Lenovo

    Lenovo ThinkCentre全機種の比較レビュー

    LenovoのビジネスデスクトップでThinkCentreシリーズは、省スペースな小型筐体が多く、置き場所に困らない、しかも性能は高いと言う特徴があります。

    モデルによっては公式ページでカスタマイズも事細かにできるので、自分好み・会社で必要なスペック・機能を搭載したパソコンの購入が可能です。

    しかもビジネスモデルなので、保証やサポートも手厚いのが特徴ですね。

    Lenovoでは大感謝セールを開催しており、最大60%割引です。この機会をお見逃しなく!

    ThinkCentreの特徴

    Lenovo ThinkCentreの筐体 比較
    スペック拡張性最大ストレージ価格
    Tiny省電力CPU/通常CPUほぼ無しSSDx1+HDDx24万円台~
    Small通常CPUSSDx2+HDDx24万円台~
    Mini-Tower通常CPUSSDx2+HDDx35万円台~
    All-in-One通常CPUほぼ無しSSDx1+HDDx110万円台~

    ThinkCentreには、お弁当箱よりちょっと大きい1L前後のTinyに、デスクの上に置いても圧迫感のない10L以下のSmall、若干大きめだか普通のパソコンに比べると結構小さいMini-Towerの3種類に、オールインワンPCがあります。

    Lenovo ThinkCentre オールインワンPC<オールインワンPC>

    性能はどれもビジネス用途に使えるほどのものですが、基本的に筐体が大きなものの方がより高い性能・機能、そして拡張性があります。なので、自分で色々とカスタマイズしたい人、より高性能・大容量のパソコンが欲しい場合は大きな筐体が有利です。

    Tinyシリーズのみ省電力CPUが選べるので、その場合は通常版CPUよりも性能が若干低くなります。

    また、当然ですが筐体が大きい方がエアフローも良いので、大きめの電源を搭載できるため高いパフォーマンスを発揮できます。

    例えば、

    • Tinyの電源は65W
    • Smallは最大380W
    • Mini-Towerは最大500W

    の電源がありますが、当然65Wで動かすよりも500Wで動かす方がより性能が高くなります。なので、スペースが無いなどの特別な理由が無い限り、SmallやMini-Towerモデルの方が良いと思います。(All-in-One PCは電源の変更不可)

    モデル名・型番

    ここ最近のThinkCentreは、70シリーズ、80シリーズ、90シリーズに分かれていますが、ほぼすべての性能や機能は同じです。

    ブランドによって若干の違いがありますが、基本的にこの様になります。

    vProPCI Express x16電源
    70シリーズx〇(Tinyは無し)変更不可
    80シリーズ〇(Tinyは無し)変更可能
    90シリーズ〇(Tinyは無し)変更可能
    All-in-OneX変更可能モデルあり

    注)vProとは、企業の情報システム部門など、システム管理に携わる人向けの機能、Core i5-10500以上が対応

    また、中には75というモデル名もありますが、これはAMDのプロセッサーを使ったモデルです。

    基本的に、数字が大きなシリーズの方が性能が高いです。

    また、最近のLenovoは、モデルチェンジをしたらGen 〇という名称で販売しているので、例えばM75qとM75q Gen 2というモデルがあれば、Gen 2の方が新しいモデルになります。

    基本的にThinkCentreを購入する場合は、

    • 大容量ストレージなら90シリーズ
    • vProが必要なら80、90シリーズ
    • vProが必要ない場合は70シリーズ

    となります。vPro非対応の70シリーズは価格も若干安いので、個人であれば一番おすすめになります。

    スペック

    CPUの見方

    パソコンの頭脳であるCPUは基本的にIntel製が搭載で、「75」というモデル名はAMDのCPUになります。

    CPUには性能がかなり低いCeleronとPentium、そして通常、ビジネスモデル選ぶCore iシリーズがあります。上の画像の赤丸部分に、i3,i5,i7,そしてかなり高い性能のi9があります。数字が大きなものが、より高い性能です。

    また、青丸の「10」が世代を表しており、ここが9の第9世代や、ここが8の第8世代もあります。基本的に世代が新しい方が高い性能です。

    オレンジ線の3桁の数字部分には、モデルによっては多くの種類があります。例えば、Core i3-10100,Core i3-10200,Core i3-10300・・・など。この部分も数字が大きい方が性能が高い場合が多いです。

    Ryzenも同じで、Ryzen 3<Ryzen 5<Ryzen 7<Ryzen 9となり、数字が大きなものが高い性能になります。

    基本的にインテルであればCeleronとPentium、RyzenであればAthlonを選ばなければ、高い性能になります。

    インターフェイスは小型とはいえ豊富で、まず困ることはないと思います。一番小さなTinyですら、HDMI、Display Port、VGA、USB-A、USB-C、そしてオプションでシリアルポートも追加できます。

    MIL規格

    Lenovoのビジネスモデルは、MIL規格と言う「米軍の物資調達規格」に準拠した堅牢性があります。

    衝撃テストに温度、湿度などを変えてのテストなどを行っており、耐久性は抜群です。

    セキュリティ

    ビジネスモデルの本機種には、多くのセキュリティが搭載しています。モデルによって若干セキュリティは異なりますが、多くのモデルに以下のセキュリティが搭載されています。

    • Windows Defender・・・Windows搭載のセキュリティ機能で、マルウェアやフィッシングなどのウイルスからパソコンを守ってくれます。
    • TPM・・・独立して機能するチップで、パスワードなどの重要情報を格納できる
    • ハードディスクパスワード・・・ハードウェアレベルでパスワードを設定できるので、パソコン内部のデータが盗み見られる可能性がかなり減ります
    • DASH(Desktop and Mobile Architecture for System Hardware)・・・保護されたアウトバンド管理やリモート管理が可能
    • セキュリティキーホール・・・パソコンが持ち出されないようにロックするワイヤー設置する個所
    • Smart USB Protection・・・USBポートからのデータ流出や、外部からUSBポート経由でシステムやネットワークに侵入を防ぐ
    • AMD GuardMIテクノロジー・・・マルウェアやフィッシングなどのサイバーセキュリティ―に対処(プロセッサーのRyzen Proに搭載)
    • シャーシ イントルージョン スイッチ(カスタマイズにより搭載)・・・筐体へのアクセスを記録できる(誰かが勝手に開けて内部を触っても分かる)

    サポート・保証

    Lenovo製品は、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、保証は1年間になっています。電話サポートは、Lenovo休業日以外の毎日朝9時から18時までで、Lenovo休業日は通常第2第4日曜日と、年末年始などです。

    ビジネスモデルは基本的に「オンサイト修理」と言って、技術員が直接家や事務所に来て修理をする保証が付いています。

    Lenovo ThinkCentreの保証とサポート

    最長で5年まで延長も出来るので、保証は長い方がいいと思います。また、ビジネスモデルには「プレミアサポート」と言うサポートがあり、「24時間365日、専任エージェントが対応」してくれる保証も選ぶことが出来ます。

    Lenovo プレミアサポート

    詳細はこちら「プレミアサポート」で確認できます。

    各モデルのまとめ

    これ以外の使い方もありますが、どのシリーズを選ぶかの参考にしてください。

    Tiny来客用、1日8時間フルパワーで作業しない使い方
    Small机上に置いて使用、メイン機として長時間使用も可能
    Mini-Tower机上、もしくは机の下に置いて使用、メイン機として長時間フルパワー作業も可能
    All-in-One対面営業や受付用、もちろんメイン機としてタフな作業も可能

    ThinkCentre Tinyシリーズ

    人気の超省スペースモデルで、特殊な用途に向いています。あえてエアフローの悪いこんなに小さな筐体を選ぶのは、特別な理由が無いと意味が無いからです。

    Lenovo ThinkCentre Tiny<うちの事務所で来客用に使っているThinkCentre Tiny>

    うちでは来客用として使っており、「Tiny-in-One」という専用のモニターにくっつけて使っています。基本オフラインで、お客さんが商品の探し物をする時に使用するために、常に使っているわけではありません。電源はずっと入っていますが、長くても一回10分程度の使用なので、発熱を気にする必要もありません。

    最大の利点は、「筐体を勝手に触られない」ですね。さすがにシステムとは離していますが、筐体が手の届く場所にあるとパソコンに知識がある人が来たら何でもできますもんね。

    当然こう言った使い方以外にも、単純に小さな筐体がおしゃれだからという理由でもいいと思います。

    また、光学ドライブはほとんどついていないので、外付け光学ドライブが必要な場合は別途購入が必要です。SDカードなどを使うメディアカードリーダーもありません。別途購入するか、SmallかMini-Towerシリーズを選択になります。

    中にはThinkCentre Nanoというモデルもあり、こちらは0.5Lほどのかなり小さな筐体になります。

    MシリーズTinyの全機種はこちらで確認できるので、主な最新機種のみ紹介します。

    ThinkCentre M75q Gen 2

    Lenovo ThinkCentre M75q Tiny Gen2
    高性能Ryzen 4000シリーズのCPU搭載で、メモリも最大64GB搭載可能です。Tinyの中では群を抜いて高い性能になっていて、Intelの同等モデルよりも低価格です。
    CPU]にはビジネスモデルのPROシリーズと、通常版がありますが、性能的には同じくらいです。PROはインテルのvProにあたるDASHという管理機能が使えます。
    リリース2020年10月27日
    CPUAMD Ryzen 3 4300GE/Pro 4350GE
    AMD Ryzen 5 4600GE/Pro 4650GE
    AMD Ryzen 7 4700GE/Pro 4750GE
    メモリ最大64GB
    ストレージHDD 最大1TB+SSD 最大1TB
    OSWindows 10 Home、Windows 10 Pro
    Microsoft Office搭載可能
    光学ドライブ無し
    ウルトラスリムDVD-ROM
    ウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
    無線LAN無し、AC 9260(WiFi5)、WiFi6
    有線LANイーサネット(RJ45)
    付属マウス、キーボード(付属無し可能)
    寸法36.5×182.9×179㎜
    重さ最大構成時 1.25㎏
    保証1年間オンサイト
    価格5.3万円~

    レビュー公式サイト

    ThinkCentre M90q Tiny

    lenovo ThinkCentre M90q Tiny
    90シリーズで、省電力じゃない普通のCPUの搭載が可能なので、SmallやMini-Tower並みの性能になります。ストレージも大きめで価格も安く、多くのデータを保存する人は本機種がおすすめです。
    リリース2020年6月23日
    CPU
    (末尾Tが省電力モデル)
    Intel Celeron G5900T
    Intel core i3-10100/10100T
    Intel core i5-10400/10400T
    Intel core i7-10700/10700T
    メモリ最大64GB
    ストレージ最大 SSD 2TB+HDD 2TB+HDD 1TB
    光学ドライブ無し
    ウルトラスリムDVD-ROM
    ウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
    OSWindows 10 Home、Pro
    無線WiFi6あり、Bluetoothあり
    有線イーサネット
    同梱マウス、キーボード(無しも可能)
    保証1年間オンサイト
    価格5.4万円~

    レビュー公式サイト

    ThinkCentre M80q Tiny

    lenovo ThinkCentre M80q Tiny
    執筆時現在Core i7モデルがありませんが、Core i5でも性能が高い10600Tも選べます。vProが必要で、そこまでストレージが必要ないという場合は、これが一番です。
    リリース2020年5月26日
    CPUIntel Celeron G5900T
    Intel core i3-10100T
    Intel core i5-10400T/500T/600T
    メモリ最大64GB
    ストレージ最大SSD 2TB+HDD 1TB
    OSWindows 10 Home、Pro
    光学ドライブ無し
    ウルトラスリムDVD-ROM
    ウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
    無線WiFi6あり、Bluetoothあり
    有線イーサネット
    同梱マウス、キーボード(無しも可能)
    保証1年間オンサイト
    価格4.9万円~

    レビュー公式サイト

    ThinkCentre M70q Tiny

    lenovo ThinkCentre M70q Tiny
    本機種も同じ性能ですが、唯一vPro非対応です。vProが無くても良い場合は、本機種がいいと思います。
    リリース2020年5月26日
    CPUIntel Celeron G5900T
    Intel core i3-10100T
    Intel core i5-10400T/500T/
    Intel core i7-10700T
    メモリ最大64GB
    ストレージ最大SSD 2TB+HDD 1TB
    OSWindows 10 Home、Pro
    光学ドライブ無し
    ウルトラスリムDVD-ROM
    ウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
    無線WiFi6あり、Bluetoothあり
    有線イーサネット
    同梱マウス、キーボード(無しも可能)
    保証1年間オンサイト
    価格4.9万円~

    公式サイト

    ThinkCentre M75n Nano

    Lenovo ThinkCentre M75n Nano
    本機種は0.5Lの筐体で、Tinyの中でもすっごく小さい機種です。横幅はゴルフボール4個分、奥行きは2個分、高さは1円玉より若干大きい22㎜になります。
    ノートパソコンのスペックで、性能が低くても問題ないという場合に向いています。
    リリース2020年6月2日
    CPUAMD Ryzen 3 Pro 3300U
    AMD Ryzen 5 Pro 3500U
    メモリ最大8GB
    ストレージ最大SSD 1TB+HDD 1TB
    OSWindows 10 Home、Pro
    光学ドライブ無し
    無線WiFi6あり、Bluetoothあり
    有線イーサネット
    同梱マウス、キーボード(無しも可能)
    保証1年間オンサイト
    価格6.5万円~

    公式サイト

    ThinkCentre M75n Nano IoT

    Lenovo ThinkCentre M75n Nano IoT

    こちらはパソコンではなく、エッジコンピューティングになります。コンパクトで性能も普通なので、複数台あれば大規模データを扱う会社でも使いやすいと思います。

    CPUAMD Athlon Silver 3050e
    メモリ4GB
    ストレージSSD 最大1TB
    OSWindows 10 Pro
    無線WiFi5、Bluetooth
    同梱マウス、キーボード
    保証1年間オンサイト
    価格6.8万円

    公式サイト

    ThinkCentre M75q-1 Tiny

    Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny
    公式サイトに寄せられる購入者からのレビューは、5段階評価で星4.6/1161件とかなり高評価な機種です。現在では本機種のGen2が出ていますが、本機種も性能が高いのでバリバリ現役で使えます。(2019年リリースモデルなので当たり前ですね(笑)
    リリース2019年12月3日
    CPUAMD Athlon 300GE Pro
    AMD Ryzen 3 Pro 3200GE
    AMD Ryzen 5 Pro 3400GE
    メモリ最大32GB
    ストレージHDD 最大1TB+SSD 最大1TB
    OSWindows 10 Home、Windows 10 Pro
    Microsoft OfficeHome & Business 2019
    光学ドライブ無し
    ウルトラスリムDVD-ROM
    ウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
    無線LAN搭載可能
    付属マウス、キーボード(付属無し可能)
    寸法32.5×182.9×179㎜
    重さ最大構成時 1.32㎏
    保証1年間オンサイト
    価格3.9万円~

    レビュー公式サイト

    ThinkCentre Smallシリーズ

    前項で紹介したTinyは主にメモリスロットが2つでしたが、Smallシリーズは4つなのでより大きなデータが扱いやすいです。また、ストレージもより大容量なので、多くのデータ保存が出来、メディアカードリーダーもあるし、光学ドライブも搭載可能なのでフルスペックPCになります。

    Smallシリーズの詳しい特徴と、全機種はこちらで確認できます。

    ThinkCentre M75s Small Gen2

    Lenovo ThinkCentre M75s Small Gen 2
    超高性能のRyzen 9搭載可能の本機種は、インテルモデルに比べ低価格で販売されています。SmallはTinyに比べ、拡張性もあり、ストレージも大容量なので安心してメイン機種として使えます。
    リリース2020年12月4日
    CPUAthlon Silver 3050GE/Gold Pro 3150G
    Ryzen 3 Pro 4350G
    Ryzen 5 Pro 3400G/4650G
    Ryzen 7 Pro 4750G
    Ryzen 9 Pro 3900
    メモリ最大128GB
    ストレージSSDx1+HDDx2
    OSWindows 10 Home、Pro
    光学ドライブ搭載可能(DVDスーパーマルチドライブ、DVD-ROMドライブ)
    その他イーサネット、WiFi・Bluetooth搭載可能、
    同梱マウス、キーボード
    保証1年間オンサイト
    重さ最大5.3㎏
    価格4.6万円~

    レビュー公式サイト

    ThinkCentre M70c Small

    Lenovo ThinkCentre M70c Small
    Smallモデルで唯一Cが付く機種で、より小型です。性能は他と同じくらいですが、WiFiなし、Bluetoothなし、メモリ2スロットと若干スペックが下がっています。Tinyじゃ小さすぎるけどSmallは若干大きいという人なら、これがいいかも。
    リリース2020年9月29日
    CPUIntel Celeron、Pentium
    Intel core i3-10100
    Intel core i5-10400
    メモリ最大64GB
    ストレージSSD+HDD
    OSWindows 10 Home、Pro
    光学ドライブ搭載可能(DVDスーパーマルチドライブ、DVD-ROMドライブ)
    その他イーサネットあり、WiFi無し、Bluetooth無し
    同梱マウス、キーボード
    保証1年間オンサイト
    重さ最大4.5㎏

    公式サイト

    ThinkCentre M90s Small

    Lenovo ThinkCentre M90s Small
    Smallでは一番容量も大きく、通常版のIntel core i7を選べるので、一番スマートな構成です。本機種とRyzen搭載モデルが一番人気です。
    リリース2020年6月23日
    CPUIntel core i3-10100
    Intel core i5-10400/10400F
    Intel core i7-10700/10700F
    メモリ最大128GB
    ストレージSSDx2+HDDx2
    OSWindows 10 Home、Pro
    光学ドライブ搭載可能(DVDスーパーマルチドライブ、DVD-ROMドライブ)
    その他イーサネット、WiFi・Bluetooth搭載可能、
    同梱マウス、キーボード
    保証1年間オンサイト
    重さ最大4.5㎏
    価格6.9万円~

    公式サイト

    ThinkCentre M80s Small

    Lenovo ThinkCentre M80s Small
    本機種はCore i9も搭載可能で、vProも対応と、企業でがっつり使うメイン機種としても使用できる性能があります。CPUの性能は、上で紹介したM90tよりも高いです!
    リリース2020年5月26日
    CPUIntel core i3-10100
    Intel core i5-10400
    Intel core i7-10700
    Intel core i9-10900
    メモリ最大128GB
    ストレージSSDx2+HDDx1
    OSWindows 10 Home、Pro
    光学ドライブ搭載可能(DVDスーパーマルチドライブ、DVD-ROMドライブ)
    その他イーサネット、WiFi・Bluetooth搭載可能、
    同梱マウス、キーボード
    保証1年間オンサイト
    重さ最大4.5㎏
    価格7.1万円~

    レビュー公式サイト

    ThinkCentre M70s Small

    Lenovo ThinkCentre M70s Small
    vPro非対応モデルでよい人は、これがおすすめです。価格も安く高性能、ストレージも最大3基搭載できるので、困ることはないと思います。
    リリース2020年5月26日
    CPUIntel core i3-10100
    Intel core i5-10400
    Intel core i7-10700
    メモリ最大128GB
    ストレージSSDx1+HDDx2
    OSWindows 10 Home、Pro
    光学ドライブ搭載可能(DVDスーパーマルチドライブ、DVD-ROMドライブ)
    その他イーサネット、WiFi・Bluetooth搭載可能、
    同梱マウス、キーボード
    保証1年間オンサイト
    重さ最大4.5㎏
    価格6.3万円~

    レビュー公式サイト

    ThinkCentre MシリーズMini-Tower

    ThinkCentreでは一番大きな筐体で、ストレージも大容量、光学ドライブにメディアカードリーダー、インターフェイスもかなり豊富なフルスペックPCです。

    大きいと言っても高さが30㎝ほどなので、机上に置いても圧迫感は少ないです。

    Mini-Towerシリーズの詳細と、全機種の比較はこちらからどうぞ。

    ThinkCentre M75t Mini-Tower Gen2

    Lenovo ThinkCentre M75t Mini-Tower Gen2
    人気機種!
    最大でRyzen 9が搭載できる超高性能モデルです。Intelモデルよりも低価格で、コスパが高い。プロセッサーにPROと付いているものは、DASHという管理機能も付いているビジネス用CPUになります。
    リリース2020年12月8日
    CPUAMD Athlon Gold PRO 3150G
    AMD Ryzen 3 PRO 4350G
    AMD Ryzen 5 PRO 3400G/4650G
    AMD Ryzen 7 PRO 4750G
    AMD Ryzen 9 PRO 3900
    メモリ最大128GB
    ストレージSSDx1+HDDx2
    OSWindows 10 Home、Pro
    光学ドライブウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
    DVD-ROM
    その他Microsoft Office Home & Business 2019搭載可能、WiFi6/Bluetooth搭載可能、イーサネット搭載、メディアカードリーダー
    同梱キーボード、マウス(無しに変更可能)
    重さ最大5.9㎏
    保証1年間オンサイト修理
    価格5.5万円~

    レビュー公式サイト

    ThinkCentre M90t Mini-Tower

    Lenovo ThinkCentre M90t Mini-Tower
    Mini Towerシリーズで一番大きな筐体で、ストレージも5基搭載可能、光学ドライブもありと、フルスペックのパソコンになります。
    最大500Wの電源が選べるため、比較的性能が高いグラフィックボードの増設も可能です。
    リリース2020年6月23日
    CPUCore i3-10100
    Core i5-10400
    Core i7-10700
    メモリ最大128GB
    ストレージSSDx2+HDDx3
    OSWindows 10 Home、Pro
    光学ドライブウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
    DVD-ROM
    その他Microsoft Office Home & Business 2019搭載可能、WiFi6/Bluetooth搭載可能、イーサネット搭載、メディアカードリーダー
    同梱キーボード、マウス(無しに変更可能)
    重さ最大7.5㎏
    保証1年間オンサイト修理
    価格7万円~

    公式サイト

    ThinkCentre M80t Mini-Tower

    Lenovo ThinkCentre M80t Mini-Tower
    M90tとの大きな違いはストレージが若干少なく(と言っても最大5TB)、電源が最大380W、そしてグラフィックボードの増設をする場合は若干小さめのカードのみになります。グラボを増設しない人であれば、本機種の方が若干安いのでおすすめです。
    リリース2020年5月26日
    CPUCeleron G5900
    Pentium G6400
    Core i3-10100
    Core i5-10400
    Core i7-10700
    メモリ最大128GB
    ストレージSSDx1+HDDx2
    OSWindows 10 Home、Pro
    光学ドライブウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
    DVD-ROM
    その他Microsoft Office Home & Business 2019搭載可能、WiFi6/Bluetooth搭載可能、イーサネット搭載、メディアカードリーダー
    同梱キーボード、マウス(無しに変更可能)
    重さ最大5.9㎏
    保証1年間オンサイト修理
    価格6.8万円~

    レビュー公式サイト

    ThinkCentre M70t Mini-Tower

    Lenovo ThinkCentre M70t Mini-Tower
    vProがない70シリーズは、「vProが必要ない人に一番コスパが良い機種」になります。これだけのスペックが付いていながら、5.7万円というのはかなり安いです!
    リリース2020年5月26日
    CPUCore i3-10100
    Core i5-10400
    Core i7-10700
    メモリ最大64GB
    ストレージSSDx1+HDDx2
    OSWindows 10 Home、Pro
    光学ドライブウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
    DVD-ROM
    その他Microsoft Office Home & Business 2019搭載可能、WiFi6/Bluetooth搭載可能、イーサネット搭載、メディアカードリーダー
    同梱キーボード、マウス(無しに変更可能)
    重さ最大5.9㎏
    保証1年間オンサイト修理
    価格5.7万円~

    レビュー公式サイト

    ThinkCentre All-in-One

    Lenovo ThinkCentre オールインワンPC

    オールインワンPCは、これさえ購入すれば全部セットになっているので、別途「あれを買ったりこれを買ったり」と言う必要もありません。

    SDカードなどの読み込み書き込みが出来るメディアカードリーダーや、無線LANにBluetooth、光学ドライブも搭載可能で、まさに「全てが入っているPC」です。

    また、セットアップも楽で、電源コードを繋げるだけです。通常のデスクトップの様にこの配線をつないでアレも繋いでとしなくていいので簡単ですね。

    Lenovo ThinkCentre M90a All-In-Oneの外観・配線がまとめやすい造り

    対面営業をやっている事務所なんかにおすすめで、配線もまとめることが出来るので、お客さんに散らかった印象を与えません。

    ThinkCentre M90a All-in-One

    Lenovo ThinkCentre M90a All-in-One
    本機種は、完成された一品ですね。23.8型の大画面で作業もしやすいし、ストレージも3基搭載可能。公式サイトのカスタマイズから若干手を加えると、自分好みのスペックにできるのでAll-in-One PCと言っても侮ってはいけないです。個人的には、完璧な機能・性能がある機種だと思います。
    CPUIntel Celeron G5900
    Intel Pentium G6400
    Intel core i3-10100
    Intel core i5-10400
    Intel core i7-10700
    メモリ最大64GB
    ストレージHDD 最大2TB+最大2TB+SSD 最大1TB(OPAL対応)
    グラフィックスCPU内蔵
    AMD Radeon 625 2GB GDDR5 64bit
    OSWindows 10 Home、Windows 10 Pro
    ディスプレイ23.8型フルHD WVA(IPS)液晶(マルチタッチあり、Privacy Guardあり)
    光学ドライブ無し
    ウルトラスリムDVD-ROMドライブ
    ウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
    無線LAN無し
    Wireless-AC 9560 + Bluetooth
    Wi-Fi 6 AX201 + Bluetooth
    内蔵カメラ&マイク無し
    1080Pカメラ&デュアルマイク
    RGB-IRカメラ&マイク(顔認証ログイン可能)
    付属キーボード、マウス
    保証1年間オンサイト
    重さ最大8.6㎏
    価格12.3万円~

    レビュー公式サイト

    ThinkCentre M70a All-In-One

    Lenovo ThinkCentre M70a All-in-One
    画面が21.5インチとM90aに比べ若干小さいですが、価格は7.7万円からとかなり安くなっています。ストレージが最大2基と、M90aの3基に比べ少ないですが、それでも最大3TBと大容量です。
    コスパが高いです!
    リリース2020年6月2日
    CPUIntel Celeron G5900
    Intel Pentium G6400
    Intel core i3-10100
    Intel core i5-10400
    Intel core i7-10700
    メモリ最大64GB
    ストレージHDD 最大2TB+SSD 最大1TB+Optaneメモリ
    グラフィックスCPU内蔵
    AMD Radeon 625 2GB GDDR5 64bit
    OSWindows 10 Home、Windows 10 Pro
    ディスプレイ21.5型フルHD WVA(IPS)液晶(マルチタッチあり)
    光学ドライブ無し
    ウルトラスリムDVD-ROMドライブ
    ウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
    無線LAN無し
    Wireless-AC 9560 + Bluetooth
    Wi-Fi 6 AX201 + Bluetooth
    内蔵カメラ&マイク無し
    1080Pカメラ&デュアルマイク
    RGB-IRカメラ&マイク(顔認証ログイン可能)
    付属キーボード、マウス
    重さ最大7.7㎏
    価格7.7万円~

    公式サイト

    ThinkCentre M920z All-In-One

    Lenovo ThinkCentre M920z All-in-One
    こちらは量販店モデルで、Lenovo公式サイトでは販売されていません。ビックカメラなどの実店舗か、楽天で購入できます。スペックは各店舗で違ってくるので確認が必要です。
    Lenovo公式モデルのとの違いは、大きめのモニターなのに最大6.4㎏と比較的軽く、8世代のCPUが搭載です。(公式モデルは10世代)
    2020年1月に価格を調べてみたら、最安値が21万円でした。
    リリース2018年8月3日
    CPUIntel Celeron、Pentium、Core i第8世代
    メモリ最大32GB
    ストレージHDD+SSD
    グラフィックスCPU内蔵
    OSWindows 10 Home、Windows 10 Pro
    ディスプレイ23.8型フルHD WVA(IPS)液晶 光沢無し(マルチタッチあり)
    光学ドライブウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
    無線LAN各店舗の販売モデルによる
    内蔵カメラ&マイク各店舗の販売モデルによる
    付属キーボード、マウス
    重さ最大6.3㎏
    保証購入時に要確認
    価格参考価格・20万円前後

    楽天

    ThinkCentre M820z All-In-One

    Lenovo ThinkCentre M820z All-in-One
    本機種も量販店モデルなので、公式ページでは販売されていません。ただし、Core i3モデルが4.5万円から販売されているので、コスパは高いです。全体的にまとまった構成で、オールインワンですね。各店舗で詳細を確認して購入してください。
    リリース2018年7月31日
    CPUIntel core i3-8100
    Intel core i5-8400
    メモリ最大32GB
    ストレージHDD/SSD
    グラフィックスCPU内蔵
    OSWindows 10 Home、Windows 10 Pro
    ディスプレイ21.5型フルHD WVA(IPS)液晶(マルチタッチあり)
    光学ドライブウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
    無線LAN各店舗の販売モデルによる
    内蔵カメラ&マイク各店舗の販売モデルによる
    付属キーボード、マウス
    重さ最大5.3㎏
    保証購入時に要確認
    価格参考価格・4.5万円~

    楽天詳細ページ

    最後に

    基本的にMini-TowerシリーズかSmallシリーズを選ぶ方が多いかと思いますが、メインの機種として1日8時間フル稼働しなければTinyシリーズでも発熱を気にする必要はないので、超小型のTinyもいいと思います。

    特にビジネスモデルはサポートはもちろん、保証、セキュリティが良いので企業としてはもちろん、個人でも安心して使えます。