Lenovo ThinkPad 13インチ スリーブケースのレビュー

Lenovo ThinkPad 13インチのスリーブケースを購入したので、レビューをしました。

肩掛けにはできませんが、持ち運びがしやすく14型のノートパソコンも入れることができたので、複数のノートパソコンをお持ちの方にも使いやすいと思います。

ThinkPad 13インチ スリーブケースの特徴

ThinkPad 13インチ スリーブケース正面

サイズ 13インチ用
寸法(幅x奥行きx厚さ) 340㎜x243㎜x24㎜
重さ 269g
素材 100%ポリエステル(外装)
保証 一生涯
価格 税込)1540円(割引価格)

ワンポイントのロゴがかっこいいバッグで、伸縮可能な取っ手が付いているので持ち運びがしやすいです。

ThinkPad 13インチ スリーブケースの取っ手

取っ手を入れた状態です。

ThinkPad 13インチ スリーブケースの取っ手

取っ手を出した状態です。取っ手はほどほどに大きいのでつかみやすいし、しっかりした造りをしているので、丈夫だと思います。

パソコンを入れる部分と小物入れもあるので、資料を入れたり、モバイルバッテリーを入れたりと、これ1つで必要なものは持ち運べると思います。

保証は一生涯になっていますが、LenovoでなくTargus社より提供されるサービスで、「購入した本人が使い続けている限り」生涯保証になっています。すごいですね。

公式サイト

素材

ThinkPad 13インチ スリーブケースにLenovo ThinkBook 13s Gen 2を入れた写真

外面はネオプレンを使用で、これはサーフィンなどで使うウェットスーツに使われているものになります。軽量で柔軟性が高く、耐久性も高いそうです。

ThinkPad 13インチ スリーブケースの内部素材

裏地は柔らかい生地で、フリースなんかに使われるような素材だと思います。優しくパソコンを包んでくれる素材です。生地もそこそこ厚いので、ちょっとした衝撃などは大丈夫そうです。

ThinkPad 13インチ スリーブケースのジッパー

ジッパーを使っているので開閉が楽だし、小さいポケットは撥水性の材料を使っているので水を通しにくいです。

正面も背面も、シンプルでアクが無いので良いと思います。

寸法

13型と言ってもいろいろなサイズがあるので、余裕をもって作られています。いくつかのノートパソコンを入れてみたので、ご紹介します。

ThinkPad 13インチ スリーブケースにLenovo ThinkBook 13s Gen 2を入れた写真

こちらはメイン機種の、ThinkBook 13s Gen 2 13インチ(299x210x14.9㎜)を入れたところです。余裕で入りました。

ThinkPad 13インチ スリーブケースにLenovo ThinkBook 13s Gen 2とThinkVision M14を入れた写真

ThinkVision M14とThinkBook 13s Gen 2をThinkPad 13インチスリーブケースに収納 上から撮影

こちらはThinkBook 13s Gen 2とモバイルモニターのThinkVision M14(323㎜ x 207㎜ x 最厚部12.44㎜)を一緒に入れたところです。こちらも余裕でした。

スリーブケースにThinkBook 13s Gen 2とIdeaPad Duet Chromebookを入れた状態

ThinkBook 13s Gen 2をPC用に、タブレット状態のIdeaPad Duet Chromebook 10インチ(239.8×159.8×7.35mm)を小物入れの方に入れましたが、全然余裕でした。タブレットの持ち運びもする人も、大丈夫です。

スリーブケースにThinkBook 13s Gen 2とIdeaPad Duet Chromebookを入れた状態

こちらは同じくThinkBookに、キーボードとカバーを装着したIdeaPad Duet Chromebook(244.9×169.3×18.2mm)です。結構分厚い10型ノートパソコンでも、小物入れの方に入ります。

ThinkPad 13インチ スリーブケースにLenovo IdeaPad 320s入れた写真

こちらは2018年に買ったIdeaPad 14型(327x232x19㎜)を入れたところ、結構キツキツでした。ギリギリジッパーを閉めれました。

ThinkPad 13インチ スリーブケースにLenovo IdeaPad Flex 550i 14型を入れた写真

こちらはIdeaPad Flex 550i 14インチ(321.5×217.5×17.9mm)を入れたところで、余裕で入りました。

ちなみにIdeaPad S540 15インチ(358x245x16.9㎜)を入れてみましたが、さすがに無理でした。

ThinkPad 13インチ スリーブケースにLenovo IdeaPad S540 15型を入れた写真

限界まで押し込んでも5㎝ほどはみ出していました。まぁ、13インチ用なので当然ですが・・・。

13型であれば比較的余裕をもって入れることができるし、モバイルモニターやタブレットを使う場合でも一緒にお持ち運べました。14型でも幅330㎜ほど、奥行きが232㎜以下、厚さ20㎜以下のパソコンであれば、入ると思います。

耐水性・撥水性

どのくらいの水をはじくか試してみました。

テスト1 PC用と小物入れに茶封筒を入れ、20秒ほどシャワーで水をかけました。

ThinkPad 13インチ スリーブケース 耐水性テスト ThinkPad 13インチ スリーブケース 耐水性テスト

まずは前面にじっくりシャワーをかけます。

ThinkPad 13インチ スリーブケース 耐水性テスト

次に背面にも。

ThinkPad 13インチ スリーブケース 耐水性テストの結果

バッグはびちょびちょに濡れていましたが、予想外に封筒は一切濡れていませんでした。もちろん、中は全然濡れていません。雨にある程度濡れても大丈夫そうです。

テスト2 次は、貯めた水にバッグを浸してみます。(テストは別の日にやったので、バッグは一切濡れていない状態でテストしています)

ThinkPad 13インチ スリーブケース 撥水性・耐水性のテスト

同じように、バッグのパソコンを入れる部分に茶封筒を入れます。

水をためたシンクにThinkPad 13インチ スリーブケースを入れたところ

がっつり30秒ほど、水に浸して出してを繰り返しました。

外側はびちょびちょに濡れており、水も溜まっています。

水をためたシンクからThinkPad 13インチ スリーブケースを取り出し、中身の封筒を確認

茶封筒を取り出すと、濡れてはいますが「がっつり水に浸した割には濡れていない」と思います。実は、「これ、絶対びちょびちょだろうな~。パソコン入れなくて良かった~」って思いながらやってました。(笑)

これらのテストは性能を保証するものじゃないですが、雨の日でも気にせずに使えると思います。

まとめ

個人的には「良い買い物をしたな」と思います。耐水性もあるし、軽い、柔軟性もあるので、14型ノートパソコンも入れることができたので、パソコンを買い替えた時でもそのまま使えますね。

価格もたったの1600円ほどで、保証は一生涯なのでお買い得だと思います。

公式サイト