
寸法(幅×奥行×高さ) 363.4 × 260.4 × 22~27mm
重さ 約2.5㎏
バッテリー 最大約5時間
標準保証 カスタマイズモデル以外はLegion Ultimate Support標準添付
価格 19万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUは最新のインテル13世代が搭載で、高性能の末尾がHXシリーズになります。CPU Markスコアは、Core i7が約3.3万、Core i9が4.6万とかなり高いスコアです。

メモリはDDR5-4800が搭載で、メモリスロット2つ・最大32GBと十分な容量です。ストレージも最新のSSD PCIe 4.0が搭載で、最大2枚・2TBの搭載が可能です。SSDはデータ転送速度がかなり速いので、パソコンの起動もゲームのロード時間も速いです。

グラフィックはミドルクラスのRTX 4050かミドルハイエンドのRTX 4060、そしてぎりぎりハイエンドと呼べる4070が搭載でき、多くの重量級タイトルもプレイできます。

ディスプレイは画面アスペクト比が16:10と縦に長く、高精細2.5K解像度、そしてIPS液晶になります。リフレッシュレートは240Hzか165Hzの2種類がありますが、どちらもぬるぬるプレイできます。

その他のスペックはWindows 11 Homeに、Wi-Fi 6Eと1ギガビットイーサネット、Webカメラは高画質のFHD、そしてゲーマーに人気のNahmicオーディオになっています。バッテリーは80Whrと大容量ですが、バッテリー駆動時間は最大約5時間となっています。

19万円台からこのスペックのゲーミングPCが購入できるので、コスパが高いですね。

 

 

公式サイト

 

旧モデルとの比較

Legion Pro 5i Gen 8 16型とLegion 570i Pro<左/本機種・右/Legion 570i Pro>

旧モデルのLegion 570i Proとの比較です。(表のメモリ・SSD・バッテリーは最大値)

本機種 570i Pro
CPU Core i5-13500HX
Core i7-13700HX
Core i9-13900HX
Core i7-12700H
メモリ 32GB 16GB
ストレージ SSD×2
GPU RTX 4050
RTX 4060
RTX 4070
RTX 3050 Ti
RTX 3060
ディスプレイ 16型WQXGA IPS 165/240Hz 16型WQXGA IPS 165Hz
無線 Wi-Fi 6E、1Gbe
バッテリー 5時間 8時間
重量 2.5㎏
寸法(幅×奥行×高さ) 363.4 × 260.4 × 22~27mm 359.9 × 264.4 × 19.9~26.4mm

主な変更点です。

・CPUが第13世代に
・最大メモリが倍の32GBに
・グラボがRTX 40シリーズに
・ディスプレイにリフレッシュレート240Hzが追加
・筐体の幅と奥行きが若干小さくなり、高さが上がった

 

プロセッサーとグラフィックボードの、性能比較です。

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・旧モデル

Core i9-13900HX  46415
Core i9-12900HX  33727
Core i7-13700HX  33484

 

Fire Strike

オレンジ色・・・本機種 青・・・旧モデル

RTX 4070  26024
RTX 4060  23768
RTX 4050  18269
RTX 3060  17853
RTX 3050 Ti  11768

 

 

 

Legion Pro 5i Gen 8 16型の特徴

Lenovo Legion Pro 5i Gen 8 16型 左斜め前から

画面占有率は93.08%と、ベゼル(画面の黒い枠)がかなり細いです。上位モデルのLegion Pro 7i Gen 8も同じくらいの占有率ですが、この細さはほとんど見ないくらい細いです。

ベゼルが細いと単純に画面が見やすいし、没入感も高まりますね。

 

Lenovo Legion Pro 5i Gen 8 16型 横

寸法は

・幅 363.4㎜
・奥行 260.4㎜
・高さ22~27㎜

となっており、16インチなので大きいですね。重量は約2.5㎏とずっしりしていますが、16インチの高性能ゲーミングPCとしてはこんなもんかなと思います。

 

Lenovo Legion Pro 5i Gen 8 16型 背面

天板に使用しているアルミニウムとマグネシウムの50%は、リサイクル素材です。環境にもこだわった機種なんですね。

インターフェイスは左右と背面にあり、主なものは背面にあるので、机の上がケーブルでごちゃごちゃなりにくいですね。

 

Lenovo Legion Pro 5i Gen 8 16型 天板

カラーはオニキスグレーと言う色で、天板はメタル素材ですが、パームレストと底面カバーは樹脂素材になります。

 

Lenovo Legion Pro 5i Gen 8 16型 底面

底面カバーですが、かなり大きな通気孔があります。

冷却システムは旧モデルのLegion Coldfron 4.0から5.0にバージョンアップし、3Dブレードを搭載したファンがあり、大型のハイブリッドヒートパイプもあるので、効率的に冷却されるとのことです。

 

Lenovo Legion Pro 5i Gen 8 16型 右斜め前から

底面とキーの隙間からフレッシュエアーを取り込み、左右1つずつと、背面の2か所、合計4か所から排気します。排気効率はかなり良さそうです。

 

Lenovo Legion Pro 5i Gen 8 16型 正面 (2)

オーディオは、多くのゲーミングPCに採用されているNahimicオーディオです。バーチャルサラウンド機能で、臨場感や迫力のある音になります。

また、Lenovo VantageでPCのセッティングをカスタマイズをして、オーバークロック制御やAIパフォーマンスチューニングなどにより、より快適にゲームができます。

 

Lenovo Legion Pro 5i Gen 8 16型 電源ボタン

ちなみに、電源はキーボード上の真ん中についています。

 

 

FHD Webカメラ搭載

Lenovo Legion Pro 5i Gen 8 16型 Webカメラ

Webカメラは高画質FHD 1080pで、Tobii HORIZONもあります。Tobiiはウェブカメラを通して、自然な頭の動きを検出し追跡します。さらに、Tobii Awareは、自動調光、スクリーンタイムのトラッキング、プライバシー通知、オートロックなどのスマートな機能により、セキュリティ、プライバシー、生産性を向上させます。

Tobiiは、こちらの動画が分かりやすいので、どうぞ。

 

 

キーボード

Lenovo Legion Pro 5i Gen 8 16型 キーボード

キーボードは4ゾーンRGBバックライトで、84キーになります。

キーストローク(キーを押し込む距離)は1.5㎜と浅すぎず深すぎずなので、結構軽めのタイプで入力しやすいですね。

タッチパッドは120×75㎜と大きいので、操作性も高いです。

 

CPU

Core i9-13900HX Core i7-13700HX Core i5-13500HX
Pコア 8 8 6
Eコア 16 8 8
スレッド 32 24 20
キャッシュ 36MB 30MB 24MB
ターボブースト/ターボブーストMax3.0 5.4GHz 5.0GHz 4.7GHz
Pコア最大周波数 5.4GHz 5.0GHz 4.7GHz
Pコア基本周波数 2.2GHz 2.1GHz 1.8GHz
Eコア最大周波数 3.9GHz 3.7GHz 3.5GHz
GPU実行ユニット 32EU 32EU 16EU
ベースパワー 55W
マックスパワー 157W

CPUはPコア(Performance Core)とEコア(Efficient Core)の2つを搭載しており、高負荷な作業はPコアで処理を、低負荷な事はEコアで処理することによって、パワフルでも省電力性を兼ね揃えたCPUになっています。

また、Intel Thread Directorというハードコアが、命令をより効率よくPコアとEコアに割り当てて実行できるので、性能もかなり上がっています。

また、ターボブーストMax3.0対応で,プロセッサーの中の最もパフォーマンスの高いコアを識別し、電力と熱のヘッドルームを利用して、必要に応じてそれらのコアの周波数をあげることにより更なるパフォーマンスを提供します

こちらはCPUの性能を測るCPU markスコアです。

 

スコアの目安

  • 7000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 10000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 15000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 18000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i9-13900HX  46415
Core i9-12900HX  33727
Core i7-13700HX  33484
Core i7-1370P  25032
Core i7-1360P  21323
Core i5-1350P  20032
Core i7-1260P  18691
Core i5-1340P  17878
Core i5-1240P  17318

3万オーバーと4万オーバーのスコアです。どこまで性能上がるんでしょうね?十分以上じゃないでしょうか?

それはさておき、Core i7は第12世代のCore i9-12900HXとほぼ同じスコアで、13世代Core i9は40%ほど高い性能です。すごいの一言です。

また、Cinebench R23のスコアはまだわかっていないので、分かり次第情報をアップデートします。

 

 

グラフィックス

RTX 4070 Laptop RTX 4060 Laptop RTX 4050 Laptop
コードネーム Ada Lovelace
CUDAコア 4608基 3072基 2560基
RTコア 第3世代
Tensorコア 第4世代
ブーストクロック 2175MHz 2370MHz 2370MHz
メモリタイプ GDDR6
メモリ容量 8GB 8GB 6GB
メモリバス幅 128ビット 128ビット 96ビット
メモリ帯域幅 256GB/s 256GB/s 192GB/s
TGP 140W

グラフィックスは上からギリハイエンド、ミドルハイ、ミドルクラスと別れており、やりたいゲームや、どのくらいの画質でやりたいかによって選ぶことができます。

それにしても、RTX 4050は一応一番下のモデルですが、性能が高いですね。RTX 2070 Superと同等性能です。RTX 2070 Superは、2020年ごろにハイエンドモデルでした。

こちらはDirectX 11で動作するFire Strikeと、DX12で動作するWQHD(2K/2560×1440)向けのTime Spyです。

Fire StrikeTime Spy

Fire Strike

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 4090  35361
RTX 4080  33106
RTX 3080 Ti  26136
RTX 4070  26024
RTX 3070 Ti  24924
RTX 4060  23768
RTX 3080  23637
RTX 3070  22431
RTX 2080S  21862
RTX 2080  20939
Radeon RX 6600M  20048
Radeon RX 6600M  19910
RTX 2070 Super  19070
RTX 4050  18269
RTX 3060  17853
RTX 3050 10718

Time Spy

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 4090  20269
RTX 4080  18091
RTX 3080 Ti  12599
RTX 4070  12310
RTX 3080  11510
RTX 3070 Ti  11427
RTX 4060  10653
RTX 3070  10260
RTX 2080S  10096
RTX 2080  9585
Radeon RX 6600M  8623
RTX 4050  8498
RTX 2070 Super  8328
RTX 3060  8323
RTX 3050 5018

 

ゲームのベンチマーク

 

スコアの単位はfps(1秒間に更新されるコマ数)で、60以上が「快適」にプレイできる目安です。スペックや状況により数値は変動するので、参考値として見てください。また、画質は特別表記がなければ最高画質です。

 

RTX 4070ゲームベンチマーク

青・・・FHD 赤・・・QHD

Watch Dogs Legion  89
 64
Horizon Zero Dawn  126
 98
Red Dead Redemption 2  88
 52
Assassin’s Creed Odyssey  60
 49
Monster Hunter World  88
 58
Far Cry New Dawn  94
 83
Cyberpunk 2077  88
 54
Apex Legends  135
 106

 

RTX 4060 ゲームベンチマーク

青・・・FHD高画質 赤・・・FHD最高画質

Watch Dogs Legion  84
 65
Horizon Zero Dawn  95
 108
Red Dead Redemption 2  65
 43
Assassin’s Creed Odyssey  77
 60
Monster Hunter World  98
 85
Far Cry New Dawn  98
 90
Cyberpunk 2077  68
 74
Apex Legends  127
 128
Fotnite  145
 121

 

RTX 4050 ゲームベンチマーク

青・・・FHD高画質 赤・・・FHD最高画質

Watch Dogs Legion  105
 49
Horizon Zero Dawn  114
 94
Red Dead Redemption 2  63
 37
Assassin’s Creed Odyssey  70
 55
Monster Hunter World  90
 71
Far Cry New Dawn  94
 82
Cyberpunk 2077  72
 65
Apex Legends  122
 115
Fotnite  132
 117

 

 

ディスプレイ

Lenovo Legion Pro 5i Gen 8 16型 正面

解像度 光沢 液晶 輝度
WQXGA(2560×1600) なし IPS 300nit
500nit
コントラスト比 色域 視野角 リフレッシュレート
1200:1 sRGB 100% 178° 165Hz
240Hz
その他
Dolby Vision、NVIDIA G-Sync、ブルーライト軽減、HDR 400(240Hzモデルのみ)

ディスプレイは画面比が16:10と縦に長く、16インチでも17インチ以上の情報が表示されます。また、2.5Kと高精細です。

また、ディスプレイはLenovo Puresightで、よりシャープな映像がより速く、そしてより現実の様に描写できるとのことです。

色域もsRGB 100%と広く、Dolby Vision(Dolby社のHDR規格)にも対応と、高品質です。

<左/sRGB 100%・右/NTSC 45%>

色域が広いと没入感も高く、画像編集などのクリエイティブワークにも合います。

 

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

最新のDDR5-4800MHzが搭載で、メモリスロット2つ・最大32GBになります。メモリを64GBにできたら、デスクトップ並みの本格的な動画編集や3DCADも使いやすかったですね。

 

 

ストレージ

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

ストレージは最新のSSD PCIe 4.0で、最大でSSD2枚搭載できます。シーケンシャル速度が爆速なので、ゲームのロードも、パソコンの起動も激速です。

こちらはシーケンシャル速度の、おおよその速度です。

シーケンシャル速度

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

PCIe 4.0×4  ~約7000MB/秒
 ~約5000MB/秒
PCIe 3.0×4  ~約3000MB/秒
 ~約2000MB/秒
HDD  600MB/秒
 200MB/秒

 

 

Wi-Fi 6Eとギガビットイーサネットに対応

対応周波数 速度
IEEE802.11ac
(Wi-Fi 5)
5GHz 6.9Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6E)
2.4/5/6GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWi-Fi 6に対応しており、現在主流のWi-Fi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

Wi-Fi 6EはWi-Fi 6のExtended(エクステンディット)版で、6GHz帯(高速通信)での通信ができるのですが、執筆時現在の日本では6GHz帯はまだないので使えません。最大で5GHz帯になります。

有線接続は、最大1ギガビットになります。

 

 

バッテリー駆動時間

バッテリー容量は80Whrとかなり大きいですが、パワフルなPCなのでバッテリー駆動時間は最大約5時間となります。

また、急速充電にも対応しており、約1時間で満充電になります。

 

 

インターフェイス

Lenovo Legion Pro 5i Gen 8 16型 閉じた状態の正面

インターフェイスは左右と背面に分かれており、ケーブルで机の上がごちゃごちゃなりにくいようになっています。

右側面にはUSB 3.2 Gen 1、マイクヘッドフォンジャック、そして電子式プライバシーシャッターのボタン、左側面にはUSB 3.2 Gen 1とUSB 3.2 Gen 2 Type-Cになります。

背面はRJ45、USB 3.2 Gen 2 Type-C、HDMI、USB 3.2 Gen 1が2つ、そして電源コネクタです。

USB Tupe-Cは、2つともDisplayPort出力機能付きです。

 

 

サポート・保証

Lenovo サポートと保証

標準で1年間の「引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、最長4年まで延長できます。

引き取り修理とは、家などの指定住所にLenovoの指定業者がPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれる保証です。保証期間内は、基本的に修理費・郵送費など無料です。

 

Lenovo Legionのサポート

また、カスタマイズモデル以外には標準で、「ゲーミングに特化した24時間サポート・Legion Ultimate Support」が付いています。このサポートの特徴は、パソコンの不具合の対処法や使い方の事だけじゃなく、最新ゲームの推奨環境やゲームを快適にプレイする上での知識・どうやったら勝てるかなども提供しています。

しかも、スタッフはゲームに精通した熟練プレイヤーなので、専門用語(ゲーム用語)やコミュニティ用語での会話が可能です!

このサポートのおかげで、初心者でも気軽にゲーミングPCデビューできるようになりましたね。

 

 

まとめ

 

良い点

・最新スペック満載
・コスパが良い
・人気のスペックで購入しやすい価格
・グラボが3種類から選べるので、予算や用途によってカスタマイズしやすい
・通気孔が大きい

 

総合評価

ミドルクラスからハイエンドのグラボが選べ、最新スペックが満載なので、安心してゲームが楽しめそうです。また、価格は安くないですが、このスペックで19万円台からと比較的購入しやすい価格ですね。

ディスプレイは最高で240Hzとぬるぬるなので、一瞬を争うfps系ゲームでも優位にプレイできます。まぁ、165Hzでもぬるぬる動くので、どちらを選んでもよいかなと思います。

また、ゲームだけじゃなく、色域も広いので画像/動画編集にも向いているし、スペック的に3DCADなどのクリエイティブワークにも使えます。

ゲーマー以外にも使いやすい機種ですね。

 

 

公式サイト