Lenovo Tab M7 (3rd Gen)のレビュー・低価格モデルなのにオールメタルボディで高級感あり

M7シリーズはローエンドモデルのタブレットで低価格ですが、オールメタルのアルミニウムボディに、比較的長めのバッテリー駆動時間があります。

性能は価格並みで、子供向け、読書、Web検索や動画視聴などの低負荷な利用に合います。キッチンやリビングに置く1台としては、価格も安いので購入を検討してもいいかなと思います。

Amazon Fire 7の購入をお考えの人には、検討の価値があると思います。

現在Lenovoでは即納!駆け込みセールを行っており、最大53%の割引になっています。この機会をお見逃しなく!

Tab M7 (3rd Gen)のスペックレビュー

Lenovo Tab M7(3rd Gen)で動画を見ているところ

CPU Media Tek MT8166
メモリ 2GB
ストレージ eMMC 32GB
ディスプレイ(7型) 1024×600 IPS、WiFiディスプレイ対応
OS Android 11 Go Edition
無線 WiFi5、Bluetooth v5.0
オーディオ Dolbyオーディオ
カメラ インカメラ・アウトカメラ共に200万画素
カラー アイアングレー
寸法(幅x奥行きx高さ) 176.2 x 102.3 x 8.3㎜
重さ 237g
バッテリー 約10時間
保証 1年間
価格 約1.2万円

プロセッサーはMedia Tek MT8166で新しいモデルですが、かなり控えめな性能になっています。一応4コアあるので複数のアプリやタブを表示できるので、あまり多くの事を同時にしなければ影響も少ないと思います。

また、メモリも2GBと小さく、ストレージはeMMC 32GBになります。ストレージはクラウドに保存するか、Micro SDカードが使えるので、こちらに保存すれば容量は気にならないと思います。

ディスプレイの解像度はHD(1280×720)以下の1024×600となっていますが、小型ディスプレイだしIPS液晶なので画質が悪いと思うことは無いと思います。また、WiFiディスプレイ(Miracast)に対応しているので、パソコンからWiFi経由でタブレットに画面を複製したり、セカンドモニターとして使ったりもできます。

搭載カメラはインカメラもアウトカメラも200万画素と低く、特にアウトカメラは使う機会も少ないと思います。ここ最近のスマホは2000万画素とか普通なので、見劣りしますね。

7インチの小型軽量モデルで、たったの237g!軽いですね。通勤時に読書をする人にも持ちやすいサイズです。また、バッテリー駆動時間は約10時間なので、比較的長いですね。

公式サイト

旧モデルとの比較

Lenovo Tab M7(3rd Gen)と旧モデルの筐体<左/本機種・右/Tab M7>

旧モデルのLenovo Tab M7との比較です。(バッテリーは最大値)

本機種 Lenovo Tab M7
CPU Media Tek MT8166 Media Tek MT8321
メモリ 2GB
ストレージ eMMC 32GB
ディスプレイ 1024×600 IPS
無線 WiFi5
バッテリー 10時間
重量 237g 236g
価格 1.2万円~ 1.1万円~

同じボディかな?と思ったのですが、0.何ミリサイズが違うので別の筐体の様ですね。ほとんど同じ仕様なので同じかもしれませんが・・・。

プロセッサーの性能を表すGeekbench 4のスコアです。マルチコア性能はタブレットの総合性能で、シングルコア性能が高いと編集などのクリエイティブワークがしやすくなります。

Geekbench 4ベンチマーク

オレンジ色・・・マルチコア 青・・・シングルコア

Media Tek MT8166 2468
825
Media Tek MT8321 1137
406

ベンチマーク自体は2倍ほどに上がっているので、だいぶん使いやすくなりました。

ライバル機種

Lenovo Tab M7(3rd Gen)と比較機種の筐体<左から本機種/Amazon Fire 7/Tab M8>

本機種と似たような機種との比較です。(スマホの人は表を右にスクロールできます)

本機種 Amazon Fire 7 Tab M8(FHD)
CPU Media Tek MT8166 Media Tek MT8163 Media Tek Helio P22T
メモリ 2GB 1GB 4GB
ストレージ eMMC 32GB
128GBまで増設可能
eMMC 16GB/32GB
512GBまで増設可能
eMMC 64GB
256GBまで増設可能
ディスプレイ 7型 1024×600 7型 1024×600 8型 1920×1200
無線 WiFi WiFi WiFi
バッテリー 10時間 7時間 12時間
重量 237g 286g 305g
価格 約1.2万円 5980円~ 2.6万円

Geekbench 4ベンチマーク

オレンジ色・・・マルチコア 青・・・シングルコア

Tab M8(FHD) 3585
817
本機種 2468
825
Amazon Fire 7 1602
636

性能は価格に比例していますね。

各機種の特徴です。

  • Amazon Fire 7・・・のんびり使う人向け
  • 本機種・・・多くの事を同時にしなければそこそこOK
  • Tab M8・・・解像度も高くほぼ普通クラス

メリット・デメリット

良い点

・ストレージが増設できる
・この価格でオールメタルボディと高級感がある
・軽い
・安い
・セカンドディスプレイとしても利用可能

残念な点

・価格なりの性能と機能

Tab M7(3rd Gen)の特徴

Lenovo Tab M7(3rd Gen) 正面

低価格タブレットですが、アルミニウムボディなので安っぽさは一切なく、むしろ高そうなタブレットに見えます。

寸法は幅176.2㎜、奥行き102.3㎜、厚さ8.3㎜と小型ですね。、画面比率が違うので比較しにくいですが、最新のiPhone 12 Pro Max 6.7インチと比較です。

奥行き 厚さ 重量
本機種
7インチ
176.2㎜ 102.3㎜ 8.3㎜ 237g
iPhone 12pro Max
6.7インチ
160.8㎜ 78.1㎜ 7.4㎜ 226g

iPhone 12Proより一回り大きいサイズですが、重さはたったの+9gなので片手でも持ちやすい機種になります。タブレットって片手で横持ちしていると結構疲れますが、この重さなら使いやすいです。

Lenovo Tab M7(3rd Gen) 下部

厚さも8.3㎜とカバー付きのスマホ以下なので、持ち運びもしやすいですね。

Lenovo Tab M7(3rd Gen)のアウトカメラ

背面カメラは200万画素と低いので、あまり期待できない画像になります。前面カメラも200万画素ですが、Web電話などで使うくらいなら申し分ない解像度です。

素材

Lenovo Tab M7(3rd Gen) 背面

オールメタルボディなので、手触りも良く、高級感がある見た目です。この価格でメタルボディはすごいですね。

CPU

Media Tek MT8166
コア 4コア
最大クロック数 2.0GHz
内蔵GPU IMG GE8300 GPU

Geekbench 4ベンチマーク

オレンジ色・・・マルチコア 青・・・シングルコア

Media Tek Helio P22t 3585
817
Media Tek MT8166 2468
825
Media Tek MT8163 1602
636
Snapdragon 430 945
171

先ほども紹介したように性能はそこまで高くありませんが、最低でもありません。Web検索や動画視聴などの低負荷な事に合います。

ディスプレイ

Lenovo Tab M7(3rd Gen)のディスプレイ

右にスライドできます↓

解像度 光沢 液晶 輝度 色域 視野角
HD
1024×600
あり IPS 350nit NTSC 50%
HD 通常HD(ハイディフィニション)は1280×720以上の解像度を指し、厳密に言うと本機種はHD以下になります
光沢 光沢ありは発色が良い反面、自分や背景が映り込みしやすい。光沢無しは映り込みがしにくい
IPS液晶 コントラスト比が高く、視野角も広い
nit 明るさを表す単位。パソコンでは通常250nitが標準。タブレットは300nit
色域 高い色域は実際の色をより正確に表現でき、色域が低いと実際の色と乖離が大きい
視野角 上下左右のいろいろな角度から見てディスプレイがちゃんと見える最大角度

意外に輝度は高く、IPS液晶なので解像度が低いと言っても、そこまで悪い画質じゃありません。しかも7インチと小さいので、「これフルHDじゃないな」なんて思うこともないと思います。

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

メモリはLPDDR4で、2GBになります。Amazon Fire 7の倍のメモリ容量ですが、いくつものアプリやタブを開いて使うと、動作がもたつきます。

ストレージ

SSD(PCIe NVMe) eMMC HDD
最大データ転送速度 最大16Gbps~32Gbps HDD以上SSD未満 最大500MBほど
温度 熱くなりにくい 熱くなりにくい 熱くなりやすい
価格 高い 中価格 安い

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、Webサイトの表示速度にも影響があります。

本機種に搭載のストレージはeMMCというフラッシュメモリで、スマホにも使用されるものなので、比較的サクサク動きます。

また、左側面に最大128GBのmicroSDカードを入れることができます。これ↓は筆者使用のメモリーカードですが、高品質なのでおすすめです。

SanDiskのMicroSDカード
SanDiskのMicroSDカード

 

無線

WiFi5にBluetooth v5.0対応で、LTE(nanoSIMを使ってスマホの様に常時インターネット接続ができる機能)はありません。

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間は最大約10時間で、2週間のスタンバイ状態が保てます。充電は約4時間で満タンになるので、持ち運び予定がある時は早めに充電しておいた方がいいです。

インターフェイス

Lenovo Tab M7(3rd Gen) 下部

タブレット下部には、micro USB 2.0ポート(OTG機能付き)があります。OTG(USB On The Go)とは、HDDなどのストレージに直接接続してデータ移動などができる機能です。今まではパソコンを介してやっていたことですが、このOTG機能がある機種はパソコンいらずですね。

Lenovo Tab M7(3rd Gen) 上部

上部にはマイク/ヘッドフォンジャックがあります。

Lenovo Tab M7(3rd Gen) 左側面

左側面にはmicroSDカードリーダーがあります。

Lenovo Tab M7(3rd Gen) 右側面

右側面にはボリュームボタンと電源ボタンになります。

サポート・保証

標準で1年間の「片道引き取り修理保証」と、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、最長2年まで延長できます。(通常サポートは朝9時~夕方6時まで)

片道引き取り修理とは、自分で郵便客などからリペアセンターに郵送し、修理後、郵送してくれる保証です。保証期間内は、基本的に修理費・郵送費など無料です。

修理拠点は日本国内なので対応も速く、安心して任せることができます。

まとめ

旧モデルから性能が倍になったので、以前に比べると使いやすさはかなり上がっていますね。とは言っても、まだまだローエンドクラスなので過剰な期待はできませんが。

237gと軽く、オールメタルボディで耐久性も高いので、使い勝手自体は高いです。片手で持っても疲れにくいし、持ち運びも余裕でできます。電車や移動中に電子書籍を読んだり、カーナビ代わりにしたり、時にはリビング用で家族で共用したりと、色々なシチュエーションで使えるコスパの高い機種だと思います。

公式サイト